KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 虚しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 20
  4. [ edit ]

だめだろう、もう。



昨年12月に、タイ王室では、皇太子の妻が王室から離脱したことを発表した。

62歳の皇太子に43歳の妃だった。三番目の妃ではあった。

妃の親族が警察高官の汚職事件に関与したとされたのが「理由」、裏ではさまざまあったのだろうし、皇太子自身の女性関係もあれこれ、4番目の妻の妊娠もすぐに云われていたし。とはいえ。

二人の間の二人の息子の王位継承権も剥奪。という徹底的な処置だった。与えられていた姓も剥奪された。

タイでも汚職・・金がらみの醜聞はご法度、ということだったのか。

高齢の国王の課した処置、確か80余歳。死の前にすっきりさせたいご意志だったのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年になってつい最近、6月12日、スペインの若い国王・フェリペ6世は、姉のクリスティナ王女から「公爵夫人」の称号を剥奪した、と伝えられる。

「パルマ公爵」の称号は、クリスティーナ王女(内親王)が結婚した時、実の父親で、当時の国王ファン・カルロス1世から授かったもの。

明治憲法でかつて定められた日本の華族の世襲的身分階級、公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵 、と同じ、五つの爵位の内、最高位にあるのが「公爵」。

敗戦を機に日本では廃されたこの制度が、スペインでは、社会的な優遇を示すものではないが、称号として存在している。

これを、国王は、、「REVOCAR」。=取り消し、無効、この爵位を今後、一切使用させない=扱いにした。

王女の夫は元五輪選手、横領やマネーロンダリングを始め、数々の不正事件に関わった容疑で司直の手が伸びていて、王女は妻として側面からの手助けをした…程度の疑惑は持たれていた。

調べが進んむうち、従犯などではなく共同正犯だろうとしか考えられなくなった。

王室への国民からの風当たりは強くなり、王政の存続すら危うくなってきた経過があった。ということで。

国王としては、これだけ世間を騒がせた実姉の責任を問い、王室の襟を正す意味からも、爵位を剥奪する決意を示したのだ、と、解釈されているようで。

いささかタカをくくっていたと言われるクリスティーナ王女も、国王の裁断には素直に従う意思をメールで伝えた。と。

国王フェリペはしかし、父親が与えた爵位は剥奪したものの、王女の持つ王位の継承順位(第6位)は、今のところ、失効させていない。

弟心か、とも、言われているとか、いないとか。

現・国王夫妻には、複数人のお子がおられる。

国王の処置への国民の反応は「良」であるとか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このスペイン国王は、日本の皇太子とその妻をよく知っておられます。

来日時にはまさこは、2メートルを超す長身の王子(当時)に、目を閉じてすり寄っているし。

ナルさんは一人で出席した(どなたの何だったか今、度忘れ、とにかくヨーロッパ王室のおめでたい行事)の際、このフェリペご夫妻にロイヤルストーカーしていたし、卑屈な笑みで見上げ、文字通りフェリペに「見降ろされて」いたし。

オランダの行事でも、ナルさんとまさこは、このご夫妻に見つめられ、そして、目をそむけられ、あきらかに軽蔑される姿を、地球中にまき散らした。

国王はもちろん、日本の皇室の現状も知り抜いているはず。

あえて姉でも切った国王。

王室とは、王族とは、どんなものかを、ご存じだったということでしょう。


何もせず、しないばかりか庇いたおして尚も生き恥さらして振りまいているあの周辺。

ローマ法王、英国王に並んで崇敬される日本の天皇と知り、誇りに思って来ましたが、評価などあやういもの、儚いもの。

シビアな目でわが国の皇室を見れば。それは過去のこと、遠いお話。

だめだろう。だめですよ。もう。

秋篠宮家の光を、恃むしかないのでしょうか。




 


 
スポンサーサイト


  1. 2015.06.17 (水) 12:55
  2. URL
  3. ぶんこ
  4. [ edit ]

KUON様
先日はお騒がせしました。

私も『いち、にぃ、の、さんっ!!』で忘れました。
ありがとうございました。

日本という国の民族性は、昔から特権に弱く、大方の事はナァナァで誤魔化して表向きは波風を立てないように収める…という状況が多いような…。
すみません、断定出来なくて。

特に、皇室(特に!内廷皇族!)に関してはまるで不可侵条約でも交わしているかのような扱いです。
ヤフオク事件も10月には時効を迎え、当然 雅子さんの第一ティアラ&ネックレスも不問になるでしょう。
マスゴミはXデーのその日まで、東宮擁護の為、美辞麗句特盛りで国民に印象操作し続けて行くでしょう。

こんなあれやこれやで、一民草の私が分不相応にも精神錯乱に陥り周囲に大迷惑をかけている次第です。
ええ、今も家族知人に噛みついているアホな私です。

あの方々が何か大事をやらかしてくれれば…と戯けた夢を見ていますが、敵もさるものですわね。
去るものとなる事を願うばかりです。


  1. 2015.06.17 (水) 14:32
  2. URL
  3. ひろおんぷ
  4. [ edit ]

朝イチからおかしなコメントですみませんでした。

遅ればせながら、KUONさまお誕生日おめでとうございます!
どうか健康で、「ガハハ」って楽しく笑って過ごせますように。
それから、大切なおば様のご冥福をお祈りいたします。

実家では、祖父と同居していました。すこし耳の遠い祖父でしたが、家族の中でも私の声が一番聞き取りやすいと言い、とても可愛がってもらいました。大好きな千代の富士の相撲中継を見たり、昭和歌謡をきいたり、病院も一緒に付き添っていきました。
あるとき体調が優れず、食事がとれなくなったので入院しました。入院当日、こっそり鞄に栄養サプリメントを忍ばせていた祖父に対し母が怒り、ケンカ別れのまま、入院翌日にあっという間に亡くなってしまいました。苦しくて食べられないのに、家に帰りたくて必死で昼食を食べた直後に発作が起きたようです。
すみません。自分語りで。今でも時々夢枕に祖父が登場します。大抵実家の仏壇の花が枯れていたり、お供えにラップがかかってて食べられない!ってメッセージです(笑)

香淳皇后の亡くなられた日にインチキ公務をする東の方々の神経がわかりません。
  1. 2015.06.17 (水) 14:47
  2. URL
  3. 定年親父
  4. [ edit ]

はぁ~(ため息)

>王室への国民からの風当たりは強くなり、王政の存続すら危うくなってきた経過があった。ということで。

>国王としては、これだけ世間を騒がせた実姉の責任を問い、王室の襟を正す意味からも、爵位を剥奪する決意を示したのだ、と、解釈されているようで。

>いささかタカをくくっていたと言われるクリスティーナ王女も、国王の裁断には素直に従う意思をメールで伝えた。と。

この久遠様の記事の文章がこのまま

ヤフオク事件をきっかけとして

皇室の現状に対する国民の失望・皇室の将来に対する絶望から風当たりは強くなり、皇室の存続すら危うくなってきた経過があった。ということで。

今上陛下としては、これだけ世間を騒がせた長男の責任を問い、皇室の襟を正す意味からも、皇太子位を剥奪する決意を示したのだ、と、解釈されているようで。

いささかタカをくくっていたと言われる皇太子夫妻は暴れたがどうにもならず、頑迷に皇太子夫妻のみを立てようとしていた皇后も、天皇陛下の裁断には従わざるを得ないと判断した。と。

なればいいなぁと・・・・・・・・

だめでしょうかね もう。

悲しいことです。
  1. 2015.06.17 (水) 15:55
  2. URL
  3. ちりぬるを
  4. [ edit ]

果たして

私達がこうしてアレラ達の皇族に
あるまじき行為の数々を嘆き、示唆
し、警鐘を鳴らしているにもかかわらず、何も無いかの様な天皇皇后の
お振る舞いに疑問を感じます。
もはや、皇室に皇室を存続させる
べき自浄能力は無いと思います。
1神官家族になるなら、なれば良し
と。
しかし、その中の一つの希望が
秋篠宮ご家族と、光の宮さまである
悠仁親王殿下なのです。
萎える気持ちも、この方の御代になるまでは!と奮起して参ります。
  1. 2015.06.17 (水) 18:01
  2. URL
  3. あみ
  4. [ edit ]

こんにちは。

僭越ながら。

心洗われる映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=QzYcBUIQJJo
  1. 2015.06.17 (水) 20:02
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015.06.17 (水) 20:41
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015.06.17 (水) 20:43
  2. URL
  3. ちりぬるを
  4. [ edit ]

再投稿失礼します。

マザゴヒが子育て支援公務で、
セカンドバックをあごにはさんで
耳のイヤリングを直しながら
お部屋に入った写真を見ました!
イヤー驚きました!
人前に出ているのにそんな所作って
ありなのでしょうか?
日本のコータイシヒですよね。
水俣チッソの娘ならありでしょうが
一応、国民から尊敬されなければならない位の人ですよね。
もう、幽閉した方が日本の為ではないのでしょうか?
バックをあごで抱える50過ぎの
人。イヤリングをつけ直す為…。
  1. 2015.06.17 (水) 21:59
  2. URL
  3. hortencia
  4. [ edit ]

自分はかつて長くスペインに住んでおりました。
そのくせ王室事情には疎かったので、今回のお話を聞いて、またひとつ勉強させていただきました。

で、この国の内廷皇族はと言うと、本当に嘆かわしい振る舞いが多いことに溜息ばかりです。
小和田恒サンはまだお元気なのだと推察されます。雅子の表情を見るに、どこに住んでいるのかわからないけれど、おそらく近しい場所にいて、黒幕としてあーだこーだ指示を飛ばして、…ゆくゆくは自分の娘が皇后になり、権力を握るのを手ぐすね引いて待ち受けているに違いない。そんな気がしています。

でも、自分はそれでも、(青臭い考えでしょうが)あの夫妻に次代なんかになってほしくはないし、認めるつもりはありません。
ここまでボロが出て来て、それでも「権力」にしがみついているかのようなそんな東宮夫妻に、何が出来ましょうか。

KUON様と同じく、自分もまた、秋篠宮の光を恃みに恃む、そんな毎日です。
  1. 2015.06.18 (木) 00:00
  2. URL
  3. さぶた
  4. [ edit ]

自浄力

KUONさま、こんばんは。

最近、目にする「自浄力」。
それが今の皇室に残っているのか、
あやしいところですが、
自浄できなくても、
八百万の神々の采配で、
神官の長に相応しい方に皇統が引き継がれることを期待しています。

祭祀をしない皇族なんて、いらないですよ。
今のままじゃ、税金とられてるこっち(国民)も、やってらんないです。
  1. 2015.06.18 (木) 00:54
  2. URL
  3. 浅き夢見し
  4. [ edit ]

スカスカのスケジュールなのにもかかわらず、香淳皇后の命日でそちらに行くべきところを無視して、わざわざその日を選んで行くというのが、日本人といてどうにもやりきれない気持ちです。
これも、以前は東宮夫婦だけを怒ってましたが、今はもう、美智子夫人の指しがねだろうと確信している自分がいます。
以前ネットで「美智子さんは雅子に、自分が皇室でやりたかったことを雅子にやらせている」という書き込みを見てショックを受けたのですが、言われて見るとそのとおりなのですね。昭和帝や皇后に会いたくないけど我慢して最低限あっていたけど「雅子ちゃんはあんなの行かなくていいのよ」とか言ってそうです。
  1. 2015.06.18 (木) 13:18
  2. URL
  3. 牧水
  4. [ edit ]

はじめまして。
いつもブログの更新を楽しみにさせてもらってます。

先日のナルマサの公務?は、わざわざ香淳皇后例祭に出てないように、「こどもの日」から1ヶ月も遅れてしてるんですよね。
しかも、臨時休館にして。
じゃ、あのママ達って?こんなの視察と言えるのかと思います。

陛下には、天皇というものは孤独なものと割りきっていただきたい。
美智子様よりも、一筋の光である悠仁親王殿下を護ることに尽力していただきたいと思います。
  1. 2015.06.18 (木) 17:22
  2. URL
  3. あみら777
  4. [ edit ]

KUON様
こんにちは~
ブログの更新ありがとうございます。

毎日、読み返してはため息ばかりついております。
昨年のオランダ王室来日までは、両陛下に関しては
愚息夫婦に鉄槌を下すだろうと、僅かな望みを期待して
おりました。
その後の事はアレレ~!な行動に・・・。
もう内延皇族総崩れの状態に、心から湧き上がる怒りを
どこへぶつけていいのやら・・・。
両陛下は私的旅行で山形へのニュース!
出たがりアピール大好きな美智子さんを今や誰も止められない。
陛下のお歳を思えば、御所でゆっくりして頂きたい。
でもでも、この事態を見過ごしている陛下にも情けなさを感じるこの頃です。

今日は、美容院に行き
東京大神宮と靖国神社に参拝し廃太子・廃妃の絵馬を
奉納して参りました。

秋篠宮家が希望の光です。

梅雨時、お身体に気をつけて下さい。
  1. 2015.06.18 (木) 17:55
  2. URL
  3. たた
  4. [ edit ]

初めまして。

雅子様の入室シーンに、愕然としました。一歩二歩足を止めて少し遅れても、あんな姿で平然とこどもたちの前に出てきて欲しくありませんでした。やっつけ感、満載。私室ではさぞ…。
愛子さまがお外ではとりあえずお手ふりしておとなしくしているのが、けなげに思えた私でした。え、お薬…?ああぁ…
  1. 2015.06.18 (木) 19:54
  2. URL
  3. 看護師
  4. [ edit ]

あとは、トンガだな。。。

トンガで名誉挽回、、、
そんな事できるわけないか。。。

  1. 2015.06.19 (金) 00:01
  2. URL
  3. 衣通媛
  4. [ edit ]

昔は…

やはり国民の規範となる皇室・王室の事です。身内が良からぬ事をしでかしたら厳しく断罪致さねばなりますまい。タイもスペインのその範を示されました。
香淳皇后陛下におかれましては例のナルにクリソツと言われる父君が金の無心を言った時に縁を切られたと聞いております。 また百合子妃殿下の父君には極貧状態になった時に妃殿下に迷惑がかからないように自死を選ばれたと聞いております。
恥ずかしいわねぇ…東のきさいの宮さま…
  1. 2015.06.19 (金) 09:53
  2. URL
  3. マリコン
  4. [ edit ]

恥曝しがヨーロッパへ

飛び火した。先日のスウェーデン王子(イケメン?)の結婚式の写真を見て…ソファ妃にまざこの恥曝しが飛び火したと思った。バルコニーから国民に挨拶した際、親指を立てて「やったぜ」と言わんばかり。隣にいた母親は、モデルの娘を持つ親とは思えぬ巨漢。バルコニーに肘をついて「あー腹減った。晩餐会まだ?」って感じ。挙げ句、背中のタトゥーに「光」ときた。希望の光じゃなく、フレッツ光はヤリ××一族?って意味かしら。まざことづらは、滝野川学園の理事長でもやって下さい。少しはマシになるだろうし、I子のためにもそれがいいんじゃない?旧宮家を復帰させて、とーぐー一家を早く締め出すしかないよ。
  1. 2015.06.20 (土) 13:53
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事させていただきます。


@ぶんこ さん。

いちにぃのぉさん、効きましたか。よかったです。

それと、思うのですが。

あんまりにもブザマできちゃないやりかたで、まっとうな感覚の国の民が錯乱したり何しても、あちらの方には、何の痛痒もあらしゃりませんから。

国母さまにおかれましては、国民の声は雑音。

後のことは心配せずにいってらっしゃい、と、長男のおよめサマを送り出されたお方。

えとせてら。自分の精神、自分の家族は、自分で守りませう。

この先何があっても、あの内廷サマがたのためには、何をお捧げすることもありませんから。

昨日は太宰の命日、桜桃忌でした。

「内廷皇族より家族が大事と思いたい」

そうですよ、ぶんこさん!。


@ひろおんぷ さん。

お祖父さんがお好きだったのですね。うらやま~(笑)。

ワタシ、男運?がよろしくなくて。

父方の祖父は生まれる前に、母方には五つで死に別れ、その半年内に実父と死別し、養父は立派な方でしたが甘えるなんてとんでもない人で。結婚相手の舅にあたる人は、結婚すぐに愛人さんのところへ行ったきりになり、おとうさん、とは名ばかりでした。

年とった男の人に甘えたことが無い。いま、自分の夫がぢいさんになっていて、優しい人なので、まあいいかって。(笑)。要らんこと書きました。

入院されたおじい様が。

>苦しくて食べられないのに、家に帰りたくて
>必死で昼食を食べた直後に発作が起きたようで>>す。
>すみません。自分語りで。今でも時々夢枕に
>祖父が登場します。大抵実家の仏壇の花が
>枯れていたり、お供えにラップがかかってて
>食べられない!ってメッセージです(笑)

ここ読んで、孫娘ともう一度いっしょの日々を送りたかったのであろうお祖父さんのお気持ちを思い、泣けてしまいました。

可愛かったのでしょうね。愛されたことは、幸せな記憶だと思います。今も見守って・・・え。お供え物にラップ・・・・・・・・・(笑)?。

>香淳皇后の亡くなられた日にインチキ公務を
>する東の方々の神経がわかりません。

はい、わかりません。解らなくてもいいと思います。あれらは、人間のココロなどは持ち合わせない、一緒にされたくないヒトモドキになりさがっているのですからね!。

よくもまあ、あれを、そのままにしておけること。

隠さなくていい。適切な処置があるのでは?。



@定年親父さん。

まことに。

定年親父さんがおっしゃるように、ヤフオク事件をきっかけとして・・・の後、3題話の ような「まともな」なさりように、結びついて行けば・・・と、まことに、思います。

>だめでしょうかね もう。

いや、私も。

ダメでしょうかね、もう、と、思い。悲しいです。

ダメと思いきれば、私にとってはそれは、皇室とへの思いの重大な転換を促すことになりますので。

どうでもいいことなら、思いませんから。



@ちりぬるを さん。

>1神官家族になるなら、なれば良し

むむむ・・・。どちらにせよ、入内当時から美智子さんは、時代の要請や風や流れはあったにせよ。仕方の無いこともあったにせよ。

あの方の個性、存在感は。

一神官の妻。といった匂いには遠いお方だったと、思っております。

一言でいうと、もう、今、見る姿、姿、写真、写真が、すべて例外なく、神さまの仕事に近い所にいる人の感じがありません。

「くねってる」

これです。いつでもどこでも、カメラを意識して
くねっておられます。

うわああああ、と、叫び出したいくらい、イヤです。どうしたんだ私、とか、もう思いません。

嘘ばっかりだったのが見えてしまいました。

雅ドンと美智子さまは、同じパターン。そうと、思えてしまいます。

自浄。まだ諦めきってはおりませんが。

くねってる方が、どうも。



@あみ さん。

どうもありがとうございます。

僭越などと仰らず、またお願いします。

ただ、秋篠宮同妃両殿下について、もっとご紹介したいのですが、二人のM子さんがあまりにも、難物で。書きたくてのけてあることもいっぱいで。

このヘタレブログの見えざる浄化のお働きのごとき動画など、今後もよろしくお願い申しげます。
  1. 2015.06.20 (土) 17:50
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事させていただきます。


@ヒミツのKさん。

喜んでいただき、懐かしがってもいただき、お褒めもいただき(これが一番・笑)嬉しかったです。

時の流れは速いのかゆったりなのか。夢のような現のような、しかし、ぱちんと何かを留めた感触が残っている。

とってもぜいたくな思いを一つ、かかえて、いられることは、きっと幸せなのだと感じています。

プールへ通い始めました。もう少しタッタと歩けるようになりたいのです。


@ヒミツのAさん。

来て頂けるようになって嬉しいです。

地味~なヘタレブログですが、これからもおいで下さいね。

ご紹介はありがたく存じています、何かの折にぜひ、と思うのですが、先のお返事に書かせて頂いたごとしで。

ありがとうございます。また。


@ちりぬるを さん。

探して、見ましたよ。しかも歩きながら、不遜な横目づかいで。

あれはしませんね。

気付いたら、少し戻ってでも物陰で行う、あるいは立ち止まってする。

それ以前に、あっちこっち触らないで済むようにしゃきっと出て来なさい。

ことあるごとにやらかす人(もどき)です。

それなのに先日、知人が、

「何かあなたが言ってたけど、雅子さまこの頃、いっしょうけんめいしていられるじゃない」

っと。こう言われるためにやってるアレラ。ずるさの極みです。

あれらをどうも出来ない皇室って何でしょう。

何でしょうって怒っても無駄・・なのか・・・・・。おかしいことばかりです。


@hirtenciaさん。

スペインは、憧れの国でもあるのでした、わたし。

陽光に映える真っ白いあの街。

フラメンコも好きなのでそれも。それと、アランフェス。

でも王室は、今の国王に生前譲位した元国王も、他のお身内も、けっこう醜聞が多い。現・国王は、それもあって、バッサリとされたのかも知れませんね。

身内にも厳しいのは、人の上に立たれる方々の鉄則でもあると考えるのですが、今はわが国は甘々のゆるゆる、尊敬は出来ません。しません。きっぱり。(笑)。


@さぶた さん。

自浄力。

それ、生易しいことでないと思います。

が、必要不可欠なことと思いますね。

残念ながら、短い間に、内廷皇族の悲惨な状況が、どんどん出てきています。

これはある意味、チャンスだとも考えますが、一番考えなくてはならないあたりは、どうなのでしょう。

雅子さんが、最近、歯を見せないようにお口を「ん~」して出て来てるけど。

今更、口を「ん~」だけではね。(笑)。立場を考えたら、あんなアホな顔してられんでしょ。

それから。「祭祀をしない」に関しては、リンクさせていただいている「不必要な善意」の数日前の記事を読ませてもらうと、へええええ、そうなのかああああ、なことを、知ることができると思います。

よろしければぜひ、訪問なさってみて下さい。







  1. 2015.06.20 (土) 21:23
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事させていただきます。


@浅き夢見し さん。

ある意味、もっとも見られるべきお立場、人々の崇敬の視線を受けるような(むむ)あの夫婦のあの体たらくでは。

つかの間の夢も、ほのかな酔いも「無理!」

あれらを見ては「酔いもせず」まっとうな弟宮同妃両殿下への、速やかなお移りを・・・と、浅き夢にも願います。

同じく。なぜ両陛下はお叱りにならないのだろう、さぞやお辛いであろう、などと、甘い考えでおったのでした。苦笑。

堕ちに堕ちたり。祭祀王とも今は思いにくいです。

それなら、天皇は要りません。

しかしまっとうな両殿下がおられますので、繰り言ばかりを並べてしまいます・・・。


@牧水さん。

初めまして。


>陛下には、天皇というものは孤独なものと
>割りきっていただきたい。
>美智子様よりも、一筋の光である
>悠仁親王殿下を護ることに尽力して
>いただきたいと思います。

ありがとうございます。

これです。まことに同感です。後でお借りしたいです、よろしくお願い申し上げます!。


@あみら777さん。

美容院へ行くと気分がすっきりしますね。

私は、近くのプールに通い始めました。

少しでも体を動かそうと、己の水着姿の???には目を向けない思いで。(笑)。

続けたいと思います。旅行にも行きたいのです、あちこち。

あみらさんは、絵馬の奉納を続けておられるのですね。

アタマが下がります。私も、月に一度。

廃太子・廃妃祈願を。

この願い、聞き届けたまえ、と、厚かましく手を合わせます。ためになりません。こういう言い方は非常に感じ悪いですが、そう思うから仕方ない・・・mm。


@たた さん。

初めまして。

びっくりしましたね。

見るより先に教えていただいていて。なんじゃこりゃ~、でした。

仁王立ちのまま。緊張感も自分の立場への理解も無いご様子。

愛子さんの話が、不気味なくらい途絶えていますが、何も無くてお健やかならそれも良し(えらそうですが)、でも、あの人(もどき)たちのやり方では、良いならばぐいぐいと激しくアピールして来るはずですので。

13歳。友達や外の世界に目が向き始める、楽しいはずのお年頃ですね。

学校へは、もちろん、きちんと行けていないそうですが。

箝口令が厳重なのだと思います。北酒場ならぬ北風味です。


@看護師さん。

トンガですね。



@衣通媛さん。

>香淳皇后陛下におかれましては例のナルに
>クリソツと言われる父君が金の無心を
>言った時に縁を切られたと聞いております。
>また百合子妃殿下の父君には極貧状態に
>なった時に妃殿下に迷惑がかからないように
>自死を選ばれたと聞いております。


>恥ずかしいわねぇ…東のきさいの宮さま…

そうですよね・・・。

ナルさんが隔世遺伝のサンプルのように見られる(実はもう一代飛んでいますが)あのクニ氏、お金の無心はひどかったそうですね。

香淳さまは、幼いナルさんに父親の面影を見ておられた気がします。美智子さんもそれを感じて、余計に突っ張られた・・・など、感ぐり過ぎでしょうか。雅子と同じ。何が何でもそうとは見せたくなかった。そして、

自死された百合子妃殿下のお父上は、山の中で、お一人で命を絶たれた。

すべてを没収されて、生きて行く方便を持たなかった華族の悲劇と、呼ぶ方は簡単ですが。

父親を断たれた国母も、娘に迷惑かけマジと御身を処された元華族も。平気では無かったはず。でも、そうされた。

そう、されたのですよね。貴人でいらしたのだと思います。いい時でなく、そうでない時の生き方が、見られるのだと思います。



@マリコンさん。

(笑)。

>ソファ妃にまざこの恥曝しが飛び火したと
>思った。バルコニーから国民に挨拶した際、
>親指を立てて

大丈夫、安心されていいと思いますよ。

飛び火したのではない、と思います。

スゥェーデン王室の始まりには諸説あります、が、基本的には、元はバイキングです。強い者が弱い者を踏みつけて、海から陸へ移っても、力で相手を征服して言って、残った者の裔が、つまり、王室。

これは、イギリス王室も同じです。

日本の皇室が、たとえばヨーロッパ諸国の王家と異なるのは、私にもよくわからないのですが(笑)、元のところが「神話」だというところ・・・最近これにも、自分では疑問が沸いてますが・・・少なくとも皇室は、神道のもとであると。そこも違う所で。

書いて行くと自分の無知がばれるのでそこそこにします。

皇室は、とりあえず、宝石や毛皮やで競う世界ではなあかったはず。これは言えると思います。

かつての華族さんの写真を見ると、そうも言えないなあと・・以下、いつか。(笑)。

親指立てようが背中にタトゥがあろうが、妃のママがお下品だろうが、構わないんではないか、あの国は、と、思います。

お上品で当たり前だったころの皇室は、大切な珍しいものを見る目で、見られていた気もします。

今は、ああですから。

飛び火したのではないですね、おそらく。三男坊殿下は、そういう彼女と知って結婚されたのでしょう。

・・・と。今まで書いたように、よその国に見られている愚愚夫婦かと思うと。

げんなりだし、いいかげんにしてくれ、だし、何でもいいからもう、もう、退けよ。と、荒々しい気持ちになるのです。













 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・