KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

弾劾希望。



ちょろいわよ、国民なんか。

何したって、しなくたって、ネットの隅っこで、わあぎゃあ言ってるだけで。

石ころいっこ、こっちに投げて来る者はいない。

新聞の一面にワタシタチのことが掲載されるなんて無い。

新聞の一面にはその日に文字が踊るのよ、ご即位、と。

面倒で無意味で人権無視で合理的でない行事は、亭主に言わせてすべて取りやめ。

海外からの客のリストは私が作る。

時代にそぐわないサイシなんてものはバッサリ切ってやる、文句が出るなら、そういうことがしたくて仕方が無いあの夫婦に、あなた達がなさいよ、ちっとも構わないわ、おかしな不自由な着ける気にもならないような衣装も何も、ぜんぶ、仕方ないから無料で使わせてあげるわ、昔ごっこでもして仮装ごっこして、時代遅れの国民にはやされてるがいい。

私たちの力が、上。それが真実。現実。変わらない、どうすることも出来ない。

つまりそういうことなの。

今更わたしが変わることなど何も無い。

皆、父が死んだらどうなるとか言ってるでしょ、陰で。

そんなに軟じゃないわよ。私たちに力を貸す勢力はあるの。舐めてちゃだめよ、そんな軟じゃないわ。

夫は、そばへ寄られるのも嫌な男だけど仕方ないわ、とりあえずソファに並ぶくらいは許す。アレ無しでは私と言えども出来ることの範囲が狭まる。

置いておく。

腹話術の人形みたいなものだから、やり方さえ知っていればどうにもなるの、必要悪、じゃない、必要〇カってものなの、アレは。

残っているあのあれは、奥の方の住まいに押し込んでおくつもりよ、何人か付けておけば済むはず、フラフラ出て来て自分が未だに何かである、みたいな顔されちゃたまらないからね。

身についてるから、あれは、そういうのが。

よく働いたって言われてご満悦の人だったから、もう休んでたらいいでしょ。そうしてやるつもり。私が何をしてやることもない。放っておけばウチのがちょろちょろ、出入りするでしょ。仲良しごっこ、どれだけでもどうぞ、ってものよ。

寛容なの私って。

あ~あ、楽しみ。

もうすぐクリスマスだし。ケーキはあの店のあの一押しだわ。自宅でクリスマスパーティできなのが不条理だわ。

え。

娘。

あの子は私の悩みのもと。ずっとずっとそうだった。可愛く慕って来たことなんかないもの、可愛いと感じたことがあるはずが無い。

あちらから慕って来れば、愛情だって涌いたのに。いつだって私を押し戻した。あの子の視線の向く方の人間は、片っ端から切ってやった。生意気なのよ、母親がいるのに。母親は、このワタクシなのに。

よその子はもっと、母親に対して親身なものよ、うちのあの子はそうじゃない。私はあの子に、苦労ばかりさせられた。

傷つけられた、気を遣わされた。可愛いわけないわ、特に10歳過ぎてからは。

育て甲斐のない子よ、可愛くない、迷惑かけてくれただけ。うちの父親は何か考えてたみたいだけど。正直、私は、自分の後の事なんかどうでもいいのよ。考えると頭が痛くなる。

あの子。ずっと気疲れさせられるくらいなら、どこかへ出したいと思うの。

その気になれば連れて行けるところだってあるのよ、庶民は知らないところ。誰の目も届かないところ。

付いて行くわけない。

あの子に一生捧げる気はない、私がこの国にいなければ、夫も恰好がつかないのだから。大義名分は大切よ。

大義名分は捨ててはいけないものよ。

私のような大きな立場の者はね。

そうなのよ。

ちょろいわよ、世の中の、すべては。


ちょろいわ国民。医者だって、私にならどうだって出来るのよ。

いなければ、いることにすればいいの。

あの医者、頼りにならなかったってば。

初めは「したいことだけするのが妃殿下を治癒に導くただひとすじの道」なんて解りやすい話をしたくせに。

電話だけでは投薬はできかねるとか。全身状態の検査もたまにはお受けにならなければ。とか。

面倒なこと言いだすのよ医者なんて。

どんな書類出したって、いつも同じなんだから、何の問題も無いでしょ。

・・・・・・・・・・

2004年 回復傾向にある
2005年 着実に回復している
2006年 徐々に快復に向かっている
2007年 回復が早くなってきている
2008年 着実に快復してきている
2009年 着実に快復に向かっている
2010年 引続き着実に快復してきている
2011年 着実に快復してきた
2012年 引き続き治療が継続
2013年 まだ快復の途上
2014年 ご快復は着実に進んでいる
     (2013年の医師の見解文とほぼ同じもの)。
スポンサーサイト

コメント

びっくりした~~

kuonさま すごいすごいすご~いっ
悪たれ川賞、尚きっと賞、no減る文学賞は?だけど他は総舐め間違いなし!
で、そういうことなんですよねっ
つまり、アレはそう思ってます、ってことで。
私は神様の鉄槌を信じています。いや、本気です。

ああ、才女の秘めたる底力に今宵の晩御飯は超美味であることよっっ

私もKUON様に同意~

アレは本気でそう思っていることでしょうね~!
ミジンコ活動が一日も早く神様に届き最強の鉄槌がくだされること
切に切に祈っております。

反省

御免なさい。kuonさまの文全体が、
あまりに感情がそのまま写されていて、
まるであの人が語ってるみたいでした。

買い物から帰って自分の書いたの読んで、
もしかして超失礼かもと反省中です。
冗談が下品だったかもしれません、
子供みたいに嬉しくなってしまって、反省!

神様

冬の夜空は 冴えざえと美しくて、眺めていたい...寒くても🌟
「オリオン座」と「冬の大三角形」が この世界を 護るように輝いていました。

蛙 様とアビ様はおっしゃいました。
「神様」と...。

「宇宙」には「法則」というモノがあって、それに逆らう動き(生き方)をすると、
魂は 滅んでいくそうです。
『共に栄えよう、つながっていこう、』
...と、愛と感謝にあふれる生き方を 宇宙の神様(大きなエネルギー ですかしら?)は
望んでいるようです。

雅丼。
いいの?そのままで...。

こちらのブログさんと同じく 尊敬している「手相視 姐さん」の言葉を 雅丼にお送りしますね。

>人間ってね、どれほど洗脳されていても、どれほど暴力にさらされていても、「本当に嫌なことはイヤ」なのよ。そして「もう我慢できない、我慢しない」と決めたときに一番強いのは、それまで一番我慢していた辛抱強い人たちなの。

もう決して引かないわ。この流れは変えられない。

なぜならこちらが「自然」だからよ。悪は滅ぶことになっているの。不自然だから。あたしはそれをずっと見てきた。どれほど時間がかかろうと、どれほど「不自然」な隠ぺい工作がなされようと「お天道さまは見ている」のよ。

だからご覧なさい、「悪」に加担した連中の醜さを。顔がどろどろに崩れていくでしょ、まっすぐ立っていられなくなって姿勢が歪んでいくでしょう?おそろしいことなのよ。まさに因果応報、自業自得。

今年の「あぶりだし」は凄かったわね。悲しいくらい馬鹿が馬鹿たるゆえんの言動を見せまくってくれたわねwwwwwwちゃんと見たでしょ、皆さんも。そこから何を思いどう動くか、決めてやるのは「自分」よね。注意深く、精密に、そして大胆かつ鮮やかに、やるときはやる人間でありたいわ。

心に悪がないがゆえに、お天道さまの前にまっすぐ立って笑顔で歩いて行ける人たちを、風を感じ、心を開き、両足で立って歩いていける人たちをあたしは心から祝福したい。だってそっちが正しいからよ、いきものとして。人間として。

傷(いた)んでいても、病んでいても、いつも心に太陽を、ですよね。それが自然でそれが幸せ。<

『悪は滅ぶことになっているの。 お天道様は見ている。』❗❗

またしても、長々と失礼致しました m(_ _)m

凄い!

以前、精神を病んでいる方達や死刑囚の面々の描いた絵を見た事があります。
雅丼の心の呟きを想定して綴ったKUONさまの本日のブログを拝読しておりましたら、その絵が色々と脳内に鮮やかに…。
拝察申し上げますと、非殿下におかれましては統合失調症と境界型人格障害という生来のものがお有りではないかと。
いつの日にか私達が赤飯を炊き、巷に奉祝の聲が轟く時に、元交代し婢が隔離病棟で呟いているのが正にこれなんではないでしょうか。

国のありよう

皇室の存在は、「日本」という国の在り方の根幹を成すもの。
雅子さまの快癒が道遠いのであれば、次期皇后は務まるはずもなく
退かれるしか道はない。

精神疾患に処方されるお薬は脳に作用するものですから、
「沈んだ気持ち」を高める→「ハイテンション」に。
また、何かがトリガーとなっての急激な「不安の増幅」など症状の安定化は
難しいと聞きます。お薬の調整も、とてもデリケートであると。

いずれにしても、「日本」の今後を考える時、残された道は一つかと。

内閣官房や首相官邸に丁寧に意見を送り続けることしか一国民に出来ることはないのでしょう。

愛子さまは今後どのように成長されるのか・・・
適切な療育を受けることが出来るようにと心から思います。
(小学生のころの運動会のお写真など、座り方や表情から、これは・・・
良家のお嬢さんの姿ではないと感じていました。躾かな?と思うこともありましたが、やはり違ったのですね。)

蛙さん。

すごい凄い、言ってもらって嬉しかった~わはは。

まとめてお返事してしまいます。全く下品とは感じませんでした私は。嬉しかっただけ。ほめてもらったからではないです。

誉められても嫌いな人もいます。久しぶりに書きますが、60過ぎた時に、書く場所では嘘、つきたくない、つかんとこうと思いましたのです。

あまり気になさらないで、素直な蛙さんで来て下されば、これも嬉しいですよ。

>悪たれ川賞、尚きっと賞、no減る文学賞は?

ふふ。もう、賞をどうのとは考えません。ただ、ホントの老後には、ものすごっく美しくて切ない恋物語を書きたいです。

書こうと思っています。

とーぐー問題、早うけりつけてくれ~。(笑)。

アビさん。

この問題への願いは、一つです。ね!。

こより さん。

まことに「手相視 姐さん」のお言葉は含蓄があります。

皆様も。私もリンク貼らせていただいてますので、よろしければ訪問なさって下さいね。

「あんたたちもっと驚きなさいよ]

です。

衣通媛さん。

お赤飯は早めに・・・できるならば来年くらいには、どっさり炊いて、歓喜に震えながら頂きたいものです。

あの人(もどき)の側から言えば、危機感もへったくれも、対岸の火事くらいの薄い現実味しか帯びていなくて。

今夜、大膳の、自分の好みでない薄味、多品目の「ばんめし」しか食べられないかも、の恐怖の方がリアルかも。

入内前から。すくなくとも、今の愛子さんくらいの頃から、雅子さんの尋常でないことは、明らかになって来ていたと思われます。

妹たちは日本に置いても雅子さんだけは外に連れて出た・・・のは、あらゆる意味で、強引な利用価値を考慮してのことだった。

と、考えれば。何もかもすべて、納得できます。

国中がはめられた、のです。

どこに。何に。・・・そういうことですよね?。

勿忘草さん。

薬は、デリケートなもの。

使用する本人が、非・デリケートで。

おつとめの頃、皮膚のご病気に対して、恐ろしいほど大量のステロイド軟こうを使ってらしたと証言もありました。

アトピーをお持ちの事をあげつらうつもりはありません。大変なお病気と思います。が。

食餌療法で、ご自身の努力で治された方のお話も聞き。随分ハードだったそうですが、美しい肌を、自分で手に入れられた。ご立派でした。

雅子さんにはそこが欠けているのでは、と考えます。努力しない人なのですね、きっと。ステロイド軟こうを、べったり分厚く塗り続けていて・・・副作用のことなどやはり、考えてしまいます。見られる立場の人なので。

こういうことなど考えると。今後も和服は拒否、祭祀は無視、育児さえ放棄して行くつもりでしょう。

あの立場には、どうも、相応しくないようです。


>>内閣官房や首相官邸に丁寧に意見を送り続けることしか一国民に出来ることはないのでしょう。

愛子さまは今後どのように成長されるのか・・・
適切な療育を受けることが出来るようにと心から思います。
(小学生のころの運動会のお写真など、座り方や表情から、これは・・・
良家のお嬢さんの姿ではないと感じていました。躾かな?と思うこともありましたが、やはり違ったのですね。)<<

幼い頃には、お口も引き締まって色白で、可愛らしい内親王と感じたことも多々ありました。でも無表情でした。

ある時の、御所から出る刹那のお顔を見て、心臓が飛びあがりそうになりました。

子ども、それも、貴賓の家のお子さんと思えないお顔でした。

愛子さんに関しては、はっきり悟った瞬間が、確かにありました。

育て方次第で、品のいいおっとりしたお嬢ちゃんに、なる道だって、あったでしょうに。

KUON様はじめまして。 名文おそれいりました。 あらゆる鋭い洞察のきいた文章・・・・・ これはKUON様のもの。
雅子さんにはここまで思考能力がございません。 まったくと言っていいほどありません。 私思うに、雅子さんというのはもっともっと原始的な感覚をもとに生きていらっしゃるかただと思いますよ。

正悪の判断さえできるのかどうか。 ですから、これほどの思考力ある文章を 「雅子さんのかんがえていること」と提示したら、御本人はむしろこの文章の知的な(悪についてですが)思考力に大喜びでしょう。

KUON様、雅子の知力を買い被り過ぎでございますよ。

ミルクティさん。

初めまして、コメントありがとうございます。

>>雅子さんにはここまで思考能力がございません。 まったくと言っていいほどありません。 私思うに、雅子さんというのはもっともっと原始的な感覚をもとに生きていらっしゃるかただと思いますよ。 <<

実は私もこのように考えております。

入内されてからの「皇室から受けたさまざまな重圧や苦悩やストレス」のせいでなく、生まれつきの素材とやはり訳の分からないげひんなお母さまと「あの」父親の薫陶(苦笑)エトセテラの、マイナス方面に見事なコラボレーション。

下品と下種と拝金主義と薄っぺらな「グロオバル」とあと何やらかにやら、洗いが足りなくてアブラがべったり残ったままのシェーカーにぶち込んで荒っぽく振り回して、三日間忘れていたのに気づいてグラスに注いでみました、みたいな。

醜悪なカクテル。

初めからどうしようもない女。

皇太子は、自分の立場を全く・・表面的な理屈以外では・・わかっちゃいない、ど阿呆でした。

離婚したいとママの手を取ってナルさんが泣かれたあたりで、大鉈ふるってもよかった。ご自身では何をどうしたらいいのかさえ、理解も判断も出来ないお方でした。

しかし、日本の皇太子の離婚は「あり得ない」ことだったのでしょうか。

背後の勢力とやらは、皇室を自在に操れる強さを持っていたのか。

それなら今だって。今は、もっとどうしょうもない? あの肉厚氏も、こすっからい所詮は排水溝のネズミでしか無い「ジジン」も、社会的な機能を失いかけている今も?。

公でない「私」の部分のゴタゴタを洗浄する能力も無いのが「皇室」ですか。下らないみっともない、聞きたくも無い話。

・・・ともかく愚鈍の夫婦は放置されて一種の共依存。先を見る能力さえ持てなければ劣化堕落腐敗して行くのみ。天のことわりです。あの奇妙な果実は、上っ面の皮の部分はまだ変色が進んで来た程度に見えつつ実態は、中身は、腐り果てて溶け果てて悪臭を放つ腐った果実になり果てています。

こういうことを、優しくて呑気で危機管理能力など平和な70年間には養うスベの無かった・・・まず自分自身をその一人にカウントして・・・善男善女に、知っていただけたら、なあ、と。

世の片隅のミジンコ思考。ぽつぽつなんとか書き綴っております(ほぼ)毎日。

名文かどうかは・・・このお返事で推察していただけますか、名文を書こうとの意図は、そんなには無いです。しかし、書き流しているのではありません。気の済むようには書きたい。それは私の事情ですね。

人に対しては的確に近い辛辣さを持ち合わせると自負するわたし(恥ずかしいことです)、雅子さんのように解りやすい〇カを、買い被るようなワタクシでは、ないと、自分では考えております。

何を誰におっしゃっていただいても、いちいちは気にならないタチですが。

「雅子さんの知力を買い被った」とは。ご冗談にしても、私には、どうも、それは。

思うまま返事をしたためました、失礼がありましたならば、お読み捨て下さいね。

こより様へ

こより様へ

いつもロム専の者です。
目に余るので、ひとこと言わせてください。

ブログ主様の立場を理解されているのでしょうか。
ブログ主のリンク先をそのブログ主に紹介する神経がわかりません。理解に苦しみます。

KUON様、失礼しました。

すみませんでした。

いたりませんでした。

KUON様、読者の皆様にご不快な思いを与えてしまいました。

申し訳ありません。

師走のロム専様、
ご指摘ありがとうございます。
KUON様、
本当にすみません。
確認するべきでした。
気をつけたいと思います。

師走のロム専さん。

初めまして。

帰宅してコメント読んで、う~むと唸って、返事は明日にさせてもらおうと。何かうまい書きようが見つかるかと。

床に就いたが気になって眠れませんので起きだしました。(笑)。

読んで下さっていてありがとうございます。それと、私ごときのために、言い難いことを言って下さったことにも感謝します。

今後もよろしければ、読んで下さいね。

こより さん。

何と書こうかとしばし唸っていたのですが。

驚きましたが、ロム専さんの仰ること、私の実感でもあり。

人様に謝っていただくの苦手です。身のすくむ思いで、いたたまれないんです。

過去にも謝っていただいたような記憶があります。ご丁寧なお詫びで、恐縮した覚えがあります。

でも・・・どうして私に謝りますか。気をつけますってどういう意味ですか。私はどうすればいいですか。

謝られるのは苦手です。美しく謝るお方も苦手、と、はっきり言いましょう。何と言ってもムキになって相手になる方が愚かなのです。解ってる。なのでこれ以上は言いたくない。

無責任なことを言って逃げることにします。

ご自身の場で、思いのたけ、存分に思いや言葉を発せられたらいかがかと。

こよりさんを「師」と仰ぐ方もおられた気がします。発言も適格、勉強家で知識も豊富、それは事実です。私はそう思う。

嫉妬で言うのではないですよ。そう取られたらアホらしいけど、まあ、仕方が無い。黙ってるのが賢いくらいはわかっている。

私はもう、しんどいんです。ぐいぐい、押しつけて来られたくない。

ひどいことを言って、ひんしゅくを買っても。ここは私の場所であると、申し上げたいのでした。

私も「わがまま」です。(笑)・・・でいいのかな。

私は、自己中で短絡的です。

しかも、視野も狭くて 配慮や思いやりに欠けますね。
「幼稚」なんです。
自分で そう思うので「気をつけたい」と申しました。
言葉も足りないですね。

「素敵だな!」「感動したな!」と思う事を、子供の様に
「見て見てー!」と振り回していたのです。

日本の状況、皇室の状況にいても立ってもいられなくて、
素晴らしい!..と、自分が思うブロガーさんの応援団になって、
「アラシ」や脅迫のコメントが来ようと、記事を上げ続けて下さる方々に
エールを送りたい...と、これも自己満足な感情にイッパイになっていたのです。

相手の気持ちや、周りの事をじっくり考える事もなく、
自分を押し付けていた...。

ぐいぐい来られて...もし、自分だったら...。
うん、やっぱり嫌ですね。

皇室問題だけでなく、色々な事を学べる場所です。
KUON様のブログは。


自分はブログを開設出来る 力量もありません。
全てを 受け止める「覚悟」さえ出来ていない。
自分に出来る事は、応援(と、各所へのメール)だと思っています。

真っ直ぐに おっしゃって頂いてありがとうございました。

KUON様

初めまして。いつも感心しきりで拝見しております。
少しだけコメント欄おかしください。

こより様
私はあなた様の書くコメント大好きですよ。
他所のところで「あっ この人私と同じ」とか「こんな風に書けたらステキ」とか思ったらこよりさんのコメントが多かったです。

 本当にブログを始められたらKUONさんと同じようにたくさんの喜ぶファンが
いらっしゃるかもしれませんよ。でもなかなか皆さんのように踏み出せないんですよね。私も同じです。
 
 こよりさん。ご覧になってるかわかりませんが元気をだしてくださいね。場違いでしたらごめんなさい。

 KUON様。
他にこよりさんに伝える術をしらずここをおかりしました。非礼でしたらすみません。KUON様の表現力のある魅力的な文章大好きです。いつも
 楽しみにしております。     失礼いたしました。

お目汚しですが...。

KUON様、
クレソン様にお返事 させていただきたく、失礼致します。

クレソン様(美味しそうなHNですね。)
勿体無いくらいのお言葉です。
ありがとうございます。

お見苦しい言い訳なのですが、
金曜日の夜から 熱があって、いつもより更に 脳みその回転は鈍くなっていた様で、
自分のコメントを読み返すと、プチプチ細切れで
「何が言いたいんじゃー!」と、なります。
あれでは...。

しかも、ネガティブでしたね。
「自分に出来る事」
もう少し 広げて 電話も、手紙も...今からだと「絵馬作戦」もありますね。
チラシも「置き忘れて」みたり...。(大江戸線の御手洗いで 発見しました、鬼女さまのチラシ)
ボールペン試し書きに「拡散したい事」を書いてみる。

色々やります!引き続き!

日本の「本当の自立」を望むから。
日本人の、日本人による、日本のための「憲法」。
清い選挙。
民族の誇りと正しい歴史を教えてくれる教師。
そして、祈りの皇室。
実現に近づけたいです。

まだ、「お花畑さん」がネットの海の中で こちらのブログに辿り着き、
KUON様の、選んで 磨かれて 美しい器に盛り付けされた様な文章に酔いながら
覚醒していく...。そう考えると嬉しくなります。

KUON様。
今日も、明日も、明後日もお元気でいらして下さいね。
たくさんのワクワクと、たくさんの学びをありがとうございました。
ROM部隊所属となり、応援致しております。

少し早いですが、良いお年をお過ごし下さいませ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1980-ea364b3a

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (77)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (250)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (16)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん