FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

ヨウ素剤のお話。

こんばんは。
えまさん、コメントありがとうございます。出張多いのですね。おうちでホッとされる貴重なお時間に、読んでくださるって・・・恐縮ですが、今後もきっと、絶対、そうしてくださいね!。あー、厚かま。
原子だ分子だって、わかりそうに近づいては、あ~と、指先の、触れもせず、遠ざかる幻・・・じゃなく、難しいお話。
できることは、私には、諦めないこと、ですかな~。
お墨付きで「しつこい」ので、頑張ろうと思います。ね

sarahさん(んんん・・・ん)。
アボガドロ数。アボカド。どちらが、解り易くて、食して美味なるか。
アボカドの濃緑色。すぱーんと断ち割った折りの、内部の若い緑。
檸檬、ではないが、アボカドも、書店の本の上にごろりと置かれていたら、何かオソロシイものを喚起させるか。
くだものなのに、妖艶にねっとりしてるし。

  アボカドの半分づつを食べて居る夜更け二人は目を見交して

こんな呑気なうたを詠んで、ひゃらひゃら笑っていられる平和って、なんていいかと思います。
新庄の、そのお医者様のことは、知りませんでした。きちんとまた読ませていただきます。
戦争映画で、よくありますね。
こっちで、チュバーン、ドドーンと、何もかも吹き飛ばすような激烈な攻撃音がする。
こっちでは、それで傷ついた体やこころに、必死で手をかけて、助けようとしている。
ものすごく理不尽。
助けたい人々は必死。
たたかっている人も、多分、その場で必死。
えらい人はいつだってどこだって、別のところにいて、靴もぴかぴか。

やさいさん(んんんんんん・・んん)。
来て下さってありがとうございます。
やっと、テンプレートが、替えられました。最後に「確認」押さずにいて、何度も、どうしてよ、と思いました。適用、だったかな・・・。それがわかったので、プロフィール欄に入れることもできました。
皆様からのコメントを、やさいさん部屋みたいに、どなたにも読んでもらえるようにしたいのですが、それをするにはもう少し時間が要るようです。わからんのよ。

やさいさんは理系のヒトかなあ、と思っていました。
大いなる好奇心。好奇心・・・アタマのなかワープしそうです、あの、冬の階段教室へ。
毎日のように、どうして、とか、やっぱり、とか、ふざけるんじゃねえぞ、とか、胸苦しいことが起こって来ている気がして、落ち着きません。ほんっとに、落ち着けません。
冷静に考えれば、何を私ごときが、なのですが。
何かをお伝えすることを、少しでも喜んでいただけるなら、しっかりお勉強に励みます。
よくわかっている方には???な箇所もあるでしょうが、おおまかにでも、なんとか、と、思っています。未熟な点はお見逃しください。
やさいさん、わたしは頑張ります。

yuutaさん。無事、O家へ、活性炭とゼオライト届いたとの事、ご紹介ありがとうございました。
その活性炭とゼオ君のこと、今夜、また、ニュー知識も交えて、書かせてもらいますね。


数日前、福島の現場で働いておられた男性二人の甲状腺から、ものすごい量のヨウ素がみつかった、とのニュースがありました。入院の要は無く、健康上の問題は現在認められていない、と、新聞は書いていた。
入院したって、さしあたってできることは無いそうです。できることがあるならいいです。
健康上の問題が、すぐに認められるようならどえらいことです。どらいことなのだそうですよ。


「ヨウ素剤」です。はじめはわかりませんでした。
ヨウ素は、カラダに入れないようにしようと、言っているのに。わざわざ入れるのか?。

それはね、と、すぐに、聞きかじりの知識をバラす私。
ものすごくシンプルに言うと。
人体は、たとえば、ぐい飲みいっぱいくらいの(放射性で無い)ヨウ素を、体に入れていていい、と、いうことになっているとします。ワカメなど海草に、それは沢山含まれていて、必要なくらいは、自然に摂れるようなバランスになっていた。特に日本人は。

ある時、空気も何もヨウ素まみれのところへ、滞在しなくちゃならんことに。
しかもなんと、放射性のヨウ素である。やばい。
そういう時、前もって、危なくない種類のヨウ素・・・ヨウ素剤を飲んでおく。体の中にそれがあるから、ぐい飲みはいっぱいになっていて、もっと入り込もうとするヨウ素は、留まれなくて、出て行くしかなくて、去って行く。
ヨウ素剤は、医師が処方するような「薬」で、勝手に手に入れたり飲んだりはできません。そう聞いています。
前記の理屈から言えば、常に体内でいっぱいであるように、放射性のヨウ素が入り込めないように、継続して飲んでいる必要があったわけです。
それを、一度しか飲んでいなかった。頓服みたいに、一度飲めばいい、みたいな感じが、あったのでしょうか。
それって、どこの国の、どれくらいに無知な世界の話でしょうか。
あまりエラソーに言うのは、ダメと思うので、いっぱい言いたいのですが抑えますが、ひどい話です。
その方たちは、何もご存じなかったのか、知らされていなかったのか、防護するなにか・・・手袋だったか、を、脱いで、作業しておられたとも聞きます。
そんなことを、させておいたのか。
そういう方が、沢山おられるようです。

現場での作業が、決められたとおりに行きにくいのは、解ります。
私自身、月に一度か二度、硫酸の入ったある種類の粉末を、どうこうする作業の折に、マスクをしている息苦しさに耐えられず、マスク取って、ぷはーっと粉を、浴びたりすることもあります。吸い込んでもいます。
自分の、それが仕事だから、文句は言えない。

しかし、被爆された二人の男性は、わたしのように「わかっていて」「知っていて」、ヨウ素剤の継続的な服用をされなかったのでしょうか。
そんなに簡単な問題ではないと、私は、思います。

yuutaさん。今日は絶対、活性炭とゼオのこと、書こうと勇んでいましたが、とてもとても、眠くなってしまいましたので、もう寝ます。
明日、きちんと、ニュー知識も交えて・・・って、これ、さっき、同じこと書きましたね。

おやすみなさい。












スポンサーサイト





  1. 2011.06.03 (金) 10:22
  2. URL
  3. stainless steal
  4. [ edit ]

No title

v-252お部屋の模様替え きれいに普請されたんですね
おはようございます kuonさん


久しぶりの 雨上がり 家の周りの掃き掃除をしていました。。。
雨で インターロッキングの目地の砂?等が 固まっているのを目にして また 思うv-40

被災地の土砂と めちゃくちゃになった瓦礫と ごみを

そして どうやら あちこちに拡散したらしい お化け物質の事を。。。

ちりとりで 少々の砂利と 落ち葉 そんな ごみを
袋に入れる
ふつうの服装で マスクも 勿論なしで 日常の家事

でも あっちにこっちに 拡散して 出荷規制が出ると云うことは その地域の ふつうの暮らしは どうなるんだろうか。。。

植物は ただ お日様に向かって 成長しただけなんだけど
魚だって 泳いで いつもの様に 餌食べてただけなんだけど

交通量の多い 街路樹が 排気ガスで煤ける様に
雨や 風に運ばれた お化けが 降りかかり 吸い上げ。。。流れ込みv-239

お茶農家のお茶畑 家屋は隣接してないの?
その 家人の飲料水は どうなの?

素朴に心配するわけで
いつか 外の掃除のごみは 有害ごみとなり おいそれとは ごみ焼却出来ないなんて日が来るの?

大げさかv-38

あの 地震。。。
地震と津波だけなら 復興のつち音も 今より明るく響いたでしょうに

日本は 海に囲まれた国

沢山の海の幸が 海流に乗って 泳いで行くでしょ
私は 防波堤で釣りをします
防波堤の有る 湾内にも 回遊魚が入ってきます
小アジを 鰯の群れを追って カンパチの若魚も ゴマサバも 夏になれば 青物が回るの

あれ。。。冬は居ない どこ行くの?
お化けの棲みかの近くにも 回遊するわね

自分達の暮らしやすい 海水温の海域に 移動する
お化けを 身体に貯め込んで移動かv-107
v-106v-106

嗚呼v-239 大げさであってほしいと 心から思います

それでも お国が安全と云えば 私は その食べ物を購入しますv-221
1キロ 1円だったか。。。茨城のレタスのnewsを聞いて 涙が出ました(記憶があやふやですが)

こういう事を 心から憂う長が この国には 残念ながら 探せない
海外からも 呆れられて。。。

選んだのは 今の成人かと思えば 尻を叩くかしかないんでしょうか。。。

またまた ぐちぐち 呟いちゃったv-239

ごめんなさい kuonさん 頑張りすぎて お身体壊しませんように







 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・