今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

頭上の虹




こういう言い方は不遜なのかもしれませんが、実感しています。

秋篠宮殿下同妃殿下は、そのお立場の方として最強のタッグを組んでおられる。最高のパートナーシップでもって、日々、おつとめ下さっている、と。

盤石の安定感です。

5月の20日から21日は、和歌山県におなり。

高野山の

「開創1200年記念大法会結願法会」

に、ご臨席でした。メディアは相変わらず、100年に一度のこの行事に、両殿下がおでましになったなどもまともに報じませんでしたが。

「殿下は非常によくご存じでした」

高僧のこのお言葉、それはそうでしょうと、ミジンコKUONが「ドヤ顔」になってしまう。





22日には、日本のおちこちに「環水平アーク」

が見られました。

濃い美しい虹。

吉兆だといいです。


25日には

第二次世界大戦中に亡くなった戦没者を慰霊する拝礼式が、東京の千鳥ヶ淵戦没者墓苑で行われ、

「今日の我が国の平和と繁栄の礎となられた戦没者の方々に深く思いを致し、謹んで哀悼の誠をささげます」

と、塩崎恭久厚労相が挨拶された。

式典には秋篠宮ご夫妻が出席されたほか、安倍総理などが献花を行い、戦没者の霊を慰めました。

また、先月天皇皇后両陛下が慰霊のために訪問されたパラオなどの戦地から新たに収容した身元のわからない2498人の遺骨が納められました。これで千鳥ヶ淵戦没者墓苑に納められた遺骨はあわせて36万2570人になりました。


と、報じられています。

両陛下はこの日、

ウィーン少年合唱団.特別公演、天使の歌声をご鑑賞に、サントリーホールへ。

そして東宮夫婦も同日、鑑賞公務にお出かけ。

両陛下はともかく、皇太子とその妻が、この日はルーブルの名画だったらしいですが、それを二人して見に行くのが「公務」って。

それ、どうなのかな~と、いや、文句は言いませんミジンコですもの(イヤミですよ!)、けど、とても不思議です。

言うてはならん気もするが、書き始めてしまったので行きますが、どんな名画を見ても、解らないでしょ、あのひとたちは。

「すばらしいですね」

「どうやって書かれたのでしょう」

くらいしか、感想ないのに。

ルーブルの名画を見に行くのを、小さくても新聞紙上で写真付きで

「1月の山種美術館での鑑賞公務以来のまたこたま」

と紹介するのなら。

他に公務の以来いっさい、まったく無い東宮夫婦の、以下のこともきちんと、書いて差し上げたらどうなのかしら、と、思いをいたしてしまったKUONでした。

5月の19日にも、この夫婦、絵画の鑑賞に行っていますよ。

「インドNGO主催 細密画」

の鑑賞に。これは、

「国連大学」

で催されたものです。まさこの大好きな国連大学。一時は専用部屋のあった国連大学。頻繁にお通いになった日々はいずこ、両陛下が、不審に思召されて・・・かどうか、ともかく、お二人で現地を「見に」行かれたこともある、まさこのだ~いすきな国連大学で、あったことなのに。

反日の巣窟とか云われている、あそこです。

そういうこともしっかり書いて下さいよ、と、含み笑うKUONなのでございます。くふふ。



お返事おくれていて申し訳ないです、も少しお待ちになって下さい。


スポンサーサイト

コメント

記事をありがとうございました。

両陛下、東宮の両殿下の公務には、
もう、ノーコメントで。

今回は、とても美しい虹への感謝と
慰霊の気持ちで書きます。

記事の中で、数字が書かれていましたが、
大変な、非常に多くの方が、亡くなられたのですね。お国の為に命を捧げて下さったのですね。

先日も、ネットで読んだのですが、
本当に、過酷な状況だったらしいですね。酷い飢えと口渇、脱水、日照りや蒸し暑さ、、、
兵隊さん達は、最後の最後にと、一握り、一口、の食べ物をとってあったらしいのですが、
その時には、体力も果て、口に入れても、食べることも、飲み込むこともできずに、
亡くなったそうです。
悲しい事実です。

山種美術館でのおでんか&ひでんかのザマ、ある意味、衝撃的でした。4コマ漫画しかもギャグ漫画のような一家だなあと。ちょっと思い出しちゃいました。それだけ、秋篠宮家の清浄さが際立って感じられます。

古来より、虹は吉兆と申します。

森羅万象のあらゆることは、人間の心の在り方が大きく影響しているとも高校時代授業で習った記憶がございます。

あらゆることが転換期に来ているいまこのとき、自分たちにできることは誠実に生きることそのものと感じております。

マスコミが報道しようとしなかろうと、皇族のなかでも誠実に公務やいろいろなことをきちんとこなして生きている秋篠宮御一家の清廉な御様子は、もうわかる人にはわかっていると自分は思います。

大丈夫でしょうか?

kuonさま.今晩は。

純然たる公務は、秋篠宮ご夫妻が
忙しく為さっていますよね。
それなのに、お写真も無く、
不思議なことに、新聞でも書かれていません。
高野山でご夫妻を
歓迎する子供が、紀子さまに、
もう、帰るんかい?って言ったら
紀子さまは、リアクションに困った感じで、優しく微笑まれたそうです
子供って感じるんですね。
それも、一般のそこに居た方が
写した写真と、直に聞いたお話で、
ニュースでは無いのです。
温かさが伝わるこの様なニュース
こそ、国民に知らせてもらいたいのに。 作為的ですよね。
お二人のハードなご公務に
もう、お身体大丈夫かしら?と心配してしまいます。

ところが、東は2人とも、丸々と肥え、マザゴンはパンツスーツからも
ドカンとした大きなOOが見え見え。コータイシも品無く、笑っていましたね。
何とも対象的な兄弟です。

してくださっている方に予算をもっと増やしても、誰も文句は言えない
でしょうに。
公式で気の張る公務は
秋篠宮さま任せなんて、何だかなぁ
と言う感じです。

日本を取り戻す

秋篠宮殿下同妃殿下の公務がマスコミで取り上げられないのは
反日勢力が幅を利かせているからです。
最近多い凶悪犯罪の犯人も在日が多いみたいだけど、報道では犯人の名前は通名で報道されることがほとんどということでマスコミの実態は推して知るべしという感じですね。
2012年でしたか、自民党総裁選に立候補した安倍晋三氏のスローガンは「日本を取り戻す」でした。
本音は「政権を取り戻す」なんじゃないのと揶揄した人もいま
したが、今振り返ってみると安部総理はいろんな想いを込めて「日本を取り戻す」と宣言されたのだろうと思います。

彩雲

日本では この雲を 彩雲(さいうん)と呼びますね
瑞雲です
吉兆です

日の本に
我が国民に
幸あれかし

御身お大切に

お早うございます~
後退子負債のルーブル見学会をマスゴミが報道していましたが、目の毒です!
薄ら笑いに臭そうな長い髪、そしてパンツスーツ姿~もううんざりです。
見なきゃいいのですがニュースみてたら突然汚ちゃない画面、ルーブルの絵画にも失礼です!!

それに引き換え秋篠宮ご夫婦の神々しいこと!!
心が浄化されます~
仏の心をお持ちでなければあのような会へのご臨席はできないでしょう~

きっと天は見ておられると信じています。

プロの妃殿下

前記事のコメントの中で見つけました。

紀子妃殿下をプロの妃殿下とブログ主様が書いていらっしゃいました。

本当に、そう!思います。

あんなに、移動される日もあるのに。。。
体調管理一つをとっても、凄いですね。

庶民の様に
「ちょっと、御手洗いに行きたいの」
とかも、言えない、言い難いのでしょう?!

しかも、きちんしたスーツを着て移動。決められた、秒針のように。。。
mさんの様に、なりふり構わずの格好。喜怒哀楽もあらわに、お手振りも、会釈も気分次第、なんかじゃぁない。

やっぱり、最も妃殿下らしさ溢れる妃殿下。

お返事させていただきます。


@プリンさん。

千鳥ヶ淵の慰霊には、去年は眞子さまが初めておつとめ下さっておられました。

今上ご夫妻は、ちょっと記憶が確かでないのですが、今までに(皇太子時代に?)一度、とか。

理由もおありなのかもしれませんが、何もこの日にウィーン少年合唱団、聞きにおいでにならんでも。

と、思いました。大騒ぎしてパラオへ行ったのは「慰霊」だったみたいですよ。国内の慰霊は、地味だから?とか言いたくなる。

第二次世界大戦では、日本人は320万人が亡くなりました。

千鳥ヶ淵には、身元不明の方や引き取り手の無いご遺骨がおいでです。

淋しい方もおられるでしょうに・・・。



@sarahさん。

山種美術館。ぷっ。噴き出しそうな情けない二人でした。

かつては妃候補でもあった、美しく怜悧で実行力のある女性に案内されて。ナルさん、見ないように必死。

こめかみピキピキ。

まさこは、下賤な横目づかいで、かつての、亭主のお相手をジイロジイロと。

どんれだけ差のある人か、こちらが感じる五億分の一くらいしか、自覚していなかった・・・自分の方が、妃殿下だから上よ、ってなもんかも・・・ばかだから・・。

風刺画に描かれたのを見てみたいです。



@hortenciaさん。


>あらゆることが転換期に来ているいまこのとき、>自分たちにできることは誠実に生きることそのも>のと感じております。

同感です。

難しいことではありますが・・・そうかな。

普通に、誠実に、一心に。

寝言で問われても起きてる時と同じ自分でありたい。

・・・思いつきで書いた・・・(笑)。

虹はいいです。




@ ちりぬるを さん。

>高野山でご夫妻を
>歓迎する子供が、紀子さまに、
>もう、帰るんかい?って言ったら
>紀子さまは、リアクションに困った感じで、
>優しく微笑まれたそうです
>子供って感じるんですね。

素敵なお話ですね。

高野山へは今年もお参りさせていただきましたが、何も感じない私も、あの地が霊場であることはわかります。

濃くて強い玲瓏たる気が漂っている感じです。

秋篠宮両殿下は、冷遇されても何をされても、神さまの「徳」を、たっぷり蓄えておられると思います。

神さまが付いていて下さるでしょう。不信心な私も、自然にそう思います。大好きだった田舎の祖母ちゃんが、心に積まれた徳は誰にも盗られない、どこへも行かないと申しておりました。



@ メゾピアノさん。

>今振り返ってみると安部総理はいろんな想いを
>込めて「日本を取り戻す」と
>宣言されたのだろうと思います。

そう思います。

是々非々、と、えらそうな言い方をしてしまう自分ですが。

安倍さんでなければ、どなたが、この国を何とかして下さるかと、思います。



@瓶子さん。

なんとお久しぶり、お訪ね下さりありがとうございます。

ともかく続けさせて頂いております。

瑞雲。

彩雲。

こころこめておつとめ下さるご夫妻に、天の光のあまねく降り注ぎますように。

日々、その思いは胸に在り続けます。

瓶子さんも、御身おすこやかにいらして下さいませ。

また、教えて下さいませ。ちゃっかりお願いする。(笑)。



@とんこ さん。

>見なきゃいいのですがニュースみてたら突然
>汚ちゃない画面、
>ルーブルの絵画にも失礼です!!

(笑)。私も思わず、ぎゃあ、出たーって。

こんな風に言われる皇族って、てんてんてん。

フェルメールだったらしいですね。門外不出とさえ言われていた名画。

初めはナルさんだけの予定が、おみごとのドタ出。

鑑賞の後はレストランへ、のコースなので。さあ、あの日はどこで、何を、くっっちゃらにっちゃら、お高いお酒も口とんがらして、ずびずびずー、と。

これが終末近し、でないなら、何のギャグかしら。

>きっと天は見ておられると信じています。

これは、信じたいですね。



@プリンさん。

お目をとめていただいて。(笑)。

本当にそう、思うのです。

千鳥ヶ淵でも、ずっと殿下の後を歩いておられて、いざ拝をする段になられては、さっと殿下に並んでおられたと。

細かい厳しい、おそらく身についた動作だと思います。私は、プロの方のされることに、見惚れてゐたいヒトなのです。

違いますもん。

私も、「職人さん、職人技」とか、
すごい!と感動します。

皇太子妃殿下のティアラに関わった職人さん達、神業ですね。

和歌山の「もう、帰るんかい」
言葉使いは、方言で、アレだけど、

気持ちは、わかるなぁ。
もっと、いて欲しいのに。の気持ちが、伝わってきた。

紀子妃殿下の笑顔と、翌日の綺麗な雲、
そのお子様にとっては、一生の思い出。

さっき、TVを流していたら、両陛下が、「ルブーブル美術館展」をご覧になったと言っていました。

ナルちゃん、期間終わり間際の鑑賞は宣伝にもならないから、押しかけね。と言われていたら・・・

なんと、火消しでしょうか。。

しかも、笑いました。
ごらんになったと強調されたのは、フェレメールではなかったです。
ルーブルですから、名画はたくさんでしょう。
でも、マスコミの意図を感じます。

お返事させていただきます。


@プリンさん。


>「もう、帰るんかい。」

子どもには、紀子さまが、あったかく優しそうでいい匂いがして(香水云々の話でなく)、素敵な、なんとも心地よい方に感じられたのでしょうね。

>そのお子様にとっては、一生の思い出。

そうですね。ずっとずっと、自慢したい思い出。

ご皇族の思い出は、そうであって頂きたいな、と、思いました。すてきなエピソード。



@まりりん さん。

「火消し」。

もはや、そうとしか考えられなくなって来ました。

いかにも無様なおんありさま。

そして、えこひいきで言う訳でも無いですが、それは、陛下のなさることでなく、美智子さんの思いつき、主導、実行、としか、考えられなくもなっていて。

何を、どうしたいんでしょう。ネットでのいろいろ、すべてご存じなのは解っていますが、動き回ってどうにかなるとでも。

せめて高貴な方らしく、と、まさこについて知りはじめた頃、ナルさんに対して願いました。

退け時を、と。無駄なことを望みました。

いま、まさかのお方に、その言葉を感じているとは。

KUONさま

同感です。
陛下まで引っ張り出して、腹がたちます。
美智子さんのいいなりの陛下も情けなくなってきます(涙)

丹生都比売神社にて

秋篠宮殿下紀子様が高野山にあがられる前に 丹生都比売神社にて参拝されました。

わたしはその場にいました。

秋篠宮殿下紀子様が玉串を奉納されたちょうどその瞬間本殿の真上に 鳳凰の雲が真っ青の空に飛んでおりました。

写真も撮っております。

それはそれは神々しい瞬間でありました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2292-9bdb493c

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (136)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (240)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (35)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (10)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん