FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

食べて、眠って、笑うんだ。

こんばんは。ご無沙汰してしまいました(という気分です)。

いろんな情報が、いっぱいあって、何か書こうとしても、指とココロがイヤイヤする、みたいになってしまいまして。

明日12日、福島の原発事故後はじめて、オープンに、各メディアを現場の中へ入れる、ということで、ここ数日、現地は、瓦礫を片付けたり掃除をしたり、しておられるそうです。

冗談ではなく、本当に「見た目をよくする」努力をされるようで、ゴールデン・ウィークに民主党の方々がJビレッジを訪問された時も、戦場のようだったホテル棟というところが、とてもキレイになったとか。

・・・すっごい被曝を、することになっておられるのではないか・・・現場の方々。

ま、自分だって、仲人さんやお姑さんが来られるとなれば、アラが露骨に見えないように少しは努力をするから、それも解ります。でも、だらしない私が、せめて、仲人さんや姑さんに安心してもらおうと走り回るオロカな行為と、事故を起こした企業が、結果的には惨状を隠すためにすること、そういうことは、別に考えないと。そう思います。

本当かどうか、明日のことは、国民の「知る権利」のために行われると言われます。

ここで話題の方向は変わります。

上杉隆さんというジャーナリストがおられて、この方は、記者クラブのあり方というものに腹を立て続けている人です、ジャーナリズムが、本来のあり方から外れすぎている、と(そんな単純なことではないのでしょうが)、その方が「ニュースの深層」という番組の、ある曜日を持っておられる。

時どき、見ておりますのですが、ちょっと驚愕、というか、やっぱり、というか、ご存知の方はまあ、として、ご存じない方に、ご紹介したい内容がありまして・・・初めて知る話では全く無いのですが・・・。

今西憲之さんというジャーナリストがおられます。この方がゲストの回を見ました。

大阪言葉でばんばん喋られる方で、動画もあるし、見れば大変興味深い動画なのですが、素晴らしいジャーナリスト・今西さんの、しゃべり方が、私は少し、聞いているのが苦手な感じですので、動画を頂いて貼らせてもらうかどうかは、この記事の終わるまでに結論出します。
えらそーですが私は、せっかく聴力の戻った耳に入って来る音や声も、選べる限りは選んでゆきたいと、わがまま宣言・・・こんな話はどーでもよろしい。

その今西さん、勝手に忍び込んで、勝手に写真を撮った、と、東京電力から指名手配を受けている身です、と、自ら仰っているのですが、忍び込んだのでなく、ある方の手ずる(お招き、と本人・談)によって、ぐっと近づいて、写真を撮った。

何の写真を。

木っ端微塵になっている、ものすごく破壊されている、原子炉建屋の写真です。

もう、ぐっちゃぐちゃ。

オオカミの息で吹き飛ばされた、二番目の子豚さんの木の家のごとくばりんばりんに壊れているのですが、実は原子炉建屋の壁は、大人の男性が、両手を左右に広げたほどの厚さの、鉄筋コンクリートであると。

それが、吹き飛んでいます。そういう写真。

週刊朝日に掲載されたそうなのですが、私は、週刊誌では見ていません。・・・やっぱり、後で、動画、貼らせていただきます。

上杉さん、今西さん、そうさせてもらいます、よろしく。後でね。

このぐちゃ写真は、日本の国内では発表されませんでした。

今西さんご自身の言によれば、

あなたみたいな、あんな写真出したら、とんでもない事故だとばれてしまうではないか

ということだったそうです。

普通に、面と向かっての言葉。

この今西さんは、明日12日の、メディアを迎えて「国民の知る権利」に応ずるための説明会には、自分は入れないだろうと言われる。
この機会は、三月からの「依頼が実ってのこと」だとのことです。が。

園田さんという、政府だか東電だかの方のエライひと(知っているけど、こういう感じに言いたいワタシ)が、今西は違法行為をしたので入れるな、と、このあたり情報は半分不確定ですが、つまりだから「東電から指名手配」と。こういうこと、ぬけぬけ言う人、悪い人でないと思うな~。

明日行くメディア人は、メディア人の中には「圏外に逃げていた人も多いだろうな」。とも言っておられます。

もちろん、メディアの人といえども、様々な立場、考えの方がおられるわけで。

今西さんいわくは、

「公表されている写真とは違う。
燃料棒プールは野ざらし。

東京電力は写真を、膨大に持っているはずだと言う。
差し障りの無いものを出していると言う。

東電の事故に、警察は入っていない。

敷地内を、救急車はよくよく走っていても、情報は出て来ない。

緘口令が出ているのです。それは、他の会社にでもあることでしょう。

協力会社、下請け会社に「いっさい、何も漏らしません」
と約束させるのは、東電だけではない・・・。

・・・「大きい事故だとわかれば東電が潰れるではありませんか。

これがナマの声であるのも、解らなくはない・・・と、言っていのか?。

警察の捜査も入らず、司法の手も及ばない、人の生死の情報もインペイされる、東京電力。

現代日本の治外法権、どこの誰もが手も口も出せない、出させない、出ても消される超・巨大企業。

ワタシはただ、こう思ったのです。


やっぱり、嘘ばかり言っておられる。

ことを、小さく、小さく済まそうとしておられる。

逃げ切れるなら逃げ切るつもり。今までのように。

自分の会社が起こした、膨大な被害を生み続ける事故の現状を、無表情な、人形にはめこまれたような目で他人事として眺めている人たちの会社。

無責任。無責任。無責任。無責任。無責任。無責任。

国民の知る権利って。

わんわんの餌みたいに、ほい、と、投げてもらうようなものなのだろうか。



政府の方は、そっちはそっちで、いつまでか知らんが(知ってるけどアホらしいから)、燃料棒を取り出して、とか、言っていた。

そんなこと、出来ないと思う。できないよ、それ。

これ言ってるだけで、ダメと思う。


山イチゴさん。
お返事遅れて申し訳ないです。

先日わたし、椅子に乗っていても自由です、と書きました。

こころは自由、と言いたかった。ホントにそう思うし。
ワタシも、いいかげん、いろいろ、具合のよろしくないこと抱えておりましてね。

でも、ほんとうは、カラダも自由な方が楽しいですよね、絶対。

どうも、ずっと拝読しておりますと、少しずつ、からだが利かなくなって行かれたご様子。

頚椎の神経に関わることらしい、と、理解しています。

人一倍、感じる気持ちの強いあなた様が、どんなに不安で、恐ろしくて、こわくて理不尽で、悲しかったかと、想像できません。

でも山イチゴさんは強いのね。
すっごく強い、でも、ほんとは、弱いまんまで生きていたいものね。

わあーん、とか、えーん、とか泣いて、通れるなら。

最先端の医療のことは、よくわからないんです。

新聞で読んだり、見られればテレビで見たり。

クローン牛のドリーさんが現れた頃から、それまでよりは関心を強く、そちらの方面にアンテナも向けるようになりました。

永久歯で終わり、のはずの歯が、もう一度、になるとか。

他の、臓器やら部分やらが、再生する可能性が、あれこれある、と。

私は昔、小児科病棟のナースだったことがあって、当時、光凝固術という手術の方法が、完成して、盛んに行われていました。

勤めていた病院の、眼科の医長先生が、その手術のパイオニアであられた。
余談ですが、知識も技術も、人として敬虔であられたことも、群を抜いたお医者様であられました。

未熟児、とあられもなく当時は呼んでいましたが、とても小さく産まれて来た赤ちゃんの中には、視力を失うおそれのある子がたくさんいたのです。

言うのもなんですが、酸素の箱に入っている赤ちゃんの中には、酸素の量の微妙な加減で、網膜がやられてしまう子がいた。

光凝固術は、とてもたくさんの赤ちゃんの「見える世界」を開いたと思います。

医学の進歩って、素晴らしいと思う。

それから、四十年も経って、いま、もっと色々のことが出来るように、なっていると、思うのだけど。

機会は平等で無いですね。

その眼科医の、その手術のことを知らなくて、光が戻ることの無い子がいた。

婚家の無理解で、子を救うことが出来ないと思いつめたあるお母さんは、離婚して、実家の納屋にでも、と頼み込んで、治療を受けさせることが出来たと、話してくれる方もおられました。

神経のことだって、うんと進んでいるのでしょうね。

これをきっかけに、少し、勉強させてもらおうと思います。

寒くなると筋肉も固まるので、あったかくなさっていて下さいね。


yuutaさん。

ほんとに、長いし内容はおそろしいし、何ヶ月も、迷っていたのです。

まるで預言書。基本のところ、この方が危惧されていたことが、現実になってしまって。

・・・以前も書きました。

以前は、いささか控え目に書いたのですが、日本の原発の一号機から、何台かを設計された、Y先生。実名を出せば、そちらの方面の方なら誰でも知っている方。

この前の記事にご紹介した平井さんは「配管」のプロであられたですが、Y先生は、ボイラーの専門家でした。接点があったかも知れませんね。

ゴシップを書くつもりは無いので、そんなことはいいのですが、Y先生は、

原発が安価、安心、安全なのは、何事もなく稼動している間だけ。

いったん事あればその限りでは無い。

原発はまだ、未熟な技術なのです。

そう、仰った。

そこまでは、前に書きました。

では、なぜ。

なぜ、そのようなものを「買う」のですか。

何も知らない私にできる、精一杯の質問でした。

答は、儲かるから、でした。

原発は儲かる。

膨大な利益を生むのです。。

・・・先生は、黙りこくっているこちらの前で、夢中で話されました。

原価はこうで、コレくらいの、何がああだから・・・。

会社、企業というものにとっての、最高・最大の「善」「是」は、多くの利益を上げることなのですからね。


・・・私の、悪夢です。

そういうことを言う人に勧められて、ひよこ饅頭を食べた。

悪夢です。

YUUTAさん。

どうすればいいのでしょうか、って。

私にもわかりません。

でも、生きて、生きて、いるしかないです。

生きるんです。ちょっとクサいですか、わたし。

月末、はまやさんへ行って、旬のアンコウ鍋、たっぷり召し上がって来て下さい。

食べる。眠る。笑う。ね。


小出先生の動画があるのですが、今夜はこれにて。

上の方に書かせてもらった、ニュースの深層、の動画も、今夜は控えておかせてもらいます。

おやすみなさい。












スポンサーサイト





  1. 2011.11.12 (土) 13:36
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

私の体

お姉さん、こんにちは
お姉さんがナースさんと知り心が軽くなった!!
小児科経験もあるならよけい話し易いかなぁ〜って
めちゃな専門用語や内容は当事者の私にも???だけど、基礎や雰囲気を理解してもらえる安心感は大きいですね
私、少々返事や更新遅れても大丈夫です。そりゃあ心がイヤイヤする日、身体がイヤイヤする日もありますよ…人間ですから!
気にしないでお姉さんのペースで書いてください。
私、待つこと慣れてます♪
選んでるつもりはないのになぜか好きになる方は男女問わず、それぞれマイペースなので、いちいち焦ってもムリできないなら自分が離れるしかないと…
答えを貰える人はきちんと答えを読んでじやないと次のコメントできない私。
記事は読んでますよ。
始めで読み、長いのはパソコン、動画は難聴があり音として聞こえてるのに言葉として認識する機能が徐々に低下してて、あまり見れないこともありますが、お姉さんが書いてくれる事でだいたいは状況把握できますね
最近テレビも字幕スーパーがある方が良い
同じ音量でも聞こえ方が違うんですよ…私に合うトーンがあるようです。
何度調べても耳鼻科の範囲内異常はないと…脳性小児マヒによる伝達神経機能障害と言われ、視力も矯正しても片方は視力があまり効果出ない。
耳も目も両方悪いけど、より悪い方は、首から下と反対側が特徴的。
これに、加齢が重なってるようで
お姉さん、携帯からだとコメント字数が制限あるから、記事へのコメントは次へ…にしますね
  1. 2011.11.12 (土) 19:00
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

泣けないです!

マスコミ公開するからお片づけですか!!
何も変わってないですね
昔「見学者あるから整理整頓いつも以上にきちんとしなさい!」毎回寮母に叱られて、得意な子に手伝ってもらった私を思い出す
整理整頓苦手な子山イチゴ「なんで見学者来るんだよ〜頑張ってお勉強してね〜だと、食べ物くらい差し入れろ〜ひもじいぞ!!夕食5時だから!」
叫びました私!
平井さんの叫び、講演会で今まで胸を痛め大勢の前、親や教師もいる場で想いをぶつけた女子中学生!
えぐられるように胸が痛い。大声で泣きたいけど…必死で読み切った。そして、また深呼吸して読み返す。何度も何度も。
安易に泣いてはいけない!
受け入れられ難い現実を受け止めることができないのに泣いたり逃げるのは、命がけの叫びに対して失礼な事だから!
私は泣けません!
嬉しくて涙する事はあってもこの事では泣けません!
何ができると聞かれたら、カン夫や子供、友達や知り合いに伝える事です!!
それくらいじゃ、劇的な変化が起きないのを承知してますが、それでも…伝えますよ!!
さだまさしの「生生流転」という曲の歌詞が私の気持ちを良く現してます♪
もし、良かったら聴いてみてくださいね
私、泣きたい時、つらい時たくさんたくさん唄を聞きます♪
に300曲以上入れてしてます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・