KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

小休止。




けさ徘徊していてみつけた某サイトの中にありました。


無題 Name 名無し 15/05/07(木)07:29 ID:HFqmv61E No.1320556

■ 美智子皇后の実弟、正田修夫妻カトリックの洗礼を受けられる 2012年7月14日 (土)

http://megalodon.jp/2013-0612-2310-44/101newlifenet.cocolog-nifty.com/newlife/2012/07/post-6148.html

皆様に、喜びのお知らせをいたします。
私の信頼できるカトリック教徒の知人からの情報によりますと、今年に入ってから、皇后・美智子様の実弟である正田修・素子夫妻が、
都内の教会でカトリックの洗礼を受けられたということです。
正田家は、美智子様の祖母きぬさんが昭和2年にフランス人宣教師ヨセフ・フロジャック神父より
洗礼を受けられてから、カトリックには縁の深いお家柄です。
きぬさんの夫であった正田貞一郎氏も、戦後、昭和24年に関口教会でカトリックの洗礼を受けられています。
また、美智子様の母上である冨美子さんも、臨終の間際に洗礼を受けられ、
実妹の安西恵美子さんも洗礼を受けられたとのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



上の記事は確かにありました。元を読みました。

正田修氏は、皇后さまのご実家の弟さんで、奥様は大原美術館のお嬢さん。

・・・美智子さまは聖心女子大の、何と言いましたか、総代、みたいな優秀なお方だったのでした。

聖心でその立場の方と「洗礼」「受洗」は、セットであると聞き及びます。それはそうだろうと自然に納得します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『フロジャック神父の生涯』のとびら裏にはこんな言葉が飾られている。

 最後の握手皆様によろしくとみ声細く 仰せありしも悲しき思ひ出 
                   正田きぬ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正田きぬさんは、美智子さんのお祖母さまでいらっしゃいます。

フロジャック神父に関しては、あちこちに、最近ことに、お名前が出てきています。ただ、なかなか調べられないようにあれこれ、既に対処された後のようではあります。

どなたにつけ、個人の信仰を否定するものではありません。

けれど。この家に関しては、皇室に関してはこれ・・・みぞおちに来るものが、ズシンとあります。

カトリックの神はお一人。唯一神。

そのお一人以外の神を、受け入れるわけには行かないのがクリスチャンではないか、と、無知な私は考える。日本人の気持ちに馴染む「八百万の神」は、かの方々にとって、認められないものでしょう。

あれこれ感じてはいましたが。今朝、まとまった、という実感です。

軽井沢の恋、はもちろん仕組まれたこと。美智子さん入内に関わった多くの日本人は、カトリック、プロテスタントの違いはあっても、ごっそりと、キリスト教徒。あっちを向いてもこちらを見ても。

詳しく挙げる元気は、今のところありましぇ~ん。

・・・不思議でもありません。

クリスチャンの友人・・・とてもいい人です・・・は、皆、そのことを祈っているのよ、と、普通に語っていましたし。そのこととは、本来の神のみを神として、皆が暮らして行く日々、のことですとか。

筆頭宮家の内親王がたも・・・ここには触れたくないのですが・・・触れて、数日、ブログを離れます。

どうしてあの大学なのか。やはりそこへ考えは行ってしまうのです。






スポンサーサイト

コメント

久遠様、おはようございます。最後の、なぜあの大学?に、感じ入りました。。少しでもそこに「気づき」をする人が増えることを祈ります。いろんな陰謀論は、結局はそこで思考停止するのです。天皇家を冷静に見つめなおす。そこから日本の再生がはじまるのだと思います。。前にご紹介したブログのほうでも動きがありました。わかる人にはわかるものなのですね。。

真子様が、キリスト教系の大学に進まれた時、とても、強い違和感を持ちました。
秋篠宮両殿下に対する疑問の様な、、、

東京には、大学もたくさんあるのに、
何故、わざわざ、~キリスト~と名前のつく大学に、と、、、

天皇陛下のお孫さんが、キリスト教系大学って、、、

やはり、違和感が、、、

くおん様、お久しぶりです。
いつもブログ、拝見させていただいております。

何で、キリスト教の大学なのか…私も感じました。
秋篠宮様ご一家には尊敬しておりますが、
最近の様々な方たちのブログを読んでいくと、脱力感です。

悠仁様に全ての軌道修正の期待をこめておりましたが、
あまりの神道とはかけ離れた事実が明らかになるにつけ、
もう皇室なんていらない…と思ってしまう自分がいます。
悲しいです。

すみません💦言葉足らずです。

美智子さん、雅子さんの事を検証しているブログの事です。

すみません。
もう少し、書かせて下さい。

真子様、佳子様の大学は、キリスト教系の中では、比較的、自由な校風らしいです。

でも、やっぱり、キリスト教系には変わりなく、、、

秋篠宮家は、筆頭宮家、、、

しかも、お二人の御子様が、、、

神道の長の家系の方だから、東京の一等地、広大な皇居に住まわれているわけで、、、

眞子様や佳子様の場合、学校崩壊している学習院や都心の派手な大学に行くよりも、郊外の自由な校風だけど勉学に励める大学を敢えて選んだ?と考えてます。バリバリのキリスト教思想を学ぶ為の大学ではないので、そこは目を瞑ろうかと・・・ 寧ろ、悠仁殿下の中学や高校が今から心配です。

唯一の神 思想

海外から来た人、、、
イスラム教、
キリスト教、
の人を日本の神社仏閣に案内する時、
「神がまつられている」は、
禁句と教えられた。

「神として、まつられている」
だったかな。。。

とにかく、イスラム教は、アッラーが、
唯一の神。

彼らに、「やおよろずの神様」の考え方は無い。

知識としては、得ているが、、、

「バリバリのキリスト学校ではない
。だから、いいでしょう。」

一般家庭のお嬢さんならば、それでいい。真子様、佳子様は、皇孫。

思春期の四年間。人生の四年間は、思想への影響も大きい。

学習院の荒廃は、知っている。でも、他に、、、と思ってしまう。

「キリスト教の神は一つ」が、
日本の神道とは、大きく異なる。






皇族方の大学選び

昭和の頃は皇族方の通われる大学は学習院で決まりというかそれ以外は認められないといった感じでしたね。
礼宮様は本当は生物学について学べる大学に進みたかったけれど学習院以外への進学は無理なので仕方なく通われたとどこかで読んだことがあります。
なので秋篠宮様としては子供達には大学はせめて自分のやりたい事を学べるところへ行かせてやりたいという思いがあったのかなと思います。
皇族の大学選びって学習院以外でとなると実際問題4203なかなか難しそう。
国公立大学の受験となると一般の受験生に混じってセンター試験やら二次試験を受けるっていうのも、ちょっとありえないですよね。
私大だと大学の良い宣伝になりかねないところもあるし。
それに大学の先生たちって左巻きの方が多いですからね。
それこそ心中では天皇制反対なんて方もいるでしょうし。
そんなところに皇室の方が通うのもどんなものかと。

『英語』のため?

初めまして。
お人柄が感じられる温かい文章に触れるのが好きで、記事の更新を楽しみにさせて頂いています。

ICUは英語で授業を受けると聞きました。かなり英語が出来ないと厳しいでしょう。眞子様も佳子様も、郊外の落ち着いた緑豊かなキャンパスで、将来のためにしっかり英語を身につけつつ、ご自身の夢に向かって進めるよう、進学先を決められたのかな、と思いました。

カトリックでは、幼児洗礼、本人の理解や意思に関係なく親が決めて受洗となります。
プロテスタントでは自分の意思が第一ですが、家族・親族がキリスト教徒なら、信仰を持たずとも教会に行く機会が多く、聖書を学び続けて、やがて自ら選択して受洗となるでしょう。
キリスト教系の学校に通学するだけでは信仰を無理強いされることはないし、クリスチャンの思考回路、彼らの概念を知ることは無駄にならないと思います。

天皇皇后両陛下への風当たりが強くなって悲しい限りですが、まだ信じたくない気持ちを持ちながらも、今までと同じように仰ぎ見ることは出来なくなりました。
目を背けていたいけれど、子孫のためにもしっかり真実を見つめ、出来る行動を起こさなければいけないのですね。

これからも勉強させて下さい。




こればかりは。

こればかりは致し方ないと思います。では、他の、どの大学がよかったと言えるのでしょう。
自信を持ってお勧めできる大学がありすか?

カナダの特産品は

お師匠様
お早うございます
早く何故
「天草のキリシタン」が弾圧されたのか?
とか、何故信長が
「宗教を焼き討ち」にしたのか?
とか
義務教育で教えるように
なって欲しいものです


私は先の大戦を
第三次世界大戦と思うようにしております
今後は世界大戦など
起こりません
テロは頻発致しますが・・・・?
一次世界大戦は
群雄割拠、下克上から始まり
明治維新で終わりました
その頃の日本人にとっての世界とは
『日本』そのものでしたから
(関ヶ原の合戦の時代には)
(世界中の鉄砲の八割がたが)
(お国にあったそうです)
現在
世界中の(日本を除く)
自動販売機を合わせても
日本の所有数にはかないません
・・・多分
バルチック艦隊が二次
大東亜が三次です
次なる世界大戦を阻止するのは
『殿』はさておき
市井の人である
そこいら中にいる
大岡越前ではないのでしょうか


『村八分』の意味をよく考え
対象は誰?どの国?を
推し進めればいいだけでしょ?
七月九日を『軸』として
今年は国内外ともに
混乱いたします
舛添、もとい巻き添えに
お気をつけください。

どこの大学がいいのか?

「英語が身に付けれて~」とか、今時、東京で、しかも、学費を掛けれる人なら、他にも学校があるでしょう?!
真子様の時は、なんだかなぁ・・・と思っていたら、変な写真、
真子様の肩に、男子が肘を置いて撮った写真とかが出回ったりもしたわね。
ICU大学って、どうなのかな?が、
多くの日本国民が感じていると思いますよ。
やはり、あの写真は、視覚的に衝撃的でした。

プリン様へ

ご意見されるなら、眞子様のお名前は正しい漢字で書かれるべきと思います。

ちょっと訂正を

修さんの奥様は、泰子さんです。
四谷雙葉からK大に行かれてます。
個人的に知ってますので。
勿論、信者です。雙葉の名簿には
信者の人には印が付けられています。皇后は、聖心ですが疎開で白百合にいらしたこともあります。
知っているとは言え、私は現皇后を擁護するものではありません。
民間妃をなしたことが、間違えだったのなら、それは、しっかりと反省すべきものです。今、歴史の中で
少しずつ、どうであったのか?が
分かり始めて来たのだと思います。
白蓮さんをはじめ、皇族、華族の
方々のご心配が、こうであったのか
こう言うことからだったのかが、
明らかになったのですね〜。

プリンさま

ICUのことを気にされている様ですが、
例えば、他のキリスト教系の大学
青学、立教、上智、明学etc
大学はあまりミッションカラーは
ありません。国学院も神道を学ぶだけの
学校ではありませんよね。
そこの大学の神学部なら、はぁ?と思いますが、
偏差値、就職、外国生が多い、いい教授がいる
とかで選びます。これから、海外留学などをお考え
なら、ICUはうってつけでしょう。
学習院が変な偏りを見せているので、いい選択だと
思いますが。
また、皇居にいらっしゃるのは、天皇陛下で、
秋篠宮様は、東宮御所の四分の一の広さに
五人家族でお住まいです。内廷費も東宮とは
格段の差があります。が、ご公務は大変な数を
なさっていらっしゃいます。
なさらない方が、最も優遇され、なさっている方が
本当に、質素にされている。まして、日嗣御子様が
おられるのに。結婚した時にはビックリする程の
庶民的な住居を充てがわれ、秩父宮妃が亡くなった後、
今のお住まいに、やっとなったのです。
そこにも、M皇后の?を感じます。

国際基督教大学

私の友人はプロテスタント牧師の娘で、迷わずこの大学に進学しました。そこで今の夫と出会ったのですが、彼のほうは大変。神社の跡取り息子だったのです。氏子が大反対し、彼は表向き「勘当」になりました。神社を継ぐことは相ならぬ。という仕儀。
私は、ご本人の希望もあったとはいえ、秋篠宮眞子様をこの大学に進学させたのは、「眞子は天皇にはしない」という秋篠宮殿下ご夫婦の決意表明のように感じてなりません。キリスト教大学卒の天皇は神社としてもやはり受け入れがたいと思います。
佳子様の場合は、ご両親にとっては予定外でもあったのではないかと。佳子様は、それだけご自分の意思が強い方なのでしょう。

「ICUも普通の大学」と主張される方がおられるのは承知していますが、国民全体への、イメージとしては、あの大学は、字づらだけみてもやはり「キリスト教大学」であることは間違いないです。そんなに深くICUを知らない人が国民の大変ですから。

「国民の大変ですから」→「国民の大半ですから」

まことに申し訳ありません!

ICU大学・・・進学を視野に入れて様々な大学を見た人は、違いが分かるかもしれませんが、
地方から見れば、キリスト系は、キリスト系なのですよ。

よそ様の娘さんの学校に、どやこや言うのは・・・と言ってしまえば、それまでですがねぇ。

あら?

その様な神社があるのですね。
私の存知上げている方は、
キリスト教系大学を卒業して、
国学院で学び、神官になられました。内親王におかれては、あまり
問題ない様に思われます。
天皇の地位には、今現在は不可能
ですから。
英語が堪能で、国際マナーが素晴らしい内親王方がおられたら
ご皇室も安泰でございますね。

美智子様の影響もあるかもしれない。

内親王様方には、
美智子皇后からの影響が、
想像以上にあるかもしれません。

女の子は、偉大?で美しいお祖母様に、憧れを持ちます。
思想や宗教、影響を受けても当然と思います。

お手伝いをしながら聞いた昔話、いろいろな話って、やはり、幾つになっても記憶に残っています。

私の知ってる子も、お地蔵さんを見る度にそっと手を合わせています。
「 食事の頂きます」みたいに自然にしてしまうそうです。

國學院大学

幼なじみが東北屈指の大きい神社の跡取りで、とーっても勉強もできたのに(こっそり受けた早稲田の政経に合格していたし)、何をしても遅かれ早かれ神に仕える身だから、と説き伏せられて國學院大学神学部へ。

それとは別に友達の子供が國學院の付属高校に通っていたのですが、成績が振るわずに「このままでは内部進学枠だと神学部しか取れません」と言われて、慌てて勉強して別の学部に行った、という話もあります。

つまり平たく言えば神学部は神社の宮司さんの養成所であって、神道の勉強をする気がなければ入る意味がない所です。友達の家庭は普通のサラリーマンですし。
神道を護る人材育成の場ですから、学部を違えたとしても、召し使いの学校へお嬢様が通うことはありえないです。

ちなみに冒頭の幼なじみの妹さんは中学からカトリックの女子大付属に通っていました。神社の娘なのにカトリック?と言う人たちもいましたが、嫁に行く身だから条件を良くしてあげないと、という考えだと聞きました。
カトリックの学校では学校推薦枠があって、その生徒が一般入試では行けない偏差値の大学に入れる裏技があったりしますから。
上智・ICU・立教・聖心などですが、そういう一般社会で良いとされる大学卒にする可能性を作るために、改宗さえしなければ良いと考えたことは、親として責められる所ではないと思います。
その妹さんは高校までいた所とは別のカトリックの女子大を出て、幼稚園の先生になってから公立学校の先生と結婚して専業主婦になり、実家の神社へは時々母親の介護に通って来ています。

召し使いとお嬢様では違うと言われてしまえばそれまでですが、純粋に勉学にいそしむためにカトリックの学校になってしまったことは、分家の娘で後継ぎではないから、ということで親と本人の希望を優先でも問題ないと思います。

お返事が大変遅くなり申し訳ないことでございます。

ここに触れたらあかんやろな~。と思いつつ、触れてしまいました。

いつもお読み下さり懇切丁寧なコメントを下さる方、初めてですとコメントを下さった方。

感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

あれこれ考えていて、お返事も書きあぐねる気持ちもありました。

あのあたりのことは、私たちは、受け止めて感じることしかできないこと。違う気もしますが現実的には。

何を事前にも事後にも、申し上げることとて叶わないのですし、思うこと多々、普段は胸に納めているようなこと。不思議だったり違和感感じたりもしつつ。

現在の多くの家庭と同じように、宮家のお子さま方の進路は、ご当人とご両親が定められるのであり、祖父母・両陛下は黙しておられるのかな、と、推測するのみ。

今年年頭のお言葉の中で陛下は、

「佳子も今年は国際基督教大学に進み」

と、温和なお見目でもって仰っておられました。

いろんな考え方があるとは思います。どの考えがどうで、これは違うとかどうとか、私が決したり断じたりすることがらではありません。

おそらく。

ですので。

私KUONの気持ちを、サラッと書かせていただき、熱意をもってお望み下さったことに感謝しつつ、この項は閉じさせていただくことにします。



ナルのところは論外で。

・・・内親王様方を「よそのお家のお子さま」とは、私は感じられません。皇室の。皇族の、と受け取ります。すべてを。

・・・平成の皇室の周囲にキリスト教の匂いや現実が強くあり。

次代とされているあの夫婦に、想像を絶する邪教が憑りついているのは、

事実。現実であって。

マサコのことから紐解かれてきたような、まさか美智子さまが、という話のあれこれ、否定しがたいことがらがどんどん出てきている現実を。


これからの皇室のために、何らかの礎になるか、と、明るく見て行くか。

ここまで来てしまって・・・と、首うなだれねばならないのか。

私にはわかりません。

ただ。なぜ、あの大学か。

他の皆さまのさまざまな思いはともかく、これは、こう、思います。私は思う。なぜ、あの大学か。悪いとは申しません。立派な学校であられるでしょう。

ただ。

なぜ、あの大学なのか。

ここで終わらせていただきます。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2258-367a3929

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (139)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (258)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (57)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (19)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)
うたのおべんきょ。 (3)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん