今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

不安の根源。



外国訪問とご静養

ご静養

言葉だけを聞くと、ぼんやりとしか見えない

天皇の行事である

なぜ「静養」が必要なのか?

皇室祭祀は曜日には関係しない

各種行事に参列されるのは「土・日」が多い

平日の二日間は「執務」があり、殆んど毎日

何らかの公務と祭祀が控えている

その激務によって、天皇の健康が損なわれ

ては、日本が国家として機能しなくなる

そういう意味の配慮から「静養」をする


静養とは激務の「肉体的・精神的疲労」を

癒す意味でも大切とされる

だから・・・激務(公務)に携わらない宮家では

「静養」という言葉は殆んど使われない

だからと言って、秋篠宮殿下が何もしていない

わけではないが・・・・


最近多く聞かれる「東宮一家」のご静養問題

この「ご静養」は疲労を癒す為のものではない

名目としては「妃殿下」の病気静養というところか

スキー場の人ごみに出て「病状」が良くなる類の

病気なのかは疑問だが・・・

「西洋」に行くのがお好きらしい

西洋も「静養」という同じ音だからなのか?

千代田の雀たちの間では、「年度予算を消化」する

ために、一家団欒と静養を行っているなどとさえずる


静養するほど「公務」「祭祀」に勤しんでいるとは

見えないのだが、別世界の話であり、何を言っても

「ごまめの歯軋り」というところか(笑)


錦の御旗 というものがある

豪華絢爛な旗印という解釈だろうが、私の解釈は

日本の皇室制度の「魂」の尊称であると・・・

錦の御旗=天皇 という位置づけであり、かつての

日本人はこの御旗を背にまい進してきた経緯がある

神道があったからでも、現人神だったからでもない


錦の御旗は【日本人の魂の象徴】なのであり

天皇は代を重ねて人代わりしても、心の中の

御旗は不変なのである

その御旗に背を向ける「天皇」が現れたとき

ヤマトの国は滅ぶときである

国が存続するしないという次元の話ではない

精神的な「国家」としての柱を失う事であり

神の不在・・神を否定する国家の誕生なのである


この国は「多神教」の国家として悠久の時を刻んできた

その総てが「皇室祭祀」の中に凝縮されている

廃れては復活し、軽んじられれば道を正し現在の

形式が伝わっている

その形式を形骸化・簡素化することこそ「否定」であり

それに於いては香淳皇后が最期の抵抗者だった

一歩ずつ、一つずつ変わる事が「改革」であり

その速度が極端に遅いものを「伝統」といい

逆にその変化を急ぐ事を「破壊」という

千数百年の積み重ねを、数十年で変える事が

どういう事なのか・・・

私達日本人は、一人の神に支配される事は無い

それが通説の「皇祖神・アマテラス」であってもだ・・・

皇祖は皇室の祖神であって、私達の祖神とはいえない

伊勢の祖神は国民すべての「祖」とは断言できないのだ

なぜ 天皇が敬われるのか?

私達国民の安寧・繁栄を毎日祈念してくれる

大切な人【祭祀王】だからである

国民のために祈らない祭祀者は「無用の長物」

自分の為に祈る者に、尊崇の念など湧くはずもない

天皇の天皇たる所以がそこにある

今回のパラオ訪問を「税金の無駄」という意見も

聞かれる

私は申し訳ないが、そうは思っていない・・・

しかし、残念でならないのは、パラオに行くだけの

お気持ちがあるのなら、一度でもよいから・・・

靖国に足を運んで欲しかった

現在の日本の礎を築いた「戦没者」たちに

向き合って欲しかったと私は思っている

日本の国に「戦犯」は存在しない

これは国会でも承認された事実である

なぜ?

靖国には行けなくて、パラオなら行けるのか

その答えは永久に返ってこないかもしれない

       ブログ「不必要な善意」4月7日  より


「錦の御旗 というものがある

豪華絢爛な旗印という解釈だろうが、私の解釈は

日本の皇室制度の「魂」の尊称であると・・・

錦の御旗=天皇 という位置づけであり、かつての

日本人はこの御旗を背にまい進してきた経緯がある

神道があったからでも、現人神だったからでもない


錦の御旗は【日本人の魂の象徴】なのであり

天皇は代を重ねて人代わりしても、心の中の

御旗は不変なのである

その御旗に背を向ける「天皇」が現れたとき

ヤマトの国は滅ぶときである

国が存続するしないという次元の話ではない

精神的な「国家」としての柱を失う事であり

神の不在・・神を否定する国家の誕生なのである」



「この国は「多神教」の国家として悠久の時を刻んできた

その総てが「皇室祭祀」の中に凝縮されている

廃れては復活し、軽んじられれば道を正し現在の

形式が伝わっている

その形式を形骸化・簡素化することこそ「否定」であり

それに於いては香淳皇后が最期の抵抗者だった

一歩ずつ、一つずつ変わる事が「改革」であり

その速度が極端に遅いものを「伝統」といい

逆にその変化を急ぐ事を「破壊」という

千数百年の積み重ねを、数十年で変える事が

どういう事なのか・・・

私達日本人は、一人の神に支配される事は無い

それが通説の「皇祖神・アマテラス」であってもだ・・・

皇祖は皇室の祖神であって、私達の祖神とはいえない

伊勢の祖神は国民すべての「祖」とは断言できないのだ

なぜ 天皇が敬われるのか?

私達国民の安寧・繁栄を毎日祈念してくれる

大切な人【祭祀王】だからである

国民のために祈らない祭祀者は「無用の長物」

自分の為に祈る者に、尊崇の念など湧くはずもない

天皇の天皇たる所以がそこにある」



今回のパラオ訪問を「税金の無駄」という意見も

聞かれる

私は申し訳ないが、そうは思っていない・・・

しかし、残念でならないのは、パラオに行くだけの

お気持ちがあるのなら、一度でもよいから・・・

靖国に足を運んで欲しかった

現在の日本の礎を築いた「戦没者」たちに

向き合って欲しかったと私は思っている

日本の国に「戦犯」は存在しない

これは国会でも承認された事実である

なぜ?

靖国には行けなくて、パラオなら行けるのか

その答えは永久に返ってこないかもしれない」




スポンサーサイト

コメント

〉現在の日本の礎を築いた戦没者たちに向き合って欲しかったと私は思っている

私も、ここ、本当に同感します。

戦没者は海外にばかりいるんじゃない。

魂はこの国にあるんだと、私は思っています。

自分の国を大切にできない公人を、どう尊敬出来るでしょう。

自分に誇りを持たない人間は、どう生きていけばよいのでしょう。

またもや、悩みの種が増えております。


思うこと

祭祀王としての霊的感受性をお持ちなはずの陛下が、英霊の、み魂がいずこに鎮まっているのかを感知できないことはあり得ない。

慰霊碑に拝礼することは、セレモニーであっても真の慰霊とはならないことを、いちばん御存じなのが祭祀執り行われる両陛下であろうと思う。 しかしそれでも、現地での慰霊を選ばれた。
本末転倒だと思う。 素直におかしい、と思う。

「慰霊」目的のパラオ訪問でも、パラオの方々は喜んでくださっている。 宿泊は警備の整った巡視艇でも。 
そう、失礼ながら日本国はパラオの警備体制には不安があるのです。

親日国家パラオには、元気はつらつ、さわやかで、気取りのない秋篠宮殿下にこそ行っていただきたかった。 慰霊だけでなく、パラオの人たちとの交流を深めるためにも。

春の雪

KUON様、

KUON様のお住まいの地は、お天気はいかがでしょうか。

関東では、今、雪が降っております。
両陛下がパラオにいらっしゃる今、春の雪です。

「日本人よ。
我が子孫よ。
気付いておくれ。
私達は、そもそも、何者であったのか。
何を成しうる存在なのか。

そして、
共に自分の持ち場を守り、
この国を守って行こうではないか。」

日本の神々の、英霊の皆様の声なのではないでしょうか。

いつもありがとうございます。知らない事ばかりで勉強になります。昨年暮、靖国神社に初めて参拝ができ、戦没者とそのご家族に御祈願しました。秋篠宮ご一家に神様の御加護がありますように。

お返事遅くなりました。



@hortenciaさん。

〉現在の日本の礎を築いた戦没者たちに向き合って欲しかったと私は思っている

「長屋の爺」さまが、まっすぐに書き続けておられることを、すべて「その通りや~」と思い、全文、お借りしたのです。多くの皆さまに読んで頂きたいと思ったのです。

「腑に落ちる」という言葉がありますが、まさにそれ。ずっとお一人で学び、書き、して来られた方に、ひらひら、鈍重なちょうちょ(何じゃ、それ?)爆笑、な私が、おこがましいと思いつつ。

天皇とは、祭祀王。そこが、しっかりと解っただけで、いろんな不可解な疑問への取り組み口になれる気がします。

毎日読ませていただいていて、毎日記事をいただいて来ると、誰のブログかわけわかめ、になってしまいそうなので、また、お借りして来たいです。爺さん、お許し下さっていて、ありがたいです、ので、ワタシもいい子になってるかと言うと。

やりたい放題のKUONのままでいる気がします。(笑)。

悩むと、苦しいのに解決が無いと苦しいだけなので、悩まずにしぶとく、愚愚夫婦よ、そこ退け~っと。唱え続ける、とか。




@みなも さん。

・・・残念ですが私は、今上陛下を、霊的感受性を,人並以上のレベルでお持ちとは、考えられないでいます。

真摯に、愚直なほどに真面目に、おつとめなされていらした・・とは信じています。それでいいんじゃないかとも、思います。ただつとめる。

うまく頭の中に言葉が浮かびませんが、お能の世阿弥の言葉の中にも、あったような・・・ただ、つとめよ、みたいな言葉が。

ただ、皇后さまの、何というか・・語弊があるかもしれませんが、世俗の方に寄り過ぎた慈愛・・俗物の慈愛、自愛、に、引きずられて・・・美智子さまにとっては「愛」なのだろうが、祭祀王のツマにしては素っ頓狂でもある個性が、そのあたりまで、浸食して来ている感を抱いています。

こんなこと書くと、きっと、ものすごく怒られるんですが、メールで来る分は、無視しています。卑怯だろう、表へ行って来いやぁ、って感じ。なんで私が卑怯者の相手をするんか。


>慰霊碑に拝礼することは、セレモニーであっても
>真の慰霊とはならないことを、いちばん御存じなのが
>祭祀執り行われる両陛下であろうと思う。 
>しかしそれでも、現地での慰霊を選ばれた。
>本末転倒だと思う。 素直におかしい、と思う。

はい。私も同感、素直におかしいと思いました、今も思ってる。私のお腹の中の声を少し洩らせば。

慰霊、ということを。

あらゆる、他の事のミノににしてはいけない、

ということです。私感です。

そして、もっと言うたろう、パラオの方々が「大歓迎」されることにも、私なりの思いがあります。道路は綺麗になるし、以下、自粛。

その国はそして、国会議事堂のほん近くに、韓国が慰霊碑を建てたことも、受け入れている。

ひゃ~っと、手を打って、美しい話を弾けて聞けるワタシではいられなくなっていることを、悲しく、思いま・・・せん。



@あさき さん。

>そして、
>共に自分の持ち場を守り、
>この国を守って行こうではないか。


共に自分の持ち場を守り。

このひとことが、いろんなことにとって、総ての気がします。

私の家からそんなに遠くないあたりに、世界遺産の薬師寺、唐招提寺があります。

いろんな専門職の方々職人さん方が、、いろんな仕事をなさっている姿を、見せてもらえることがあります。

土塀を、崩れた風味をそのまま残して、丁寧に塗っておられたり。

おつむの青いまだ若いお坊様が、一心に箒目を立てていたり。

いいお顔をしておられます。私も、スローながら、そういう風に生きたいものだと、見るたび感じます。

共に自分の持ち場を守り。

陛下は陛下としておつとめ下さり。

皇太子は、身位と現実がそぐわないことを、自力で悟れねば違う声に耳を澄まし・・・無理か。ここんとこ、無理ですね、がっくし。

あのごとく、と、見上げられるなら、どんなに幸せかと思います。

そんな皇室であったなら、どんな静かな力の、糧。に、なるでしょう・・・甘いですかしら。でも、実際にそんな存在はおられる。

大きくて、美しくて、計算ずくでないものを、いただきたいと願うのは、民の傲慢でしょうか・・・。



@藤井美弥子さん。


初めまして。このお名で呼ばせて頂いてよろしいのですよね?。

さしたる知識も深い考察も持たない身ですが。わたし思い定めたらしつこい性格なように思います。(笑)。

靖国神社には、このブログに集って下さる皆様と、機会を得てお参拝させていただき、その後に、仕事で弾丸上京した折に、再び参拝が叶いました。

お願いをかけたことがあります。大願ですが、叶いますようにと、朝に夕に、わが家の神さまに手を合わせています。神さまにはわかって下さってるでしょう。

私の願は「廃太子・廃妃」なのです。

そんなことを、神さまにお願いするなんて、と、全く心が動じないところが、わが国のあの夫婦の問題の、悩ましい所では。

これからも、ご一緒に、考えて参りましょう、とか、誘います。(笑)。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2198-4c24a566

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (241)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (12)
くおんの万葉集 (5)
くおんの万葉集・番外もあり。 (1)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん