KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. おそれながら、なこと
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

気が楽で。



入内後の>美智子さまは、新婚すぐのお里帰り以後は、ご実家へもなかなかお帰りになれず、お母さまが御所をご訪問などとんでもなく、いじめられてうつむいてお過ごしだった。

とも伝わっております。慣れない世界は大変でいらしたとは、思います。

実は以下のようであった、とも、伝わっています。

保管しておいたところから、元のまま、貼らせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2 :名無しさま:2010/12/22(水) 14:38:00 ID:AL/vInkG★

新証言「母・富美子さんと密会のとき」 文藝春秋五月特別号

美智子妃のご成婚前から正田家に仕えて来た澤田喜一郎氏(仮名)がいまはじめて語る。

大宅荘一のいう「格子無き牢獄」にいる美智子妃を富美子さんはただ見守るだけだったのか。
澤田氏は「そんなことはありません」とこれを否定した。

「両殿下は御忍びでよく正田家にお見えになりました。皆さんが思っている以上に
来られています。そのたびに私は『手伝いに来てくれ』と呼ばれるのです。私の
役目は、侍従とか女官の相手をすることでした。お母さまは、お二人が見えられると
ほんとにうれしそうなお顔をされていましたね。夕食はわりと中華料理が多かったと思います。

就寝時間があるのか、食事をすませると、お子様だけ先にお帰しになり、そのあと、
両殿下はゆっくりとすごされました」

美智子妃と富美子さんは思うように電話もできなかったといわれたが、婚約発表の直後、
正田家に引かれた東宮仮御所との直通電話が、ご成婚後は富美子さんの部屋に移され、
その後も使われていたという。

「お部屋にお茶を運んでいくと、お母さまがよく電話されていました。美智子様と
お話されているときはすぐわかるんです。にこにこされていますから」(お手伝いさん)

電話だけですまないときは、その足で東宮仮御所に向かった。お忍びでも。皇太子夫妻が
正田家を訪れるとなれば警察官を動員しなければならないが、富美子さんなら警護も
必要ないから東宮も気が楽だったのだろう。

3 :名無しさま:2010/12/22(水) 14:38:28 ID:AL/vInkG

「仮御所には正田家の車で行っていました。あの頃はBMWだったかな。その前は
オペルでした。仮御所へはお一人で行かれることが多いのですが、ときどき
英三郎さんと一緒のときもありました」(澤田氏)

とくに頻繁に訪れるようになるのは、浩宮を出産した頃だったという。
「赤ちゃんができると、いろいろ相談したいことがあったんじゃないでしょうか。女官には
頼めないものもあったようで、たとえば『これ、買っておいてね』と、頼まれたことも
あったようです」(澤田氏)

「軽井沢の別荘」は、お忍びでよくいらしていました。
東京にある日清製粉のテニスコートを使うこともあったという。
「社員のための施設ですが、あのテニスコートは、生垣がびっしり茂っていて、外から
見えないんです。お忍びでテニスをするにはちょうどいいんですね。殿下は
テニスをしたあと、お風呂にはいって帰られました。五、六人ほど入れる湯船でしたね」(澤田氏)

それから正田家は鎌倉にも別荘があったので、両殿下は葉山に行かれたら、帰りには鎌倉の
別荘に立ち寄られたそうです。お母さまは週末から行っておられたとか。

英三郎氏と富美子さんのお墓は鎌倉霊園にある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はこれだけです。

今上は、正田邸においでになるのがお好きだったそうです。

昔のことをああだこうだと取沙汰したいのでもない気がします。私は。








スポンサーサイト


  1. 2015.06.14 (日) 06:20
  2. URL
  3. ちりぬるを
  4. [ edit ]

確かに

S田さんの別荘は材木座にあります。墓地は鎌倉霊園の大きな敷地です。
この二つからも、信憑性がある記事です。
アレレ等のトンガはどんな事になるのでしょうか。
あまりにヒドイことをやり過ぎて
神も仏も見放したことと、畏れながら思います。
スペインのフェリペ6世は、12日
姉のクリスティナ王女の称号を剥奪したそうですね。
夫の公金横領事件疑惑で。
何処かの国でも似たような事件疑惑がありましたねぇ。
10月に時効ですって!
如何するのでしょうか?
国外逃亡でしょうかしら?
まだまだ庇ってくれる人に
おんぶに抱っこ?
スペインは大人の対応が出来る王室があり、幸いですね〜。
  1. 2015.06.14 (日) 11:25
  2. URL
  3. ともやん
  4. [ edit ]

KUON様。。。

私も一つ、昔のお話し・・・・
雅子さまがご成婚され間もない、プリンセス雅子さまと言われていた頃、さほど私も皇室などに興味がないが、テレビから流れる報道を疑うことなく信じていました。
雅子さまが私の住む金沢にお見えになることになり、職場も近く強制でしたが、自分の意思で一目見たくてワクワクな気持ちで沿道で待っていました。
ところが!!期待大ハズレ!!ゆっくり走る車の窓を三分の一程開け目だけが『ぎょろぎょろ』やたら動き回り、顔は黒く深緑の詰襟のような詰まった感じ。。。。
とてもグロテスクで衝撃を受けました。
『この人マジ。。。日本人??』どこがプリンセスよっ?
これって詐欺じゃんと思ったことを強烈に覚えています。
今なら、、、納得、分かりますとも!
アレはそーかの方でしたのね。
ますます磨きが掛りグロテスクにおなりになられましたね。。。


  1. 2015.06.14 (日) 22:02
  2. URL
  3. 看護師
  4. [ edit ]

ともやんさん~のコメ見て、吹いてしまった。

全国、そして、海外にも、、、
「このグロテスクな女が、日本のプリンセス??」みたいに思ってる人
多いのでしょうね。

コワっ!

でも、これねぇ。。。

雅子だけの責任ではない。

美智子様も気付いて放置か。。。


  1. 2015.06.15 (月) 15:18
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015.06.15 (月) 15:31
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015.06.16 (火) 21:01
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事させていただきます。


@ちりぬるを さん。

このことは、他の方の話でも「事実」のようです。

よくもまあ、自分の都合ばかりに話をお作りになられて、香淳さま他の宮妃だけを、悪く仕立てられたこと。今はそう感じています。

したい放題だった。そうも思えます。

一般から皇室に入ったのだから、大変だったのはそうでしょうが。

なんでもヨシヨシの夫さまで、しっかりお尻に(失礼)敷かれて。

とか、言い出すとキリがありませんが、とにかく「地金が出た」。そういうことですかしらん。

スペインの国王さまのご英断については、また書かせて頂こうと思っています。



@ともやん さん。

同じような話があるのです。

御新婚のご夫妻が、奈良方面へ来られた。

新しくできた先端技術大学・・大学院大学・・サイエンスタウンと言いましたか・・そこへ、おいでになるとのことで、近くに実験室を持っていたオットにも、並んでくれとのお達しが。

並んで、二人が目の前を通過するのを見ていたそうです。

「雅子さま(当時は「さま」付で呼んでいた・笑)どうだった?」

聞いた私に、オットはひとこと。

「黒かった」

それのみ。

とにかく黒いお妃だったらしいです。

後に納得しました。(笑)。

あれが、もうすぐ、あまたの賓客の目にさらされると思うと。

豚の丸焼のぱりぱり美味しい部分をむさぼり喰らう(のでしょ?)と想像すると。

黑いのもきれいでないのも仕方ない面ですが、あそこまで中身が「ひどい」とね。

これは日本女性の最〇○なんですよ~っと、言って回れないし。ちくしょうめ。あ。



@看護師さん。

あの「グロテスク」な妃を放置している国の民が、

無作法で礼儀知らずで無神経で。

そんなんばっかり、とか思われたらいやだな~と思いますが。

どうでしょうね。



@ヒミツのコメントBさん。

少しずつ理解しようとしていますし、理解したいですよ。

今はこれだけです。

また。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・