KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. おそれながら、なこと
  2. tb: 0
  3. cm: 19
  4. [ edit ]

左と、右と。




 今日、皇居一般参賀。

10時からの一回目のNHKの映像。ひどい、と見てすぐは感じたましたが、今にして思えばなかなかに趣のある映像だったのかも。。

両陛下、皇太子に続いてバルコニーに入り、向かって左側の場に就いた雅子さんの後ろを、常陸宮さまが、通りにくそうにしておられた。華子さまが殿下の脇を抱えるように支えつつ一生懸命な表情でいらしたが、雅子さんは不可解な微笑もどきを浮かべてカラダを少し折り、もっと皇太子に寄って宮さまが通りやすくなるようにすることも。

背後の状況がどうでも、そこへ立った以上はしゃっきりと正面の国民の方を向いているということも。

どちらともつかない中途半端な態度でいたのでした。戸惑った感じはあっても、だからといってどうも出来ず、目玉はぐるぐるしていたようにも見えました。

NHKは、そんな東宮夫婦の姿を長めに映していて、秋篠宮家の皆さまをさーっとしか映さなかった。

もしかして雅ドンの「ザ・ブザマ」をあえて、だった?・・・・なことでは、なかったと思う。

東宮ご夫妻をクローズアップするつもりが、あの画になってしまった。そういうことでしょう。わはは。初嘲笑。

常陸宮殿下は、もともと脚がお弱い上に、暮れ近くには骨折もされた。車椅子を使用されることも多い御身。それでも、ご夫妻お揃いで、お出ましになっておられたのです。


動画を見て驚いたのですが、その反対側。

両陛下の向かって右側に、秋篠宮さま、紀子さま、眞子さま、佳子さまが順に並ばれた。そこへ、御年100歳の三笠宮さまが、入って来られたのでした。

遠目でしたが、紀子さまと宮さまが話をされているように見え、宮さまは、秋篠宮家の女性お三方の、後ろをでなく、前を通って、場に向かわれたのでした。信子さまが介助なさって、三笠宮さまは、ご自分の位置に立たれた。

すぐ後なのか、すこし後かは違う動画でしたので解りませんが。宮さまは、佳子さまに話しかけておられ、初めてバルコニーにお立ちの佳子さまは柔らかくお答えに見えました。眞子さまも、宮さまと妹宮に向いて微笑しておられる感じでした。紀子さまも微笑んで。というシーンのある動画を、拝見しました。貴重な場面を見せて下さいました。いつかご紹介できれば、と望みます。今は探せなかったのです。

・・・何より身位、順序が大切だという、皇室。

よく解らないのですが、おそらく定められているように後からバルコニーに立たれる皇族は、背中側を通られるのが「是」とすると。

お歳はともかく、お立場は「上」の紀子妃殿下の前を三笠宮さまがお通りになったのは(そうして差し上げたのは)紀子さまの「非」なのでしょうか。

もしかして、時おりには「ある」ことなのかどうか、本当に私には解らない、でも。

ご高齢の大叔父様のおみ足をお気遣いになられた紀子妃殿下の、ひととしての優しさが、思わずも見えた場面だったと思います。

そこで何かの問題が発するなら・・・と、一人、勝手に気色ばんでいたら。

以下のことにも気づきました。

昨日、元日の新年祝賀の儀に出席していなかった雅子さん。

初めてずくしの佳子さまへの期待や人気やらで、雅ドンの不在の映像がどんどん見られて、サボった(でいいでしょうのがバレていました。

実際はサボったのに、例の、車の後部にぎゅうぎゅう三人、並んで皇居へ入る画は撮らせていました。

オランダ国王ご夫妻の晩餐会に出席していた時の「ババシャツドレス」に、輝かないティアラをアタマに乗っけた姿。雅子さんはそれでした。

私は見ました、皇居へ入る三人の画像。

それが、無いようです。

削除されたように考えます。

ああして入って、実際には儀式には出ていなかった雅子さん。そういうことが多かった。そんな偽りばかりでした、今まで。

それが「許されないこと」として認定されたのでしょうか。ようやく?。やっと?。隠した?。

あったのに、無いのです。偽りの新年公務画像。

皇居へ入る3人の、画像も映像も。







・・・年初から、多くの方々にコメントをお寄せいただいていて、嬉しくありがたく存じます。

いま、時間が細切れにしか取れない時期です、落ち着いてお返事を書かせていただけるまで、あと一日ほど、失礼をお許し願います。

心身、とても元気です。

いささか食べ過ぎております・・・いつもですね。(笑)。






スポンサーサイト


  1. 2015.01.03 (土) 06:45
  2. URL
  3. [ edit ]

せめて「雅子さま」とお呼びしましょう。
雅子さまのご病気が早く良くなられるよう、祈りたいですね。
  1. 2015.01.03 (土) 07:41
  2. URL
  3. えむな
  4. [ edit ]

花さん
KUONさんは以前にも書いておられます。
敬うに値しない人間に「さま」などつけられないと。
敬意の押し売りは見苦しいですよ。
秋篠宮さま、紀子さまや眞子さま、佳子さまには、意識せずとも自ずから「さま」をつけます。東宮の面々はそういう器ではないということですよ。
また、ここはKUONさんのブログです。花さんが注文をつけるのはお門違いですよ。KUONさんの言葉は、歌にせよ地の文にせよ、ここに集う私たちの心にすんなりと入ってきて癒されます。言葉に魂がこもっているので、刺もあるかもしれませんが、それは決していたずらに振り回す暴君のようなものではなく、批判されるべき対象のみに向けた、正義の刺なのですよ。そのKUONさんが「さま」をつけないことを選択しておられる、そして私たちもそれを是としている場なのですここは。花さんは花さんの場へお帰りください。
KUONさん、ごめんなさい。スルーしてしまえば良いのですが、佳子さまたちのせっかくの清々しい映像の後、上のようなコメントはあまりにひどいと思いましたので。お許しください。
  1. 2015.01.03 (土) 10:18
  2. URL
  3. 佳世
  4. [ edit ]

新年早々

くおん様、明けましておめでとうございます♪ずっとファンでいさせてくださいませ~
一般参賀のマサオおっさんは栄養満点どすこい頑丈なお体で、いらっしゃいますこと♪どこかお病気?あっ精神って言われてますわね?花さんはご存知?
お大事に~
  1. 2015.01.03 (土) 12:38
  2. URL
  3. hortensia
  4. [ edit ]

横レスお許しください

花さんへ

えむなさまのおっしゃるとおりだと思います。
私も貴女の書き込みを不愉快に思います。
病気ですって!?笑わせますね。好きなことだけやって公務はスーパー選り好み、だーいすきな海外ではその「体格&品格」から夫婦共々冷たい目で見られ、娘の教育もろくに出来ず母娘揃って怠け者。
そんな女性になぜ「さま」をつけなければならないのか理解に苦しみます。
私は医療者ではないのですが、「適応障害」という病名、詐病の間違いでは?と感じました。
病気は本人が「治ろう」という気持ちがないと、ずーっと治りません。
「雅子さん」にはその気持ちが感じられません。
東宮一家に、人生を前向きに生きようという雰囲気は自分には感じられません。
そのような皇族の方を敬いたくなど、決してありません!!

私が花さんに申し上げたいのは以上です。

KUON様、たいへん申し訳ありませんでした。お見苦しい感情を露出してしまいました。お詫び申し上げます。


一般参賀、拝見させていただきました。秋篠宮家側のほうが、皆さん敬意を持っているように思いました。
佳子さまの桃色のドレスが、初々しさを醸し出し、とてもほんわかした気持ちになれました。
  1. 2015.01.03 (土) 14:37
  2. URL
  3. そら
  4. [ edit ]

お邪魔いたします

くおん様初めまして。
いつもは読み逃げばかりですが、初めてコメントさせていただきます。
くおん様のブログをはじめ、BB様のブログを拝見し、東宮家の禍々しい空気を感じます。始めは気づきませんでしたが、画像を見る度にイラッとし、我が子を必要もないのに怒ってしまうことが増え、まさしく悪い気が画像を通しても来るのだとわかりぞっとしています。
年末には佳子様が成人皇族としてお出ましになられましたが、お姿をテレビで拝見していると空気が澄んでいくようでした。幼い我が子も、綺麗なお姉ちゃん…お姫様…と釘付けでした。
この一年間違っていることが正され、清らかな流れがやってくる一年になって欲しいものです。
お目汚し失礼いたしました。
  1. 2015.01.03 (土) 16:23
  2. URL
  3. [ edit ]

私も横から~

>せめて「雅子さま」とお呼びしましょう。
>雅子さまのご病気が早く良くなられるよう、祈りたいですね
↓ 
せめて「雅子さま」と呼ばれるよう下品に蓋しましょう。
雅子さまの仮病がバレて早く皇室離脱されるよう、祈りたいですね

kuon さま~
あぁ、駄目だ、横レス口出し慎もうっと思うんですけどもこれがついw 
今年も宜しくです!
  1. 2015.01.03 (土) 18:28
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015.01.03 (土) 19:54
  2. URL
  3. ひーたん
  4. [ edit ]

私も横からいかせていただきます

KUON様
新年明けましておめでとうございます。

ご挨拶も早々に言わせていただきます。

花さまへコメントされた方々と同じ思いでおります。
皇族方は国民の税金でお暮らしになられています。病気にもです。花さまは「良くなるように・・・」とコメントされました。であれば、ご病気になられて10年以上も経過し「良くなりつつある。引き続き見守ってほしい」と、文書で回答され医師団の会見もないままの状況でよろしいとお考えなのですね。

外科的なご病気ではないのでしょうから快癒の状態もわかりにくいでしょう。
私は医療従事者でもなければ医学の知識も無いただの平凡な国民です。
そんな国民が納得できるものをお示しくだされば、花さまのおっしゃることもわからなくはないかもしれません。

KUON様
長々申し訳ありませんでした。
  1. 2015.01.03 (土) 22:48
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015.01.04 (日) 09:39
  2. URL
  3. メゾピアノ
  4. [ edit ]

私も10時からの一般参賀の中継見ました。
KUONさんご指摘の常陸宮さまのお出ましのあたり、非常に歩きずらそうでいらして
思わずマサどんに「もう無駄に太って幅取っているから通路が狭くなって宮様が難儀されているじゃん」と突っ込みたくなりました。
実際は通路の幅も十分あったかもしれないんですけどね。
大仏ドレスというネーミングもぴったりですね。
襟元のドレープ自体はとっても素敵なんだけど、あの体型できるとまさに大仏さまです。
但し、ありがたみは微塵もありませんが。
話は変わりますが、今年の正月用の天皇御一家のお写真やら動画ですが
マサどんが髪の生え際を眉墨で黒々と書き込んで写っているというのを他のところで知りまして
確かに写真をちょっと拡大したら書き込んでいるのがはっきりわかり唖然としました。
テレビに出てくるコントの芸人さんみたい。
これ、リアルで見た方達はどうされたのかと思いました。
見なかったふり?いつものことなので何とも思わない?
秋篠宮家の皆様のご苦労のほんの一端を垣間見た思いです。
  1. 2015.01.04 (日) 22:13
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

花さん。

初めてのご訪問、コメント、とりあえずありがとうと申し上げます。

マサコサンを「雅子さま」と呼ぶことは、ご自身がなされればよろしいのでは。

ご病気って。医師の署名も無い文書のコピーもどきを出して、この国のまともな社会では、ご病気認定はなりません。公人ならなおさら。

雅子さんのためには祈りません。

以上でございます。

  1. 2015.01.04 (日) 22:21
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

えむな さん。

私の真意をご理解下さっていることが、嬉しいです、ありがとうございます。

>敬うに値しない人間に「さま」などつけられないと。
>敬意の押し売りは見苦しいですよ。

まこと、このように、常々考えております。敬意というものは、無理強いされるところには存在しない。不毛な、上っ面の言葉を是とするなら、言葉など用いない方がいいとさえ考えています。

お詫びなどいただくことではありません。

解っていて下さること、言い難いことをあえて言って下さったことに、感謝します。感謝のみ、ですよ~~~~ん。(笑)!。
  1. 2015.01.04 (日) 22:26
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

佳世さん。

(笑)。このようなKUONの「ファン」と言って下さって、うれし泣きですよ~(少しだけオーバー、たくさんホント。(笑))。

今年も、いるべきでないところに、不敵にも居座っている邪悪なものたちが、すっきりと退いてくれますよう、願って行きたいと思います。

個人がどうとか言うより。立場として、あり得ないご存在の在り方かと。

ご一緒に、思いを一に、して行きましょうね!。
  1. 2015.01.04 (日) 22:30
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

hortenciaさん。

>東宮一家に、人生を前向きに生きようという雰囲気は自分には感じられません。
>そのような皇族の方を敬いたくなど、決してありません!!

!!と言いきって下さったHortenciaさん。同感です。とりあえず皇族「らしく」見えるという最低ラインのレベルを超えてしまっておられる。これでいいのかどうか、まっすぐに見ればおのずから解ると考えるのですが。

お詫びをいただきなどとんでもない、私ごときのために腕まくりして下さって、お礼を言いたいですよ。

言います。ありがとうございました。

  1. 2015.01.04 (日) 22:41
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

そら さん。

初めておいで下さり、ありがとうございます。

さまざま、知って下さっている途中なのですね。これが、嘘や偽りでなく、この国の東宮家の実態だとは、本当は、悲しく辛い恐ろしいことなのですよね。知らなければ、お子さんを叱ったりすることも・・・では、ないのです。

禍禍しいものに触発されて、お子さんを叱りつけたりは、悲しいことです、できるだけ、そういうことの少ないように願いたい・・・要らんお世話ですが。汗。そういう方は実は多いと聞きます。そういう時は、切り替えもいいのかな・・・BBさんのブログをご覧なら、お浄め、として、お札の画像や、清浄な本来のご皇族の写真など、沢山見せていただけますね。

それらをご覧になって、気持ちを変えられるのも、いいではないでしょうか。不浄な皇族に退位を願うのは、子どもたちが生きて行く国の皇室の、あらまほしきご存在を熱望するため。

まっとうな日本(私はそこまでは手が回り切らないと逃げているヘタレですが)、まっとうなご皇室。

お子さんにも、美しい清らかな皇族のお姿を、見せて差し上げて下さいね。きっと、いいお子さんになられるでしょう。佳子さまに釘付けのよいお子なら。(笑)。グラビア写真など、見えるところに貼りつけてあげるのも、いいかも。

綺麗なものを見て、感じて、幼い方には大きくなって欲しいですものね!。

  1. 2015.01.04 (日) 22:50
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

蛙さん。

>せめて「雅子さま」と呼ばれるよう下品に蓋しましょう。

これ、爆笑しました。まこと、下品に蓋して(できて)自ずから「さま」とお呼びしたくなるごとき存在のお方なら、余分なカッカしなくてよくて、心も平安ですのにね。

今までは、私に言って来られる方の事で、皆さまにメイワクかけたくないとか、きれい風の事を考えていましたが、どうぞ、横レスでも縦でも、お寄せください。ストレス溜まりますよね、言いたいのに抑えていると。

横レスと言って下されば、私は、読んで笑ったり怒ったりしても、口出ししないですから。どうぞ、どうぞ。

でも、私のブログには、あまり、あまりな方はおいでにならないです。なんて喜んでいたら、ぐわーっと、来ちゃうのかな。なんであの体たらくの雅ドンを敬えるか、全く理解不能です私には。

出て行け。と、言いたいのに。

お気持ち、ありがとうございました。


  1. 2015.01.04 (日) 22:58
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのYさん。

初めまして。いつもお読み下さっているとのこと、ありがとうございます。

ヒミツなのでお返事がしにくいのですが、ご親切にありがとうございます。感謝です。

書いて下さったことは、私の思いも同じです。見ていて呆然となることもありますね。いい結果になることを願いたいです。

これからもよろしくお願いします、ユニークな可愛いHNですね。(笑)。私だけがしっている。(笑)。
  1. 2015.01.04 (日) 23:10
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ひーたん さん。

いつもKUONのためにありがとうございます。今年は、ええかっこせずに、横でも縦でも、レスポンス解禁させていただきます、私は口出さないかも知れませんが、溜めないでどうぞ、仰って下さいね。

あまりハードになったら、その時は、ゆる~く、横レスさんに介入するかも。

ともあれ。雅子さんがご病気なら、きちんとして治療を受けて頂かねばなりません。今のままの中途半端は公人失格でしょう。セカンドオピニオンを、はっきり拒否された皇太子にも責任をとって頂かねば。

と、考えています。おそらく多くの思いはそうでしょう。

>そんな国民が納得できるものをお示しくだされば、花さまのおっしゃることもわからなくはないかもしれません。

そうですよね。

好きで、好んで、きちんとしている人を、ああだこうだ言っているのではないですから。

私の会社でなら、とっくの昔にに辞めてもらっています、診断書も出せない、自分の都合だけで出没して仕事もまともに出来ないような。あのような。

アタマもココロもぬるいんです。ヌルヌル。誰も何もしないで放ってあるからますます。

パートさんだって、赤い顔して出て来て、こちらが「今日は帰って」と頼んで帰ってもらうような。庶民は懸命に生きてるんですもの。

懸命、と言う言葉が、好きなんですもの。
  1. 2015.01.04 (日) 23:22
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

メゾピアノさん。

常陸宮両殿下は、大変そうでした。華子さまは懸命に支えておられました・・・たとえスペースの幅があっても、私は自分も今、脚の具合がよくなくて感じるのですが、余裕のない所での移動は、し辛いのです。

あの場合雅子さんは、もっと皇太子の方へ寄れば、マシだった気がします。皇太子は、叔父様の難儀にも全く無関心な風でした。

あれとほぼ同時に、秋篠宮家の側では、高齢の三笠宮さまが、通りやすい前の方を通って、場にお付きでした。紀子さまと二人の内親王の前を、通らせてもらっていらしたのです。

お嬉しかったのでしょう、宮さまは、佳子さまに話しかけておられたし、眞子さまも優しいお顔で、宮さまに向いておられた。紀子さまも優しく笑っておられた。美しかった。

いろんなことが、左右で対称的だったのでした。

雅子さんの生え際・・・以前からです。2日の日は、顔色が尋常ならぬ色でした。どなたかが引導を渡してあげられないものかと、雅子さんを大嫌いな私ですが、あまりにも、ひどい現況では、と。

安倍首相は、パチ屋の方をじわじわしておられるみたい、やんごとないあたりにも、何かして下さいますかね。

遠い太鼓ですかしらん。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・