KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 茶番じゃ。なこと。
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

不思議フシギのお話。



秋篠宮家の内親王殿下、佳子さま。

佳子さまフィーバーなるものが、湧き上がり、過熱している昨今ですとか。

若干はたち、大学生でもいらっしゃる御身には、ある意味過酷な「フィーバーぶり」とも感じます。でも、人にまつわる「気」、人気は、止めようがないものなあ、と思う。

おそらく利発な内親王さまは、ご自分の置かれた立場、周囲の方々のお立場、お気持ちを慮ることのお出来になる方と信じています。

大変なこともありでしょうが、しっかりとおつとめ下さるのでしょう。

以前みつけて保管していた記事を、また見つけました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京タワーが完成したのは1958年。その年の11月末、皇太子さま(現天皇陛下)のご婚約相手が発表された。お相手は、「民間」の「日清製粉社長の長女、正田美智子さん」(現皇后陛下)で、世間では美智子さまの服装などをまねする「ミッチーブーム」が巻き起こった。

当時のご婚約発表の新聞記事は、「報道協定」のためタイミングは横並びだったが、著名評論家から「ずば抜けて、あざやかであった」と評された記事があった。朝日新聞の11月27日付夕刊に載った「正田家を見つめて六カ月」だ。

東京スカイツリーが開業予定の2012年、この記事を書いた元朝日新聞記者で、54年前の当時「お妃選び取材班」だった佐伯晋さん(81)に2部にわたって話を聞く。第1部は、数十年を経て見つかった当時の取材ノートをもとに、「正田家に入る秘密のルート」を築き上げる過程など、佐伯さんらの取材の悪戦苦闘ぶりに焦点をあてる。



ドレスを試着した姿を撮影

佐伯さんが撮った美智子さまの特ダネ写真は、週刊朝日誌面も飾った。

佐伯さんが「お妃選び取材班」担当になる話に入る前に、インタビュー第1回では、ご婚約発表(報道解禁と同日)を翌日に控えた1958年11月26日に、佐伯さんの「特ダネ写真」を目にした美智子さまが「泣き崩れた」エピソードを取り上げる。


――詳しくは追って伺いますが、佐伯さんは美智子さまのご実家、正田家とのいち早い接触やいくつもの偶然が重なった結果、ご婚約発表直前の正田家前には、中に入れない大勢の報道陣がいる中、美智子さまのご家族の信頼を得て特別に「正田家に入る秘密のルート」をもっていたそうですね。

佐伯さんはそのルートを生かし、ご婚約発表後の朝日新聞の号外を飾ることになる美智子さまの特ダネ写真の撮影に成功しています。

“佐伯 その写真は、美智子さんが天皇陛下(昭和天皇)に婚約のご挨拶に伺うときに着るドレスを試着した姿を写したものです。婚約発表予定の(1958年)11月27日の日中に配る号外に載せることが決まったので、前日の26日にすでに印刷された号外を美智子さんの自宅に届けに行きました。

写真は、26日の2、3日前に東京・五反田の高台にある正田邸内で撮ったものです。「いつもの秘密のルート」を使って午後の早い時間帯に正田邸に入ったところ、ちょうどドレスが三越から届いて、美智子さんがお手伝いさんと一緒に試着し終わっており、その部屋へ通されたのです。1階の応接室の隣室だったかな。

ちょっと斜めを向いてポーズを取る風を見せてくれた

――よく写真を撮らせてもらえましたね。

“佐伯 「今、着てたとこです」と明るく話す美智子さんの白いドレス姿がとてもきれいだったので、「1枚お願いします」と声をかけると、ちょっと斜めを向いてポーズを取る風を見せてくれたので、小型のオリンパス・シックス、いや、もうニコンに変えてたかな、でパシャリと撮った。フラッシュはたかなかったな。ぼくは写真は下手だったんだけど、正田家の人は、朝日新聞の人間でも、早くから接触していたぼくしか家に入れてくれなくて、カメラマンは入ることができなかったんだ。

フィルムを社に持ち帰ると、そのドレス写真が婚約発表当日の号外を大きく飾ることが決まり、美智子さんたちも喜ぶだろうと、26日の朝早く、いつものルートで正田家へ配る前の号外を持って行ったんだ。

応接間で美智子さんと母の冨美(後に富美子に改名)さんに号外を見せると、突然美智子さんが、わっと泣き崩れた。こっちも気が動転してよく覚えてないが、美智子さんは両手で顔を押さえていたように思う。どうしたのかと戸惑っていると、冨美さんが「佐伯さん」と声をかけてきた。

――何が問題だったのですか。

“佐伯 号外写真の美智子さんは、頭から肩にかけて白いショールをかけていた。それを見てボクは「いかにも花嫁さんみたいできれいだ」と思ったのだが、そのショールについて冨美さんは「こんな格好をするのは礼拝のときのカトリックを連想させるの」「ただでさえうちは(聖心女子大出身ということもあり)カトリックではないかと(皇太子妃は旧華族出身者であるべきだと考える守旧派から)疑われているのに」とすっかり困惑した様子で話した。

冨美さんはさらに、「この写真が表に出れば(婚約に)反対の声が大きくなり、大変なことになるかもしれない」として、「この号外は取り消して頂けないか」と、おろおろした感じで語りかけてきた。


結局、「ニコニコしていて何もなかったかのように」

――「明日の号外を撤回」とは一大事ですね。どう対応したのですか。

“佐伯 いやあ、ほとほと困った。もし本当に破談になれば切腹ものだとも考える一方、もう号外も販売店へ運び始めてるだろうから今から刷り直し、というのも大事(おおごと)だなと。気があせっていて、その場で何と答えたか覚えてない。早々にその場を退散したようだ。

ただ、配られるのは翌日の婚約発表後のことだし、どこか「大丈夫だろう」という思いもあった。結局、会社では誰にも相談しなかった。ぼくは当時27歳で、若さゆえの大胆さだったのかもしれない。

――結局、号外は問題を引き起こしたのですか。

“佐伯 いや、何もなかった。冷静に考えれば、礼拝時のカトリックだけじゃなくて、結婚式でドレス姿にショールというのはあり得るわけだし、別にイコールカトリックという格好じゃない。美智子さんたちが神経質になっていただけなのかもしれない。

実際、26日朝以降は、26日夜の正田家再訪時を含め何も言われなかったし、27日の発表後に美智子さんに会ったときは、ニコニコしていて何もなかったかのように接してくれたのでほっとした。その後も問題になることはなかった。

<編集部注:佐伯さんが当時のことを語る際、「民間」時代の美智子さまのことは「美智子さん」と表現しています>

<メモ:佐伯さんの記事「正田家を見つめて六カ月」>「皇太子さまご婚約」が発表された1958年11月27日付朝日新聞夕刊の一連の記事中、佐伯さんが書いた「正田家を見つめて六カ月」は、59年に出版された「現代教養全集5」(筑摩書房)に採録された。

同書の解説を書いた評論家の臼井吉見氏は、同記事を各紙の記事と比較して「ずばぬけて、あざやかであった」と指摘した。特に、美智子さまの母冨美さんの「母親の心底にひそむ、底知れぬ不安と躊躇を伝えた」ことについて、「新聞報道として画期的」と評した。


<佐伯晋さんプロフィール>

1931年、東京生まれ。一橋大学経済学部卒。1953年、朝日新聞社入社、社会部員、社会部長などを経て、同社取締役(電波・ニューメディア担当)、専務(編集担当)を歴任した。95年の退任後も同社顧問を務め、99年に顧問を退いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いま、読みなおしてやはり、不思議な感じがあります。

当時27歳、気鋭のジャーナリストだったでしょう、佐伯氏。

気鋭の何であっても、とにかく27歳の男性だったのでした。

たとえば美智子さんが純真無垢で、人を疑うなど全く知らないお嬢さんだったとしても、お母さまは全て、ご存じのことだと・・世の母親は、こういうこと、させるかしらと、感じていたのです。

お母さまは、皇室からの使者を相手に

「縁談というのはストラッグル、闘争の面もありますからね」、とか。

「あちら様が(こうしつ)よく聞かれたと思うくらい、言わせていtだいた」、と広言なさった「剛の者」。

「天皇を尊敬するようにとは教えて来なかった」とか発言されてもいた。



後になって取り乱して、って。・・・そうなんですか~。

もっと言いたいことがある、ぅう、言いたい・・・・笑。

昔の「ご令嬢」のみならず、娘を持つ親は、若い男性を、簡単に近づけなかった。ヴァージニティが、ものすごく貴重とされていた。

何も知らず、何にも触れられていないことが、大切だったのでした。

あくまでこれは、いっぱんろんです。(笑)。

皇室と縁組された正田家。

結婚の前に、このドレスを着けてヴェールをかぶった姿を、撮らせられたと言うのは、感覚的に不思議なのです。

・・・ひっそりと、自分の意志で、お会いになるお嬢は、いたと思います。



その記者氏を、その人だけ、ヒミツのルートを作って、使わせて、家の中へ招き入れていたという、正田家。

「平民から皇室へ」嫁がれる正田美智子さんが、天皇陛下に挨拶にあがる時のドレスを、試着していて。

そのドレスの姿を、撮らせて欲しいと乞われて、応諾して、

斜めに向いたポーズをとって写させた、と。


今はこれ以上は申しません。

後でまた、言うと思います。

フツーの感覚じゃないよね、と、絶体にワタシは、書くと思いますね。


後で、あの頭からかぶったのは、ヴェールなんかじゃなく、その辺にあった大判のハンカチだとか。

そんな話も出ていました。

あんな大きなハンカチ、無い。と思う。

この佐伯氏は、美智子さまが実家に別れを告げて発たれる、皆さまに挨拶なさる、あの、ミンクのショールを肩にされていたあの瞬間も、美智子さまの家の中におられた。

どれだけ親しかった。

とても不思議です。

いろいろ、不思議。




スポンサーサイト


  1. 2015.06.09 (火) 17:29
  2. URL
  3. あさき
  4. [ edit ]

謎でございます。

KUON様、

佐伯記者と正田家のお話、謎がいっぱいですね。

佐伯記者が、何故、撮影できたのかが謎な写真といい、富美子夫人と美智子夫人の取り乱しようといい、謎だらけです。
少々、話は変わりますが。

橋本明さんの「美智子さまの恋文」を読んだ頃から、美智子夫人と常磐会の方々のうち、どちらが本当のことを語っているのか疑問が湧いていました。

橋本氏は、学習院OB でしたから、松平女史のお話を直接、聞くことができたそうです。
松平女史から、美智子夫人についてのお話や、アドバイス的な内容を、ケーキ(モンブランとあったような)をいただきながら、ざっくばらんに聞いたそうです。

その頃から、松平女史のお話の方が本当なのではないかと思っていました。

少なくとも、常磐会の皆様は、言われているほど美智子夫人を嫌ってはいないのだろうと思いました。

むしろ、時に厳しくあっても、大きな愛を持って見守ってくださっていたのだと感じました。

紀子さまのように、素直に聞く方であったなら…。
  1. 2015.06.09 (火) 20:55
  2. URL
  3. 望郷
  4. [ edit ]

一昨日、昨日とそのドラマを読みました。
偶々、時系列を追っていたからかな、15話ほど一気に見ました。
後半にいくに従い、少し判るかもしれませんね。

偶然に興奮しています(笑)。

  1. 2015.06.09 (火) 21:46
  2. URL
  3. ちりぬるを
  4. [ edit ]

変なお話ですねぇ。

私が小学生の頃、コータイシヒに
おなりになりました。
Mさんの小学生の時のお小遣いが
月三千円と、雑誌で読んだ私は、
親に言って交渉した覚えがあります
白い毛のヘアーバンドや、テニス、
ミンクのショールなど、真似しまくり。同じ様な学校に通っていることも、嬉しいことでした。

あるブログで、お母様とコンサートにいらしてる写真も見ました。
あら?と思うのも、コー室で虐められ、親子切り離され、耐えに耐えて、シンデレラの様な境遇の方と認識
していましたから。
マザゴさんの出現から、信じていた
ものにも、創作があることが分かりました。
kuonさまがご指摘の通り、弱々しく
演出をされ、天皇にしな垂れかかり
かと思うと、あるブログに、コータイシさんのビオラの演奏会で、天皇の頭越しにマザゴと話ている写真を
見て(天皇がまだ、着席していない
状態で屈めていらっしゃる時)
ハァ?コーゴーさんって、こんなで
いいの?不敬じゃないと思いました。一抹の望みも絶たれて、なんて方!と、アレレだけの為体では無かったことを再認識致しました。



  1. 2015.06.10 (水) 11:57
  2. URL
  3. まりりん
  4. [ edit ]

一人だけ、取材が許されている記者がいる事もおかしいのですけど、陛下に挨拶する時のドレスを見せる。
写真も撮らせる。
ヴェールを付けて、しかっりポーズも決めて・・・

後で、まずい事になると騒ぐ・・・

写真撮らせた時点で使われる位、わかるだろ・・・と。
  1. 2015.06.10 (水) 14:29
  2. URL
  3. 木枯し紋次郎って?
  4. [ edit ]

秘密のヴェール

いつもありがとうございます。

貴重な資料のご紹介をありがとうございます。
読み返すほどに感覚の違いを感じます。


工藤美代子氏が去年、週刊新潮の“朝日新聞「号外」に載ったドレス姿の写真の真相”という記事で、佐伯氏の取材メモによる回想と食い違うことを書いておられたりもしますし、もう何が何だかわかりません。

工藤氏の記事では、当時を知る人(←どなた?)によると
・ヴェールはお借りになったもの
・お返しする際に写真を添えるのにご家族の誰かが撮った
・その写真がどういうわけか朝日新聞に
というような内容でした。

それでは朝日新聞はどうやってこの写真を入手したのでしょうか。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1301668908086.jpg
「両陛下にお会いする時の晴れ姿の正田美智子さん」
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1361285841647.jpg

工藤氏の書き方だと、このお写真は窃盗か紛失だと思うのですが警察は関与しなかったのでしょうか。
一番疑われたのは、唯一出入りを許されていた佐伯氏だと思うのですが、その後も出入り禁止にはならず、嫁ぐ美智子さまを正田邸でお見送りになっておられるのですよね。(むしろ信頼が厚いくらい)
佐伯氏は無実を証明できた(紛失でも窃盗でもなかったor他の犯人がいた)か、ご慈愛のお心でお咎めがなかったのかということでしょうか。

佐伯氏はヴェールもショールも区別がつかず、ショールを肩にかけるのとヴェールを頭から被ることの違いがわかっていなかったのでしょうね。
そして国民の多く(クリスチャンを除く)も、ヴェールを被る意味を知らなかったから問題にならなかったのでしょうね。

ハンカチだとか、ソファーカバー(?)だとかいう説もあるらしいですが、ドレス姿を撮ってもらうのにそういうものを被る必要なんてありませんよね。

被られたのは、それがヴェールだったから、ですよね?
  1. 2015.06.12 (金) 04:25
  2. URL
  3. 望郷
  4. [ edit ]

感想を補足

KUON様、みなさま、再度恐縮です。先日の自己コメントに補足いたします。

私が読んだのは、J-CASTに2012年4-5月に掲載された佐伯氏への記事 -第1部(1)-(10) 第2部(1)-(5) の15話分ですが、主に田島日記と絡め、参考にしたものです。両者の整合性はあるようでした。

みなさまがコメントされている常磐会や新潮の内容など、知らない事ばかり。いちいち新情報に驚きます。為になります。

私見は省こうとしたのですが、ベールの写真のことで感想をいうなら、…佐伯氏本人による語りが、話の筋で納得しやすい …たとえば、家族が撮影した写真を自分が撮ったと主張して、意味があるのかと。

プロデュースありのドラマとして読みましたが、全体的に不可解ではあります。

~~~
KUON様、お誕生日おめでとうございます。お写真、拝見しました。想像したとおりのお方のようです。素敵な笑顔。また、お悔やみ申しあげます。私が大切な者をなくしたのが今頃でした。想いは深まりさえするけれど。ちょっとしみじみ。

勝手ながら、こちらが心のオアシス化しています。先日来た際も効果覿面。気分よい興奮をもらって退ち去りました。

  1. 2015.06.13 (土) 15:14
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事させていただきます。



@まず、この佐伯さんという方は、実存の方で、実際に朝日の記者でいらして、なぜか、正田家に出入りが叶う方でいらした。

正田家は、ご長女の、皇室からの縁談を、拒んでいた時代があり。美智子さんは日本を脱出して、ご本人の書かれたことによれば、ナイアガラの瀑布の方へ引き込まれて行くくらいにお悩みであり。

で、最終的にお母さまは、縁談には闘争の面があり、あちら(皇室)が、よく聞かれたと言うくらい、言わせて頂いた、と。

今聞いてもびっくりな発言をしたお方。

天皇を尊敬するようには育てなかった、とも。

皇室は、そんなにもアタマ低くしてやっと、美智子嬢を得た・・。戦前なら富美子夫人は、不敬のヒトだったはず。

それよりなにより。

佐伯さんだけをフリーで入れていた。何のために?。

新調の、天皇に会うためのドレスを着ていて

「いま着ていたところ」

と、ポーズつけて撮らせた。

私にはどうしても、解らない。なぜ?。


うかつ? ばか? 調子乗ってた? 嬉しがり? 佐伯さんが特別な人だった?。

なんか、純白な感じがしないのです。ものすごく、そうなのです。

佐伯氏は、KUONが引かせていただいた記事に対して、何の「NG」も出していない。

間違いだったら出すはず。

俺のお手柄、俺は特別、俺の〇○・・・

私は、本人が語って訂正していないこれが、真実だったと信じております。

  1. 2015.06.13 (土) 20:30
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事させていただきます。



@望郷さん。

コメントまとめて、読ませていただきました。

私によく解っていなくて申し訳ないのですが。どちらにせよ、佐伯氏が、はっきりとご自分で答えておられる。自分だけが家へ上がれたことも、写真撮影が可能だったことも、普通に語っておられる、これが、つまり「本当」だと、以前から感じています。

最低限、感じるのは、当時っぽく(変な日本語)リベラルで、今の言い方で言えば普通に左っぽかった記者氏に、美智子さんは、シンパシィを感じていた。対等に会話のできる人としての気持ちは、おありだったと。

となると、何を考えて「皇室へ入る」となったか、不思議なのです。

ナルさんはやはり、今上に似ておいでだと思いますし。

>佐伯氏本人による語りが、話の筋で
>納得しやすい …たとえば、家族が撮影した
>写真を自分が撮ったと主張して、
>意味があるのかと。

>プロデュースありのドラマとして読みましたが、>全体的に不可解ではあります。

何も考えないで、入れないだろうと考え易い私室へ招き入れて、封切前のワインの栓を開けてしまうみたいなことをされた。

写真が誤解を招くことを恐れて取り乱しても、入内直前の娘が、チャラいとも思われる写真を撮らせたことへのものではない。

やっぱり、不可解です。正田夫人も、ご令嬢も。

しないわ、そんなこと。させない。

と、感じます。



@ちりぬるを さん。

私は9歳でした。隣家の板塀に写真が張り出され、近所のおばちゃまがたが興奮してあれこれ騒いでいたのを覚えています。

母の言い方が「しおだみちこ」さんだったこと、正田、は、重箱読みと言うのだと、知りました。平民から皇太子妃へ、と、シンデレラストーリーのようでした。

私も白いカチューシャ、買ってもらいました。ミンクやテニスには、私は、縁がありませんでした。(笑)。

ナルちゃん憲法と聞いて、母の田舎の、学生時代は真っカッカで捕まってひどいことされて、が一つ話だった伯父が遊びに来ていた時に

「こんなバカなことを言っている女に群がって甘やかして」

と吐き捨てるのを耳にし、伯父はやっぱり、変わっていて普通の人でないのだ、と。一人で納得。子どもでした私。(笑)。今なら気が合うかもしれません。

また、過去記事を貼らせてもらいますが、美智子さんはしょっちゅう実家へ帰り、ご夫君も一緒で、お母さまも何かあると、御所を訪ねておられた、が、事実のようです。また貼りますね。



@ まりりん さん。

>>一人だけ、取材が許されている記者がいる事もおかしいのですけど、陛下に挨拶する時のドレスを見せる。
写真も撮らせる。
ヴェールを付けて、しかっりポーズも決めて・・・

後で、まずい事になると騒ぐ・・・

写真撮らせた時点で使われる位、わかるだろ・・・と。<<

全文。私も同感ですね。

感想としては。

慎ましやかでも賢げでも何でもない。

気取っていそうなのに実は抜けている感じ、二代続けて、東宮妃のパターンが全くの相似形なのが、びっくりでがっかりで、ですね。(笑)。

美智子さんの事書くと、嫌がられているみたいでもあるのですが。



@木枯し紋次郎って? さん。

こちらこそ、私がお見せできない写真を、ありがとうございます。

先日も画像の貼り方のレクチュア受けたのですが・・・わからん。泣。


>工藤氏の記事では、当時を知る人(←どなた?
>)によると
>・ヴェールはお借りになったもの
>・お返しする際に写真を添えるのに
>ご家族の誰かが撮った
>・その写真がどういうわけか朝日新聞に
>というような内容でした。

>それでは朝日新聞はどうやってこの写真を
>入手したのでしょうか。

・・・笑止千万ですね。

写真は実在する。

なんで。なぜ。

皇室へ入る女性、妃殿下になる女性が、アタマにあれ載せて、写真に写ったか。

どんな言い訳したって、聞けませんね。

学生時代にもマリア様に扮しておられます。

マリア様がいけないのでも悪いのでも無い。美智子さんが、あの時点で、これをやらかしたことが、少なくとも私には。

おかしいよ~言い訳したって駄目だぴょ~ん、なんです。

過去の事をほじくるな。そう、メールをいただく。過去の事では無い。ずううっと繋がっている。そして今、皇室は、こうなっている。から、じりじりするのです。勝手に。(笑)。

おかしいやろ。と、思う、どうしても。

ご成婚パレードには、青学大グリークラブの「 ハレルヤ」の大合唱が。と。渡辺みどりさんご自身が書いておられる。

美智子さまも皇太子さまも気付いて笑顔を向けて下さった、と。

まさこさんのパレードの三色旗が云々されたけど。

なんか、よくわかりません(嘘。解ってます・笑)

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・