KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

しら~。





一目瞭然。清風一陣。


・・・・・・・・・・・ 結界 ・・・・・・・・・・





静養宮静養。


しら~。




スポンサーサイト

コメント

愛子の頷きかたが、人を見下しているかのようで不愉快でした。
彼女ちゃんと学校通ってるんですかね?
服装も全然似合わなくて、目に生気もなく、おおよそ公の場に出るに相応しくない娘になっています。
東宮夫妻がきちんとした躾をしていないのがよくわかりました。

もう何度も何度も何度も…自分がいやになるくらい思うのですが、
「静養するなら仕事しろ、仕事したくなければ永遠に公の場に姿を現すな」と言ってやりたい。

東宮一家まとめて皇室からいなくなって欲しいです。

見にくいOOの子

躾けも何も、Mヒの親が親ですからね〜。遺伝学的に考えてもム、リ〜
都会から田舎に行く人ではなく、
田舎から都会に初めて出てきた
一家みたいで…。
ゼーキン使ってるんでしょ?
見映えも考えてよ。
おしゃべりやめなさい!
まさドン!
はぁ〜〜溜息、

本当に、知性も精神性も、天と地との差。

神に守られたご一家と、魑魅魍魎に取り囲まれた一家。

天皇としてふさわしい人物でなければ廃太子にしてきた、皇室の伝統を壊したのが、アメリカが作った憲法。
これを後生大事に70年間も、唯々諾々と守ってきた結果が現在の混迷に繋がっているとも言えます。

国防とともに、日本の皇室を守るためにも憲法改正は急務であり、必然であると思います。

内廷皇族は反対のようですが、安倍政権には頑張って欲しいです。

見苦しきかな、暫定東宮一家。

KUON様、

子供の日も参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

悠仁様も秋篠宮様も御用邸ご滞在とのことですが、供奉者用宿舎にご滞在と聞き、耳を疑いました。
本来、両陛下とご一緒するにふさわしいお働きをなさっておられるのは、秋篠宮様ご一家でしょうに!

見苦しい。

この状況を許している、むしろ、命じているフシさえある両陛下に、腹が立って仕方ありません。

東宮一家と、両陛下にまでも、見苦しいという形容詞を付けなくてはならない日が来るとは。

またまた連休に

国民は毎日毎日、鉄板で焼かれる
ごとく、一生懸命働いているから、
やっと、連休が取れて楽しんでいる
のです。毎日毎日が連休続きの
公務祭祀無し、学校サボりの方々が
なんで、静養するの? はぁ〜?
開いた口がふさがりません!
あ!コータイシって役職が
サラリーマンだったんですかね。
トーグー一家の働き手!
なら、内廷皇族費を1人分に
したら? ?千万の衣装代も
いらないわねぇ。

お天道様は見ています・・・でしょうか

わたしはたいして信心深くもない人間です。
けれども、東宮一家や最近では天皇皇后が移動すると必ず、大なり小なり地震だの噴火だのが起きることが不思議でなりません。
神が怒ってる、とどうしても思わされます。

こどもの頃、「悪いことしても誰も見てなかったら大丈夫?」と聞いたわたしに母は「神様がいつも後ろにいるよ」と言いました。
そういう母も別に信仰心が篤いわけではありません。

ちなみにそのあとパッと振り向いてみましたが誰もいませんでした。

平成の御代

これまで、あまり気にしていませんでしたが、振り返ると平成になってから天災が本当に多いと思います。27年の間に2度の大震災のほか噴火、土砂災害・・・古代であれば天皇の不徳として政事を正し神に祈願することが求められたでしょうが、今上陛下も暫定次代も祭祀を軽んじておられるようにしか見えません。
美智子さまには子孫のために戦った方々を「気の毒」ではなく「感謝」という言葉で鎮めていただきたいものです。

お返事おそくなりました。


@hortenciaさん。

ふつうに考えて、そこそこの家の親で、娘に、ああいう人との接し方を教えることは無い気がしますね。

中身も無いのにそっくり返ることしか知らないと、本人の不幸です。そこのところは、愛子さんの周囲の誰も、考えていないようで。そこが驚異です。

どうなるんだろ、彼女。いずれ降嫁するか、皇女としてたまに出て来るか。あの親も、いつまでも生きていてはやれない訳で。

私が心配することではないが。お辞儀は出来るようになっていらした。学校は・・あと二年は、どうにかそこの生徒さんではいられるでしょうね。

仕事しなくていいから、ニタニタ出て来るなと申し上げたい。うっとうしい。

出て来るのは、こうやって、ボロクソ書かれるため?もしかして?サービス?(笑)。

まさか。



@亜、切れ太さん。

初めまして。チャーミングなHN。(笑)。

愛子さんのソックスと靴はお約束のセットでした。

子どものころは、上等で可愛い素敵なお洋服を着せてもらっていた愛子さん。

ここ数年は、う~ん。一番似合いにくい服を選んでいるみたいです。

両親は・・・言うようなことは無し。ナッシング。

>おしゃべりやめなさい!
>まさドン!

いやあ・・あははは・・・乾いた(笑)・・・すぐ前の記事の動画のごとく。結婚式の当日に、馬車の中でも新居の玄関先でも、べちゃくちゃ話しかけていた雅ドンでした。あの日にすべて、わかっていた・・・立ち位置平気で違ってたし・・・決まりを守る、ということが、脳内に、全くありません。

ナッシングなんです・・・出て行ってよ・・・。



@みなも さん。

>天皇としてふさわしい人物でなければ
>廃太子にしてきた、皇室の伝統を
>壊したのが、アメリカが作った憲法。

そうだったのですね・・・。皇室の歴史の中には、何人もの廃太子が存在しました。当然のことです。

老舗の跡継ぎだってそうです。

企業のトップも、そう。創業者との血のつながりよりは、現実の事を優先してきた。当たり前。

皇室だって。周囲に補佐できる方がおられれば、それなりの資質の方でも。なんとかなった、現・東宮ほど堕して汚れてしまわれなければ。

周囲にも「忠」はいないようです。忠は疎まれて、残ったのは。

安倍首相に頑張っていただきたいです。

内廷皇族は崩壊しました。腐臭が漂っています・・。



@あさき さん。

>悠仁様も秋篠宮様も御用邸ご滞在とのこと
>ですが、供奉者用宿舎にご滞在と聞き、
>耳を疑いました。

同じです。が。腹立たしくはありますが、あの清廉なご一家らしいとも思い、胸を納めました。

微塵も汚れない。両殿下の日々のお姿は、すべて、お子さま方の目に心に、しっかりと通って、何よりの最高のお手本となっておられるでしょう。

本来の日本人の、利に走らず節度を重んじ少し引いた辺りを悠揚と受け止めて、足るを知って暮らす。

うまく言えませんが、日本人の日本人たりエッセンスを、ご夫妻の絶妙の組み合わせで、最大限に生かしたさまを、見せて下さっているようです。

息子さんですから、お母さまを大切には思われても。親は反面教師にもなりますよね。

あのご一家が、皇室を考える時の希望のようであります。私は。どんな欲もお持ちでないご様子なだけに。


@ちりぬるを さん。

連休に、やっと休みを取れたと移動する人々を足止めして、特権階級のボクタチ、の、えっへん顔で遊びに行くのが、アレラの唯一の趣味。

あとは、何でもできるのに何もしない、できない、ゆるやかに腐って行っているだけです。

なぜ、とは考えなくなりました。

あれが、あの人たちのリアル。それだけのこと。

両陛下はなぜ止めない、注意されない、とも、もう考えません。

いっしょ、いっしょ。おんなじです。きっと、そういうことです。

自分のしたことから、ひとは逃げられない・・・ということでしょうか。目をそむけようのないのが、自分の子の姿、なのでしょうか。

私は、娘が小さな手術を受けて退院できたので、安堵している連休でした。(笑)。



@ひらりんこ さん。

>こどもの頃、「悪いことしても誰も見て
>なかったら大丈夫?」と聞いたわたしに
>母は「神様がいつも後ろにいるよ」と
>言いました。
>そういう母も別に信仰心が篤いわけでは
>ありません。

>ちなみにそのあとパッと振り向いてみましたが
>誰もいませんでした。

(笑)。すてきなお母さまでいtらしたのですね。

私の場合は祖母でした。私の母は、40代の初めに夫と父と長兄を半年間に失ったショックで、神道系の新興宗教に走って、自分の事で精いっぱいだったので(と思う)、よく、祖母のところに預けられていたのです。

見えない神様や仏様に見られているといのは、怖かったですが。おかげで、心底ぐれるところには行かなかった。(笑)。今でもそれは抜けきっていません。が。融通は、いくらかきくようになり。

いささか生きるのは楽になりました。トシと共に。(笑)。私は、ごく日本人的な「多神教」のようです。

あの夫婦は、一番近くにいて、神さまには一番遠いようですね。

憐れやな。




@ツイードさん。

こんばんは。

>古代であれば天皇の不徳として政事を正し
>神に祈願することが求められたでしょうが、
>今上陛下も暫定次代も祭祀を軽んじておられる
>ようにしか見えません。
>美智子さまには子孫のために戦った方々を
>「気の毒」ではなく「感謝」という言葉で
>鎮めていただきたいものです

思いますが。古代も現代も、本質のところでは変わっていないものがある気がします。

神に仕える立場は、重いものではなかったでしょうか。

今は。ちゃっちゃと着替えてはい、みたいなイメージさえあります。今上陛下は、ともかく、ここ数年以前は、怠りない祭祀をおつとめだったように伺いますが。

祭祀の簡略化が進められ、省略が多くなり、それは、今上の年齢を考慮とも云われます。事実そうなのでしょうが、何を省いても、天皇はそこだけは、のごとき重さがあっても、と、考えます。他の事は無くてもいい、ということです。

あっちこっちへ行かれなくて結構です。

>美智子さまには子孫のために戦った方々を
>「気の毒」ではなく「感謝」という言葉で
>鎮めていただきたいものです

この部分は、まさしく美智子さんの本質をついておられると思いました。

気の毒、は他人事。

天皇の本来の存在理由は、大きな意味で、民の心を「鎮める」もの。鎮魂、だったと考えていますので。

残念なお方でした。バルコニーから花を撒くのが好きな方・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2253-b2ecf3f8

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (254)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (56)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (17)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん