KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. おそれながら、なこと
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

・・・の。



今日はハゲしく仕事をしていまして。集中と弛緩、が、テーマです。

合間に何度も、この動画を拝見しておりました。

このままに執り行って欲しい。省略だめ、です。

つい、軽く書かないでいられないくらい、胸にこたえる…今上陛下ご即位の礼の一部です。







スポンサーサイト


  1. 2015.01.27 (火) 21:16
  2. URL
  3. 定年親父
  4. [ edit ]

お忙しいのに

更新ありがとうございます。

さて、動画を拝見しましたが「ナルさん」は見えませなんだ。
この通りに「次代さま(勿論秋篠宮様へ)」も引き継がれます事を
心より御祈念申し上げます。
  1. 2015.01.27 (火) 21:56
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

定年親父さん。

あのですね・・小さい声で、ナイショで申します。ナルさん、います。今と全く違う、この頃は、「こうたいし」になったばかりで、凛々しいと言っても許される感じの・・・。

初めから47秒くらい、フィリピンのアキノ大統領のお顔のすぐ次。黄丹袍 「おうにのほう」という、皇太子だけに許された黄色っぽい・・・クチナシで染められているという・・・の、特別な色の衣装で。いてます。この時、誰も、もうすぐ雅子さんが入り込んで・・・など、夢想だにしていなかった・・・。けれど、黒い種は撒かれ、企みは進んでいたのですね・・・。

いま拝見すると。

三笠宮寬仁さん、高円宮さんも。おられます。若い皇族が、次々とたって行かれました。

>この通りに「次代さま(勿論秋篠宮様へ)」も引き継がれます事を
>心より御祈念申し上げます。

私も同じ思いです。
  1. 2015.01.28 (水) 07:08
  2. URL
  3. 定年親父
  4. [ edit ]

ありゃー

ホントでした。
やっぱり過度の晩酌の後の眠気まなこではダメですね。
反省して今後気をつけます。
  1. 2015.01.28 (水) 10:39
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

定年親父さん。

見つけて下さって、よかった、よかった。実は私も、実際に「見えませなんだ」なら、どげによかこつじゃろ、と、考える者であります。

この時は「東宮殿下」であらしゃりましたのです。

反省していただくことでも無いと思いますが、過度の晩酌って、どれくらい?。

それが気にかかりますね。大きなお世話ですが。(笑)。

  1. 2015.01.28 (水) 21:27
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015.01.28 (水) 23:31
  2. URL
  3. ぽちゃこ
  4. [ edit ]

見送りも出迎えも無しですか。中東のえきすぱあとはオットよりニュースが気になる?しかし改めてきらびやかな経歴を見るとコロッと騙されても仕方ないと感心します←自分もだけど(遠い目)よく考えたらそんなに優秀で立派な家柄ならお見合いも引く手数多やのによく残ってたなぁと友達と話してたけど残る理由もあったのね(笑)もうこのままフェードアウトでいいやん?と思うのでした。
  1. 2015.01.29 (木) 19:56
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのTさん。

ヒミツでは返事のしようが無いので。

ばたん、ぐーでお休みになれればよろしいですね。(笑)。
  1. 2015.01.29 (木) 19:59
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ぽちゃこ さん。
今思えば盛り盛りで、普通の日本人としては違和感ある報道でした。口の歪んだ人だなあ、が、印象強かったので。
第一印象って、けっこう「アタリ」なものですね。もう、顔もみたくないですよ。好奇心で見るだろうけど。ゲスな人です。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・