KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. おそれながら、なこと
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

佳子さま。



佳子さま。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
壇ノ浦。



源氏の強者どもが、平家の船に乗り移ってきました。船頭・水夫は射殺され、あるいは、切り殺されて、船の方向を直すこともできません。平家の人々は皆、船底で倒れ伏していました。

平知盛は、小舟に乗って、急ぎ、御所の御船に参りました。知盛は、

「世の中は、今は、これまでと見えた。見苦しいものは皆、海へ捨て、船を掃き清めよ」


と命じ、船は、掃いたり、拭ったり、塵を拾ったりしながら、先から尾まで清められました。

女房たちが「ああ、知盛殿、いくさはどうですか」と問うと、知盛は「ただいま、珍しい東男(あづまおとこ)をご覧に入れましょう」と口にし、からからと笑いました。女房たちは「どうして、この機におよんで戯れを」と、声々に、わめき、さけびました。

平清盛の妻、建礼門院・平徳子の母、そして、安徳天皇の祖母である二位の尼殿(平時子)は、日頃から覚悟を決めていたので、薄黒い喪服を2枚重ねに着て、ねり絹の長袴を短く着け、三種の神器の「神璽」(勾玉)を脇に抱え、「宝剣」(草なぎの剣)を腰にさし、安徳天皇を抱きました。

「われは女なれど、敵の手にはかかるまじ。安徳天皇のお供をする。御志を持つ人は、急ぎ続きたまえ」

 そう告げて、二位の尼殿は、しずしずと、船端へ歩み出ました。

安徳天皇は今年、8歳。年よりもはるかに大人びて、姿は威厳に満ち、辺りを照らし輝くよう。髪の毛が多く、ふさふさとしていて、背中に懸かっていました。

安徳天皇がひどく驚いた様子で、「尼前は、われをどこへ連れて行こうとするのだ」と尋ねました。

二位の尼殿は、涙をはらはらと流し、幼い君に向かって、話して聞かせました。

「君はいまだ知らないのですが、前世の十善戒行の御力で今、万乗の帝王として生まれました。されども、悪縁に引かれ、御運すでに尽きました」

「まず、東へ向かって手を合わせ、伊勢神宮においとまを申してください。その後は、西へ手を合わせ、西方浄土の迎えがくるように、念仏してください」

「この国は、粟散辺土(そくさいへんど:粟のように小さい辺境の国、すなわち日本)と申し、もの憂いところです。あの波の下にこそ、極楽浄土という、めでたい都があります。そこへ、お連れして参ります」

 二位の尼殿がそうなぐさめると、萌黄色で黄色の強い山鳩色の天皇の御衣を身に着け、御づらを結った安徳天皇は、涙に溺れ、小さく、美しい手を合わせ、まず東へ向かい、伊勢神宮と正八幡宮にいとまをこい、その後、西へ向かって念仏しました。

 二位の尼殿は、すぐさま、安徳天皇を抱きました。

「波の底にも都がございますぞ」

そう安徳天皇をなぐさめ、千尋の底へ沈みました。

悲しきかな、無常の春の風。たちまちに花の姿を散らし、いたましきかな、分段の荒き波(六道に輪廻して果報を受ける生死)。安徳天皇の体は沈みました。

和漢朗詠集に詠われたように、宮殿を「長生」と名づけ長き棲家とし、門を「不老」と号して、老いせぬ鬨と書かれましたが、いまだ10歳にもならずに、海の底の水屑(みくず)となりました。

十善の帝王の果報はいうまでもありませんが、雲の上の龍が、ついに、海底の魚となった。宮城で大臣公卿に囲まれ、平家一門を従えた身は、今は、船の中から波の下へ落ち、御身をいっしゅんで滅ぼしたことこそ、悲しけれ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たどれば多くの人々が平家と源氏とに分けられる。

私は源氏なのですが「平家物語」が好きで、平家でないのがむかしから残念でなりません。

安徳天皇の壇ノ浦でのこのシーンなど、たまりません。

実質、六歳と四か月で海の藻屑となられた幼帝。

父は高倉天皇、母は平清盛の娘の徳子。徳子も一緒に落ちのびていたのでしたが、共に入水をはかったのでしたが、成らず。死に遅れてしまわれた。

落飾して京都の奥深くこもり、建礼門院と呼ばれ、生涯、菩提をとむらい続けたのでした。

安徳帝は数え8歳で崩御したため、后妃も皇子女もおられません。絶えられました。

未婚の男性天皇は清寧天皇・六条天皇に次いで3人目で、これ以降は例が無いそうです。

優しい美しい気品に満ちた佳子さまに参拝していただいて、安徳帝はお喜びだったでしょう。

いつもはこういう風に納めてしまうのは好きでないのですが、このたびは、本当に、そんな感じがしました。



スポンサーサイト


  1. 2015.06.08 (月) 21:59
  2. URL
  3. ちりぬるを
  4. [ edit ]

益々と、佳子さま…

内親王としての気品を添えられて
いらっしゃいましたね。
テレビのインタビューに出た男の子が、お姫様みたいだった と答えて
いたのが印象的でした。
本当に皇女ですものね。
でも、美しく、品の漂う姫と呼べる方がやっとお出になりました。
カレッジでのプライベートな服装が何なのでしょう?
公務をなさる時は、凛とした気品を
持ち、学生の時は、現代の子の
ファッションでよろしいでしょう?
大学生で、公務の服装ならば、浮いてしまいますよ。お友達も敬遠しますでしょう。素敵なギャップです。

皇祖皇宗を大切になさる秋篠宮家は、光輝いています。
姉君も戻られたら、また、華を添えますね。
お美しい姉君達に囲まれて、悠仁親王も、お幸せでしょう。

kuonさま、ありがとうございます。

手の平を返した様なマスコミに、
少々、ムッと致しますが。
  1. 2015.06.09 (火) 10:44
  2. URL
  3. ハンナ
  4. [ edit ]

佳子さまフィーバー

すごい人気ですね。


早くも、佳子さまの私服を
【カコールリッチー 】
とハリウッドゴシップセレブの
ニコールリッチーを意識してる、、
と言われ始めてますね。
ニコールがカーディガンを
ショールにしたり、腰に巻いたり
腕だけ通していたりの写真を掲載したり。

オン、オフの時のメイクを
比較したり、、

静かに学生生活を楽しむ事が
出来るようにと老婆心ながら
お祈りしております。
  1. 2015.06.10 (水) 07:29
  2. URL
  3. 卯月
  4. [ edit ]

残念…

佳子さまのお姿、というか、秋篠宮家の皆様のお姿を拝見すると、心が穏やかになります。
ドタ出でも、アピールでもなく、成年皇族としてお仕事を立派になさっていらっしゃって、尊敬の念が自然に湧いて来ます。

が、唯一残念なのが、式典でコンスをなさっていた事です。ヘンテコ衣装なお祖母さまの(悪)影響でしょうか?

何故某国のお辞儀がここまで浸透しているのでしょうか?様々な場所で見かけすぎて気持ち悪いです。
百歩譲って、デパガやCAなど接客業の方がやったとしても、日本のお姫様や女帝様wがやる意味がわからないのです。

女帝様は…┐(´д`)┌ですが、
これからの皇室の一端を担う佳子さまには正しいお辞儀をしていただければと思います。
  1. 2015.06.13 (土) 14:52
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事をさせていただきます。



@ちりぬるを さん。

佳子さまのお辞儀も笑顔も、心からのものと見せていただき、とても美しいと、なんとも言えない気持ちです。

本来、そうなのですけれど、あまりにもあまりにも、見せかけや嘘や取り繕いの世界に、皇室が堕している感がありました。

>皇祖皇宗を大切になさる秋篠宮家は、
>光輝いています。
>姉君も戻られたら、また、華を添えますね。
>お美しい姉君達に囲まれて、悠仁親王も、
>お幸せでしょう。

眞子さまは九月にお戻りとか。

楽しみです。

>手の平を返した様なマスコミに、
>少々、ムッと致しますが。

(笑)。ムッとして、そして、あ~あ、と、白けた思いにもなります。



@ハンナさん。

こんにちは。

カコール・リッチー。(笑)。

叱られるの覚悟で書きますが(笑)、佳子さまを、アイドルより可愛いとか、女優並み、とかの言い方で仰るには、違和感がありま~す。

全く別の世界。まあ、今のメディアは「味噌も〇○も一緒」の無法状態。

佳子さまの勢いのおありの様子が、頼もしく嬉しいです。

ハリウッドゴシップセレブ。ふん、なんじゃそれ。

佳子さまは、本当の意味のセレブリティ、魅力的な「ギャップ」も、楽しませて下さるでしょう、デモ、盗み撮りはフェアでないし、申すも無駄でも、やめなさいよ、と、言いたいです。



@卯月さん。

最近、身内の葬儀で出向きましたが、葬儀場も焼き場も、どこも誰もコンスの集団で、それこそ気持ち悪くなりそうでした。

あれが、正式で「いい」と、信じ込んでいるようです。さすが、今回は黙っておりましたが、大変嘆かわしいです。

ただ。紀子妃殿下が、最近までコンス風にしておられましたが、赤十字の先日の(拙い物言いで申し訳ない}壇上で、華子妃殿下と同じ、コンスでない腕の位置でおられました。

美智子さんは相変わらず。影響力は強いので、苦い思いがします。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・