KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. あほらしいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

出て行って欲しい。



新しく車を買っていたのですね。

あのあたりの車の買い方、「支出負担行為担当官」という文字を見て、へえ、と思いました。

ご静養先の長野へ向かうご一家の写真を見て、今までのとは違うな、とは感じたのです。

題 Name 名無し 15/03/25(水)01:29 ID:D9awsltU No.1279630
普通乗用自動車(ステーションワゴン)1両

支出負担行為担当官
宮内庁長官官房主計課長 中田 悟
東京都千代田区千代田1-1
平成26年12月15日

東京トヨペツト株式会社
東京都港区芝浦四丁目8番3号

一般競争入札  予定価格5,637,780   契約金額4,849,200   落札率86.0%

ttp://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/yosanshikko/tekiseika/pdf/kyoso-buppin-h26.p


この車で行きたかった説もあります。車自体は、デパートへ行く時にお使いの「まいばっは」より庶民的です、こそこそっと、行きたかったという意味でしょう。

夫は昼までちょこちょこ仕事に顔を出し。もしかして初めから、皇太子は「出ない」だったかな、とも、深読みしています。

外国からのお客さまを、懇談とか挨拶とかでなく、和風庭園へ「ご案内する」のに、両陛下に東宮夫婦、秋篠宮同妃両殿下が、揃ってなさるのは・・・、この日は、陛下がご病気で、お出ましで無かったので、急きょ、ナルたんも出て顔を写させておく必要に駆られたか。

陛下の代わりが出来るのは東宮さん。ナルたんです、実質すべてに勝っておられる宮さまではない・・ことに、未だになっている。

皇太子はともかく、まさこさんの感覚では、インドネシアの大統領ご夫妻など、自分にはカンケーない存在。

あたしが出るわけないし。亭主だって本当は、行かなくてよかったんじゃん、へーかが風邪なんか引くから出発が遅れるって、あたしたちの都合をどう考えてるのよ。

これくらいのものと思う。これさえ考えていないかも。

とにかく強行出発。

東京駅で、お見送りさせていただこうと待っていた方々も、無視された。はくたかのグリーン車はガラガラだったと言う。JRはキャンセル料を請求できないだろうとも云われ、JRは貸切を拒否したのだとも云われる。

「傍若無人」

車で出かけて高速道路をパトカーまみれにし〈警備費用は長野県が負担)た件については。

3月20日以前に、バス会社には通達があったという。

初めから車で行くつもりだった?。

東京駅で,あるいは到着予定だった地で待った方々の立場への慮りなど、そこには無い。揶揄されているような人たちばかりでは無く、皇族を迎えたかった、見たかった人もいるだろう。

本気で日の丸振りたかった方だって。本来、そういうもののはず・・・皇太子ご一家って。そして

きつい言葉をかけたかった人・・・を、避けたかったか?

一日5000円での動員を、控えたか?もう動員がかからなくなった?・・・なら、いいと思う。(笑)。

慮り。無い。

駅前で「待ってました!」と声をかけられたり、税金泥棒、と罵倒されたりも、車で行けば、無い。

隠れていればけなされない。国民に自分たちを見せることは、止めたのか。したいことはして、したくないことは絶対にしないと。



陛下は、ご快癒の報道もされないなか、24日の夜7時前には、インドネシア大統領ご夫妻とお話されていた。

ここまでなっている。ご無理を押してもなさればそれで「いい」のだろうか。



さるところでさることが書かれていた。

<一緒に住んでいない(夫の)親が、病気だからといって、前から決まっていた旅行に行かない者はいない>

へえ、そうなんだ。

あのヤカラの考え方、やり方はそれか。

天皇陛下は、あのバカ息子の、単なる「親」か。

それを言うなら、単なる「子」になってから言うがいい。

皇太子、皇位継承順位第1位、次代。東宮。

そういったくくりを抜けて、自由な、今風の「子」世代。バカ息子、放蕩息子、親不孝息子。その、本来の姿になってから、もう一度、言えばいい。

<別居している親が病気になったからといって、決めていたお楽しみ旅行を取りやめるなんてものはいない>

皇室を出て行け。皇太子を止めろ。皇族費を使うな、いっさいの警備無しで暮らしてみろ。

即刻、東宮の身位から離れろ、立場を捨てて見ろ。

一日だって生きていられない。

自分たちだけでは生きて行けない存在。

そうなんですよ。




スポンサーサイト


  1. 2015.03.25 (水) 22:07
  2. URL
  3. hortencia
  4. [ edit ]

KUON様のお気持ち痛いほど解ります。

どこまで国民を嘗めれば気が済むのでしょうね。
人間として社会のなかで生きていく以上、イヤなことも辛いことも経験しなければならない時だってあります。
逆にそんな経験が、真の意味で魅力を高めることがあります。
そんなことにも気付かないなんて、愚かもいいところですね。

なんだかややこしいお方が紛れ込んでいらして(本当は丁寧語使うのもイヤなんですけど)、KUON様のお気持ちが乱れているであろうとお節介ながら思います。
どうかあのような方にはこちらの場を去っていただき、KUON様が伸び伸びと言葉を紡げる環境が1日でも早く訪れるように願って止みません。

お返事も丁寧に書いてくださり、とても感謝しています。
マイペースでお続けくださっていただければ、それで嬉しいことです。

厚かましくもまたコメントしてしまい失礼いたしました。

季節の変わり目は万象が揺らぎます。お身体、お気持ち、健やかでありますように。
  1. 2015.03.25 (水) 23:09
  2. URL
  3. まりりん
  4. [ edit ]

東御苑のご案内は急遽だとして、昼食会は前から決まっていた事ですよね。

では、何の為に午前中の新幹線を予約したのでしょうか?

最初から、車で行く予定だったのか・・・
以前、車で行きたいと打診したけど、却下されたという書き込みがありましたが・・・

今回は通ったのでしょうか・・・

新幹線予約も関越封鎖も特権ですか・・・

雅子のいいなりの皇太子、き・え・て・・・
  1. 2015.03.25 (水) 23:13
  2. URL
  3. 詠み人知らず
  4. [ edit ]

この国は誰のもの?

バス会社も運行出来ず売上が上がらずとも、長野県が費用を負担させられようとも、黙ってそれをよしとしているのは、この国が誰のものだからわきまえているからだと思います。
この国の造り主の血筋と、この国の祈りの中心にあるその血筋に、負担するのをよしと覚悟を持って、一般庶民は生きています。
訳わからない庶民も税金という負担を負っているのです。

東宮夫婦は何を覚悟としているのでしょうか?
祈りで国を鎮める、または
躍進させるという覚悟を持っているのでしょうか?

システムとしての天皇制の玉座につきたいのなら、すでに犯罪といわれる行為や、制度としての仕事ができていませんから、すでに失格です。
宗教として霊的な天皇制の玉座につきたいのであれば、その行為からすでに落伍していることを認識すべきです。
いずれにせよ不適任者と言わざるを得ません。夫婦共に。

叩いても叩いても何も変わらない2人。
また、巷で廃太子の声が上がっていますが、必ず邪悪は現東宮がいかに廃太子になったかを、必ず次の世代又は次の次の世代に応用させ、それを我が手段とするでしょう。
廃太子は危険が伴うと私は考えます。

好きなことさせて、酒しこたま飲ませて、自ら◯んでもらうのを待つしかないな。アル中の平均寿命は50代です。昼呑み連続飲酒。できる環境にありますよう、そっとしてあげます。私なら。
  1. 2015.03.26 (木) 01:13
  2. URL
  3. はなちゃんのいとこ
  4. [ edit ]

立太子

ご無沙汰してます。はなちゃんのいとこです。
東宮様ら、スキーに行っちゃったんですね。
あれらに次代はまかせられないと「はなちゃん」は憤ってますが、越えられない壁があり、ご検討ください。

『立太子の儀式』
「立太子」とは、次に皇位を継承する皇太子になることをいう。
それを公的に宣言する儀式が、「立太子宣明の儀」である。

1991年2月23日、天皇皇后両陛下の御前で、浩宮がお言葉を述べられ『立太子宣明の儀』が滞りなく執り行われた。


明治以降は、皇室典範により皇位継承の順位がさだめられている。それ以前の江戸時代以前は、幕府の介入などにより、複数の候補者のなかから、皇太子が選ばれるのが常であった。
また、中世に朝廷が衰退した時期には、立太子の礼を行う資金の調達が困難なため、立太子がなされないまま天皇に即位した例も多数あるという。


スキーに行こうが、ヤフオクで売りさばこうが、法の基にARERAの次代は決定されております。

『廃太子・廃妃』
どうしたらよいものでしょうか。

ナルちゃんが可愛いから次代ではありません。
ここは国民が一致団結する時と思います。


  1. 2015.03.26 (木) 06:02
  2. URL
  3. マリコン
  4. [ edit ]

核家族化

とーぐー一家は核家族化の失敗例だと思います。私達には子供はいませんが、私達の親世代は、親と同居して、子育ての相談は皆親でした。先日の事件で話題になった「ズンズン体操」のインチキNPOや、ネットに今時の親は子育て相談をするんだ…と驚きました。電車内でも親子3世代を見かけますが、一緒に住んでいない上、たまにしか会わないせいか孫に甘い、叱らない。秋篠宮家は、一緒に住んでいないけれど、週末には天皇皇后両陛下にお会いになっているし、紀子妃殿下も内親王方も美智子様とご養蚕をなさっている。とーぐー一家は、完全核家族ですね。しかも、婿養子になっちゃってる。
  1. 2015.03.26 (木) 07:37
  2. URL
  3. メゾピアノ
  4. [ edit ]

他人事じゃなくなった

KUONさん、おはようございます。
私、北海道なんで関東方面の地理はとんと疎く
この度のあれらの長野行きで道路が大渋滞といわれも、それは大変という程度の認識でしたが
ネットの書き込みで埼玉県川越市あたりもひどい渋滞でというのを見て、長野に行くのに川越通るんだ、えー、それはちょっと困ったと思ったのでした。
というのも、娘の引っ越しの手伝いで今日、そちら方面に行くのです。
空港からの乗り継ぎは大変だからリムジンバスでで来るといいよと言われ、帰りもやはりバスで空港に向かうことにしたのですが
まさか、その時間にあれらも長野から車で帰るからと道路が規制されたら飛行機に間に合わなくなってしまうではないかと顔が青ざめましたよ。
でも、バスは朝の便なので、あのマサドンが起きているはずないかと思ってちょっとホッとしたのですが。
それにしても、ろくに公務もしないあれらのお遊びのために
関東方面、長野県の方はどれだけ迷惑を被っていることやら、そして、私のように地方から旅行や用事で上京したものにも被害が及ぶかもしれず。
アンタラ誰のおかげで生活できてるのって言ってやりたいです。

日本の神様はあれらをもう見限っていると思いたいです。まだ皇室に入れるのは悪い意味で何がしかの利用価値があるからかと。

  1. 2015.03.26 (木) 21:49
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事遅くなりました~。

@hortenciaさん。

ご心配下さり、ありがとうございます。

私は、あの方のような正面からおいでの方は、案外平気です。ココロも乱れませんし、ご本人仰っていたように、雅子さんのことを離れたら、例えばB級グルメの話などなら、出来るかな、とも感じますね。雅子さんの事では譲れませんが。

おそらくあの方たちには、こうしてお言葉を下さる方はいないでしょうと思います。虚しい人生じゃん。(笑)。感謝します。

@まりりん さん。

>き・え・て。

これ一言ですね、究極は。

>昼食会は前から決まっていた事ですよね。

おそらくそうですね。あまりアテにならないこともあるけど、皇室ウィークリーにも東宮さんも出るように記載されていました。

雅ドンははじめから数の内には入っていなくなりました・・・気もしますが。19日の音楽会には出て来ていました。

初めから電車を利用しないつもりで、発車時刻まで出していたなら(午前10時台の)初めから欺くつもり。公人として悪質と思いますが。究極の(二度目)エゴイスト、そこだけは似たもの夫婦、ということで。ほんと悪質。



@ 詠み人知らず さん。

>システムとしての天皇制の玉座につきたいのなら、
>すでに犯罪といわれる行為や、制度としての仕事が
>できていませんから、すでに失格です。
>宗教として霊的な天皇制の玉座につきたいのであれば、
>その行為からすでに落伍していることを認識すべきです。
>いずれにせよ不適任者と言わざるを得ません。夫婦共に。

まことその通りで、すかっとします。

どこを取ってもあの人たちは「ぺけ」です。

あれこれ言っても、このまま行くか。即位するか、今までのやり方すべて廃棄して、ぼくらの新しい皇室を、作るか。

どーぞ、お好きなように。一度壊れた(壊した)文化伝統は、元に戻らない。そういうものなら私はいっそ、要りません。戦勝国の思惑通りに、時間をかけて成った、と、思うのかな。


数年でナル天皇から次代様に移る時を思えば。ぶち壊され汚された「皇室」を、その時点での皇室を、描けないですね~。

しつこくこつこつ積み上げないと、守るモノは守れない。ナルが即位するなら、勝手にすれば~、とナルな、私は。新聞もテレビも見ません。

>好きなことさせて、酒しこたま飲ませて、
>自ら◯んでもらうのを待つしかないな。
>アル中の平均寿命は50代です。昼呑み連続飲酒。
>できる環境にありますよう、そっとしてあげます。私なら。

げえ。おそろしいこと言わはるわ。でも同感。そうなるといいな、なって欲しいな、お腹にメヂューサの髪が、出現しますように。

私には神道の長としての皇室が、大切です。クリアな祭祀王を、いただきたいです。
  1. 2015.03.26 (木) 22:34
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

@はなちゃんのいとこ さん。

少し、お久。(笑)。はなちゃんさんも先日、来て下さってました。

>1991年2月23日、天皇皇后両陛下の御前で、
>浩宮がお言葉を述べられ『立太子宣明の儀』
>が滞りなく執り行われた。

そうなんです。事実です。でも、しょせんこれも、その「時」と人間が決めたこと、したこと。立太子した皇太子は、こうたいしとして生きようとして下さらなくては。

細かいことまでグダグダと、言いません。普通に、その立場のお方として存在されればいいだけ。そうであれば、たまのレジャーに目くじら立てませんって。

あのひとは、そうでないですよね。

・・・立太子した、これが現実で、認めるしか守るしか無くても、守りたくない人間はいるよね。

私は、この国の一員として。しいて法を破ろう、侵そうとは考えませんし、できるだけ身を添わせていようと考えますが(自分や周囲が快適に生きる方法ですから)、押しつけられることに納得できない法に、コウベを垂れる気はないのです。

どうするか。

黙って、目もココロも背ける。私は法の奴隷にはなりません、世の片隅で、自分の神さまに向き合って、静かに暮らそうと思います、法なんかに縛られませんよ、あのごとき「うつけ」を、天皇とは認めません。勝手になるならなればいいと、思うの。

そーゆーことを、ずっと、考えています。お久ですのにガンガンいうてごめんなさい。

廃太子・廃妃ね・・・。難しいですね。一致団結って。猫の首に鈴、わたしも、つけに行かないしね・・・。

ごめんね、はなちゃんさんにもよろしく。



@マリコンさん。

核家族。理想であり、特に女性には幸せの形とはやされたものでしたね・・。

なんというか。今でもそうですが、一般の家でも、大きなものを守って行かないと、というお家の結婚と、結婚は好き同士がするもの、とそれが第一義の結びつきとは、やはり、違うような。

自分は、核家族という形態を、ほとんど知らないので(夫の親と別に住んでいたけど、ほぼ毎日通って、泊まり込んで家事もしていたし)。今も三世代で暮らしていて。今は、自分の娘家族ですが。まあうまく行っていてありがたいのですが。ずっと、夫婦だけの単位でものを考えたり実行したりは無かったです。当然、子どもを抑えて親の言い分を通したし。自分のことは最後で。今は楽ですよ、それで来た後なので。

思うのは、子どもは、祖父母や父母やいろんな価値観の中で育つと、ぶつかり合いも肌で覚えるし、言い分総てが通る訳がないとも思い知るし、そういう意味では、大きくなって楽、ではないかと。

雅子さんの育ち方は、まるきり、まったく、皇室には向かないものだったとは考えます。今更言ってもナンですが。

両陛下を「夫の親」としか考えられない人間が、入ってしまったことが・・・ううん、何と言えばいいのか。

皇太子に「れんあいけっこん」を夢見させた親の罪は、重い。これは思います。あの夫婦を「独立」させたの、も。どうにもならなくなっているのを見ると。


@メゾピアノさん。

娘さんのお引っ越しは、うまく運ばれましたか。

たぶん、帰京は今日でなく27日・・・と思っていましたが、デンマークの皇太子ご夫妻が云々と聞くと、今日帰ったかと思ったり、公務ごときでお遊びの短縮はあり得ない、と思ったり。

これやったらおしまい、と、普通の感覚でなら考えられることを、次々クリアーして来た愚愚夫婦。

今日帰ろうなんて気は、起こさなかっただろうと、メゾピアノさん家は大丈夫だっただろうと、結論ずけていました。

引っ越しはけっこう疲れます。時節柄、できるようになられたら、ゆっくりお休みになって下さいね。










 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・