KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

画像に残れる

遥けくも来つるものかな  さる年の隣家の塀に張られてし  こうたいし妃のうつしゑの かの豊頬をよろこびし  わがたらちねも逝きましぬ  逝きて早くも十年(ととせ)経ぬ

こらえられぬがに愛(かな)しげに  いとおしまれし 一の御子  目元すずしき皇太子  ナルちゃん今や五十路にて

なんと正にも  云われおり  廃太子のこと 云われをり 

母の存(いま)さば 何ぞ言ふ  つつしみにつつおろがみし  この日の本の皇室の いまなるの斯く惨状を








vvv







したわしき昭和天皇。

ありがとう、のお一言。

麻生副大臣の雨の中を進まれるお姿の美しさに息を呑み。

若き日の美智子さまは、お美しいが第三夫人といったおもむきと・

今上陛下は、本当にお幸せでおいでなのだと実感しました。





スポンサーサイト


  1. 2015.03.12 (木) 22:58
  2. URL
  3. まりりん
  4. [ edit ]

KUON様

今上天皇のHNK特集は見ました。

昭和の時代にあったのですね。
UPありがとうございます。

思わず、正座して拝見しました。
侍従や侍医、もちろんTVカメラがあるから・・・・でもそれを差っ引いても威厳がありました。

「お上」に仕える・・・・

ごめんなさい。

言葉が出ないです。
  1. 2015.03.12 (木) 23:50
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

まりりん さん。

喜んでいただけてよかったです。

あまり饒舌にならないで、胸に響く何かを探したかったのでした。

「ありがとう」のお言葉一つが、本当のものとして私の胸に届いた。すごいことだよねえ、と。

いま
「畏るべき昭和天皇」という本を読んでいるのですが、中身が濃いというか、ああここ、ここ、とか雑念ばかりで、なかなか進みません。

あの時代にお生まれになり、ああしてお育ちになり、若くして天皇になられ、戦争の時代を経て、現人神だった方が人間になられた。

本当に、おっしゃるように、うまいこと言葉が出ません。

天皇陛下でいらしたのだな、と、何度も思うばかりです。

しっかり読みます。(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・