KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 呆然となること
  2. tb: 0
  3. cm: 14
  4. [ edit ]

あのことこのこと、日が暮れる。





非公式訪問ながら美しい皇室の「親睦」のご様子。タイシルクも素晴らしい。もちろん皆さまの笑顔が、何より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


園遊会の記事に、ここへは初めて下さった、アイリスさんのコメント。

どの部分にどうお返事させていただこうかと考えておりました。

よろしければ皆さまもお読み下さって、と、申し上げることにしました。

胸のうちにわだかまっていること全般に関わることだからです。

横から入って来て下さっている「ちりぬるを」さんのご意見も然り、です。

で。読んで内容を知っていただいたことを前提に、私の気持ちを書かせてもらいます。ことがらは順不同ですが、最終的に陛下の「秋篠宮はわかっている」とのお言葉にたどり着く予定です。


1・イギリスのウィリアム王孫殿下の来日時に、立場同士の揃う(カウンター・パートナー)悠仁親王殿下に、お会いになれずにいらした、の件。

王室秘書官のM・ヘッド氏が、デューク・ウィリアムは悠仁さまに会うつもりだった、が、会えなかった、という内容の事を表へ出していた。という。この英文は、一番最後に貼るつもりです。

当日、秋篠宮殿下は、なにか中途半端な感じの「公務」を設定されておられ、皇后陛下の親戚筋の倉敷の美術館においでになっていた。佳子さまが同道されていた。

東京では、ナルさんが、単独でウィル殿下に会い、単独同士なのはこちらが気を遣われた、とか、〇カ丸出しのキャプがついたりしていた。

雅ドンは、大好きなイギリス、大好きな金髪碧眼の王子さまにも、会いに出て来なかった。出て来なくていいのだが。出るべき立場の人です。身だしなみを整えて、敬意をこめて他国の王族を迎える。それが、おおまけにまけて言えば、雅子さんとやらの仕事の一つであって。たまにイタリアン行ったって、その部分だけであれこれ言われることは無い・・・はず。

この春だけでも、愚愚夫婦の個人的な都合で、二国の王族に???を灯した。普通に、お相手されればよかっただけのこと。それが出来ない。

親の気持ちでは、外国に向かって、次代はナルです、このナルたんです、何がどうでも、この子が次のてんのうですからね~、と、イメージをはっきりさせたかったのですが。

残念、、、うっすら、くらいならいい、正目に見れば「あれれれ」ですやんか。


2・パラオへの大騒ぎ慰霊の見送りにも雅ドンは空港におらず。でもいかにも見送った風に、車の中から喪服で手を振る写真だけは撮らせていた。

慰霊に行かなくちゃならんので、直前の祭祀を、陛下は、大事をとって取りやめになさっていた。

パラオ慰霊は大茶番劇でした。確信する。政府が止めても「強いご意志」で「すべての人々に謝罪しに」強行されたのです、今まで、天皇と言えども、強いご意志があろうとも、

ならぬことはならぬ

として、廃太子のことも「無理」「不可能」の匂いを嗅がされてきました。

後出しリーチのつもりは無いけど書きます、そ~んなバカな話があるモノか。どんなことにだって「まあ、むにゃ」はある。あの東宮夫婦がたとえば即位することが、この国にとって、どんなことかと真面目に考えれば、本気で天皇が、律よりも法よりも、国のため民のため、と願って、叶わんことのある訳がない。

と、考えて来ました。遠慮しいしい書きもしました。

慰霊自体を貶める気持ちは無い。100パーセントあろうはずが無い。と、あえてここで断って書きますが、ではその先になさるべきことが、と、考えたは当然とご理解いただきたい。ちょっと硬いタイドになっていますね。(笑)。

国のために大切な人々のために(結果的にでも)命を失って下さった方々に報いるには、真の慰霊を、と、思うだけです。天皇としての、天皇らしい慰霊を続けて下さることと、

亡くなった方々が喜んで受け入れられるわけがない、としか考えられない現況の、腐臭ふんぷんたるナルヒト・マサコ夫婦を、断つこと。親の思いなどと、そこで言うべきでは無い。沈黙されていても、断行なさればご胸中は、解る者には解る、その時点でうろちょろされていないで。

長男夫婦では無い。親の立場などでは無い、ふさわしからぬ皇太子夫婦を、追う。それが先決だと。

それがそこにいては、ならぬ。そういった者を廃さなければならぬことがある。上に立つ者の義務であります。継続させる者の権利でもある。余人に可能でないことなら。よりよい形の継続のために。そんなん言うてもあかんね、きっと。

バカ息子は、追わねばならぬ。廃さねばならぬ。皇室の長い歴史の中に、実際、何度も何人も、排された皇太子は存在しました。

平成の世の皇太子とは、意味が違うかもしれませんが。それが為されて、ここまで続いて来たとは、言える。

戦後の皇室で、皇族として存在して行くのは、それこそ余人に計り知れることではないと思います。大変なお立場だ。

が。現実に、皇室って、あるし。必要と、(私は)思っていますし。

大きくはしょって、今日の、今の結論に向かうとして、思うことは。

ナルさんを、どうしても、次代にしたい。ナルでなくてはならない。

天皇陛下にも美智子さんにも、それはそれなりの苦しみだの葛藤だの・・・しかし。

それがなんですか。

あまりにも。あまりにも、個人の次元の、みみっちい欲ですね、それは。

公たる立場、存在の意味を忘れたか捨てたか呆けたか。実は元からご存じなかったか・・・ブルブル・・・大事なことをすっ飛ばして、盲愛に憑りつかれた、一番堕ちてはならないあたりに、本性あらわれてしまって、もがきまわっている姿では無いですか、美智子さん。

あなたが、ご長男を、どれだけ可愛いか。そんなこと、こちらには既に無関係。うんざりです、はっきり言えば。だからどうした、の世界。誰だって子どもは可愛い。国母さまなら民が可愛かろう、うんうん、ん?。

付き合うお相手も偏向いちじるしい。持ち上げられることと、わざと雑にあしらわれることが、同じくらい、お好き。

でも賢い公人は、「そこ」へ堕ちたりしないものだと、それくらいは解っておられると、信じていた方が、お・ば・か・さ・ん。なのかなあ。そうでしたね。馬脚が、現れました。


まさこを庇いだてしたい余りの、今年に入ってから殊に顕著な紀子妃殿下の隅っこ押しやり行動。異様なまでに、いいえ、紀子さまにはずっと、そうだった。笑顔の時の歯の見せ方にまで厳しくされた。東宮に遠慮しなさいとばかり、筆頭宮家の妃殿下に対して、お子さまをまで、制止された。

恥をしらぬか忘れたか呆けたか、初めから、そんなものは、お持ちになっておられぬか。

えらそうに言います、仕方ないから言います、間違っておられます、皇后さま。見ている者の目を、そこまで見くびっておられるか。そんなに国民は愚かですか。

「後のことは気にしないで行ってらっしゃい」

「雑音は気にしないで」

マサコにものを言う時。国民の声は「雑音」でした。

・・・陛下にまでは、こと触れてはならぬと自制がかかります。

が。この度、ぱーんと、井戸の前のヘレン・ケラーのごとく。

ものの実態と言葉が、私の中で結び付いた。

「秋篠宮はわかっている」

王者のひとことゆえ、偽りの無い一言とお受けし。陛下も、わかっていらっしゃるのだと。

縋る思いと言って大げさでは無い、いつか、ご聖断はくだるものと・・・今からでもくだるのかもしれない、下して下さるのかもしれない、単に、家庭の温かさを教えてくれた愛しいツマの、杖の代わりとなり果てておられるのみの陛下でないことを・・・今も信じたいのですし(・・・)希望なんてものを、胸の隅っこに宿していたりもするのですが・・・/span>

数年前に「秋篠宮は分かっている」とおっしゃられたとか。

真意は「兄より前へ出るな、目立つな。何かあったら目立たぬよう尻拭いしろ、それが皇族としての弟の立場」と幼少の頃から礼宮に教育してきたから本人は自覚しているという事でしょか。悠久親王ご誕生の時のご発言「お許しが出た」。筆頭宮家に誰が許しを与えられるのか、天皇しかいません。


アイリスさんの、ここ。

ワタシもそう思う。思った。でも思いたくない、、思わない方がいい。ココロはちぢに乱れます。

・・・この解釈が。まこと、私の思いにドンピシャ、な、これが。つまり「本当のところ」

なら。

こんな風にこんなことが、通ってしまうって、どう考えたらいいんだべ。

紀子さまは、ご自分から「求める」ことなどなさらないお方。であるから、余計に。なんなんだよ、それ~、と。

他に言いたいことはいっぱいありますが。今日はここまでとなりそうです。

みんな、いっしょけんめい、その場その時を生きているんであります。おそらく。

廃太子、廃妃を。とりあえず、これかな。

某所で読みました。

ヤフオク事件は「出品は取り下げられたので、問題は無い」

と、宮内庁だかの某氏が、怒りの民に向かって答えたとか。

全国の万引き予備軍たちよ。

咎められたら、返すからいいじゃん、問題ない、と言いたくな・・・っても、いいんだろうか。そーゆー理屈ですよね、この回答。

私も、同じこと、お聞きして見よう。

雅ドンのブリキティアラどころじゃない、皇后さまの幾つめかのティアラについても、もっと調べたいし。

時間、足りませんが。ヨタヨタしながらでも、追いかけて行っちゃうです、私。



お返事は後でまた、書かせていただきます。


>テレグラフの記事によると、あちらではこのような↓認識だったようですが
>結局、悠仁様はウイリアム王子に会えたのでしょうか?


テレグラフ。

>Miguel Head, the Duke’s private secretary, said:
“It will be the Duke’s first visit to both countries
and he is looking forward to starting a personal relationship with the two.
Both countries are of strategic importance for business, security, culture and education.”

Also on the Duke’s agenda is a meeting with his counterpart in the Japanese royal family, Prince Hisahito.



スポンサーサイト


  1. 2015.04.24 (金) 18:35
  2. URL
  3. hortencia
  4. [ edit ]

アイリス様のコメントを非常に興味深く拝読いたしました。

もし、「秋篠宮は分かっている」の本意が、アイリス様の思うところと一致するのでしたら、私は愕然とすると思います。
どこまであの狡賢いナル雅子愛子一家に甘い汁を吸わせ、地道にまじめにやってきた秋篠宮御一家が隅に追いやられるかと思うと、非常に腹立たしい。
皇室と民間は違うかもしれませんが、民間ではあたりまえのことです。
やることをやらなければ対価は得られぬ。
自分のやったことには責任を持って処理する。
人に迷惑をかけない。
挨拶は身だしなみに気をつけて、相手の目を見て笑顔できちんとする。
私の学校でも生徒に教えていることです。
人間として、至極あたりまえのことだと思うからです。

話が逸れてすみません。
今回の園遊会の映像を拝見して思ったのは、
今上陛下にしなだれかかる皇后(すみませんが彼女にも様をつける理由が見当たらなくなりました)、
空気の読めないナル、
相変わらず出てこないサボり雅子、
そんなナルの隣で納得いかないように佇んでいる秋篠宮夫妻(じっくり拝見して私にもそう見えました)の姿、
を綜合して、
やはり次代は秋篠宮しかおらぬということと、
今上・皇后夫妻はもう人目に出しては駄目(今上陛下だって、人前でしなだれかかる皇后なんて皇后に相応しくないとなぜその手を払わないのか、なぜ自分が杖代わりになっているのか疑問ではないのでしょうか)ということです。

ここまで膿が溜まっている東宮を甘やかすのは、国民の不信を益々煽り、皇室への理解を遠ざける材料となるでしょう。

何故切開をしようとしないのか、このままでは将来が不安でもあります。
  1. 2015.04.24 (金) 19:41
  2. URL
  3. ひらりんこ
  4. [ edit ]

信じましょう

拍手ポチが1回しかできないのがざんねんです。100回パチパチしたい!

天皇陛下のそのセリフは両義に取れて実にモヤモヤしますよね。
あの方は皇后さんの言いなりとおっしゃる方も多いので、どうも悲観的な方に傾いてしまいそうです。

でも最近の安倍総理と菅官房長官にわたしは期待しています。
中国韓国に対する息の合った堂々とした言動は、これまでの日本とは違って頼もしいです。
きっと、水面下で進めてくれてるはず。
いちいち経過報告できることじゃないから、ある日突然号外が出るはず。

完遂してもらうためにも、国民の監視と怒りと嘆きと希望を発信し続ける必要があるんだと思います。
安倍さんどうかあたしたちをがっかりさせないで。
  1. 2015.04.24 (金) 20:58
  2. URL
  3. 焼酎のお湯割り
  4. [ edit ]

アイリスさんのコメントを読ませていただき 愕然 としました… そういう意味の 「秋篠宮はわかっている」 だったのですか…(-_-)

今、日本人は この皇室を見せられていると思うのですよ。 日本人なら 違和感を感じて モヤモヤしていると思うのですよ。 自分は 難しい事は解りませんが なんか こう 自分の お腹の 御霊さんが 今の皇室の在り方を 危惧しますね。日本が危ないんじゃないかと…。

竹田恒靖氏の 「怨霊になった天皇」という本は なかなか興味深く読みました…まぁ この方は好きではありませんが(苦笑)
崇徳天皇の呪い というのは まさに 現在に発揮されているのでは…とまで考えてしまいます。 皆さんの日本人としての思いが よい方向に行くように 願います。
  1. 2015.04.24 (金) 21:56
  2. URL
  3. 通りすがり
  4. [ edit ]

次代が、徳仁・雅子になったら、日本は崩壊するだろう。

法律の基、今しかない。
廃太子・廃妃。

法律の基、今しかない。
徳仁・雅子の離婚。

日本のために、国民は立ち上がろう!!!!!!。
  1. 2015.04.24 (金) 22:58
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事させていただきます。


@hortenciaさん。

これね。はっきりしたことは、言えないのですよ、実際は。ただ。

アイリスさんが書かれたように、私も、思ってしまった。そんなことあるはずがない、と、金輪際思えなかった、ということです。

陛下は。

さざ波のように、メッセージを出しておられると思うのです。

水俣行幸啓の折のお言葉。今年の歌会始の儀の御製。しかし、発言の中には、はっきりした「ええええ?}な不穏な文言も多く含まれておいでです。

だから悩ましいのです。

秋篠宮殿下を、無意味にもてはやすことは避けたいですが。あまりにも、あの殿下とご家族に対して、失礼、過酷、いいかげんにしなさいよ、の気持ちが、強く湧いてしまいまして。

園遊会でも、両陛下とナルだけをカメラは追っていましたが。そういう魂胆ですか、なやり方ですが。

これから活躍して下さる方々を完全無視して。どうするつもりだろうと白けますね、激しく。姑息。我執。綺麗な言葉のイメージはいっさい、消え失せました。どなたから?って? まあ。そういうあたりです・・・。ろうがい。



@ひらりんこ さん。

あれこれありますが。私も、いま、安倍首相の他に、どなたが首相になって何かお出来になれますかね、と、考える一人です。

情けなさそうな表情に似合わず(ごめんなさい)官房長官も、へらへらすぐにはお引きにならない、ええですわ~。

そして私は、昔から麻生さまのファンなのでございます。ソフト帽、あまりお似合いでないと内心で思いつつ、そんなんも漢字が苦手でも、どうでもいいやん、と、なっちゃうくらい。(笑)。専門の事がわかってたら、ええやん。麻生さんの脚引っ張ったやつのこと、忘れませんぞ。

お花畑でランララン、の、皇室の方々を、どんな思いで見ておられるか、安倍首相の時代にして頂かなければ、もう無理だと考えていますので、是は是、非は非、否も否、ぜひ本当に、日本を取り戻していただきたいものです。

>ある日突然号外が出る。

う~~~~~~~~ん。その日、私まだ、生きていますよね?。




@焼酎のお湯割り さん。

いや。これはあくまで、アイリスさんや私の、そして他の方々の、解釈でありますので・・・今のところは。

こんな風に「わかっている」と云われてしまった、息子に対する、お気持ちって、どうなんでしょうね、本当だとすれば。

まず、それはないやろ、と平民レベルで考える。

皇室を仰ぐレベルで考えれば。あれをてんのうにするって、どんだけ無責任で傲慢で業突く張りで自分勝手で親バカ地獄のへたれ花、なんや、とか。

ちょっとね、ショックではありました、自分として。考えましたね。

崇徳天皇の呪い。

先日知ったのですが。私の住まう近くに、1500年以上も経っている由緒ある神社がありまして。全然知らなかった。(笑)。

そこの神さまが、凄まじい「呪い神」であると。私、行って、しっかり両手を合わせましたよ。人を呪わばなんとやら。知ってるけど、それならそれも、受けて立つわ、と。イキって。。

孫たちが生きる世の、てんのうが、あんな俗物のばかたれなのなら、死んでも死にきれませんよ、と、言いつけ口、して来た。

神さまですからご存じに決まっています、わかっていても、自分の気持ちとして、お願いしようと思いまして。




@通りすがりさん。

まこと、おっしゃっる通りです。ナルマサが、などとんでもない。

で現実に。どう立ち上げるか、という問題ですね。

私、言いませんが、できること少し。でも。相手は巨大。巨大すぎる。

と言いつつ。出来ることを、するしか無くて。

メールとか他。

ね。
  1. 2015.04.24 (金) 23:40
  2. URL
  3. イッサ
  4. [ edit ]

メールしました

ここを拝見して、今さっき、電子政府の窓口よりメールをしました。
「園遊会、何で雅子はでないんだ・コー太子、仕事してないでしょ、アイ子さんランダム登校続行でしょ・・・こんなご一家が次代の天皇ご一家、勘弁してください。
美智子皇后、陛下を杖代わり、次回はなしでお願いします。杖をおつきになるか、車いすで。もしも老人特有の症状でしたら、もうお出にならない方が・・ということで。」
以上、要約。
無駄かもしれないけど、さざ波のように意見として入れるべきだと思います。
それしかできないので、時々やっています。
ちりも積もれば山となる。
あきらめない。
  1. 2015.04.25 (土) 05:24
  2. URL
  3. [ edit ]

はじめまして

随分前から楽しく(毎度毎度頷きつつ)拝見させて頂いています。
バリバリの日本人ですが、外国に居住しています。

誰かさんが新しい皇室ということをおっしゃっていましたが、変わるのは何も皇室だけではありませんね。
我々国民だって、その生活様式や思考全て時代に沿って変化してきています。現代では女性も幅広く社会で活躍しています。日々仕事に励み、その収入で生活しています。納めた税金の使途に興味を持ちます。国民のために還元して欲しいと願います。
で、どれだけの金額が東宮で浪費されているのでしょうか?
働かざるもの食うべからずです。
妻が病気で働けないのなら、旦那が二人分働かずしてどうする?
妻が行けぬので、自分も、などもってのほか。
二人分働けぬのなら、変わりに働いてくれる人(秋篠宮家)にその分を割り当てたいと思わないのか?

新しい時代だからこそ、だた何もしないでいい暮らしをするのではなく、きちんとやるべきことをやってくれ、と思われるのですよ。
ただそこにいてくれればいい、というのは古い時代の話では?

そして、時代は変わっても、変わらずに受け継ぐべきものも存在します。そのための努力をすべき立場の人が努力しないというのなら失格では?

謙虚であるという姿勢は日本人独特のものと思います。
海外でそれが必ずしもいいように作用するとは限らないので、その度合いというのは重要ではありますが、あちらの夫婦には謙虚さが微塵も感じられないので、日本人と認識することさえ困難です。なのに日本の象徴になる「かも」?じょ、冗談としか思えません。

我を通すこと、それは外国人は上手ですね。あれ?まさに誰かさん?あ、もしや彼らはもはや日本人ではなく外国人なのかもしれません。
でしたら日本の皇室には一番そぐわない人々ですね。

外国人は日本人ほど忍耐力がないですよ。
これだけの期間を療養という形で身を隠しているのに、まだ待っていてもらおうとするなんて、それは日本人の感覚です。
そんなことしたら外国では忘却の彼方ですよ。
引き続き見守って欲しい?そんな馬鹿な。あなたもう結構です、次・次!ですよ。

対外的なイメージは大切です。
しかも一度曇ったイメージを払拭するには時間がかかります。
日本の「イメージ」がこれ以上淀まないように切に願います。

秋篠宮家にはありがとうという気持ちでいっぱいです。
  1. 2015.04.25 (土) 13:02
  2. URL
  3. アイリス
  4. [ edit ]

理想の家族の顛末は?

KUON様、一読者のつたないコメントが記事に取り上げられた事に驚いております。

某掲示板などでは東宮の愚行・暴走を嗜めるどころか擁護している黒幕は皇后陛下ではないかと感情剥き出しのコメントで溢れています。

しかし、公務はペアでというスタイルを定着された両陛下において、皇后お一人の意見、意志のみがまかり通るものであるかという事を冷静に考えれば、皇后陛下の独断はありえないと思われます。という事は、両陛下のなさるご発言、行動はお二人の御意志と思っておりますから皇后陛下のみのバッシングには疑問を感じます。

某ブログ主様が宮内庁に電話し「あの仮病妃では、世界中から賓客を招いての即位の礼は無理ではないのか」と問うたところ、「新皇后不在での儀式もありえる」と回答だったそう。害務ソーカの宮内庁内ではもうシュミレーションが行われており略式の方が経費をピンはねできるから良しとするのではと勘ぐってしまいましたが。

ご幼少の礼宮様は、美智子妃殿下に「私が誤った道にいかないよう、いつも見張っているようなところがある」と云わしめ、周囲を見る目があり、交友が広いお方が、父母から「兄を立てるように」との教えを受け、公私のおいてのご自分の立ち位置を考えられてきたのだと思われます。不測の事態が発生した場合はご自分が矢面に立たれて収拾に勤められると思いますが、兄がいる以上、ご自分はご遠慮されるお人柄ではと存じます。

秋篠宮殿下は、先帝からも可愛がられ、先帝の質実剛健、質素倹約のご日常を学び実践されて今の秋篠宮家があると思います。女性宮家の論議の時に「万世一系の歴史を重みを考慮するべき」とご発言されていらっしゃるところから、両陛下を立てて、兄を即位させたとしても正当な継承者である悠仁親王に繋げることを決意されているのではないかと、そこに希望を見い出したいというのが正直な思いです。

拙文で失礼致しました。
  1. 2015.04.25 (土) 21:15
  2. URL
  3. 焼酎のお湯割り
  4. [ edit ]

くおんさん!! やっぱり自分は 悔しいし 哀しいです(+_+)

「秋篠宮はわかっている」 は 『次代は お前だから それまで 辛抱してほしい』だと… 思いたいのですよ。
秋篠宮様は 自身のお立場や分を十分わきまえておられるし すべて 神の天のなさりように お任せしているのだと思います。

以前 自分は 成るように成る と 信じていると 書きましたが それは今も そう思います…が 本当に 情けなくて。

自分が 出来ることは 何かあるのでしょうか


  1. 2015.04.26 (日) 07:31
  2. URL
  3. ちりぬるを
  4. [ edit ]

皆様、同じお気持ちで。

kuonさま、おはようございます。
アイリスさまのご提起、本当に
皆さまの問題でございますね。
あるブログで、サーヤ様が秋篠宮
邸に行かれているとのこと。
勿論、宮様と黒田氏は、ご親友。
でも、悠仁さまをお守りする為に
いらしてらっしゃるのかしら?
天皇皇后が一番お耳を傾けられる
のは、きっとこの方ではないかと。
聡明で、奥床しいこの方のご意見も
お聞きにならない程に、皇室内が
不浄のものとなってしまったならば
いえ、そうは考えたくはありませんが…。伊勢さまからも、賜っている
サーヤ様が、秋篠宮家を護ってくだされば、と願ってやみません。
  1. 2015.04.26 (日) 11:03
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事させていただきます。遅くなりました。


@イッサさん。

>無駄かもしれないけど、さざ波のように意見として
>入れるべきだと思います。
>それしかできないので、時々やっています。
>ちりも積もれば山となる。
>あきらめない。

GJ、続けて下さいね!。

それをする方法、あるいは、もの言う自由が、とりあえず「ある」国です。門戸は閉ざされていない、ということですよね。
それを、活用していない。というか。言おうと言う方向になかなか行かない。行く前に、言ったって仕方が無いとも言う。

選挙権と同じところもありますね。一票を行使せず、そのくせ、

世の中が悪いのどうの、とは、恥ずかしげも無く口に出しますね。

黙っていたら認めたことに、されるかもしれません。文句あるなら、窓口もあるのに云わなかった、つまり、受け入れたことでしょう?と、あちら側から押されて、納得できないことを、ハイそうでしたと、従うなら。何もしないでもそれは、この国で言う「個人の自由」の一つだとも言えますね。じゃあ、文句言うなよ。って思いますね私は(笑)。

メールして、言って、もしかして、どうにもならないかもしれません。あちらは巨大な壁です。でも、自分はイヤなんだ、違うと思うんだおかしいと言いたいんだ、と、さざ波のように動いて行くことは、少なくともこれからの自分を認めてやれることにつながると思います。

結果はわかりません。が。私は、黙っていられないなあ、と、思うので・・・イッサさん、続けられるといいな!と、思いますよ!。頑張って下さいね!。



@桜さん。

初めまして。コメントありがとうございます。

この春の桜は、あっという間に散ってしまいました。でも、不思議なことに、また来年の桜を、当たり前に待つ心地でいるのです。(笑)。

>妻が病気で働けないのなら、旦那が二人分働かずして
>どうする?
>妻が行けぬので、自分も、などもってのほか。

これね。とーぐーごふーふはお睦まじいので、ツマが、最後に残った医者を遠ざけて(逃げられて)、強いクスリを取り寄せて勝手に自分に処方して。目を見れば解るラリラリになって、という状態になっておられるに合わせて。オット氏も検診をさえ受けずおられる。と。

一般の会社でも、普通に業務を継続するために、健診は受けます。社会人としての基礎のところです。ハリウッドの契約のハードさを持ち出すまでも無い話です、ナルさんは、ことあれば即、の御身でありながら、健診を受ける義務さえ果たしていない。

公人中の公人であるあの夫婦はしかし、自分のカラダが、いったい、誰のためのものであるかの自覚さえ、おありにならない。あら。自覚なんてコトバ、使うなんて、あのヒデンカの人権に触れる失態を、犯したようです、私。(笑)。お立場を離れ、自活をなさってのことなら、こんなこと、誰がエラソーに言うもんか、です。

皇嗣の身で、公私の別を自覚しない、特権をのも行使する、まことに愚かの極みの方々です。

>対外的なイメージは大切です。
>しかも一度曇ったイメージを払拭するには時間がかかります。
>日本の「イメージ」がこれ以上淀まないように切に願います。

ここも、まことにその通り、と、常々イライラするところです。生まれつきのお体の特徴をあげつらう意志は無いのです。せめて最低限、それらしい、威厳と品性の発露を・・・とか願っても、無いものは出て来ない、ということでしょうか・・・。



@アイリスさん。

先日いただいたコメントには、私の中にはまだ続きがあるのですが。

今日いただいたことでは、自分の思いが書きやすいです。思うままに書くこと、お許しくださいね。

>しかし、公務はペアでというスタイルを定着された両陛下に
>おいて、皇后お一人の意見、意志のみがまかり通るもので
>あるかという事を冷静に考えれば、皇后陛下の独断は
>ありえないと思われます。という事は、両陛下のなさる
>ご発言、行動はお二人の御意志と思っておりますから
>皇后陛下のみのバッシングには疑問を感じます。

ここ・・・私の考えとは、いささか違います。簡潔に言えば。

公務をペアで、のスタイルを定着されたことと、両陛下の意志、意見も「ペア」であることは、イコールでは無い、ということ。

婚約会見で既に、わからないことは陛下に「お尋ねして」でなく、陛下と「ご相談して」だった美智子さん。「陛下にご相談」ですらなかったのでした。おそらく今上は、賢い妻の言うことに、多くの事を頷いて来られた。今上は、ご自分の意志を表に出すことには、慣れないお育ちだっただろうし。賢い妻の言うことに従っていればことの済んで行く歳月だったと、思うに難くないです。

一般の夫婦であれば、家庭内はそれで平和。でも、一般の夫婦では無い。でも、美智子さんは、夫を、御して来た妻の部分が拡大した皇后。と、私は感じていますし。陛下を立てながら、優しい優しいオット様を叱咤激励、時にもしかして言い負かすツマであったくらいは容易に想像できます。

一本化した意見、意志として現れてくる「両陛下の意見、意志」の内容については、私の考えは、そうです。

それと。身もふたもない言い方をするなら、陛下への言及は、避けたい思いは、まだ多くの方々の中にあるのでは。

私自身はそうです。はっきり、そうなのです。美智子さんだけが罵詈雑言を受けておられるのは、理不尽とも思う。が。これも一般的にいえば、ツマってそういう立場に立たされるもの。皇室を眺めて、の言い方で言えば、美智子さんは、いい時分に浮かれて、言われるタネをたくさん、ばらまいて来てしまわれた。

批判と悪口の区別のつかない人間も、何でも言い、書く「自由」を与えられてしまっている世であります。

>某ブログ主様が宮内庁に電話し「あの仮病妃では、
>世界中から賓客を招いての即位の礼は無理ではないのか」
>と問うたところ、「新皇后不在での儀式もありえる」
>と回答だったそう。害務ソーカの宮内庁内ではもう
>シュミレーションが行われており略式の方が経費を
>ピンはねできるから良しとするのではと勘ぐってしまいました>>が。

この部分はもう、びっくり仰天、そんなことまで宮内庁は言うていますか。

世の終わり、皇室の終焉ですね、それは。放っておいていいですかね。まあ、放ってあるのですが。・・・また考え込みます。

>両陛下を立てて、兄を即位させたとしても正当な継承者
>である悠仁親王に繋げることを決意されているのでは
>ないかと、そこに希望を見い出したいというのが正直な
>思いです。

う~ん。結論的に私は、アイリスさんが考えさせて下さった「秋篠宮はわかっている」の意味解釈、やはり自分は、そう思えない、というあたりに落ち付きかけているのですが。

長くなるので、今はこの部分への感想を。

「両陛下を立てて兄を即位させ」、はっきり申します、ごめんなさいね。

両陛下を立てて徳仁氏の即位を肯い・・それは。私の中では、違う話。

一番大切なことは、祭祀王である天皇に、なるべき者の即位。親の気持ちも弟の立場も、そこで考慮されるようなことではない、


ということです。

私が「正しい」とは、言いません。言えません。しかし。天皇と言う存在を、自分にはこうとしか思えない。ナルさんが「どう」だからダメなのでなく。祭祀王に相応しいと考えられないから、私の中では、ダメ。そこから考えて行けば、美智子さんも。

次代は次代のやり方で。と、おっしゃった陛下も。

でも、私などが、陛下はおかしい、美智子さんは結局、皇室の意義は理解できなかったお方、ナルさんは論外、と、言ってみたところで、

どうなるものでもない。

ナルさんは、このまま行けば即位となるのでしょう。周囲が既に「次代のできそうな」わけのわからない天皇のためのあれこれ、画策しているのなら、それはそれで、通して行くのかな。日本の美しい所は、終わりですね。

で。秋篠宮両殿下が・・・生育途中には両陛下も、ナルさんが将来(現在)ここまでの惨状を呈するとは見通せなかったと考えられる、弟殿下に「助けてやってね、補佐をお願いしますよ、影になって支えてやってね」と、思いを込めて来られたとは理解しますし、家庭内の雰囲気がそうであったとは想像できます、それくらいだったら、どんなによかったことかと思います・・・が。

いかんせん、想定をはるかに超えるひどい事態になってしまった。

陛下も皇后さまも、邪悪なものの前では、あまりにもお綺麗過ぎたのは事実でしょう。

続けますが。

秋篠宮さまが「弟として」為し得ることって、何でしょうか。

ナルが即位して、その補佐をする。どう補佐などできるか。

祭祀に背を向けた天皇の、何を補佐されるか。

ぐっちゃぐちゃになって、形だけでもという、その形だけすら残っていないはずの、ナルの時代の皇室など、心ある日本人なら正視に耐えないと思う。

そこまで行っている皇室を、悠仁殿下に、どう、繋ぐことが可能なのかと、私は、ミジンコのごときこの身の、ミクロン単位の脳みそ、あるような気のするココロ、でもって、考えています。

ナルが即位した皇室は、皇室ではないと。私は、考えています。そこでブチ壊れてしまっている「皇室」を。

悠仁さまが、どう、繋いで行けるでしょうか。疑問です。

わかりにくいことを書きましたか。ごめんなさいね。

いったん、パソの前を離れます・・・。



  1. 2015.04.26 (日) 21:17
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事の続きを書かせていただきます。


@焼酎のお湯割り さん!。

同感ですよ。

>秋篠宮様は 自身のお立場や分を十分わきまえておられるし
>すべて 神の天のなさりように お任せしているのだと
>思います。

おそらく本来は、神さまにお仕えするということは、そういうことだと思うのです。秋篠宮さまは、あの家にお生まれになったお方として、自然にそんな気持ちをお持ちなのだと思います。

押しのけても寄って来る、掻き寄せれば脇から逃げて行く、風呂の湯みたいな・・・。

何がどうでもナルさんでなければならない、というのは、人間レベルの、たった数十年前の決まりだとか誰かの野心だとか。

無理くりナルさんを天皇にしたって。やって行けるかどうかは、神さまと本人の関係では無いでしょか。ダメですよ、気の毒ですけど、あの方は。

じっと考えてみると、皇室と言う家の長男に生まれただけで、長がつとまるなどと、思えるのがおかしい。何考えてそこの話になるかな~と。まあ、現世利益の話で考えれば、不思議でも無い利権まみれに利用されまくりの、暗愚な「とーぐー」さんではあられます。

むっちゃくちゃ考えましたが、けっこうスッキリして来ました。

自分は、自分の場で、生きているだけ、しっかりやろうとモガきながら。それだけのことで、あるいはあなた様の「なるようになる」は、その通りなのですよね。

雅子さんという人の存在は、もう、語ることも無い気がしますね。

そこまで人間って、見放されてしまえるものなんだ、ふ~んって。

KUONは意地悪ですから。(笑)。




@ちりぬるを さん。

清子さまの事は、申し訳ないのですが、どうされているのか、詳しく存じ上げないのです。

まことに元・内親王様らしい、また、賢いお方と感じております。

神宮でのおつとめぶりには、大げさでなく涙が出ました。生まれついての皇族の底力を感じました。でも・・・

清子さまが何を仰ろうと、美智子さまに通じる話は無いのではないかと、私は、考えます。

なんぼ娘でも、降嫁された方の、なんぼ真実籠めたお話でも。

通ると思えないし、通ったらまた、それは、どうなんだろうかという話になると・・・。

本家の親許さんのあたりは、「俗 」が勝ち過ぎていて、残念なことだと思わせていただきます。
  1. 2015.04.27 (月) 02:05
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015.04.27 (月) 20:27
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのTさん。

初めまして。

書いて来て下さったこと、よおくわかります。

戦いの意志をお持ちでない、それを持たないように育てられた御身ですので、引いて引いて、されているようにも考えます。まず、

「あちらはどう言っているの?」

とお尋ねになるとも聞きますね。

千鳥ヶ淵については、今まだ、知ろうとしているところです。

お待ちくださいね、どうぞよろしく。

表へもコメント下さい、HNの世界ですしね。(笑)。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・