FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

193-30=?。イヤですね。

ちょっと急いで書かせていただきます・・・と、真面目に何かに励んでいる風のKUON。

ふふふふふ。

今夜はパソに迎えないので、いま、書かせてもらいますね。


山イチゴさん。

いきなりばくはつされましたね。

きちんと読ませてもらいます。私以外にも、読んで下さる方がおられると思います。

思いが、指より先行して、もどかしいでしょう、気の済むまで書きまくられたらいいと思います。

数十年分の思い、簡単には書きつくせないですかね。

疲れ過ぎない様に、ね。

全部、きちんと、読ませていただきます。いっしょに、感じていますよ。


ディランさん。

<いつも前向きディランです>。
オーケーだぜ、そうでなくちゃ!。いい子だぜ!。

<しっかり拾い物>。いぇい、そうでなくちゃ。

貴重なお知らせを、どうもありがとう!ございます。

もう。放射能と共存して行く世界だそうです。

ひとつひとつ、心して生きてゆくのは、いつだって、大切なことなのだろうけど・・・。

こういうことも、どんどん、行って下さいね。


私は、北海道大学の出されたという・・・書いてしまいますね、今年12月から来年1月にかけて、M9級の地震が再び発生するおそれがある、というデータ、というものについて、自分が信頼できる方に、お尋ねしてみました。

私が尋ねて聞いたことですので、どれくらい信憑性があるかどうか、考え方として甘いかどうか、は、よく、わかりません。

ただ、そちらの方面にとても詳しい学者さんです。

北大とは見解の異なる人の、一つの意見、見解として、お読みいただけたら、と、思います。

・・・なんて前置き、長いのに、中身は少しなのです。

地震学者の言う地震の「おきる可能性」は、ほぼ、当たったことが無い。

そのことに専念しておられるのだから、10や100のうち、そこそこの大きさのものでは、まれに「当たり」もあるだろうが、激しい大きさのものは、過去、当たっていない。

わからん事はわからん、と、仰った方がいいのに、と、常々、考えている(と、この人の弁です)。

膨大な金額の研究費というか補助金が出ている、そのお金は、防震対策などに使った方が、よほど世のためになる。


というお考えを、伺いました。いくらか軽い口調になっている感じなのは、わたしKUONのしわざです。ごく冷静に、本気に、真面目に、教えて下さいました。

とはいえ日本は地震周期に入っているということでもありますし、用心にこしたことは無いと思います。

ディランさん、原発の件も同様、前もってわかる、ということは、とても難しいようですね。

上のような見解もある、ということで、だから安心して下さい、などとは、決して言えませんが、これも、さまざまな考えがるようで、民間の研究機関の出すことが「いい」と言われたりして、本当に、天災のことは、どうにもこうにも・・・。

また、教えて下さいね。ね!。

また、この関連で詳しい話を聞く機会がありましたら、お知らせします。


もう一つ。

前置きも〆も無い、一つの話です。


「除染が必要、除染を行わなければ」ということで、政府は、193億円のお金を使う、ということで、委託しました。

委託先は「原子力開発機構」です。

原子力開発機構は、今までして来たように、法律にも反していること・・・下受けへの丸投げ、ということを行いました。

もちろん、中からお金を抜きました。

30億円、お儲けになったそうです。お金のこと言うのは、ちょっと、気になりますが。

つまり「ぴんはね」でしょ!。

国会で出た話で、渡辺喜美さんが質問され、答える人は(ドジョウかな?)「きちんとしかるべきルートでなされたことだ」と答弁された模様です。


いま、そういうこと、している場合なのかな~、と、思ってしまたわたくしでした。


また明日、元気でお会いしましょうね。








スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・