今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

けふの三時のおやつなりしを

八月十五日を待たず沖縄死にきその六月二十三日より蘇るなく


短歌結社「地中海」に属しておられた桃原邑子さんの歌集「沖縄」から

「良太の死」をご紹介します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  制服のちぎれの血の染む名札標・中二・O型・桃原良太


  O型の血潮のすべてを地は吸へりこのばらばらはわが生みし子や


  顔裂かれ子は死にたれば眼の下にありし黒子も見むに術なし


  足のみは完けくありし子を納るる棺には破れしズックの靴も


  今朝をわが切りてやりたる指の爪見れば紛れなき吾子のばらばら


  わが分けし生命はわれに還さむと子のししむらを衣に整へぬ


  縫ひつけし名札の子の名の文字除け上衣にしぶきし血糊見るかな


  身を裂かれ死ねるを焼きし子の骨を拾ふちりぢり時過ぎにけり


  子の通夜を誰か歌へる「海ゆかば」「君が代」「はやぶさ」の歌かすれゆく


  一瞬に爆ぜたるからだ見おろしてをりしか子の魂うろたへながら


  死にし子のポケットにある黒砂糖けふの三時のおやつなりしを


  十死零生の特攻兵君が殺めしはわが子良太ぞ互みに哀し


  還り来し夫のおだしきひげづらを見つつ子の死を告げやらめやも


  肉裂けし子ともろともに燃え尽きよわがうつせみの母といふ名の


  なつかしむ如くしばしばも名を呼べり子を殺めたる特攻兵の


  子のうへに突込みて来しかの兵の住むてふ北国は地図にとぼしも


  流線の機首美しき三式戦のわが子の良太を切つ裂きにたり


  靴ぬぎてひとり歩めり子の血潮吸ひて三十年軽し土のうへ


  声あぐる間なく死にたる子の声か島をめぐりてきこゆ海鳴り


  子を殺めし三式戦といふ特攻機の日の丸のマーク顕ついまもなほ


  血のおどろ紡ぎて胎にかへす術あれよからだをうしなひし子の


  戦争に死にし子のこと語るわが物語めく唇をかなしむ


  血の染みし帽子とシャツと子に関はるもの始末せむわが生ける日に


  子を殺めし特攻兵にわが見せし笑顔の嘘をとはに悲しめ


  いくさにて裂かれしからだ後生(ぐしやう)にて必ず直してあげるから子よ


  フォーギブ・バット・ノット・フォーゲット・めぐる子の忌よ四月一日


  闇よりも深き黒なれ子の通夜の灯火管制の灯のこぼつ光


  往きのみのシャトルもあれなばらばらに裂かれて飛びし子の魂が乗る


  洗骨せし子の骨今も匂ふなりわがふりかけし涙と泡盛


  子の血糊固きずぼんとシャツ濯ぐ裂かれしからだのままに破れし


  死にし子の全身包帯巻かれつつどこかの画室の石膏の像


  中学の二年になりし日昭和二十年四月一日子は死ににける


  その朝ともに韮汁啜りたる子はその夕べ裂かれ死ににき


  わが良太の四十年忌よ好みゐし西瓜店頭に血のいろ抱け


  湯気だてる白飯ユウナの葉に盛りてわが呼ぶ良太・良次・良三


  逝きし子のけふ五十歳の誕生日背広に替へやらむ学生服を



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中学二年生になったその日。息子・良太さんは、自国の特攻機によって、誤って五体を裂かれて即死されたのでした。







    

スポンサーサイト

コメント

もし
自分に同じことが
起きたら

わたしは死にます

わが子が
いない地球なら
生きている意味がない

母にとって
子どもを失うことは
暗闇に落ちること

@たまき さん。


この方の短歌を、最近知ったのですが。

気持ちの底にどすんと来る重さがあります。

「戦争」と題した数百首、読みながら息苦しいくらいリアルで。

そして、引用させていただいたうたの中、不幸な過ちで愛しいわが子を、粉砕死させてしまった特攻の若者に向けるまなざしが、何とも言えないものであるように・・・責めておられないんです、こんなに辛い理不尽なことを・・・敵の米兵、黒人兵を見る目が、苦しいくらいまっすぐで偏っていない。

理知的な女性と思う、理知的で、愛の深いお母さんであると。

もっと紹介したかったのですが、一部になりました。よろしかったら名前と歌集名「沖縄」で検索されたら、読めると思います。

私には中学2年の孫息子がいて、共に暮らしています。この子が・・・とは、想像するのもたまらないことです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2340-e2ffdd7d

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (136)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (240)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (35)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (10)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん