KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. おそろしいこと。
  2. tb: 0
  3. cm: 16
  4. [ edit ]

いささかの愛も。



生保のお金が支給される月初めにはタクシーがぱちんこ店へ向かって走り回る、とはよく言われたこと。

私はタクシーに乗ると、運転手さんにいろいろ聞いてしまう特技の持ち主だと思う。(笑)。よく知っておられます。

皇太子さんが京都へはカバン持っておいでのことも、一人で(!)動くこともあること、どのあたりをウロチョロされている、いた、とかも、何人もの方に聞きました。大きなお寺のお坊さんがたの行状なども。

裏の顔はタクシーに聞け。すべてを信じるわけではないけど。

大変、評判がお悪い。というか。鼻先でふふ~んって、感じで語られていますよ、東宮殿下。

今ではぱちんこの店、かつての隆盛はいずこ。どこも閑古鳥が鳴いている様子。流行っているのは限られた数軒。それも、回ってもらって、タクシー内から見学した。(笑)。

今朝は、ぱちんこでなく、某サイトで再び取り上げられている、雅子ヒデンカのギャンブル及び、大損されたという話。つい、思い出しました。

愛子さん一歳の頃に行った、オーストラリア・ニュージーランドの旅。その時、クイーンズタウンという所のカジノで大負けした話は、有名。車椅子の少年に、一歳の、ベビーカーに乗っている年齢の愛子さんの写真を示して、

「あなたと同じ」「らいく・ゆー」

と放言した、あの時の訪問時です。少年の前で夫婦して、ほどけまくった大口開けて、ぐぅわはは、と、笑っていた。鬼畜夫婦。ソレラが。

皇太子と妃殿下が、公務中に、海外のカジノで遊んで、金額はともかく、スッた、と。たくさんおスリあそばしたと。

ほんの10数日前に、高円宮が逝去されている。ナルさんとの結婚に尽力したと伝わる宮さま。繋がりは深かったと推察される。

既に決まっていた公務に出るのは当然として、

そういう時期に、ギャンブルする。恩人が、40代の若さで急逝された直後に。

大負けしたという。

阪神大震災の直後の中東行きでも、想像を絶するヒデンカでした。まだナルさんはあの時は、いくらかは「栴檀の教え」が身に残っていた。止めた方がよくないか、と、何度も図ったらしい。

結局、ツマの側の意向に押し切られて行って、紅白衣装のツマを、どうすることも出来なかった、あはれ。

・・・誰が皇太子夫婦をカジノへ誘ったのだろう。その御仁もカタギの日本人ではない。その御仁が負けた分も、当然、税金から。

ちょっと観光も、の範囲でないし。

そういう人たちなんですね。


今朝の週刊誌の表紙にも踊る文字。

   雅子さまと愛子さま

     「母子シンクロ」の深きお悩み

        「朝起きられない」と愛子さまは告白


このようなことを「悩み」とはおっしゃいますな。

民の生きる世はもっと、厳しゅうございます、ヒデンカ。

朝起きられない、と愛子さまは告白。

いったい、誰に向かって「告白」されたのかと。民は深き疑問のうちに墜ちまする。


ランダム登校の愛子さま

     期末試験ご欠席で

        雅子さま51歳の「試練」「希望」 


「ランダム登校」なる新語は見事定着。

期末試験、二学期もご欠席でも、

「遅刻も欠席もガセ、〇〇さまは学〇〇の誇り」

など、いかにもどうにも、ここまで見えて来ているのにそれは無茶ですやん、なことを書かれるお方も現存し。

  >言っちゃ悪いけど、あの子のせいで行事の準備とかメチャメチャ
  >順調にやってても気まぐれに顔出して邪魔するし
   >何も手伝わないくせに当日は来るからうちらもどうしていいかわかんなぃ
  >でも先生は怒らないしうちらが何か言うとこっちが怒られる
  >誰か助けてよ

同年代のお子たちの、こんな↑さえ上がっているのに。当人たちには深刻でしょう、これは。

学校生活破壊の危機とも言える、今、学校へ通っているお子さん方は。

・・・1000歩譲って今はともかく、ですが。

雅子さんの試練も希望も(爆)全くどうでもいいのですが。

放っておいていいのか。と。大きなお世話を感じ止められない民が、ここに一人、おりますのでございます。

以前は

「潰すつもりなのか」

と感じていたが。今は、

「潰し続けている、潰され続けておられる」

どこまでこのまま、行くのだろう、と。世界一の旧家の一人娘さん。

父母もおります、双方にそのご両親もおられます。

だ~れも責任感じないのか。ま、責任なんかはともかく。

いささかの「愛」も存在しないのか。愛なんて、食べられないか。


スポンサーサイト


  1. 2014.12.11 (木) 12:23
  2. URL
  3. メゾピアノ
  4. [ edit ]

ランダム登校ってウケる

今日の新聞の週刊誌の広告に載っていた「ランダム登校」なる見慣れぬ造語。
夫が「こういう言葉ってあるの?どういう意味よ?学校休みがちって書けよ。」
とツッコミを入れてました。
週刊誌の記者さんが頭捻くっていろいろ考えたんでしょうか。
これからは不登校気味の児童、生徒のことを「ランダム登校」してるっていうのが流行るかも。
いっそのこと来年の流行語大賞を狙って欲しいものです。
雅子妃が自分の地位を安泰にするために手塩にかけて(切り札として)利用してきた愛子さん、
その存在が確実に東宮家に大きな亀裂を生じさせ始めましたね。
オワダの祖父母は論外ですが
少なくとも慈愛の皇后様は御心を痛めていないのか?
それとも孫娘よりも息子の方が可愛いのでしょうか?

  1. 2014.12.11 (木) 13:03
  2. URL
  3. ぶんこ
  4. [ edit ]

いつの日か

KUON様
渾身入魂の記事に毎回心打たれております。
このような記事を読ませて頂き、深く感謝します。

雅子妃殿下の行状に脳が焼ける程怒りが燃え上がりました!!
以前からですけど、今回は特に。
許せない、許さない。
どうにかしなくてはいけません。
皇太子ご夫妻、既にヒトではありません。

両陛下はアレラの尻拭いに必死みたいな…

国民の為に、親の情愛などという「私」事は切り離して頂きたい。
税金による莫大な国費で暮らしていける特権をお持ちの公人です。

たとえ百年の不作と言われる女房を貰おうと、その責任を取るのは当人達だし、親が責任を肩代わりするのなら公人として果たすべきです。

フォローと隠蔽で庇っていれば、塗り重ねられた虚偽のカバーはいつか耐用年数の限界にきて露になります。

そうなったらとっておきのお酒で乾杯しますわ^_^)/▼☆▼\(^_^)
  1. 2014.12.11 (木) 13:20
  2. URL
  3. 勿忘草
  4. [ edit ]

ラ・ン・ダ・ム!

KUON様

お忙しい中、ブログのアップを有り難うございます。

「ランダム登校」!!!・・あれま!
これは是非、来年の「流行語大賞」にしたいですね!!

週刊誌の記事の「母子シンクロ」は、愛子さまにとっては悲劇でしかないと思います。「お母様を思うお優しさ」とかそのようなものではなく、もっと、もっと重大な。愛子さまの人生を左右しかねないような。だから、放っておいてはいけないと、皇太子夫妻は親でありながら何故分からないのか?分かろうとしないのか?御自分達をきちんと見ようとしないから見えないのだと、皇太子夫妻は分かっておられるのだろうか?
  1. 2014.12.11 (木) 21:17
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.12.12 (金) 02:52
  2. URL
  3. こより
  4. [ edit ]

う〜ん、「ラ.ン.ダ.ム」ってCMありましたっけ?

「ランダム登校」
「ランダム公務」

サスガ母娘❗

おまけに、税金でカジノ...そして大負けとか?

マリーアントワネットでも目指しているのでしょうか?
彼女の人生の終焉が どの様なものであったか、雅ドンも
ご存知でしょうに...。
(もし、ご存知なければ どなたか「ベルサイユのバラ」をご紹介して差し上げて下さい。
マンガですし、小学生の高学年位から読めるように作者が配慮されたそうですから
漢字も読めるでしょう。
「てんてるだいじん」より難易度は低いと思います。)

ところで、
こちらと同じ『有志のブログ』をご紹介させて下さい。
「不必要な善意」
長屋の爺 様のブログで、カナダの親父様に教えていただきました。

上品かつ 冷静な文章で、古代史の研究を綴られていましたが、
「皇室の問題」も新たにお書き下さるそうです。

皆で声をあげていければ...。
本当にそう思うのです。

ちょっと、抜粋。


>皇太子でありながら、天皇位を継ぐ事ができなかった皇太子もいる

第46代孝謙天皇の皇太子・【道祖王(ふなどおう)】

第49代光仁天皇の皇太子【他戸親王(おさべしんのう)】

第50代桓武天皇の皇太子【早良親王(さわらしんのう)】

第52代嵯峨天皇の皇太子【高丘親王(たかおかしんのう)】

第54代仁明天皇の皇太子【恒貞親王(つねさだしんのう)】

第68代後一条天皇の皇太子【敦良親王(あつあきらしんのう)】

第99代後亀山天皇の皇太子【泰成親王(やすなりしんのう)】

皇太子という制度が明確になった天武朝以降で7人の皇太子が

廃されている<

面白いでしょう?
勇気 湧きますよね?

KUON様、
コメント欄、長々とお借りしました。
失礼いたしました。



  1. 2014.12.12 (金) 23:20
  2. URL
  3. hortensia
  4. [ edit ]

胸が潰れそうな思いです

教育者のはしくれとして、「誰か助けてよ」の声を挙げた方を思うと、憐憫を感じます…。

愛子、という名前を持ちながら最も愛から程遠い場所にいるあの少女の思いはいかばかりなのでしょうか…。
  1. 2014.12.13 (土) 13:04
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

メゾピアノさん。

>雅子妃が自分の地位を安泰にするために手塩にかけて(切り札として)利用してきた愛子さん、
その存在が確実に東宮家に大きな亀裂を生じさせ始めましたね。
オワダの祖父母は論外ですが
少なくとも慈愛の皇后様は御心を痛めていないのか?
それとも孫娘よりも息子の方が可愛いのでしょうか? <

手塩にかけて利用して来た・・・笑うとこじゃないが、私は笑いましたよ。

切なくて出る涙もあります。

夜にでも書かせていただきますが。私は信じていないのですが、皇后陛下って、いつまで元気で、陛下にああだこうだ仰って行かれるおつもり? と、びっくりした記事があって。

>それとも孫娘よりも息子の方が可愛いのでしょうか?

こう言う次元の方でしたのか、皇后陛下って。

つまらない。
  1. 2014.12.13 (土) 13:10
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ぶんこ さん。

>両陛下はアレラの尻拭いに必死みたいな…

>国民の為に、親の情愛などという「私」事は切り離して頂きたい。
>税金による莫大な国費で暮らしていける特権をお持ちの公人です。

>たとえ百年の不作と言われる女房を貰おうと、その責任を取るのは当人達だし、親が責任を肩代わりするのなら公人として果たすべきです。<

そうなのです。

こういう論調が(その通りなので)主流になって来てしまいました。

私もこういった考えになっています。

そのことへの、生ぬるい批判は、疲れます。

中途半端な「慈愛」は、もう、沢山だと思うに至ってしまいました。

親子の情がどうだこうだのアチラなら、どうぞご勝手に、と。

目に余りました、本当に・・・。
  1. 2014.12.13 (土) 13:19
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

勿忘草さん。

ランダム登校。言いも言ったり。ホンマに、流行語大賞になって、なんじゃそりゃ? と、なって欲しいようなモノです。知られて欲しい。

笑いごとでは無い、一人人間が、潰されています。

どこへどう言っても答えなど帰らない、公のどこも、沈黙の要塞。菊のカーテンは、おいそれと揺るがない・・・でなくて、揺るがすことを許さない。

三学期にはもう、結論出る気がします。

クリスマスや(東宮家にはこれもある)お正月、モノは与えられて、昼過ぎまで寝ていられて。

初詣はなさらないかな。

べんきょうがあったり試験があったり、友達からは今では避けられたり冷たい目を向けられたり。

何より、朝、起きて行かなくちゃならない。

そんな学校なんか、行きたくない。行かない。

ママだって、行きたくなければ行かないもん。

で、放置・・・。
  1. 2014.12.13 (土) 13:24
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのKさん。

喜んで頂いて嬉しいです。

嬉しいです。

また。(笑)。
  1. 2014.12.13 (土) 13:48
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

こより さん。

う~ん、ランダム・・・。ちゃうなあ・・・。

それと。リアルタイムで、毎週マーガレット買ってベルばらに耽溺したわたくし、こよりさんにクレームつけます。

マリー・アントワネットは、オーストリアの女帝マリア・テレジァの娘で。人心を蕩かすがごとき美貌の女性で。

あんなことになってしまいましたが、驕慢だった頃とは違い、捉えられた身となっても、誇り高く最後は取り乱さなかったと。

漫画の解釈と侮るなかれ、時代考証も素晴らしい傑作です「ベルサイユのばら」は。

雅ドンなんぞ、マリーの足元にも近づけない情けないオンナ。ギロチンにかけられるとなれば、さぞや浅ましく見苦しく暴れ回るに違いない。

ので、雅ドンにはベルばらは読ませてあげない(何を言ってるのか私は)。もったいない、あの世界はアレには理解不能。

アンドレ・グランディエ(わたしの理想のオトコの一人)の苦悩も愛も忠誠も悲しみも苦しみも最後の一夜の歓喜も、あんなオンナには、わかりっこない!。命まで捧げて悔いなかったんだ、アンドレはオスカルに。

マリーを愛したフェルゼンみたいな男も雅ドンには現れない!。

ぜえ、ぜえ、ぜえ。つい、熱が入りました。

ベルばらは、人間の魂、それも高貴な魂の物語ですので、雅ドンにはしょせん無縁の世界ですわ!。

でも、最後、ギロチン、いいわねえ・・・気持ち悪いわ。何がどばっと溢れて来るかわかったもんじゃなく。

・・・どうも失礼しました、ご容赦を。

それと。長屋の爺様は、以前から存じ上げております。

こよりさんがあの場を知って「宝庫です」とお喜びだったことも知ってる~(笑)。

静謐なあの世界に、わいわいウルサイ私のような者が踏み入るのは、と、慎む思いがあったのですが。

引いて下さった部分、ありがたいですので、孫引きさせていただきます、どうぞよろしく。

夜にでも。
  1. 2014.12.13 (土) 13:55
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

hortenciaさん。

悲しい話ですね。

大きな権力(不浄の権力。皇室は権威のしょうちょうであっても、権力のしょうちょうではないはず)の壁の前に、どうしようもない中学生の女の子の、つぶやき。叫び。

放っておいたらいけないと、ギリギリ思うのですが。

一番の責任者は、今朝だって寝たいだけ寝て、今、起きたくらいでしょうか。

お堀へけり落としてやりたいなんて、内心の声、内緒ですよ!。

ピアノにもスケートにも書道にも。どんな対象にでも、本気で没入して行ける年頃なのに。

13歳。
  1. 2014.12.13 (土) 19:58
  2. URL
  3. こより
  4. [ edit ]

ひらに、ひらにぃ〜💦

連投、失礼致します。

KUON様、全国の「ベルバラ」ファンの皆様、
そして、マリーアントワネット様!
お許し下さいませm(_ _)m

そうでございました!
マリーアントワネットは、絶世の美女✨
「ミルクに薔薇の花びらを浮かべたような...。」美肌の持ち主。
「まぁ..奥様、御覧なさいませ!あの細いウエスト。」とささやかれた、
肢体の持ち主。(ソース. ベルバラより)
マリア.テレジアの皇女で やんごとなき身分のお方。

丸太舟に乗って 日本に流れ着き、継ぎ接ぎお墓や 「皇太子妃の父ご生誕の地」の立て札を
誇らしげにマスゴミに垂れ流す ナントカモドキとは大違いでございました。

....筋金入りの「ベルバラ」ファンの私は、
復刻版「ベルサイユのバラ」を購入してしまいました🌹

40年以上前の あの表紙で...、子供の頃何度も読み アンドレの亡くなる所で
何度も涙した あのままの形で 今 発売されています。(ぜぇ ぜぇ)

子供にも強制的に読ませました(笑)
「スゴイ!面白い!」との事。

名作は時代を超える!

あれ...話がずれてしまって....。
記事の主旨と離れました。
重ね重ね、申し訳ございません!
  1. 2014.12.13 (土) 20:38
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.12.13 (土) 21:01
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

こより さん。

ぜえ、ぜえ、愛する作品を語るとつい、テンション上がる。ドーパミンもどぱーっ、で、冬のアタマや体には良いかもしれません。

復刻版、買われたのですか・・。いいなあ。(笑)。

まあ実際、雅子さんをアントワネットに比べたくなる気持ちはありますね。パリのおかみさんたちは、男たちより先に行動を起こした。

わが子に食べさせるパンが無い、と。ルイとマリーの王子たちの後日談をあれこれ読むと、まことか否かは別として、決して幸福な末路では無い。肉食人種の「しかいし」の方法の凄まじさにビビりあがります。

首飾り事件なども、マリーは実際には関わっていなかったそうですが。抑えきれなくなって爆発してしまえば、怒涛のように市民らは走った・・・。

日本人が考えることは・・・現代の日本人が・・・住まいと数人の世話係と、自宅からの出入りを監視する、くらいのことでしょうか。

東宮夫婦の行く末、の話ですが。

ベルばらのファンでいらしたのですね。多いですね、これも。(笑)。
  1. 2014.12.13 (土) 21:07
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのHさん。

いやいや、よーく解りますよ。

拘りは愛ゆえです。そうですとも。

愛も美も真実も細部に宿るのです。

そーゆーことです。

雅子さんとやらには、いっさい判らない、愛だの魂だの自己犠牲だの。

ますます解らなくなって、もうすぐ廃妃どころか廃人に近づく。これを言っても反省も後悔もしませ~ん。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・