KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

しょせんかくなる「皇室の噂」



「女性セブン」の記事です。


4月8日、パラオの地を踏まれた天皇皇后両陛下。翌9日にはペリリュー島の『西太平洋戦没者の碑』の前で、波の音だけが鳴り響く中、日本から持参された白菊を献花され、深々と頭を下げ、約10秒間、黙とうを捧げられた。

 この両陛下の姿に、生き残った元日本軍兵士は、「死んだ戦友も感謝していると思う。戦後70年のこの日を忘れることは決してない」と大粒の涙を流した。1泊2日の超強行スケジュールだった今回のパラオご訪問。

「口には出されないけれど、(両陛下は)大変お疲れになったとお見受けする。少しでもお休みいただくようお願いした」

 定例会見で、風岡典之宮内庁長官(68才)は帰国後の両陛下のご体調について、こう明かした。ご出発の1か月ほど前の3月中旬から風邪を引かれていたという両陛下。

「両陛下とも微熱や咳、鼻水といった症状を訴えられていました。3月下旬に予定されていた御料牧場でのご静養もお取りやめになって御所でお休みになられたり、4月3日の神武天皇祭皇霊殿の儀の拝礼も中止されるなど、パラオ訪問に向けて体調管理は念入りに行われていました。しかし、それでも風邪が治らぬままのパラオ入りとなってしまったんです。やはりおふたりともご高齢ですから、免疫力が落ちているようです」(宮内庁関係者)

 ご体調が万全でない中での旅。特に周囲が気がかりだったのが美智子さまのご様子だ。例えば、ヘリコプターでペリリュー島に到着したとき。

「ヘリからタラップを降りられる際、美智子さまは陛下に手をつないでもらわなければ、降りられないほどで、とてもゆっくりで、足下がおぼつかない様子でした。また、旅の間、美智子さまは咳き込まれることが多かったとも聞いております」(同行した皇室記者)

 4月8日夜の歓迎の晩餐会では、こんなシーンが…。

「陛下がお言葉を述べられるために立ち上がられると、美智子さまも一緒に席を立とうとされたのですが、お立ちになれず、周囲の人々はハッとしていました。結局、美智子さまは陛下に目で合図され、そのまま着席したまま陛下の言葉を聞かれていました。“美智子さまのご体調は相当悪いんだな”という印象を受けました」(前出・同行した皇室記者)

 今回、両陛下が宿泊されたのはホテルではなく、海上保安庁巡視船『あきつしま』。これは移動時間の短縮、移動の負担の軽減を考えた措置だった。

「両陛下は船の医務室で痛み止めなのか、点滴を受けられながら、晩餐会や慰霊、地元の人々との交流に臨まれていたと聞いております」(別の宮内庁関係者)

 さらに体調不良の両陛下を苦しめたのは気候だった。

「両陛下が出発された日、日本は真冬のような厳しい寒さでした。しかし、パラオは真夏のような暑さで、その寒暖差は体感で30℃以上あったそうです。この寒暖差はご高齢の両陛下には堪えたと思いますよ…」(前出・同行した皇室記者)

 やはりこの過酷な環境下での旅。宮内庁としても不安は大きかったようだ。

「両陛下が泊まられた船は急遽、各所に手すりを付けたり、一部の階段をスロープ化するなど改修も行われたようです。また船内には医務室はあるんですが、最先端の高度な医療行為が行える設備は備えられていなかったため、不測の事態に備えて、緊急用の手術設備も増設されたそうです」(前出・宮内庁関係者)

※女性セブン2015年4月30日号


言ってみれば週刊誌の書くこと、なのですが。

不遜なKUONの内心のつぶやき。

・・・生き残っておられる方が感謝される。って。わかり過ぎる話。ご体調の不良もお咳もよろめきも寒暖差30度も、想定内のことではあらしゃりまへんどしたんか。

それでも、行く! と、発たれた。まさか、パラオ国が用意していた、セットでおよそ30万円の記念硬貨発行を、パーにしてはいけないわ、ってな理由ではございませんでしたでしょ。まさか。

・・・巡視船に緊急用の手術設備が増設されていたとは、初耳です。心配したふりしてセブン誌、このことを表に出したかったのですね。

・・・そんな大変なお体で、強いご意志で行って下さった、おろろろろ、ろん。と。涙ぐめないワタシ。最近よくわかりました。

這ってでも、とか。咳をこらえてご出発、とか。天皇の肘つかまえて、杖代わりにしちゃいながらのご公務、とか。

点滴受けながらとか、足元おぼつかない中を、とか。

お励み下さる、あああああ申し訳ないもったいない、とは。思えないの。恥ずかしくて、ぞぞげが立ちます。

かっこ悪う。恥ずかしいい。事実ご高齢で、御身の大変なのはわかる、それを、わからせたさ・ぷんぷんで、と、はっきり書かせていただきますが。

身を賭してやってますワタクシ・アピールは、恥ずかしいの。そういう姿は、見せないもの、なのではないですか。

みっともないの。正視できませんってやつなんです。

しゃっとなさっておられませ。

車椅子に掛けられながらでもいい、ゆったりとお立場らしいご様子で、いられませ。

若いもんに任せて、ただご長寿を願い奉りたくなるごとき、今上両陛下でいらしていただきとうございます。

あ。

そこんとこが、邪念俗念にまみれてお見えにならなくなっておられるので、ご老骨に鞭打ってのおつとめ・・・見せられてる、聞かされる、これもあなたたちのためですよ、と、圧力感じる(勝手に感じます、ほんとはナルのため、それだけ、すっげえ迷惑)民の立場のわたくしは。

イヤだわ。

うちの姑みたいに、一介の庶民の、何しても大して迷惑振りまくでもない、もう許していただけてしまう、頑張って来た婆ちゃんなら。もう言っても聞かないし、聞かない振りして好きなことわめいてはるし・・・でも、まあいいわ、と、はいはい、と、見ていられます。

天皇陛下は、生涯、現役で在られます。その天皇を〇○○の皇后さまも、何をやらかして下さったって、現役。

いいのかしら、KUON、こわいな。

これは立ち読みしただけなので詳しくは覚えていませんが、

パラオご出発前に雅子さまに示した「思いやり」

>そんなときに、雅子さまのお出ましは困難だったので、空港での送迎は皇太子さまだけに任せ、
>ほかの皇族方は遠慮していただいて、雅子さまの”不参加”が目立たないようにしたと聞いています

                                                 週刊女性誌 より。


ま。言ってみれば「週刊誌の書くこと」なのですが。私には、この通りに見えましたし。

この理由以外にどんな理由があったのか、できるならば教えていただきたいような。

もうすぐ、春の園遊会。一世一代の名誉となさる方もたくさんおいででしょう。雅ドン、今年は出るとか噂もちらほら。どうでもいいんですけど、あの方。今更。でも出て来るとか・・・春ですし・・・

どんなレベルの低い「皇室の噂」。



お返事は、あす、させていただきます!。




スポンサーサイト

コメント

美智子・劇場

美談てんこ盛り、モリッ。

ん?
でも、美談???

「小道具」の点滴 に、
緊急用手術室は 、予備の舞台装置、大道具 。。。

この前は、ハリウッド的なんて書きましたが、
あちらの俳優は、身体をコントロールできそうです!
なので、
「美智子・劇場」

ご無沙汰しています。

一番下の週刊誌の記事の「パラオご出発前に雅子さまに示した思いやり」は調べずに間違ったまま書かれています。

宮内庁HP、秋篠宮家のご日程より転載
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/03/h17/gonittei-3-2005-4.html

-------------------------------------------------
平成17年6月27日(月)
文仁親王同妃両殿下 天皇皇后両陛下アメリカ合衆国自治領北マリアナ諸島サイパン島ご訪問につきお見送り(御所)
平成17年6月28日(火)
文仁親王同妃両殿下 天皇皇后両陛下アメリカ合衆国自治領北マリアナ諸島サイパン島ご訪問からご帰国につきお出迎え(御所)
転載終了。--------------------------------------------------

両陛下の慰霊の旅は私的な扱いで、今までお見送りとお迎えはナルさん一人だけだったそうです。
今回紀子妃殿下が御所で送迎されたのは、前例の通りです。
むしろ秋篠宮殿下が前例と違い、羽田まで行かれています。

他の神ブログ様にも同様の間違えた記事が出ていて…。
勇気がなく、KUON様の所にしかコメ出来ませんでした。
もしも不都合がございましたら、削除なさってください。

お返事させていただきます。


@プリンさん。

私は映画が好きで。若い頃はアメリカ映画よりフランスやイタリアの作品を好んで観ていました。北欧の・・ベルイマンだの・・わからなくても映像美に魅かれて観ていました。映画は、誰かとのデートの小道具なんかでなくて、のめりこんで観るものだったので、一人で観ました。

メル・ギブソンとかロバート・デニーロなどの作品の面白さにも気づいて観るようにもなりましたが。彼ら、体型を自在に変化させている、なんてことにも驚嘆していました。(笑)。

契約が厳しいのですね。ものすごく。それを守って、体はって撮られて、ヒットさせて、莫大な報酬を得るんですね。

メルのおつむも、ある時期から濃さが復活した。大変手間暇お金かけて、見せるヒトである自分のイメージを保っているのだと思いました。見られるプロですよね。一緒にしたら叱られるかも、ですが、あのお方も「見られる」人であります。ナ、のつく男性ね。(笑)。それにしては、お粗末な「見せ方」と思う。ご一考を願いたい、なんて、ここで言うても仕方が無いですね。

皇后陛下のお洋服とお帽子と、お腹の前でくにゅくにゅされるお手手と、は、このごろはっきり言うことにしました。

すっごく、変。ものすごく変。・・・勇気が要ります。(笑)。

何もかもが???????????で、実はボーゼンとしている自分だったりします。

ただ、巡視船内に緊急手術対応の何かを備えられた、というのは、事実のようで、だから、あげつらったのですが。

常軌を逸してる感はあります。激しい意見を並べておりますが、あのお立場の方が、書かれてはならないことと考えています。

心の底から、そう、考えています。












@濱本弘美さん。

初めまして。

以下のコメントを下さり、ありがとうございます。


>>>>目からうろこです。 大ファンになりました。


初めまして。アメリカLA在住の日本人女性です。 カナダの親父様のブログの大ファンでKuonさんのブログが紹介されて立ち寄りました。私は日本人として皇室を大変誇りに思っております。そして皇太子殿下雅子妃殿下に心を痛め、愛子様を憂いております。が、親父様とあなた様のブログで目からうろごです。 有り難うございます。基地外どん雅子とヒロ飲み屋、日本の情けないジャーナリズム、腹が立ってまいりました。これからも品のある素敵な文章で無知な私を啓蒙してくださいませ。有り難うございます。

濱本弘美<<<<

勝手なことをして申し訳ないのですが。

コメント欄にいただいたあなた様のコメントに、うまく言えないのですが、個人情報そのもののようなアドレス?と言うのですか?、が、ついている! と思い、こっちが慌てて(笑)、どうしようとあたふたし、人目にさらしてはいけないんじゃないか、と、コピーして、ここへ内容のみ運ばせていただいて、アドレス?のくっついている元のコメントを削除し、となりました。

内容は、一文字もさわっていませんので、お許しくださいね。

さて。

カナダのわがまま親父さんの大ファンでいらっしゃる。私もそうですよ。勝手に「同志」と定めているし。私のブログを、何度も取り上げて下さった恩人でもあります。

知っていただきたくて書いておりますので。嬉しかったです。

ダンディで、可愛い方でもあります。何より、まっすぐでこぎみよい。あまりウワサして、キューバ行きの前にお風邪召されても、なのですが。

私もあまりよくは判らないのですが、おかしいなと思うこと多々ございまして、この話題から離れられないでおります。

ロスは遠いところではありますが、ネットでこうしてつながりが出来る、いい世になったと思います。またいらして下さいね!。

お返事させていただきます。


@ヤムヤムさん。

こんにちは、気を遣いながら丁寧なコメントを下さり、ありがとうございます。

これね・・・私も、前回サイパンの折は、皇太子さんのみお見送りで、今回パラオには、秋篠宮殿下もお見送りになった。これは、知ってはいたのです。

ですから、週女が、あのような書き方をしてには、いささか疑問がありました。

私は、自分が間違っていたらお詫びはしたいと考えるタイプの人間なのですが。

今回、秋篠宮殿下も出られて、を重視するなら、ナルさんだけでない殿下の方に重みがかかる話になるよなあ、と思いつつ。

何にせよ、両陛下の「私的な慰霊」とされたにせよ。

これが本当に「私的旅行」で納まる話かどうかと、まず疑問がありましてね。

船はあれ、民間機のチャーターであって専用機でないのはこれ、改造費などは当然・・・当然、どこから出ました? 莫大な金額です。公的なお発ちなら、内廷皇族は、すべてが、支給されている皇族費とは別会計で、すべて出ます。私的な旅行とよく仰るわ、が実感です。それも、

強いご意志で。

どうしても行きたかった、どなたが。何をしに。あれこれ、もちろん、私なんぞが考えて同行と言う問題ではないのですけど・・・強引なこと、しはるわねえ、が、実感でした。表から見れば、感謝したり歓迎したりは、立場が違えば反応も違うのは当たり前なので、どうしても私は、黙って、ものも云わず(言えず)見ておられる側に、ココロが寄ってしまって・・・パフォ、とか、感じてしまって・・・。

それで。

自分なりの筋道で、週女の書き方も、自分にはわかるなあ、と、確信犯で、書きました。

イギリスのウィリアム王子の来日時にも、姑息な、と思える、秋篠宮殿下の倉敷行がセッティングされていました。

他、いろいろ、いろいろ。先日のデンマークの王太子殿下の来日時も。

私の考え過ぎ・・・いや、無理なことを、強引になさっていることが、重なっていて。

あれだけ大々的に花火打ち上げるみたいに、点滴打ちながらの悲壮な外国行きを決行される。

もしかして、親王殿下の妃殿下方も、空港にお出ましの方が、華々しくていいじゃん、とも、皮肉を言いたいくらい・・それができなかった、なさらなかったのは、まさこさんのこと、それだけの気がします。

雅子さんに対する「お気遣い」は、慈愛跳び越えて、異様。そーゆー感じです、わたしには。

ともかく、調べて教えて下さり、ありがとうございます。

お気持ちはありがたいですし、勝手に「削除」はしないでいると思います。

本当に、ありがたいと思っています、また、何かの折は(何も無くても)いらして下さいね。

宮内庁の出して来ることなど、ほとんど、信じていられなくなりました。

イヤな渡世だな~。(笑)。

身を賭してやってますワタクシ・アピール
というのは、日本人じゃないのではと思うのであります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あるブログで。

天皇陛下が、パラオにいらっしゃる
前に、那須ご静養や、祭祀をお取り止めになったのは、現福一の放射能問題があるからだとか。
お風邪でお止めになったのに、パラオに行けること事態が、可笑しいと
言われています。
又、皇室のご静養は、祭祀やご公務の多忙さから、解放して差し上げる
目的であるもの。
なので、なさらないトーグー一家に
は、必要がないものと。(納得!)
ホントに、両陛下のご心中が分からないので、色々な憶測も飛び交いますねー。

お返事させていただきます。


@美絵里さん。

先日は、どうもすみませんでした。お心遣いに感謝しています。ぺこり。

で。

>身を賭してやってますワタクシ・アピール
>というのは、日本人じゃないのではと思うのであります。

はっ。わたくしも、そのように、感ずるのであります。

恥ずかしい、を知っておればでき難いことかと存ずる次第であります。

盆踊り踊る時、ひとつの動作ごとに、うんちゃ、って感じで、タメつくる人がいますね。スッと手や足を出さないで。ああいう感じで、膨大な写真をずっと見て行くと。

胸やけがして参りましたのであります!。



@ヒミツのHさん。

こちらこそ、勝手な真似をいたしまして。しかし、やはり、もしかして、のことを感じまして。

これからも、あちら様もこっちも、お読みになって下さいね!。



@ちりぬるを さん。

初めまして。

私は、そのブログを存じ上げないので(この記事を)何とも申せませんが・・・。

>又、皇室のご静養は、祭祀やご公務の多忙さから、
>解放して差し上げる目的であるもの。
>なので、なさらないトーグー一家に
>は、必要がないものと。(納得!)

(笑)。この点は、実に納得、ですね。

いちばん初めの視点に戻って、真っ白に考えてみると。

あの二人が、あの場所にい続ける理由も必要も、無いですね。

どんな組織でも通用しない、社会人としても、居場所の無い人々です。

どこかの大財閥のアホ盆なら、禁治産者の扱い。大会社の創設者の血筋でも、まともな立場は与えられない。そういう人が、祭祀王の次代。これは、あり得ない話と考えます。

根っこのところでは、法律より強い有効なものがありますよ。そうも、考えています。そこが根腐れしているので、どうもされなくて、腐臭だけが際立ってくる。

人の心を持たない者が、ひとの上になど立てません。と、思います。家族の事でなく、国の人びとの方を向けないなら、あの立場から退いて欲しいと思います。

皆さんはどちらだと思いますか?

なんだか、パラオご訪問を機に、こちらのブログをはじめ、皇室関係のブログを閲覧するのがこわくなってきました。多分、どちらなのかはっきりしないせいでしょう。そこでお聞きします。東宮一家のやりたい放題がなぜ黙認されているのか。A.天皇陛下は完全に東宮一家無視ですが、皇后陛下は、そんな意地悪なことはしたくない、わたくしだけは味方でありたいと思っているから B.高齢のわたくし達が一生懸命頑張っていれば、いつか東宮一家は分かってくれる 皆さんはどちらだと思いますか?

@マリコンさん。

お気持ちは、わかる気がします。私は、正直、怖くなったと言うより、ひたすら「うんざり」しています。

どうもならんのやろうな、という厭世気分と申しましょうか。

AかBか。

両方ではないかしら。どちらにしても、そこにあるのは、あまりにも「俗」な偏った思い。

どっちにしても私は、もう、尊敬の念は抱けなくなりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2228-61535ff4

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (73)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (243)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (14)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん