KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

とことん。



私にわかりやすいあたりから、少しずつわかって行くしかないようです。

「畏るべき昭和天皇」松本健一・著・より。<この色の文字>部分が、引用です。


・占領時代、皇太子明仁(今上天皇)の英語の家庭教師の一人に、アメリカ人クェーカー教徒のヴァイニング夫人がいたことは、よく知られている。

このアメリカ女性を家庭教師にと言い出したのは、マッカーサーでも、日本の宮内省(くないしょう)でもなかった。

昭和天皇の独断だった。

天皇はこれより先、宮中にキリスト教およびキリスト教人脈を招き入れている。そのチャンネル役になったのが、昭和21年まで学習院長で23年にかけて東宮ご教育参与であった、もと海軍大将の山梨勝之進であったろうか。天皇の信頼があつかった。

山梨は戦後すぐの10月に、天皇に宗教について御進講をおこなっている。そして半年後の21年5月に、仏教は鈴木大拙、カトリックは新渡戸稲造門下の田中耕太郎、プロテスタントは斎藤勇を口説いて、進講させている。これより前の1月{KUON註:21年)1月、天皇は自らキリスト教を知るため、賀川豊彦を皇居に招いて、約2時間にわたる講義をうけている。そのさい天皇は多くの質問をし、賀川は聖書をよみながら答えた。

これとほぼ並行して、天皇・皇后は4月27日、植村環を皇居に招いている。植村は明治のキリスト教指導者の「三村」--植村正久・内村鑑三・松村介石ーーの一人であった植村正久の娘で、「1915年に米国のウェルズリー大学を卒業していた。かの女は世界YWCAの副会長で、米国ミシガン州グランドピッドで開かれる長老派教会の全世界大会に出席することを求めれており、その出発前日のことであった。


長い引用になりました。続きます。

天皇はこのとき植村に

「世界から日本への誤解を取り除くため働いて来てほしい」

といい、皇后は

「米国民にどうぞよろしく日本国民の気持ちを伝えてください」

と頼んだという(高橋紘・鈴木邦彦「天皇家の密使たち」現代史出版会、1981年刊)。


はしょらせて頂きますが、会見後「皇后さまから米国の米国クリスチャン婦人への贈り物」と蒔絵の小箱が託され、植村(女史)は前記総会に出席したのみならず、フィリピン、中国国民政府代表と「極東平和使節団」の撫でアメリカ各地を公演して回り、およそ1年間滞在。トルーマン大統領や元駐日大使のグル―(氏)を訪問して、

天皇・皇后の伝言を伝えた。

ということです。続きます。

植村は帰国後、昭和23年4月からマッカーサーの支援をうけた上で、良子(ながこ)皇后、孝宮、(たかのみや)、順宮(よりのみや、清宮(すがのみや)、義宮(よしのみや)などに足かけ5年、キリスト教と聖書の講義をつづけた。そのため、一時は皇室のキリスト教への改宗の噂さえ流れるに至った。だがこれは、予断的にいえば、天皇がアメリカ占領軍とキリスト教を「あっ、そう」とばかりに受け入れたパフォーマンスにほかならなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天皇がアメリカ占領軍とキリスト教を「あっ、そう」とばかりに受け入れたパフォーマンスにほかならなかった。


天皇がアメリカ占領軍とキリスト教を「あっ、そう」とばかりに受け入れたパフォーマンスにほかならなかった。



・・・ああ、そうなのだ。感想は、控えさせていただく・・・と書きつつ。

力の限りやる、とことんやる、手を抜かないでやる・・・なさる。

そういうことなんだ。

昭和の、天皇陛下。



スポンサーサイト

コメント

>力の限りやる、とことんやる、手を抜かないでやる・・・なさる。
そういうことなんだ。
昭和の、天皇陛下。

ブログ主様
おっしゃるとおりです。終戦後、ただ一人で日本国を背負われて命をかけてくださいました。
そのご信念は、今上陛下そして皇太子殿下・秋篠宮文仁親王殿下、悠仁親王殿下が引き継がれておられると思います。

? さん。



>>それでは名前を?とさせていただきます。

>東宮夫婦と両陛下は、同じですか?。

もちろん同じではありません  笑

>国賓でも無いパン夫妻が、なんで御所へ?。

なんで?ともうされても、国賓でなくとも御所へ伺うことあるでしょう。
事務総長と会談された両陛下と皇太子ご夫妻、親善以外にどのような違いがあるのでしょう?

あなたは、どうしてそこまで皇太子ご夫妻を憎憎しげにかかれるのでしょう?<<

前記事へのあなた様のコメントです。それと今日のコメントを合わせてのお返事です。

ずっと書き続けているように。

私は、自分のブログで、自分の思いを述べています。

議論する気も必要もありません。

以上です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

皇太子夫妻がこの国のことをきちんと見つめ、勉強を怠らず、雅子さんは仮病を使わず会う人の選り好みをせず、勤労奉仕団の人にはきちんと挨拶が出来、そんな諸々の「皇族としてのちゃんとした振る舞い」も出来ない方。


そんなお方のどこを憎く思うな、と?

自然な感情として、私だって現在のこの国の皇太子夫妻は好きとはいえません。

?さんの意見が良くわかりません。

KUON様、また導火線に火がついてしまった自分をご容赦ください。

ブログ主様

ご丁寧にお返事を下さって感謝いたします。

>私は、自分のブログで、自分の思いを述べています。
議論する気も必要もありません。

ご自身が皇太子ご夫妻について、憶測や推測で思いを述べていらっしゃる事をご自覚なさっておられるのであれば、それはそれで結構です。了解いたしました。
嫌なものは嫌でしかない、それをだめだと申すつもりはありません。しかし、盲目的な批判はどこかほころびが見えてしまい、拝見していて「?」となってしまうだけです。
事務総長とお会いするのが今上陛下はよくて、どうして皇太子ご夫妻ではだめなのか?
批判するのなら、憶測や推測ではない批判をお願いできればよろしいのに、と思い書き込んだ次第です。

まあ、個人の感情や感想はどのようなものであろうと、その方の思いですから他者がとやかく言うことではありません。
しかし、行き過ぎた憶測で、その書込みがさも事実であるかのような投稿は拝見していて首を傾げざるを得ません。

失礼致します

初めましてこんにちは
いつも読ませて頂いてます。

?さんは工作員かと思います。
管理人様の記事は確固たる証拠と一緒に書かれているものばかりです。
?さんの言ってる事は、それこそ感情だけの非難です。
今、東宮一家の怠惰なデタラメインチキな有り様が、公的な写真や様々な記事で明らかにされてる現状に、
?さんは見ないふりですか!

でなけれは、工作員としか思えませんね。

管理人様に難癖つけるなら、東宮擁護できる証拠をもって、具体的かつ論理的に述べてみなさいよ。

だいたいHNからして正体隠しですね。

東宮擁護者の典型ですね。

消えて!

初めてコメントさせていただきます

Kuon様 初めまして
いつも拝読させていただいております
私はKuon様の書かれる内容は全て
Kuon様が生きてこられて
その都度 感じ考えてこられた どなたにも真似出来ない奥深さから発せられるものととらえております
ですから いつも感じ入ることはありましても
おかしいなどと疑問や反感を持ったことなどございません
?さんの言われることは少し物の見方が浅く感じます
うまく申せませんが 言葉尻を そのままとらえて
おかしいと 仰っしゃられているのではないですか
それでは子供の喧嘩ですね
その人を理解するためには その人の歩んで来た人生を知ることも大切と考えます
Kuon様は 時々 ご自分の歩まれた人生を書いておられます
それを?さんは読まれましたか
読まれた上での今回のコメントであれば
私のほうが ?さんに ?です
文章の上っ面だけを読んでのコメントは主様に失礼だと考えます
頭でのお勉強ではなく もう少し人としての力量をつけられたほうが宜しいかと思います

最後にKuon様
勝手なコメント失礼いたしました
信念に基づいて書かれている あなた様の言葉に毎回 勉強させていただいております
これからもKuon節(ゴメンナサイ)楽しみにしております

ひやあ。また書いてた返事が消えました~。

また書きます。


@hortenciaさん。

ありがとうございます。

導火線は、1人の人間の中でも、長さや太さは違うと思います。優先順位も。

一応かたちは貴人であっても、○○○○ランクは最低レベルの公人二人を、ねじ曲がって見ないでいたいものである、という矜持は、ミジンコ一般人も、しっかり持っていたいですね。

裸の王さまが存在するのは、王さまははだかだ、と叫ぶ子どもがそれまでいなかったから。だと思います。


@? さん。

表で訳の分からないコメントされるのは。裏から爆弾攻撃されるより、ブログ主としては「まっとう」な態度のように思えます。けれど内容が。

議論は無用と申している私への「憶測・推測」発言は不快であるばかりでなく、何かの折に「反論しないのは認めた証拠」なぞと云われるのは片腹痛い。ので、あなた様の自分本位の「了解」を、私は了解しません。

納税の義務を果たし一般市民としての人権を有し、日本古来の苗字も所有する私には、公人の惨状批判は自由の範囲。誰がそれを侵害しますか。

もう、今日でおしまいです、意味はおわかりですね。で。

カナダ在住の日本男子。外国生活が長いゆえに(か)、日本の男のオリジナリティがいっそう濃く残ってる気が(私には)する方が、前記事に対するあなた様に、お声かけして下さってます。

ご自分のブログへのご招待です。ファンである私も、時に、こ、こ、ここまで書きますか~と怯えながら、またいそいそ読みに行く、直球ストレートの記事が満載「わがまま親父の独り言」リンクさせてもらってますし、検索もすぐに出来ます。

ご一読、いかがでしょうか。以下、主さまよりのご招待です。(笑)。過激ですが、私のように底意地悪くないです。


「 さん、それは簡単な話です。

>あなたは、どうしてそこまで皇太子ご夫妻を憎々しくげに

>書かれるのでしょう?

答え、それは彼らは皇室の癌であり悪性のウイルスであり、

共に阿呆であり、知能障害と基地外で、屑だからです。

簡単な話でしょ(笑い)


KUONさんはまだ表現がお優しい、、、もっと過激な発言、お望みなら私のグログにいらっしゃい。

                   わがまま、親父 」

月子さん。

初めまして、コメントもありがとうございます。

工作員・・日本も物騒に、というより陰険になったものですね。

この上にも書きましたが、つくづくこう思う。

はだかの王さまが普通に存在していたのは、誰も、王さまははだかだ、と、言わなかったからでしょう。

人は悲しくも愚かなもので、自覚しなければどこまでも行ってしまう。個人レベルのことならいいが、ナルさんは最近でも既に、スイスでやらかして来ているし、オイルの国へも阿呆な訪問をしてくれた。困る方なのです、公人中の公人であって。

そこを解るまいと頑張るとは、いかなる考えの下に、と、不思議です。

挨拶もなさるのに。半分皮肉です。すみませんね ? さん、私、容赦ないですね。もういらっしゃらない方がいいですよ。


>難癖つけるなら、東宮擁護できる証拠をもって、具体的かつ
>論理的に述べてみなさいよ。

これはまことにそう私も思いますが、他でね、なさって下さいね。



@ふくちゃん さん。

はじめまして。

過大な信用してますのハンコ、ばあんと捺して頂いて。申し訳ないやら恥ずかしいやら、内緒で言えば嬉しいやら。

好き放題に書きちらしている、ある意味、恥のブログです。

でも、自分なりに調べて学ぼうとして記していることを、わかって頂いて、とてもありがたく思います。メガネは毎日キリッと拭いております。(笑)。

何らかの理由で、あえて目をそむけて「見ない」でいる、それしかない時だって、もしかしてあるかもしれませんが。

きちんと見ていないと、どこに影響して来るのかを、考えてしまうのですね。

日本自体が、もう大変なんだけど。日本をおめおめと・・させないで欲しい、と、思います。

最後に、と書いて下さったこと。私は、パソ打つしかできないので、励んでまいります。どうぞよろしく。



@ヒミツのKさん。

教えて下さったのにお気持ちに添えないで申し訳ないです。

正直、そこまで、考えるのがいいのでしょうけど、及ぶことができない現状です。ご理解ください。

また他のことででも、コメント下さいね、よろしければ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2150-9b055bd5

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (139)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (259)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (57)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (19)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)
うたのおべんきょ。 (6)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん