KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. おそろしいこと。
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

お退きいただかなければ。



今夜は動画を少しだけ、ご覧あそばせ。

初めは、はためく日の丸の旗。

開始からおよそ2分のあたりから。

天皇陛下が新年のご挨拶を、お集まりの国民の皆様に下さっている映像です。

向かって右側、秋篠宮家のご一家は、凛々しい中に柔らかな雰囲気で、陛下の方に体ごとお向けになっていらっしゃいます。

左側の東宮夫婦は、正面向いて突っ立ったまま。陛下に向く、という態度では、あらしゃりません。

あらしゃるどころか。完全にボクタチ、へーかなんか、無視だよ~~って、勘違いが一回転してかろうじて元の地点に着地だけはした、といった態です。

皇太子さんは、本当に、おつむのてっぺんまで、汚染されておしまいになった。一番楽なところに、自らを置いてしまわれた。壊れ尽くした。

東宮の位置は、お退きいただかなければ。







スポンサーサイト


  1. 2015.01.04 (日) 01:50
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

どうか、最後の

徳仁さんと雅子さんの、皇太子・皇太子妃としての登場は今年が最後でありますよう、神々にお願いしなければ。
そういえば、思い出しました。
何かの行事で両陛下がお部屋に入ってこられたとき、
秋篠宮両殿下はじめ皆様は深々とこうべを垂れて両陛下にご挨拶なさっていました、徳仁さんと雅子さん以外は。

皇太子と皇太子妃になるべき方が皇太子と皇太子妃になりますよう、神々にお願いしなければ。

共感ひとかたならぬこのブログ、そして寄せられる多くの感慨深いコメント。
お師匠とコメントをお書きになる皆様に感謝しつつ、
今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2015.01.05 (月) 20:18
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

sarahさん。

何せ数が多いしあの人たちの無礼も浜の真砂のごとく数知れず、で、あの時、とはパッと出ませんが、私もそれ、見ました。

ある時期までは皇太子はある意味「被害者」のような気分もあったのですが、ここまで「あかん」ようになると、そんなことも言ってられませんです。

健康上の都合とかで、どんな風にもこじつけて、ナルさんが引っ込むしか道は無い気がします。

自分から退くような気概は皆無です。責任感も。無惨です。あまり、恨みがましい感じが残ると、何を考えてやらかすかわからないので、一応プライドの少しくらいは残してあげる感じで・・・

ば〇って、なんというか・・・美しくないですね。と、ちょっと逃げの発言です。

今年もよろしく、今年もお会いできると嬉しいです。
  1. 2015.01.07 (水) 09:01
  2. URL
  3. 勿忘草
  4. [ edit ]

七草

改まった年も、はや、七草となりました。
遅ればせながら、KUON様、皆様に新年のご挨拶を申し上げます。

爽やかな初春の風のような秋篠宮御一家と、何故か木偶人形のように見えてしまう東宮夫婦。

何かの本で、「人がめんどうだと思うことを丁寧に積み重ねることが、人としての在り方を磨いていく」といった文章に出会い「ドキッ」としたことがあります。

日々の積み重ねや鍛錬の大切さを改めて感じ、やはり、飾り人形のメッキははがれるのだと雅子さんを見て思います。隠しおおせないところに来ていると。御病気の快癒の見込みがないのであれば退かれるべき。と、何度でも繰り返して届けたいと思います。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・