KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

「宮内庁不要論」。




宮内庁不要論 その罪深き所業


私が宮内庁を悪し様に言う理由とは・・

まず第一に皇室を支える者たちが

無信教と公言する愚かさである

バチカンを陰で支える者たちが無信教

だったり、異教徒であるだろうか?

宮内庁はGHQや反日の思惑で皇室の監視

無力化の指示を受けたものの巣窟である


これが許される背景には、政府の中に多数いる

「反日思想」「国家神道の否定」を画策する

人間に対しても、国民は声を上げないことに

よって理解できるのである

皇族に対する怨嗟の声は聞こえても、その陰で

暗躍する「宮内庁幹部」に言及する言葉が無い

のだから、悲しくなってしまう・・・。


皇室の過去と未来(一)

皇室の過去と未来(二)

にその一部が書いてあります



その次に、「古墳(天皇陵)」の問題

宮内庁は「社稷を守る役目を担う者として、

先祖の墓を暴かれるのは善しとしない」

というようなことを言っているとか・・・

血の通った日本人なら、先祖が眠る墓が

朽ちてゆくのを傍観することなどあるはずがない

庶民は機会があれば「改修したい」「改修するべき」

と思っているのである


私は若いころ「石工」の修業をしたことがあり

墓の改修に携わり、墓を掘り返したこともある

感謝されることはあっても、墓を暴いたなどという

発想は日本人的発想ではない

「お墓の引っ越し」や「お墓の改修工事」などは

先祖に対する冒涜であるはずがないのだ

見て見ぬふり、朽ちるがままに任せるほうが

よっぽど「先祖に対する冒涜」ではないか?


そうすると・・・明治天皇から昭和天皇まで

三代前まできちんと整っているから、その前は

どうでもよいという発想なのか?


明治天皇以前は・・・他人だから?

そんな不敬な考えすら浮かんでしまう


しかし・・・事実は誰が埋葬されているか不明な

御陵に皇族が足を運ぶのも問題があり

比定(ひてい)されていること自体、眉唾なのを

皇室が認知しているから無視している

そう考えたほうが自然かもしれない


開かれた皇室は何も開いては居ない


天皇陵のとんでもない事実の一部を

書けばこういうことになる ↓


現在の【神武天皇陵】は、「ジブタ(神武田)」という

小さな古墳を「修復」と称して、丘と石垣を作り

神武天皇陵として1863年に決められたもの

その際、候補地が幾つかあり、残った候補地の

古墳の一つ(塚山)を「綏靖天皇陵」と決めた


というか・・・欠史八代といわれる架空の天皇に

御陵が在ることこそいい加減なのである


第八代孝元天皇の御陵はちいさな古墳三つを

一つに囲って御陵としている


第21代雄略天皇の御陵は別々の円墳と方墳を

つなぎ合わせて、前方後円墳として捏造したもの

なのである

実際の話、現在「天皇陵として比定」されているものは

明治時代に整えられたもので、年代的な裏付けもなく

言葉は悪いが「テキトーに決めた」「いい加減な代物」

なのである


それでも、宮内庁は天皇家の私的墓地として

立ち入りを許可していないものがほとんど

税金の無駄使いの最たるものが「宮内庁」という

政府機関なのだ


宮内庁病院があっても、「個別医師団」が認め

られるのも、宮内庁が機能していない(仕事しない)

組織だという証明なのだ

私から見れば、宮内庁とは天皇家の対外国関係

を円滑にする組織であって、皇室の伝統や儀礼に

いっさい関心がないばかりか、その伝統を破壊

する役目を担っている「反国家機関」だと思っている


その現状は「隠蔽体質」であり、「閉ざされたもの」

をさらに閉ざし封印する大事な役目を担っている


車輪はどちらかが反対の動きをすれば進んで

行かない

現在も両輪が同じ方向に進もうとしているから

さまざまなことが、下賤の者の思いとは乖離して

進んでいるのかもしれない

宮内庁と皇室が円滑に機能しているならば、今

の状況などは、双方の思惑による結果では
ないだろうか・・・・。


                  ブログ 長屋の爺 「不必要な善意」より。




スポンサーサイト

コメント

長屋の爺さま、KUONお師匠、ありがとうございます。
心に染み入りました。
無関心の罪深さを思います・・・。

久遠さんのブログ

お勉強になります。

前回、コメントのお返事いただいて、

で、??

と言われた私ですが、
まさに

で???
で???

と自分に問う毎日です。

宮内庁の事も必要が不要か
国民投票とかになったら
完全に悩むし。

でもって(笑)ココに来させていただいております。

私の意味不明なコメント、不快な思いをさせてしまったのなら、申し訳ありません。

で?
で?
どうすればいいのでしょう。
迷う毎日です。

この頃は

皇室問題から、枝葉の様に色々な
関連問題が出て来て、本来、機能しているものが、機能していない現実に腹立たしさを感じいます。
宮内庁然り、外務省、財務省と。

東の問題から、天皇陛下を我が物顔に扱う皇后。
イヤですね。でしゃばり過ぎでは
ありませんか?

まだ幼き悠仁親王殿下は、天皇陛下とお話をしたり、
天皇から直接学ばなければ
ならないことが、いっぱいあることと思うのですが。
天皇陛下、皇后は、公務も勿論大切ですが、〜鑑賞よりも、悠仁親王殿下に色々、お教えすることが最も
大切なことなのではないでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事させていただきます。


@sarahさん。

この後の記事に長屋の爺さんが書いておられます。

「天人相関説」

私も読ませてもらって来ました。

身もふたもない言い方を、私は、よそで知った通り書いてしまいますが。

天人相関説は、世に天変地異が溢れる時、

「祭祀の頂点にある者が死刑をたまわる」

というもので。言ってしまえば、古代では、地震や噴火やさまざまな災害が頻発するのは・・・の故、ということで、こういう考えがあったそうです。

私が言うと大雑把で乱暴になりますので、ぜひ、ぜひ、爺さまのブログをご訪問なさって、一緒に勉強させてもらいましょ!。



@ハンナさん。

私こそ。

で???とか、失礼みたいな書き方して、ごめんなさいでした。

私は全く不快でないです、ハンナさんも私を許して下さいね!。

こういう問題には、はっきりした結論も出そうにないし、だらだらまだ、行ってしまいそうな気がします。

皇室も(一部は除かせて頂いて)宮内庁も、国民の方など全く見ていません。

ナルさんが肝臓をイわして、実質的に「無理」になって下されば、など、黒KUONになっております。

正式に皇位継承順位3位の悠仁殿下のことさえ、著しく、ないがしろにしておられます。

黒KUONでもいい、という気持ちになっています。

孫が生きて行く世の皇室が、アレラにぐっちゃぐちゃにされるのは、イヤだ~~~っと、叫びたいのです。




@ちりぬるを さん。


燎原の火のように。

凄まじい勢いで、嘘、偽りが表に顕れて来ています。

止めようが無いとも見えますが、憚りの無いもの、汚いもの、厚かましいモノ、下賤なものの方が、恥を知らない分だけ、悪目立ちして人目に立ちやすいのが、現実のようですね・・・。

しつこく諦めず、イヤだイヤです、退いて下さい、退けよ~、と、言い続けて行きます。

天皇陛下を、その妻が、値打ちを下げ続けている。陛下は、水俣のアドリブでのご発言や、今年の歌会始の儀の御製など、何かを発信しておいでの気もしますが。

敷かれてしまっておいでなのでしょうか。こちらの言葉で言うところの「おいど」に。




@ヒミツのMさん。


忍ぶれど色に出にけり・・・という、1000年以上も前のうたが、未だに芳香を放っているわが国。

小和田恆の三代前が不明とか、背乗りとか云われていますが。

三代前なんて話でなく、皇太子妃の実父の、出生地まで定かでない、明らかな作為で作られている、他家の名前を平気で使う、拾ったみたいな墓を平気で人目に晒す。

そんなこと、恥じるような人間では無いです。バレテも平然としている。

もう全くわけがわからないです、それが、皇后になるって、何考えているのだか。

何度言っても言っても、なんでこれが放置されているのか、と。

天人相関説・・・「天災」「天皇」などはここから来ているのでしょうか。

昭和帝は天災が起こると、私の祈りが足りないのではないかとお考えになり、祭祀にさらに励まれたと読んだことがあります。

天災の際、昭和の天皇陛下は私の祈りが足りないからだと装束に着替えて神と向き合われ、
平成の天皇陛下は大臣や知事などの関係者をどんどん御所にお呼びになり作業着を着て皇后陛下と被災地を回られる、ということでしょうか。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/61OAfukHXlL._SX258_BO1,204,203,200_.jpg

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Fk6HnSDJL._SX258_BO1,204,203,200_.jpg

http://blog-imgs-55.fc2.com/r/e/t/retsugaiha/37dce032a1ddbbf9825440d4a8fe7599.png


ひたすら祭祀に励まれているところにはカメラマンは入れないでしょうからそのご様子は写真集やDVDにはなりませんが、媒体に残らないものへの感謝を大切にしたいです。

>「ご進講」は昭和天皇はほとんどなかったが、平成になってから活発に。
> 国際情勢について、外務省総合外交政策局長が定例的に行う「ご進講」も
昭和時代には天皇だけがおこなっていたのが、平成になってからは皇后にも行われている。
>まず天皇に一時間、引き続き皇后に役30分間と別々に行われている。
> 大規模自然災害が起きれば。大臣、知事など関係者をどんどん呼んで直に報告を聞くように
>なった。(岩井克己 天皇家の宿題より抜粋要約)


そういえば、管元総理が2004年10月23日にこんなことを言っていました。

「あい続く天災をストップさせるには昔なら元号でも変えるところだが、今必要なのは政権交代ではないか。」

このときからいくつ天災が起きたでしょうか。
政権交代しても、また政権交代しても、噴火や地震が続いています。

@木枯らし紋次郎って? さん。

お返事が遅れました、申し訳ないことでした、初めまして。

>天災の際、昭和の天皇陛下は私の祈りが
>足りないからだと装束に着替えて
>神と向き合われ、
>平成の天皇陛下は大臣や知事などの関係者を
>どんどん御所にお呼びになり作業着を着て
>皇后陛下と被災地を回られる、
>ということでしょうか。

いやあ。立派にキッツイこと仰いますわ~。

そうなのだと確信します。

皇室は、というより、天皇は、天皇。皇后はそのそばにいるもの、決して対等の関係、パートナーでは無い。

というところを、男女同権感覚の東宮妃が入って来て、ぐちゃぐちゃになった気がします。

慰霊も被災の地への訪問も、一貫性の無いこと甚だしく。

目に見えないものが大切。サンテクジュベリではないけど、そう思う、そして美智子さまは、最高の神官の奥さまですが、そういう世界にとても遠い方なのでは、と。

>媒体に残らないものへの感謝を大切にしたいです。

ここにも通じると思います。

異常気象なんてものではない。天変地異だと、長屋の爺さんが書いておられました。

敏感でいらっしゃるべきあたりが、一番鈍感であられる今かな、とか、思います・・・。

形だけを、継承されたとは、思いたくないのですが。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2296-5f3fb445

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (254)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (56)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (17)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん