KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ノンタイトル
  2. tb: 0
  3. cm: 12
  4. [ edit ]

天皇陛下 お誕生日会見 追記しました。



 天皇陛下きょう81歳のお誕生日   
.

 19日、宮殿・石橋の間でのご会見全文。


 --この1年を振り返り、印象に残った出来事をお聞かせください。来年は戦後70年の節目を迎え、両陛下のパラオご訪問が検討されています。改めて先の戦争や平和に対するお考えをお聞かせください。

 「この1年を振り返り、印象深い出来事としては、最近スウェーデンで行われたノーベル物理学賞の授賞式で赤崎、天野、中村3博士が受賞されたことです。赤崎、天野両博士が青色発光ダイオードを作り、さらに同じ頃独自にもその研究を果たしていた中村博士によりその実用化が進められました。照明器具として消費電力が少なく、発光による熱し方も少ないことから、社会の様々な分野で利用されていくことと思います。成果を上げられた3博士の業績を誇りとし、深く敬意を表します。

 痛ましい災害もありました。8月には大雨が広島市を襲い、土砂災害によって74人が亡くなりました。先日被災地を訪問しましたが、暗闇の中で木がなぎ倒され、大きな石が土砂と共に落下してくる状況は想像するだに恐ろしく、人々の恐怖はいかばかりであったかと思います。

 また9月には、御嶽山の噴火により、死者、行方不明者が63人となりました。紅葉を楽しもうと登った人々であったことを思い、心が痛みます。

 長野県北部でも11月に震度6弱の地震が発生しましたが、幸いにも地域の人々の日頃の訓練と消防職員の協力によって死者を出すことはありませんでした。建物の被害は大きく、冬に向かっての生活の苦労が深く察せられますが、死者がなかったことはうれしいことでした。

 新聞に大きく取り上げられるような災害ではありませんが、常々心に掛かっていることとして多雪地帯での雪害による事故死があります。日本全体で昨冬の間に雪で亡くなった人の数が95人に達しています。この数値は広島市の大雨による災害や御嶽山の噴火による災害の死者数を上回っています。私自身高齢になって転びやすくなっていることを感じているものですから、高齢者の屋根の雪下ろしはいつも心配しています。高齢者の屋根の上での作業などに配慮が行き届き、高齢者が雪の多い地域でも安全に住めるような道が開けることを願ってやみません。

 家族のことについては秋篠宮家の佳子が国際基督教大学で勉強することになりました。先輩の眞子から大学のことを十分に聞いた上で決めたことですから、きっと良い大学生活を送ることになると期待しています。

 私には叔父に当たる三笠宮が元気に白寿を迎えられたことは私どもの大きな喜びでした。それと共に6月の桂宮薨去(こうきょ)という悲しい出来事もあり、三笠宮、三笠宮妃のお寂しさを深くお察ししています。

 先の戦争では300万を超す多くの人が亡くなりました。その人々の死を無にすることがないよう、常により良い日本をつくる努力を続けることが、残された私どもに課された義務であり、後に来る時代への責任であると思います。そして、これからの日本のつつがない発展を求めていくときに、日本が世界の中で安定した平和で健全な国として、近隣諸国はもとより、できるだけ多くの世界の国々と共に支え合って歩んでいけるよう、切に願っています」

 --宮内庁が24年あまりをかけて編纂(へんさん)し、この夏に両陛下へ奉呈された「昭和天皇実録」に関してのご感想と、昭和天皇についての思い出や天皇としてのお姿から学び生かされていることをお聞かせください。

 「昭和天皇実録は宮内庁書陵部が中心となって多くの資料に基づき編纂したもので、完成までの苦労には計り知れないものがあったと察しています。携わった関係者の努力に深く感謝しています。これから折にふれ、手にとり、御事蹟(ごじせき)に触れていくことになると思います。このことは大変に困難な時代を歩まれた昭和天皇を、改めておしのびするよすがになろうと思っています。

 昭和天皇との思い出については様々なことがありますが、夏の那須の附属邸に滞在していて、御用邸に滞在していらっしゃる昭和天皇、香淳皇后をお訪ねしたり、植物を御覧になるため、その植物の自生地にいらっしゃるのにお供をしたりしたことが懐かしく思い起こされます。実録にも私の結婚の翌年の夏の記述に『皇后及び皇太子妃と御同車にて御用邸敷地外の広谷地(ひろやじ)に向かわれ、同所にてお揃(そろ)いで湿地のサギソウ等を御覧になる』と記されてい
 この時私は那須を離れ、地方で行われる行事に出ていたのですが、昭和天皇は生まれたばかりの浩宮を守って留守をしている美智子が寂しくないよう、香淳皇后と共に散策にお誘いくださったのではないかと思います。少し後になりますが、皇后と私とで、廻谷(めぐりや)であったかと思いますが、お供した時には、皇后に水辺の白い花で、野生のスイレンであるヒツジグサの花をお教えくださいました。この2度の大切な思い出のため、皇后にとりサギソウとヒツジグサはそれ以後ずっと特別な花となっていたようで、それから大分後になって私どもが女の子に恵まれ、清子(さやこ)と名付けたその同じ日に、私どもは清子のお印にヒツジグサを選びました。昭和天皇が『大変よい』とお喜びくださったことが、うれしく思い出されます。

 昭和天皇から学んだことは多いと思います。結婚前には葉山の御用邸に昭和天皇、香淳皇后と一緒に泊めていただくこともありましたから、そのような時に昭和天皇から学んだことが多くありました。人のことを常に考えることと、人に言われたからするのではなく、自分で責任を持って事に当たるということは、昭和天皇の御言動から学んだ大きなことであったのではないかと思っています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・陛下はこの会見を

“国民に直接語りかける貴重な機会”

であると捉えておいでになった。

・例年、陛下の誕生日会見は事前に宮内記者会が問の質問事項と関連質問を提出して、それに陛下が答えるスタイルを取ってきた。

・どのお言葉もご本人がじっくり時間をかけて用意されている。記者会見での当意即妙のお答えに舌を巻くこともある。

・質問事項を受け取られてから、お部屋にひとりこもられ、寝る間も惜しんで、1週間ほどかけて回答原稿案


■今年は、宮内庁が記者会見の質問数を問に制限したという・・・理由は高齢ゆえの天皇陛下のお体の負担

・11月中旬、突然、宮内庁が宮内記者会に対して「ご高齢のため質問を1問に減らしたい。」と通告

・これは宮内庁としての最終的な結論で、 「協議の余地はない」 という旨を一方的に通告してきたという。

・・・この「一方的な通告」には、でなければ写真を使わせない、などの文言も存在したと、以前から話題になっていましたが、今はここまで。

帰宅してから続きを書かせていただきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

陛下の、今日のお言葉から。


先の戦争では300万を超す多くの人が亡くなりました。その人々の死を無にすることがないよう、常により良い日本をつくる努力を続けることが、残された私どもに課された義務であり、後に来る時代への責任であると思います。そして、これからの日本のつつがない発展を求めていくときに、日本が世界の中で安定した平和で健全な国として、近隣諸国はもとより、できるだけ多くの世界の国々と共に支え合って歩んでいけるよう、切に願っています」


「人のことを常に考えることと、人に言われたからするのではなく、自分で責任を持って事に当たるということは、昭和天皇の御言動から学んだ大きなことであったのではないかと思っています」


・・・陛下のお言葉に対して、もの申し上げることを許されるなら。

両陛下が常にお心を寄せられている「先の戦争」での膨大な数の犠牲者。兵として亡くなった方々ばかりでなく、あの時代の国民のほとんどすべてが、無傷ではありませんでした。無傷のわけが無かった。

戦死戦傷であれば戦時下、ある意味当然の事。しかし無謀なごり押しによっての「餓死」輸送途中の事故で亡くなった兵士が多かったと聞きます。

本当に、父であり息子であり優しい兄であり婚約者を国に残して急きたてられた男性たちは「天皇陛下ばんざい」と斃れて行かれたかどうか。

しかしそう教え込まれていたし、そうであらねばならないと、信じて苦しんで散った方々は多いはず。多かった。

今上陛下に対して、その思いをぶつけることを、現代の多くの方々はされない。過去のことは、今は。

でも。

亡くなった方々、今も思いを受け継いでいる方々は。

現・皇太子夫婦。皇室の次代とされるあの夫婦が、いまのままで在ることを、喜んでおられるだろうか。

安心しておられるだろうか。

そのことを、今日は、考えていました。過去の事は。過去はともかく。

・・・かつて陛下は、皇太子である不肖の息子に対して、

「自分のしたことは自分の口から言いなさい」

のごときことを仰ったはず。

しごくまっとうなお言葉と思われますが、私たちはそれを、

聞かせてもらっていない。

そんなことも、考えていました。


スポンサーサイト


  1. 2014.12.23 (火) 11:45
  2. URL
  3. ぽちゃこ
  4. [ edit ]

天皇誕生日は快晴、皇租神も祝福なさっておられるかの様ですね。会見の文書で気になったのは…<人のことを常に考えることと、人に言われたからするのではなく、自分で責任を持って事に当たる>え?息子さんは?と皆さん同じ思いを抱いたのでは???私もこのお言葉を我が身に置き換えて日々過ごさねばと感じましたが、ヒツジグサの下りは思わず微笑んでしまいました。ともあれ陛下のご負担と質問は一つとの宮内庁の姿勢には怒りさえ覚えます一番のご負担は、ころころ変わる大臣認証式(だっけ?)じゃないの?と思うのですが。
  1. 2014.12.23 (火) 22:01
  2. URL
  3. あい
  4. [ edit ]

はじめて、こんばんは。
いつもブログを参考にさせていただき
糖質制限をしています。

調べてもどうしてもわからなかったため
質問させてください。
こちらから質問をさせていただいても
よろしいでしょうか?

糖質制限をしていると、どうしても甘い物が食べたくなる時があります。
そんな時は食事の代わりに
糖質20グラム以内なら
甘いケーキや御菓子、スナック菓子等
食べても大丈夫なのでしょうか?

どうしても気になります(>_<)
お忙しいとは思いますが
ご解答宜しくお願いします。
  1. 2014.12.23 (火) 22:45
  2. URL
  3. 佳世
  4. [ edit ]

お久しぶりです

くおん様、しばらくぶりのコメ失礼致します。
というか、糖質云々の方、何ですか?はぁ~ん!荒らしですか?
これからますますトーグー上げの方々?の運動が騒がしくなるのでしょうか…くおん様、心身お大事になさってくださいね。
ってコメ…忘れるとこでした。長くなったので一言。
いつまで続く~
隠匿と情報操作~綺麗事~反日マスコミ~まさこひのでたらめ~コータイシの隠し事~
陛下のお言葉ではないですが、知りたい、知るべきは真実、です。
無理か!?壁は厚し、暗闇は濃し、塀は高し、~
私は小さなありんこ。
一言が長くて失礼致しました。
  1. 2014.12.23 (火) 23:43
  2. URL
  3. アビ
  4. [ edit ]

KUON様 今晩は。

天皇陛下お元気そうでなによりでした。
お誕生日の会見
宮内庁が記者会見の質問を1問に制限したという
これは逆に天皇陛下のお心とは真逆な事をしたとしか思えません。
天皇陛下はいつも国民と共にとお考えのお方だと思います。

高齢ゆえと云うのであれば、本来なら補佐役の東宮がまったく
機能していない方が大問題であり、国民の目にも明らかなのに
宮内庁がすり替えごまかしている。
いつまでごまかし続けるのか怒りでいっぱいです。

天皇陛下がお元気なうちに国民が納得できるように解決していただきたい。

マサドンはお手ふりだけは相変わらずドタキャンしないで出てくる
のには呆れています。
また、着回しの紺のドレス?
光の反射によっては喪服のような感じがします。

1月には靖国神社参拝に行き絵馬奉納しに行きます。
英霊の力も借りたいと思っております。

乱文にて失礼いたしました。
  1. 2014.12.24 (水) 08:04
  2. URL
  3. 勿忘草
  4. [ edit ]

自らを律する学びの姿勢こそ

天皇陛下・皇后陛下のお言葉を拝聴・拝読していつも感じるのは
自らに課す厳しさと、絶えることのない学びの姿勢です。

国民の苦しみをわが身に置き換えられる温かなお心も。

言葉というものは不思議なもので、確かに、美しければよい・丁寧であれば良いというものではない。「何を伝えたいか」という祈りや・思いが乗ってくるもの。御自分が伝えたい思いを丁寧に伝えられる「お言葉」を大切にしたいと感じます。

振り返って、雅子さんのお誕生日会見の言葉のなんと薄っぺらなことと
改めて・・・
  1. 2014.12.24 (水) 08:14
  2. URL
  3. ヒミツのP
  4. [ edit ]

糖質でお悩みの方はYahoo!知恵袋か内科へGO!統失の方はKO大学のO医師に受診を。ここにあなたの悩みを解決する術はありません、悪しからず
  1. 2014.12.26 (金) 09:22
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ぽちゃこ さん。
本当に快晴で、天皇誕生日が雨だった記憶はあまりありません。
記事中にも触れましたが、陛下は過去にナルさんに、自分のしたことのオトシマエはつけなさいとおっしゃったと伝わります。けど。どこの「家庭」でも、そこそこ「いい」お父さんの家では、お母さんの力が強くなる。そうでないと回って行かない部分がありましてね。
で。・・・まあ、そういう感じですかね。(笑)。
宮内庁は、陛下の健康を気遣う前に、とか思いますが。ジジンがどうかなれば何かは変わるかな、宮内庁までも。
陛下は、当然以上に、並のお方では無いので・・・と、思いたい。
皇室の話題って、ふっくらして気分のいいものだと、長く思い込んでいましたが・・・ね。
  1. 2014.12.26 (金) 09:24
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

あい さん。

どうも、間違えて訪問されたように思うのですが。

他の、たとえばY先生のブログとか・・・。

お励みになって下さいね。
  1. 2014.12.26 (金) 09:44
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

佳世さん。

いいえ、お久しぶり(少しね・笑)でも、迫力の畳み掛け。

>いつまで続く~
>隠匿と情報操作~綺麗事~反日マスコミ~まさこひのでたらめ~コータイシの隠し事~
>陛下のお言葉ではないですが、知りたい、知るべきは真実、です。
>無理か!?壁は厚し、暗闇は濃し、塀は高し、~
>私は小さなありんこ。

怒りがなさしめたことでしょうか、ビシバシ来ますね。

佳世さん、ありんこでも。無心なアリたちのはたらきで。

巨大な壁に穴があく。小さくても穴が。

邪悪なものどもが、のらりくらりとすり抜けようとする穴には、内部に、自分たちの思いもよらない罠があることも。

懸命で必死な愛おしいアリンコたちの「蟻酸」ってものかも知れません。

何も解っていないお子さんが、どんな行動に出てどんな結果を生み出すことになるか、アレラでさえ、予測できません。

蟻酸。犠牲の「犠」の文字に似てゐるのが、なんとも、なところです。

あちらの方から突破口は開けますかね・・・辛いことですが、でも。




  1. 2014.12.26 (金) 10:03
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アビさん。

陛下は、お元気そうですが、お太りになられたというより、やはり心臓の加減(でなければいいのですが)浮腫んでおられる気配も感じます。

母宮さまにそっくりになられましたね。

>高齢ゆえと云うのであれば、本来なら補佐役の東宮がまったく
>機能していない方が大問題であり、国民の目にも明らかなのに
>宮内庁がすり替えごまかしている。
>いつまでごまかし続けるのか怒りでいっぱいです。

そうですね。補佐役が、立場としての役目を果たせないから。

皇后さまがハードスケジュールでベルギーまで行かれたのも、つまりはそれ。ご自分でも、お行きになられたかったのでしょうが。

次代があれでは、民間の会社ならとっくに潰れています。明日は無い組織。

雅ドンのあれは、アホみたいな嫌がらせ。あれで嫌がらせできてると思っているアホです、皆で笑ってやりましょう。ネットしない方にも届く、みごとな立派な嫌がらせ、元旦にもニヘニヘと出て来ますよ、皆の視線は、新たにバルコニーデビューされる、まばゆいであろう、佳子さまの方に。

秋篠宮家に光あれかし!。

  1. 2014.12.26 (金) 10:21
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

勿忘草さん。

>振り返って、雅子さんのお誕生日会見の言葉のなんと薄っぺらなことと
>改めて・・・

むむ・・・

雅ドンの「ことば」は、日本人が心して用いる類の「言の葉」でなく。

記号の羅列。

自分にとって都合のいい状況を、強引に押しつけて来るための、単なる道具にすぎません。

もう。まともな言葉すら扱えなくなっている人(モドキ)と断定したいです。



犬や猫や小鳥でも。丁寧に扱うものには寄り添って来る、信頼して助け合おうとする。

思いは通じると信じたい。

言葉だって同じと思います。

雅子さんとやらは、何も大切にしない。

夫を損壊し。

やめろよ~、〇ねばいいのに、あっち行け。そんな言葉をしか、使えないヒメミヤを育てた。

すべてに見放されるでしょう。当たり前に人間や言葉が身に添ってくれるなど、思い上がりだと思います。雅子(サン)になど。

つい、言いたいこと言ってしまいました、失礼しました・・・。

不正な投稿として何度も返ったので、これでも大人しくなりました。(笑)。

  1. 2014.12.26 (金) 10:27
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのPさん。

なんと味なHNを。私のためにありがとうございました。

なんか・・・もしかして、間違い?とも思ったけど、間違いようが無いのですよね、つまり。

ありがたく思いました。

>統失の方はKO大学のO医師に受診を。

これ、すっげえナイスと思いました。が。

はは、皇太子ヒを、10年以上診つづけてどうも出来ない、もしかしてほれ、竹が沢山生えてて、下草の整理手入れもしていないのでモジャモジャになって、ってコトになってる、ああいうタイプのドックかも。

あ。雅ドンのあの、洗っていないオグシ。これからヤブ髪って呼ぼうかしら・・・ヤブ医者。ヤブ髪。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・