KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

不条理。と思う。



東京都千代田区千代田1番1号に位置する「皇居」。

およそ115万平方メートル、東京ドーム25ケ分の広さ。

2009年5月現在の財務省資料に基づけば、国有財産としての皇居の価値は、2146億4487万円。

衛星パノラマ画像プログラムのGoogle Earthにおいては世界のランドマークの一つとして登録されている。

wikiと、宮内庁の記載によれば(どこがどちらか調べまくって記事を編集しているうちにごっちゃになってしまいました)、その皇居の内の、

御所  
今上天皇及び皇后の住居。吹上御苑内にあり、1991年(平成3年)に着工、1993年(平成5年)12月8日から使用されている。設計は内井昭蔵による。

吹上大宮御所   
吹上御苑内にあり、吹上御所として1961年(昭和36年)に建設され、生前の昭和天皇と香淳皇后の住居として使用された。昭和天皇の崩御後は吹上大宮御所と改称され、皇太后(香淳皇后)の住居として使用されていたが、2000年(平成12年)の香淳皇后の崩御後は使用されていない。

と記されています。

昭和天皇のご崩御の後、時を置かず計画され、総工費50億円とも、実は(依頼された名誉代のごときものを引いての50数億)で、実際は70億円規模の、今上ご夫妻のための新しい御所。昭和天皇の愛されたと、最近ふたたび、かまびすしい豪華な御所に、今上ご夫妻はお住まいです。

「美智子皇后のご希望で、昭和天皇が愛した自然林が丸坊主」

この文言を始めて読んだ時は、なんとひどいことを書く、と感じたKUONでした。

「 新御所の建設が決まったのは、昭和天皇がお亡くなりになって半年も経たないうちのこと。
 あまりにも亡きお上をないがしろにした決定です。
 最近の皇室をみていると昭和天皇の威風が次々に壊されていく、
 そんな気がしますが、その始まりがあの新御所でした」 (皇室に近い関係者)
などという記事も。

『 応接 』 部分には映写室やステージ、音響設備を備えた約八十畳の大広間があり
ここは晩餐会や映画会、コンサートも開ける多目的ホールになっている。

また、『 迎賓 』 部分には来客用の寝室、浴室などの宿泊施設も作られている。
この新御所については、元侍従の浜尾実氏はこう語る。

「 国賓に泊ってもらう施設としては立派な迎賓館がある。おもてなしの場所だって
 皇居内に宮殿があるわけですから、新御所に宮殿や迎賓館の機能まで持たせる必要はない。
 質素が皇室の伝統的な美徳という事から考えると、少し贅沢にすぎると思いますね」

皇太子の養育係を つとめられた浜尾実さんはこんなことを言っておられた。

養育係を退かれてからは、けっこう、美智子さんに批判じみたことも口にしておられました。

洋服を作り過ぎておられる、とか。

あまりに(さまざま)口を出され過ぎとか

感情的になって職員を叱責の事が多いとか。ほか。

雅子さんが皇太子妃に、の声が高まってきていた時期に、すっぱりと、雅子さんは無理だかダメだか、仰ったのも浜尾さんだった。

ナルさんの、まさこの「人格否定発言」のビデオを見ながら、

「個人的なこんなことを・・・」

と、驚き、心配しておられました。そのせいもあってかどうか、ナルさんは、氏の葬儀に出ていない。



その浜尾さんは、新しい御所のことには、大きく反対のイメージの発言をされていました。

文初に記したごとく、昭和天皇皇后両陛下がお住まいになった吹上大宮御所は、こういう言い方をすれば「築30年」ほどの建造物だった。

細かく手も入っていただろうし、十分「使える」御所だった(でしょう)。

今のKUONには、


「 大体、皇后は吹上御所にお移りになりたくなかった。
 皇太后さまの匂いのする御所は嫌だということからあの新御所の建設が決まったんですよ。
 たしかに、皇太后が美智子皇后に冷たかったのは事実。だからと言って昭和天皇が
 ご愛好だった自然林まで伐採しそこに贅沢な御所を建設するというのはあまりのことです。
 そもそも皇太子妃時代の皇后に皇室内でもっとも理解があったのは昭和天皇。
 それを考えればあの自然林伐採はとんでもないことです」


こういったことは、ごく自然に胸に馴染むのです。

これも書いておきます。

皇太子とまさこと愛子さんが現在住まう「東宮御所」。

ツマの実家の両親が住みついているとのウワサが消えようの無い現状のそこは、

・2008年におよそ10億円をかけて建設されています。平成16年、ですか。

延べ床面積は5200平方メートル。

ここへ引っ越したことにより、ヤフオク事件の検証にはっきり残されている、イオニア式の天上のあの部屋は、消滅した、ということになりますか。

あの厚手のカーテンも。

黙っていれば無かったコトに、できるのでしょうか。



現在は眞子さまが留学中でご不在ですが。

秋篠宮殿下紀子妃殿下のお子さまは三人。

五人家族でいらっしゃいます。

その住まわれるところは、旧・秩父宮邸を譲り受けられたお家。

結婚された時は、古びた職員住宅に入られました。紀子さまを可愛がられた秩父宮妃が、断絶する宮家となるお住まいを、秋篠宮さまに、と言い残されて、という話が伝わりますが。見かねられてのことか、と、納得です。

その面積は、現在470平方メートルとか。

お子さまがお生まれのたびに質実に増築を重ねられて、その広さ。

470平米の家。

皇位継承順位(一応)一位のナルは(=ロイヤル・ニートなれど)5200平米の新築をあてがわれ。

継承順位二位の秋篠宮殿下、同三位の悠仁親王殿下が、愚兄の10分の一以下の宮邸で暮らしておられる。

清冽にして睦まじいお暮らしではあります。


とってつけたようではありますが。宮内庁が、平成27年分まで出していますので、あのあたりの「予算」について。

ご覧になりますか~って感じで・・・。

 
予算

宮内庁関係の予算を大別すると,皇室費と宮内庁費に分かれています。

皇室費

内廷費・宮廷費・皇族費の三つに分かれています(皇室経済法第3条)。


内廷費

天皇・内廷にある皇族の日常の費用その他内廷諸費に充てるもので,法律により定額が定められ,平成27年度は,3億2,400万円です。

内廷費として支出されたものは,御手元金となり,宮内庁の経理する公金ではありません(皇室経済法第4条,皇室経済法施行法第7条)。


宮廷費

儀式,国賓・公賓等の接遇,行幸啓,外国ご訪問など皇室の公的ご活動等に必要な経費,皇室用財産の管理に必要な経費,皇居等の施設の整備に必要な経費などで,平成27年度は,55億6,294万円です。宮廷費は,宮内庁の経理する公金です(皇室経済法第5条)。


皇族費

皇族としての品位保持の資に充てるためのもので,各宮家の皇族に対し年額により支出されます。

皇族費の定額は法律により定められ,平成27年度は,3,050万円です。これは,各皇族ごとに皇族費を算出する基礎となる額で,平成27年度の皇族費の総額は,2億2,997万円です。皇族費として支出されたものは,各皇族の御手元金となり,宮内庁の経理する公金ではありません(皇室経済法第6条,皇室経済法施行法第8条)。

なお,皇族費には,皇族が初めて独立の生計を営む際に一時金として支出されるものと皇族がその身分を離れる際に一時金として支出されるものもあります(皇室経済法第6条)。


宮内庁費

宮内庁の運営のために必要な人件費・事務費などが主なもので,平成27年度は,108億2,772万円です。



ひとこと付け加えさせていただきますと。

13歳の愛子さん一人の「お手元金=いっさいの経費に関わりない、自由に使えるお金」とほぼ同額で、秋篠宮家は、

光熱費から公務に出られる交通費、公務用も私的なものも被服費いっさい、職員諸氏の給料、お子さま方の学費その他、一般の家庭に必要なさまざまなお金までを、まかなっておられます。

大変不条理なことと感じています。

秋篠宮両殿下は、黙って、おつとめなさって下さっておられます。

拝。


スポンサーサイト

コメント

あまりにも…

記事のアップありがとうございます

浜尾さんのお話を、ある教会で
うかがったことがあります。
とても明朗にハキハキとお話に
なりました。JAL御巣鷹山の事故
の時、天皇皇后は丁度、軽井沢に
いらっしゃったとか。浜尾さんは
お近くで静養なさっていたのに
何故いらっしゃらなかったのか?
と、しきりに残念がっていらっしゃ
いました。それに寄り、震災の
お見舞いには、すぐに駆けつけて
いらしたのかと、思いました。
それにしても、コータイシの非礼は
許されざるものですね。
恩知らず!と怒鳴りたい思いです。
どうであれ、恩は恩でお返しするの
が真っ当な人の証し。
コータイシがしていることが、
一般人にも劣るならば、何で
広大なる御所に住み、税金をいただき、移動の時は信号さえ、全部青に
なり、因みに秋篠宮様の時は、なりません。 一般人も検問、渋滞を余儀無くされているのでしょう?
天皇皇后は、昭和天皇と違うお子様
の育て方をしました。その結果の
責は負わなくてはいけないと、
思います。きちんと帝王学を身に
付けられな無かったのは、一般人と
同じに手元でお育てになったから
ですよね。なら、親として、
今あるトーグー家を諌めて、如何にかなさり、国民に意思表示するのが
本筋でしょう。また、皇統に対しても、失礼無き様にお計らいにならなければ、皇祖皇宗が安心なさらないでしょう。
kuonさまの秋篠宮様に対しての
有難さのお気持ちに触れ、私も
本当に勿体なく、よくよくお耐えになってくださっていらっしゃいます
ものと、頭が下がる思いです。
i子さん一人分のお小遣いで、秋篠宮
一家の何から何まで賄っているの
ですよね。トーグー家がやらない
公務を全部引き受けながら。
どこかのバカマスゴミが、佳子さま
のスーツをシャネルだと、騒ぎ立て
でも、秋篠宮家の予算では到底無理
と言うことで、立ち消えましたね。

私も常々、不条理だ、理不尽だ、と思っています。

何もしないやつが有り余るほどのお金を貰うのは、本当に腹立たしい。

清廉に生きている秋篠宮御一家はただただ、立派で、こちらの背筋も自然と伸びるものです。

私事ですが、風邪から肺炎を起こし、一週間ほど入院してしまいました。
家族から「白い巨塔」を差し入れて貰ったので読んでいたのですが、里見という医師の生き方が、秋篠宮御一家に重なり、思わず引き込まれて読み切ってしまいました。KUON様はお読みになられたことがおありでしょうか?

新緑眩しい季節とはいえ、GWを仕事もせず遊びにも行かず無駄に過ごしてしまったような…。
病気には十分お気をつけくださいませ。

世の中、不条理です。

真面目に生きる人が報われる世の中になりますように。

お返事させていただきます。

@ちりぬるを さん。

ご自分の家庭よりお子さま方より、ナルさんの養育係であることを優先されたと聞く、浜尾さんです。

ナルさんのみでなく礼宮殿下も共にご養育なさるお立場だったのが事実らしいのですが、後年になって、ナルヒト氏を、とにかく見かけだけでも皇子のごとく・・と一途でいらしたそうですね。あーやさまは、後で、ナルをあげるために誹謗中傷をかぶる身になられましたが、私の婚家はかつてタイに工場を持っていました、あーや様を悪く言う人々は、ある法則の下に、そのように言う、ようになっていたようです。今なら判ります。本当にアーヤさまがタイで悪行を尽くしておられたなら、現在に至るタイ王室との、あたたかく親身な交流の芽も、育っていなかったはず。

秋篠宮両殿下は、お二人ともに、惨い嵐の中を、泥だの蓮のように汚れないで来て下さったことと。

浜尾氏の葬儀に行かなかったことも。斎場はごく近くの教会でした。浜尾氏もクリスチャンだったので、皇太子は控えられたのだ、など、まことしやかな作り話もありましたし、ナルホド~と、脳内花畑状態で、分かったつもりでした。

が。皇太子は、妃の身内の葬儀には出ない不文律もあればこそ。まさこの祖父。チッソの元社長だったのみでない、そこの終生名誉会長であった江頭の、通夜から行っています。

浜尾氏がまさこを「ダメだ」と明快に仰ったこともあり、恨みを持っていたのでしょう。おたあさまも。

貴人の思考方向では無い・・・あ、今の立場はどうでも、中身が全く伴わないエセ貴人が、あのあたりに生息しているようで。邪は、断っていただきたいものです。

あの愚かな息子の育児に当たり、美智子さまは

「前例を廃して手元で育てることで。育児が失敗したら、私たちがいけなかったことになりますね」

と、絶体の自信に満ちておられた。

他にもいろいろ。

失敗することは、人にはまま、ありますが。立場もおあり、取り返しのつかない事態でもあり。

逃げておられる場合では無い。と、怒鳴ってやりたいです。

呆けに逃げて、と言われる御身を、以下にお考えでしょうか。異様なことと思います。




@hortenciaさん。

なんと、肺炎で入院しておられた。

よくおなりですか、今は。肺炎の後は、治ったとはいっても、どこか本調子でない。私もインフルエンザから風邪、軽い肺炎と、なんとか経過して来ましたが、長い間、あ~、だり~よ~、が続きました。

可愛い生徒さん方がお待ちです。ホントの元気を取り戻して下さいね。

「白い巨塔」は、読まず(ドラマなども)見ないまま今に至っています。理由と言ってないのですが・・私の愛読書は、いま現在は(ここ数年ずっとですが)西原理恵子さまの、特に「スナックさいばら おんなのけものみち」シリーズなんです。

誰に何といわれようと。私の聖書であり、哲学書であり、指南書であり、人間っていいな~、の気持ちを掻きたててくれる、真理の書なのですわ。

話がだっせんしましたがごめんなさいね。

考えようによっては、お仕事休まずに静養なさることができたので、よかったですね。元気を取り戻して下さいね。



@うーすけ さん。

ここでは初めまして、ですね。ようこそ来て下さいました。

「不条理」なんて言葉は、もしかして、皇室の方々や皇室そのものに向けるものではないのかも知れません。

皇室の存在そのものが、理屈を超えたところにあるのだと思うし・・・

しかし、今の、東宮家に絞って考えると、あの夫婦のあり方は「不条理」と言いたくなるものに満ち溢れている。どこを、良く考えようとしても、見事に一点も見つけられません。

子の学費捻出に四苦八苦し、病気で苦しむ愛犬を医者に見せるにも、まず財布のことを考えてしまう現状の中に暮らす人間には・・・。

不条理と諸行無常に満たされている世ですが。

学生でいらっしゃる息子さん。大切な存在ですよね。大切に思われている、と、感じて下さっているといいですね。未来ですよ、息子さんは。あんたがいてくれるからオカーサン頑張れるんだ、とか。気恥かしくても一方通行でも。言葉で、しっかり伝えてさしあげるってのも、いいんじゃないかなあ。

お金かかりませんよ、それには。(笑)。





海彦山彦

東宮と秋篠宮様が神話の海彦山彦のお話にだぶって見えます。
海彦が兄で山彦が弟。
ある日二人は互いの釣竿と弓矢を交換して獲物を取りに行ったけれど、互いに獲物は取れず、さらに弟の山彦は兄の釣り針を無くしてしまって…というあのお話です。
弟は自分の刀を壊して釣り針を作って兄に返そうとするも、「あの針でなければダメだ」と無理難題を言われますね。
で、いろいろあって最後には意地悪な兄が降参してめでたしめでたしとなるわけですが、
この神話のように事が進んで行きますように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

皇位継承権

って一体なんでしょうね?

第1位は「盗宮」.....これはしょうがないと言うか、国民大多数がNo!であっても法に則って行われる以上、それこそ「粛々と」進められることに簡単にストップはかけられないかと思います。

では、皇位継承権第2位は?第3位は?

これを無理矢理変更しようとする売国勢力には絶対に屈してはならないと決意する親父です。

愛⚪️?......
とんでもない!
きちんとした皇位継承権のある方々が厳然としておわすのに
その資格もない基地...ゲフンゲフン
をねじ込もうとするなど......

盗宮はもう、その器に非ざるが国民の目に明らかとなり、
畏れ多くも咬合埤下の実態も..ゲフンゲフン

残るは今上陛下の
「家族」を取るか「皇統の継続」を取るかの「ご聖断」(こんな事がご聖断と言われることが情けないという思し召しのありやなきや?)一つに今後の皇室の命運が
掛かっていることを日本国民として誠に恥ずかしく、
且つ情けなく思う次第。

皇室イラネ!..........本当にもうすぐ始まりそう。

単なる「特権階級」一族。に思えてきた。。。

昭和の頃が懐かしい。

皇居に投下された「ミッチー弾」
まさか、何十年も掛けて、皇居、日本にダメージを与えるなんて!

お返事遅くなりました。


@メゾピアノさん。

海彦山彦。読みました。小学生時代、鍵っ子でしたので、本は沢山買ってもらえました。日本文学全集の中に「古事記」もあり、路傍の石もあり他にも・・清くただしい話は記憶に残っていません。(笑)。

海彦山彦のヘアスタイルが納得できなかった記憶。耳の横で束ねているあれ、こんなんイヤやと感じていた、ちっちゃな頃から悪ガキだったKUON・・笑。

愚兄賢弟の話は枚挙にいとまがないようです。愚兄に心奪われている母親を、賢い弟は、醒めてしっかり見ているのでしょうか。愚かなだけでなくプライドばかり高くて底意地の悪いと言うパーソナリティは、どうしようもない気がしますが。

アレは、そのパターンにまんまと。配偶者が悪かったと言うけど。夫婦は一方だけどうこうといえないですよね。まさこさん、ナルさんの傍にいられるだけすごいなあと思ったこともあり。私はイヤですもんね。

全く脱線してしまいました。

奥の深い話なのですよね、海彦山彦。




ヒミツのSさん。

少しお久しぶりです。

私はビートたけしさんが好きなのですが。

たけしさんが「含羞」という言葉をよくつかわれる、この「含羞」が解るかどうかは、大きなことと思うのです。

これだけ言って、あなた様に同意。秘密コメントの限界にして便利なところ。(笑)。

>もうひとつ感じたのは「母子密着、共依存」
>です
>特に共依存を感じました
>こんな事を感じる自分がちょっと
>嫌でもあります

ここんところは共感、同感です。

すぱーんと言ってしまえば、・・言えません。意気地なしですワタシ。

そして、こんなことを感じる自分が、それこそ含羞の無い人間のようでイヤ、なのは、同じです。

きしょ~っとか、思ってしまうのも・・・あらら。

@定年親父さん。

お咳が酷いようですが大丈夫ですか。

もっとすっぱーんと言いきられても大丈夫なような気がしますが。

皇位継承は「権」でなく「順位」なのだと聞いて来ましたが。第一位を押し通したいヤカラにとっては「権」なのでしょう。

「権」には甘いナンカがもれなくまつわりますからね。

第二位のお方さまは「権」と意識されておられないでしょう。そんな俗物では無いでしょう。ないです。バカだから、ナルと周辺は、無責任で何も見えていないから「権」などと思いたがる。

大変なお立場のはずですが。ナルに言っても仕方が無いですね、お蚕ぐるみで中身は腐ってるから。


>残るは今上陛下の
>「家族」を取るか「皇統の継続」を取るかの
>「ご聖断」(こんな事がご聖断と言われる
>ことが情けないという思し召しのありや
>なきや?)一つに今後の皇室の命運が
>掛かっていることを日本国民として誠に
>恥ずかしく、
>且つ情けなく思う次第。

ここは同感です。今上は、個人的に歯は(そんな部分をお持ちとして)ある程度、ナルをふがいなく重い、まさこをあっち行けと思い、されていおると思います(思いたい)、が、あまりにも美智子さんは、あっけらかんと「亭主にアイされて何をしても許されるカシコイワタクシ」の座を、ほしいままにして来られ過ぎました。

オクサンに勝てる旦那さんに、慣れますかね、今上は・・・不敬罪、ど~ぞ~、タイホしに来たら、言いたいことお腹いっぱい言わせてもらってから、新品の綺麗なスカーフで顔隠して、あの車に乗り込もうと思う。わくわく。

不敬罪って。

あのうすらばかな夫婦が、誰より一番不敬です。

天皇陛下に対して、国民に対して、なるほど不敬不遜な人間はいません。

まさこになど、触れる必要も無い。巨大な不要物です、あれは。

私は、皇室らしい皇室を、日ごろは忘れていて、ふと仰ぎ見て、感謝して、日々のつとめにいそしむ、そんな市井の日本人の一人でありたい。だけです。




@プリンさん。

皇太子時代のアメリカ訪問に、当時のお金で3000万円。使ったお方です。自分にそれだけの値打ちがあると信じておられたのですね。

私が「好きな写真」10枚の中に、マザーテレサと白い服装のダイアナ元妃が、手をつないで正面を向いている一枚があります。

マザーは、数枚の着替えと一個のバケツのみが所有物のすべてであったと。

ダイアナは、何もかもを膨大に所有していたに関わらず、こころの孤児みたいな目をしたセレブリティでしたが、マザーといるあの時のダイアナさんは、あどけないくらい、安心した笑顔でした。

「所有すること」について、あの写真を見ると、考えさせられるのです。

美智子さまの、おそらく膨大な数のあのマントスーツ。何がひもじくて、あれだけの枚数を作り続けられたか。

あるいは、どれくらい凄まじい物欲、でもって・・・自己顕示欲。

う~ん。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2266-238b1f05

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (139)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (258)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (57)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (19)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)
うたのおべんきょ。 (3)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん