KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

いいとこ取りは 恥ずかしい。




その番組をリアルタイムでみられなくて、後で、みることができました。

まず印象は、はじめから

「美智子さまの深い思い」

「美智子さまのなさり方」

と、何度も思い入れたっぷりのナレーションが入り、くどい、あんど、あざとい。

・・・・・註。某誌から、あの番組への感想を求めていただきました、うーんと考えて、自分のブログに記させてもらうことにしました。

いつもの自分が、いつもの自分として、思うことを書く。それが一番と考えます。

・・ですので、某誌さま、取り上げて下さらなくても恨みません。(笑)。


なんで、あそこまで「美智子さま」オンパレードなのか、非常に不可解でした。

秋篠宮家のご創設25年、秋篠宮両殿下のご成婚25周年。を、記念するようなつくりだった気がします。

まことに、おめでとうございます。

お二人で植えられた柔らかい小さな苗木が、お二人のお励みになった歳月に、しっかりと大地に根を張った、まっすぐに天を衝いて伸びる、緑したたる木木に育っておられる。

そういった意味での眞子さまのご留学の扱い、佳子さまの母宮さまとのご活動の様子の紹介。

内親王お二人を、シンデレラストーリーでなく、もう一つのプリンセス物語、とか言っていた。

プリンセスでなく、内親王とお呼び申し上げたらどうなのかい、と、突っ込みを入れていた私。


眞子さまが、4年前の東北地方の大震災の後、7月に、岩手県山田町へ「お忍び」で行っておられた、と。

「何かできることがあるのでしょうか」と現地へ入られ、子どもたちに「お姉さんみたい」となつかれ、ご自身でニックネームだと明かされた「まこしー」と呼ばれておいでだったと。

あまりにさりげなくおられるので、気づかない人もいた、と。

翌日にはもう一か所へ回られた、車の中でおにぎりを召し上がって。子どもたちに手を出し過ぎず。

ご家族で訪れたことがおありになった土地で、人々と写っている写真、どのお顔もすべてのお顔が、自然な笑顔で。

順不同になりますが。

佳子さまはフィギュアスケートを習っていられた。

その大会の折の動画か、お母さまの紀子さまは、会場の、何か(すみません確認できておらず)に隠れるように、ひっそりと、愛娘さんの滑る姿を見守っておられた。

悠仁殿下の運動会の折にも、ことさら目立たないように、さりげなく他の保護者の中に紛れておられる両殿かです。

ある意味「皇族らしくない」とも言えるかもしれません。

が。


で。

そういった秋篠宮家の内親王さまを語るに、何度も出て来る

「美智子さまの思い」

・いつも天皇陛下のおそばに美智子さまのお姿。

・国民と共に歩むお姿。

天皇陛下は添え物ですか、刺身のツマですか、ついでに呼ばれるべき存在ですか。

佳子さまはまた、去年12月の高校生の手話のパフォーマンス大会に紀子妃殿下と共に臨席され、

客席と佳子さまが、手話と手話で会話をされている動画・・・これ、こういうの、今までありましたっけ・・・何が出来る何がこんな成績、と喧伝されないままに、実際にお出来になっていることが沢山あって、それを、メディアは、意地のように、強い意志によって堰き止められているように、出して来ませんでした。

なんで? 。ふふふ。


・・・後半になって、ネットでは語られていたが、テレビでは言われていなかったと思われること・・・現実・・・東宮家の職員が70人で、秋篠宮家は20人であると。

そんな数字が出されていた、すぐにはどうこうできないだろう、などと話が出ていた。


それより。

「なぜ、秋篠宮さまを皇太子と呼べないか」

ここだったのですか?。

「今のままだと、ふさわしい処遇を受けられないまま、重責だけを担われることになる」そうですよね。まったく。

どなたかお名前を覚えきっていなくて申し訳ないのですが。

そんなことにも言及しておられた。

言及して、もちろん、結論は先送り、しかし、触れただけは前進なのか?。

東宮の事に触れていなかったけれど、秋篠宮さまに関することの裏側には、ナルが存在していることは言うまでも無く。

ナルさんは「即位する」ということを前提にしての「皇太子問題」。

愛子さんの「あ」の字も出ず。

悠仁殿下の「ひ」の字も出ず(少なくとも望ましい形では)

まさこの「ま」の字も出ないのは当然として、紀子妃殿下の扱いが、あまりにも軽かったのが実感。

まさこはいい、まさこはもういいのですが。

美智子さまアピールはすっげえ感じでした。

美智子さまの深い思いだったり受け継がれた思いだったり、国民と共に歩まれる美智子さまだったり・

「国民と共に歩む、平和を願う」美智子さまであり。

それはまあ、いいとしましょう(エラソーであるが謝罪はしません、きりっ)。

秋篠宮ご夫妻が「立派」だったり、眞子さま佳子さまが素晴らしい内親王様にお育ちだったり。

そういったことのすべてが、あたかも、

美智子さまの薫陶その他、美智子さまが素晴らしくていらっしゃるから~。と。

結論される方向に行っていたと感じたのは、私だけでしょうか。

そして、ふと、不思議なことに突き当たります。

いいことはぜ~んぶ、美智子さまのおかげ。美智子まの手柄。

それなら。

息子さんのご家族に、大きな影響力をお持ち、という理屈ですね。


・・・今まで。どうして両陛下は、ナル夫婦をどうにかされないのだろうか、おかしいとお思いでないのか、細かいことはともかく、ヤフオクの件、内廷皇族である内親王=愛子さん、に対して、ご本人に添う環境、療育を用意してさしあげないのか、ぞーきんドレスで外国へ出されるのは何故なのか、庭先である園遊会にさえ12年も出てこないのを、なぜ、放置しておられるのか。


この、さまざまな「なぜ」に対しての、答えのようなものは、以下でした。

「親子と言えども独立された東宮家に対しては、両陛下と言えども、どうなさることもできない」

これのように、考えさせられて来た気がします。

こう言われれば民としては、ああそうなのか、あの長男さんにも何も仰れない、陛下もさぞやご心痛・・・とかなんとか。

優しい(とろい)、平和の好きな(花畑の)、心根のまっすぐな(簡単にだまされちゃう)この国の人びとは。

どうやってでも、両陛下を・・・ことに、目立ってしまう美智子さまを・・おいたわしい、とばかりの視線で、包んで来たように思います。

それが、

それなのに、

こうして、あからさまに、

内親王様方が賢くお美しく気品に満ちて、かつ、人びととの間にバリアをお作りにならない=とってもいいよね、それ=なお二方に育ちあがって来られた今。

全て何もかも、美智子さまから受け継がれた、美智子さまのおかげ、って。

あんまりではありませんか。

内親王様をお育てになったのは、ご両親殿下。

ご両親をの背を、まっすぐにご覧になって、育って来られたのは言うまでもないことと見えます。

なんでそこ、いいとこ取りするのよ。と、白けたわたくし。

それが、それも「美智子さまのエッヘン、お手柄」なら。

ナルさんチの惨状はどうする。

ちっとも触れなかった。

悠仁殿下は、いずれの天皇でいらっしゃるのに、意地みたいに触れなかった。

あえて私は、自分にはよく解り切っていない「皇統」の部分には触れず、迂回したように思いますが。


ラスト近くで、もっともらしく紹介された、皇室の「お慎みの日」。

・広島に原爆の投下された日。

・長崎に原爆の投下された日。

・沖縄戦の終わった日。

・終戦の日。

これをお慎みの日として、皇室の方々は、祈りを捧げられるのだと。

ここからは「外れる」のかもしれませんが。

東北地方を大惨事が襲った、2011年の3月11日。

そのちょうど一か月後に、東宮家では自分のところの子どもの友達を大勢呼んで、サンドイッチなども振る舞い、屋台なども出し、両親が写真を撮りデザートを勧めて、夕方まで「お楽しみ会」を催した。

それにも「口を出せずお慎みになる」皇后さまなら、眞子さま佳子さまが、どんなに素敵な少女から女性にお育ちになって来られた歳月も、美智子さまの「おかげ」では、ないのと違うの?。


など、はなはだ、俗な感性を基に、ええとこ取りはずるいんちゃう、かっこ悪いんちゃう? と。

ジト目にもなってしまうのでございます。

・・・まったく何の、どなたのお役にも立たない、KUONの感想。そういうことでございました。(笑)。

あんなに素敵なお子さまがたをお育てになられている秋篠宮さま、紀子さま。

神さまも、きちんとものの見える方々も、見ておられますね。

ありがとうございます。



・・・ナルの即位に関して、まさこがいなくても役目を果たせなくても、それあそれなりの方策をとる、か、考えている、か、そういう風にも言う宮内庁職員がいます。

正気なのかと思い、そんなものなのか、とも思い、そうはさせませんわよ、とも、こころ弱く(笑)思う・・・。













スポンサーサイト

コメント

「国母な私♡」

皇室費関係が、昭和の2.5倍以上とか、、、
やはり、「天皇両陛下の動き」が大きい?

例えば、ベルギーの葬儀出席や、今回のパラオ訪問とか、、、

もし秋篠宮両陛下なら、往復、ファーストクラスでも、、、
ベルギーまで、政府専用機を飛ばさず、出席されたでしょう。

パラオも、、、

そういう、お金が大きいかな。。。

確かに、両陛下が、被災地に行かれると、警備や 訪問場所を取り敢えず整えたり、、、
その莫大なお金を、人手を、復興にあてられないのかな。(ひとり言です)

最近の美智子様、変です。

「頑張ってる私を見て、

国母な私の願いを聞いて、

ナルちゃんを天皇にしてあげたいの。ナルちゃんの次は愛ちゃんね」

昭和天皇のように、御所で穏やかに、、、は無理なのでしょうか。

不自然、変テコアピール、ウンザリ。

それにしても、海上保安庁の長、

「パラオにホテル、幾つもあるっしょ?!」
言えなかったのか。。。

そんなに、圧力かけられちゃったのか?

緊急手術室まで造ったって?
と言うことは、
最低でも、麻酔科医、外科医、オペ室ナース、待機してたのかなー。


スーッとしました

不可解さにクシャクシャしていた気持ちがスッキリしました。ありがとうございます!

皇后さんもしかしてネット見てるのかな。
なんだか好感度が下がってきたのを察知して、
例によってメディア戦略でなんとかしようと?
と考えるのはひねくれ過ぎでしょうか。

でも、結局逆効果でした。
存在感アピールが耳障りだっただけ。

川嶋紀子ちゃんのおうちにはテレビがありませんでしたね。
実に思慮深いご両親です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

週刊誌も

その番組は見ていないのですが
先日行った美容室で見た女性週刊誌も佳子さまの記事で美智子様のことを絡めて書いてました。
ちらっと読んでウンザリって感じでした。
この手の美智子様⤴︎⤴︎の記事、番組、どっからお金が出ているのやらと勘ぐりたくなります。
まさか、マスコミは美智子様に絡めれば視聴率が取れると未だ
に思っているとか。

高貴な方のすることかしら?

kuonさま、久しぶりにコメントさせて頂きます。
kuonさまの文章を読むときは、スクロールする右手がとまりません、一気に読んでしまいます。言葉の力を感じて、どんな話題でも、心に灯がともるような。いつも感謝しています。

今の反日マスメディアにアゲアゲされる人間は、たいてい胡散臭い、信用ならない人だと思っています。現皇后の地位にあるあの方は、若い頃から雑誌等すべて目を通し、気に入らない記事は雑誌社を恫喝し、時には自ら倒れるなど演技して、マスコミを味方につけてきました。昭和の頃は浜尾侍従の苦言が記事になる等まだましでしたが、平成の今はもはや下げ記事などありません。天皇陛下よりえらい皇后陛下ですからね!

洗脳はまだまだ続きますよ。中身よりどう見えるのかだけが気になる方ですから、他の方の指摘されるように、ネットももちろんチェックしているでしょうね。しかし民の苦言は”雑音”です。非難されたら、変な理屈をつけてマスコミに言わせ、更なる洗脳を図ります。陛下のひじをつかんで歩くのは、陛下を支えるため、秋篠宮家の内親王が素晴らしいのは、ミチコサマのおかげ。良い事しか報道しませんわ。

こういうあざといことをすればするほど、高貴なもの、尊崇すべきものから遠ざかっているのですが、習い性なのでやめられないんですかね?真実を知る人が多くなりますように。長文失礼致しました。

@看護師さん。

パラオと聞くと即、もういい、お腹いっぱい、止めて下され~っと過剰反応してしまうわたくしです。

昭和の御世の2,5倍って・・貨幣価値がどうとか言ってもやはり、増大していると言うことですか。

いま、梨本宮伊津子さまの日記を読み始めています。

とても面白い。本物のおひめさまは飾らない、気取らない、そして、べらんめえ、です。(笑)。

イヤミを全く感じません。

それがその・・とは、自分自身が嫌になりそうで控えますが。

「国母」という言葉。はたからそうお呼びするものであって、平成の御世には死語の一つでないですか。もうホントに、知るほどに、苦い胃液がこみ上げて来そうな・・・。



@ひらりんこ さん。

皇后さまが各新聞、およその週刊誌をチェックされているとは、浜尾氏が明言されていました。

事実、宮内庁から「この記事のこの部分」と、該当各紙に言うて来るし、それは公開されていますし。

文春などは、はあそうですか~と受けて、放置の構えですね、おおむね。

ネットは、美智子さまはどうでしょうか。されていたら火病を起こされるかも。

好感度が下がって来たのを気になさるとは思えま・・すね。やはり浜尾さんが、大変それを気になさるお方と、これも明言されていらした。

守秘義務ってどうなんだよ、ってな話にもなりますが。(笑)。

入内の仕組みの事は、あたり前の事実であると。

まさこのことはすべて、美智子さんの二番煎じ。

まさこが何をしていても、言えるわけがない・・・なら、この国の皆さまは、本当に・・・というか。

う~む。



@ヒミツのSさん。

わかりました。おーけーです。v-222




@メゾピアノさん。

私もリアルには見られず。

ただ、申し上げるとすれば、

「美智子さまって何なの、この国の将軍様なの?」と思わしむ美智子さまマンセ―の匂いが濃厚でした。

何なの?どこが何した?。

陛下の腕につかまって歩くのは「支えている」

のだそうで。常に国民と共にって、わたしもう、いいんですが~。

三軒隣のお方なら、迂回して家の前通らないようにしよう、ってなくらい。



@紅さん。

すこ~しご無沙汰でしたね、こんばんは。

えらい勢いでお怒りですね。

>>民の苦言は”雑音”です。非難されたら、変な理屈をつけてマスコミに言わせ、更なる洗脳を図ります。陛下のひじをつかんで歩くのは、陛下を支えるため、秋篠宮家の内親王が素晴らしいのは、ミチコサマのおかげ。良い事しか報道しませんわ。<<

これ、ホントにそうだと思います・・・言葉を失われたのも、つまりは「ヒステリー」。ヒステリーって、冗談では無い、れっきとした病気なのですよね。

自省は無い場合が多いのですよね。

・・・まだあれこれ、調べます。

知って行くほど「腑に落ちる」美智子さんのこれまでのこと。

紅さんの怒りの強さに、癒されました。私。

はい。確認しました。もっと、正しくは、2.6倍以上、大変な数字です。

皇后様、
(もうね、本当はね、あの婆さんと言いたい)

平面だと、一人で歩けるのかな?
赤十字の式典で、歩いてた(らしい)
階段、芝生、がダメなのか…

危惧は、
ベルギー、パラオもどきの事を来年もするのでは?
という事。。。




紀子様

お若くてお綺麗でしたね。
今でも。
又明日、動画を拝見させて頂きます。

Kuonさんのブログ、見やすい、読みやすいですね。
私はものぐさで、一度も背景を変えません、ていうか
動物達に愛着を持ってしまって。

何時も楽しく読んでいます。マスコミの皇后様と佳子様の絡め記事、嫁姑世代どちらからも不評です。「佳子様が素敵な人間に見えるのも、両親や周りの教育が良かったから!同居もせず、交流も余りないような祖母の影響なんかそうそう受けない(怒)」との事で。「良い孫は私のおかげと言う前に、大事な長男一家の不出来を何とかすれば(笑)」と、絡め記事が出れば出る程、笑われています・・・

@看護師さん。

首や脚の具合は、お天気や何やの都合で、いいような日も、痛てて、な日も、あるとは思います。

が。

へりから数段のタラップ降りるのに天皇陛下の御手の支えを必要とする脚、膝が。

御陵のけっこうな段数の階段を、片足ずつでなく交互の足の運びで下りられた(のーぶらで・苦笑)、赤十字の会の折にはごく普通に歩いておられました。

体調の日替わり。これ以上は、私のなけなしのそんげんに関わりそうで、言いたくありませんが。

そうでありながらのあの、したり顔。ぐがががっ。



@ミルティリおばさん さん。

よく言っていただき、ありがとうございました。

寡聞にして存じ上げず、さっき初めて、ブログをお訪ねしてまいりました。

>>日本人は、やったことは、やったと言う。時にはやってもいないことをやったとさえ言ってみせる。河野談話がそれである。善人が自縄自縛で苦しむ姿が日本である。神道にベースを置く日本の精神性は「直き」を善しとし、正直を旨として、いつまでも相手の非にはこだわらぬ。水に流し、恩義には恩義で報いる。いかに大空襲と原爆で非戦闘員を虐殺されようが、同盟国に蒸し返し言い立てはしない。その平明さが日本人である。<<

これから、もっと遡って読ませていただこうと思っています。

これからソーメン茹でて~のわたくしです。(笑)。



@桜餅さん。

>嫁姑世代どちらからも不評です。

そうなのですか~。

そうでしょうねえ。

あまりにもあざとい、というか、あこぎ、というか、見え見えと申しますか。

私、お蚕のことをしっかりなさる皇后さまが、眞子さまに宛てて書かれた美しいお手紙に、感涙したものです。

信じていたのです。

しかし。お蚕さんのことも、写真に撮らせてそれ以後は、専門の方にお任せで。と知れば、なるほど膝を打つ思い。

あれだけご公務にご鑑賞にごひいき筋の応援にご多忙なお方が、養蚕に打ち込めるわけも無いな、と。

すべてをそう考えて行けば、なるほど、と。

たまに会う日の優しげな笑顔は、それはそれ、ですね。

お孫様の方が気配り深く、賢くあらせられるようです。

どちらからも不評。

なんともまあ、と、と。なるほどなああ、と。やっぱりなあ、と。リアルですなあ、と。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2272-cecc1593

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (77)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (250)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (16)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん