今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

詩を読みたくて



永訣の朝
                                   宮澤  賢治

けふのうちに
とほくへいってしまふわたくしのいもうとよ
みぞれがふっておもてはへんにあかるいのだ
(あめゆじゅとてちてけんじゃ)
うすあかくいっさう陰惨(いんさん)な雲から
みぞれはびちょびちょふってくる
(あめゆじゅとてちてけんじゃ)
青い蓴菜(じゅんさい)のもやうのついた
これらふたつのかけた陶椀(たうわん)に
おまへがたべるあめゆきをとらうとして
わたくしはまがったてっぽうだまのやうに
このくらいみぞれのなかに飛びだした
   (あめゆじゅとてちてけんじゃ)
蒼鉛(さうえんいろ)の暗い雲から
みぞれはびちょびちょ沈んでくる
ああとし子
死ぬといふいまごろになって
わたくしをいっしゃうあかるくするために
こんなさっぱりした雪のひとわんを
おまへはわたくしにたのんだのだ
ありがたうわたくしのけなげないもうとよ
わたくしもまっすぐにすすんでいくから
   (あめゆじゅとてちてけんじゃ)
はげしいはげしい熱やあえぎのあひだから
おまへはわたくしにたのんだのだ
 銀河や太陽、気圏などとよばれたせかいの
そらからおちた雪のさいごのひとわんを……
…ふたきれのみかげせきざいに
みぞれはさびしくたまってゐる
わたくしはそのうへにあぶなくたち
雪と水とのまっしろな二相系(にさうけい)をたもち
すきとほるつめたい雫にみちた
このつややかな松のえだから
わたくしのやさしいいもうとの
さいごのたべものをもらっていかう
わたしたちがいっしょにそだってきたあひだ
みなれたちゃわんのこの藍のもやうにも
もうけふおまへはわかれてしまふ
(Ora Orade Shitori egumo)
ほんたうにけふおまへはわかれてしまふ
あああのとざされた病室の
くらいびゃうぶやかやのなかに
やさしくあをじろく燃えてゐる
わたくしのけなげないもうとよ
この雪はどこをえらばうにも
あんまりどこもまっしろなのだ
あんなおそろしいみだれたそらから
このうつくしい雪がきたのだ
   (うまれでくるたて
    こんどはこたにわりやのごとばかりで
    くるしまなあよにうまれてくる)
おまへがたべるこのふたわんのゆきに
わたくしはいまこころからいのる
どうかこれが天上のアイスクリームになって
おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすやうに
わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ




スポンサーサイト

コメント

教科書で読みました。

あめじゅとてちてけんじゃ。
あめじゅとてちてけんじゃ。

この言葉がリフレインしますね。

宮沢賢治を知りました。
中学のころを思い出します。

いま、
改めて読むと、
一言も無駄な言葉がない事に
気付かされます。

雪の冷たさと白さ。
消えていく命。

さいごにひとわんの
清い白雪をとりに行く兄。

昔は、日常に死というものが
ごろごろ転がっていたんですね。


たまき さん。

少しお久しぶりでしたね、こんばんは。

>いま、
>改めて読むと、
>一言も無駄な言葉がない事に
>気付かされます。

そうですね、改めて私もそう感じました。

これみよがしな饒舌よりも、選び抜いて余分の無い言葉の清潔さが、胸に滲みます。

賢治は天性の詩人なのでしょうが、生き方も詩も、豊かな「引き算」の人だったのですね。

ええなあ~~。

 KUONさん、こんにちは(^o^)
 「永訣の朝」は、高校の現代文の教科書に、定番中の定番で載っています。目安として、50分×2回で学習するようにと言われていますが、私はそれを守れたことが一度もありません(笑) 「ごめんね~」と生徒たちに言いながら、自己満足に語ってしまいます。でも、1年間のふりかえりには、「賢治さんの授業がいちばん印象的でした」「楽しかったです」などと書いてくれる生徒たちが結構多く、なので調子に乗ってまた次の年も語りまくってしまうのでした。
 「注文の多い料理店」の序が好きです。「わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれいにすきとおった風をたべ、桃(もも)いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。
 またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびろうどや羅紗や、宝石いりのきものに、かわっているのをたびたび見ました。
 わたくしは、そういうきれいなたべものやきものをすきです。
 これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹や月あかりからもらってきたのです。
 ほんとうに、かしわばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり、十一月の山の風のなかに、ふるえながら立ったりしますと、もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。ほんとうにもう、どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、わたくしはそのとおり書いたまでです。
 ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでしょうし、ただそれっきりのところもあるでしょうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。なんのことだか、わけのわからないところもあるでしょうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。
 けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、どんなにねがうかわかりません。」
 「すきとおったほんとうのたべもの」。「永訣の朝」でも同じようにフレーズが出てきますし、「銀河鉄道の夜」では、ジョバンニが「ほんとうのさいわい」「ほんとうのいいこと」を探しながら旅をしますよね。賢治さんは純粋で、まっすぐで、そして完璧主義だったんだなあと思います。
 100年以上前の、東北の田舎町の男性が描いた、「銀河鉄道の夜」なんていうおしゃれでロマンチックな(本当はそれだけではないにしろ)物語の世界。心が震えます。逢ってみたかった。逢いたい。
 ごめんなさい。賢治さんの話すると止まらなくなります。

えむな さん。

コメントを読んで、山猫軒の話を全部、読みに行ってしまいました。

独特の言葉。世界。何とも言えません。私は宮澤賢治は、おかしな通り方をしまして。

母が留守がちでしたので、お母さんが追い出されて追い出したおばあちゃまは「うちは士族」が口癖のしっかり者で、そこで三人兄弟の中で疎まれてノイローゼみたいになっていた娘さんが、私の母に編み物を習いに来ていて、時々震えがとまらず、泊めてあげたり・・・まあ、そんなことがあって。その娘さんは、宮澤賢治を「偽善者」だと言い放って。私は小学生。え、そうなの?と。

「さういふものにわたしはなりたひ」の肝心な締めくくりをを飛ばして読んで、そんな清貧なんてええかっこしい、とか、思い込んでいたようで。

しかし私の中では「宮澤賢治」=偽善者(らしい)と、結ばれてしまって。

入りそこなったようなことでした。加えて私は、西洋かぶれみたいな面がありました。

大人になって、それも随分な大人になって(笑)よたかの星、で、涙が止まらなくなって。一晩中、少しのフレーズを想うだけで、涙が吹き出し続けました。

以後は省略します。

何度読んでも、またまっさらにドキドキします。

胸が絞られるので、ゆったり落ち着いた時に、一個150円くらいの箱チョコのようでなく、一粒500円くらいのゴディバを味わうように、賢治の世界に入ります。

あの娘さんは、40にならずに亡くなりました。結婚が決まりかけていていたそうでした。

うちは士族ですから。あのお婆さんの、鼻の横の大きなホクロも、いかめしい顔つきと一緒に、思い出します。

脱線しました。とまらなくなりますね、こういう話は。楽しいです。

あ。でも・・・。

逢いたかった? 宮澤賢治に?。

ふうむ。私にはそれは、無いです。でも、えむなさんがそう仰る気持ちは、愛しいなあ、などと、思ってしまいます。逢えなくていいんだよ、きっと。とか。要らんこと言いやな。(笑)。御免なさいと、私も言いますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2029-13308052

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (241)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (12)
くおんの万葉集 (5)
くおんの万葉集・番外もあり。 (1)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん