KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

お聞きください。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前々回の記事にお寄せいただいたコメントの中の一部を、紹介させていただきます。

かつて陛下が、何かの節目に公式の場に於いて発言なさった、

「天皇は孤独なものであるが皇后がいてくれたので」

だか

「ささえてくれたので」

だかのお言葉の続きに、

「天皇をして来ることができました」

のようなことを仰いました。

座は和気あいあい(多分)、皇后さまも笑顔でいらした覚えがあります。

当時は素直に、いい話だなあ、みたいに聞かせてもらった私でした。

お幸せなら何より、よかったなあ、のような。

そういう方は多かったと思います。

今、私は、この時のように感じられないのです。

お幸せはいいけど、次代のことはいかがなさるのか、と。

これがアタマから離れず。無責任ではないか、とも、はっきり感じます。

天皇に、そういったことに口も手も出す権限は無いと聞けば、そうなのか。

気になっておられるのにどうしようもないとは、おいたわしい。

さぞやお心を傷めておられるであろう、

など。

甘ちゃんな私でした、まったく。

ただ、本当に「する」気があって、天皇皇后にできないことがあるものか。

という気は、常にお腹の底に沈んでおりました。

今も勿論、そう考えております。

どうしようもない、のではない。

なさるお気持ちが(事情は存じませんが)おありにならないのだ、と確信している。

事情って。何のご事情か。

で。

前置きはともかく。

いただいたコメントの一部を、引かせていただきます。コメントと言うより、叫びだと。撃たれました。


陛下には、天皇というものは孤独なものと

割りきっていただきたい。

美智子様よりも、一筋の光である

悠仁親王殿下を護ることに尽力して

いただきたいと思います。



牧水さん、ありがとうございました。

同感です。





スポンサーサイト

コメント

初めまして。お気に入り登録させていただき、更新を楽しみにお邪魔しております。両陛下はよほど健康に自信があるのか、はたまた予算消化のためなのか(笑)あちこちお出ましになっていて…何かあったら、誰が反対しようと次代は決まってしまうのにどうすんのって、思う日々です。最近はTVでお姿を拝見してもありがたいと思わなくなりました。日本は放置国家なのに泥棒が天皇になれるの~!ヤフオクの問い合わせに、買い戻したから問題はないと開き直る宮内庁職員は生粋の日本人ですかね?無力が哀しい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「皇后がささえてくれました。」アキノ大統領にもおっしゃっていました。
違和感を覚えました。

皇后が陛下をささえるのは当たり前のことじゃないですか?
いちいち、国賓にまた国民にアピールする事ですか?
感謝しているのであれば、内々で伝えればいい事だと思います。

陛下が次代について発言出来る、出来ないは置いといて、東宮妃の国賓に対しての振る舞い、また公務の際の迷惑を止めさせる事も出来ないのはおかしいでしょう。
「出るに及ばず」と何故、おっしゃれないのか・・・

私は小和田に相当な弱みを握られているのかと思っていましたが、もし、皇后の意向に反する事が出来ないのであれば、お終いですね。

たびたび申し訳ありません。訂正させてください。

放置→法治 でした。

お返事させていただきます。


@ヒミツのBさん。

細かく読ませていただいております。

いずれ何らかの形で、お返事のようなものを、と、期しております。


@ゴリさん。

初めまして。

>日本は放置国家なのに

この「放置」を、放置、に直して欲しいと、ご丁寧なお申し付け。そうさせていただこうと思ったのですが、以前できたことが、出来ない・・・なんで?。

で。開き直ります。

日本は、皇室(おもに内廷}に関して放置国家だと。

・・これで、ご容赦くださいますか。・・・ね。

>ヤフオクの問い合わせに、買い戻したから
>問題はないと開き直る宮内庁職員は
>生粋の日本人ですかね?無力が哀しい。

純真だったころは、宮内庁の職員なんて方は、それも立派な方々と思い込んでおりましたがね。

むかしのひかり いまいずこ

青山繁晴氏が折りに触れ皇室の未来について話していますね。
次代は決して自動的に決まるものではなく、皇室会議まで持っていくのは国民の声だと。

時として過激発言が暑苦しい青山氏ですが、安倍総理と直で話せる人だけあってその言葉には自信が感じられます。

ここのところの雅子さん自己アピールにすっかり無力感でいっぱいになっていましたが、ダメダメと自分に言い聞かせます。
大したことはできませんけれど。

KUONさまのブログも時々ツイッターで拡散させていただいています。
フォロワー数がちょびっとなので、果たしてどれほどの影響力があるか、、ですけれど。

お返事させていただきます。


@ヒミツのNさん。

何とも言えないくらい、感謝しています。

詳しく言えませんが、ありがとうございます。

また。ありがとう。素直に、ありがとう。



@まりりん さん。

そういう感じ・・

かつてはこちらも嬉しく感じられたことが、肝心なところへの不安、不満、ストレスで、そうは思えなくなりました。

ナルさんが、腹話術の人形と揶揄されながら

「ま 雅子が」

ばかり言ってはるのと、同じではないか、いや、ナルさんの方がマネっこしている順番ですね。

こきおろしたい訳ではないです。

奥さまやご家庭の事は、普通、公の席では言わない。それが、日本人式でないかと。しきりに思います。

言って欲しいにかしら。そして、いえいえ、そんなとんでもない、と、親御さんの方はポーズもとられ・・・てなかったか、言い替えをしただけ。

息子さんのツマは、出ても来ませんから不明。家庭内では会話は無い、とのことですしね。

梅雨時の空みたいな話ですね。



@ひらりんこ さん。

>次代は決して自動的に決まるものではなく、
>皇室会議まで持っていくのは国民の声だと。

国民の声。実際、そうだと思います、強く思います。

旗振りのいない時代に、か。

旗振りに、どうしたらなれるだろうか。

勇気でしょうか。あれこれ考えます、動的に決まるって「戦後民主主義」みたいではないですよね、みたいなのか・・・。

美智子さまが入内された頃は。美智子さんは「美智子さん」だった、貴子さんは「オスタちゃん」だった。

だんだん、持ち上げる力が大きくなって行った気はします。

すべてがアゲアゲモードになって。

そうですね。

勝手になられてたまるか、とは、思いますね!。

だいたい、中身がそうでないのに、かっこだけ付けさせても。カッコだけでいいということなら、そんなもんは要らんし。という感じです。

ツイッターで、と。どうもありがとうございます。

よろしく、お願いしますね!。

もっと過激に書いたら、とか言って下さる方もおありですが。(笑)。

自分では、内容的にはすごい過激だと思っているのですが。

このままで、よろしく。(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2336-7e8b1b60

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (254)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (56)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (17)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん