KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

さすがブレ無きひでんか。

皇太子妃殿下お誕生日に際してのご感想

平成26年12月9日(火)

この一年を振り返りますと様々なことがありましたが,大変残念なことに,今年も自然災害が多くの被害をもたらしました。広島県を中心とする8月の豪雨により多くの方が亡くなられ,9月の御嶽山の噴火でも多くの方が犠牲になられたことはとても心の痛むことでした。亡くなられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに,ご遺族と被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。また,11月下旬には長野県神城断層地震が発生しました。幸い亡くなられた方はなかったものの,大きな被害に遭われ,厳しい寒さの中で避難生活を続けられている方々もおられ,地震発生以来懸命に復旧に努力されている多くの方々のお疲れもいかばかりかと案じております。被災地での災害からの復旧が一日も早く進むことを願っております。

昨年,天皇陛下が傘寿をお迎えになられたことに続き,今年は,皇后様が傘寿をお迎えになりました。両陛下がおそろいでお健やかに傘寿をお迎えになりましたことを心よりお喜び申し上げております。また,今年は,両陛下の傘寿のお祝いの機会も多くございましたが,ご一緒にお祝い申し上げることが出来ましたことをとても嬉しく存じます。こうした機会に,両陛下のこれまでの歩みを改めて振り返らせていただき,両陛下が,日々,国民の幸せを願われながら,長きにわたりお仕事の一つ一つを大切にお務めになってこられていることに深い感慨と感謝の念を抱きました。両陛下には,これからもお体を大切になさり,末永くお健やかにお過ごしになられますよう,心よりお祈り申し上げます。

10月には,昨年即位されたオランダ国王王妃両陛下が国賓としてご訪日になりました。天皇皇后両陛下には,これまで長年にわたりお心を砕きになられてオランダ王室と親密な関係を築いてこられました。こうした中で,昨年は,両陛下ならびにオランダ王室のご配慮によりオランダ国王陛下即位式に出席させていただきましたが,今回,ご訪日の折りの国賓行事などで国王王妃両陛下をお迎えする機会に恵まれましたことを嬉しく,またありがたく思っております。

今年の7月には,殿下とご一緒に,愛子を同伴して神宮を参拝致しました。長い間神宮に参拝できればと思っておりましたので,御遷宮の翌年に参拝させていただくことができ,とても嬉しく思っております。神宮の長い歴史と,その中で育まれた厳かさや静けさを感じながらの参拝は,愛子にとりましても貴重な経験になりましたことと思います。

愛子は,3月に学習院初等科を卒業し,4月より女子中等科生として新たな一歩を歩み始めました。これまでとは異なる新しい環境になりましたが,多くの方と交流を持ちながら,楽しく実り多い学校生活を送ってほしいと願っています。また,7月に,武蔵野陵,武蔵野東陵参拝と神宮参拝に愛子を同伴し,8月に東京で行われた全国高等学校総合体育大会の競技を愛子も一緒に観戦しました。愛子には,学校生活の内外で,これから様々な経験を積んでいってほしいと思っております。

来年は,戦後70年を迎えます。先の戦争当時のことや戦後の歩みに思いを寄せる大切な年になると思いますが,我が国が享受している平和の尊さを改めて心に刻み,平和への思いを新たにする機会になることと思います。

また,人々がお互いを思いやる気持ちを大事にし,特に弱い立場にある人々をいたわり,痛みを分かちあいながら皆で手を携えて歩んでいくことが,これから先,ますます大切になるのではないかと感じております。

同時に,これからの地球や人類の将来について考えていくことも大切なのではないかと感じます。今後,異常気象などによる自然災害の増加も心配されますが,自然への畏敬の念を忘れずに,かけがえのない地球を大切にしながら,どのような社会を作ることを目指していくのか私たち一人一人が考えていく必要があるのではないでしょうか。先月,殿下とご一緒に,愛知県で開催された「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」に出席しましたが,その折りには,持続可能な社会を作り,未来の地球を支えていくためにどうしたら良いのか,その担い手となる若い世代の子ども達が自ら考え取り組もうとしている姿を心強く思いました。

今年も残りわずかとなりましたが,東日本大震災の被災地では,再び厳しい冬を迎えられます。昨年,宮城・福島・岩手の3県を訪問した折りには,徐々に復興が進んできていることを感じることができた一方で,不自由な生活が続いている方や生活の再建の見通しが立たない方も多くおられ,今なお大変なことが多いことと案じております。これからも,被災地に必要な支援が十分に届き,被災者の方々が安心して暮らすことができるよう,被災された方一人一人の幸せとご健康を祈りながら,皇太子殿下とご一緒に,被災地の復興に永く心を寄せていきたいと思います。

私自身につきましては,今年も,体調に気をつけながら,公私にわたってできる限りの務めを果たそうと努力をしてまいりました。その中で,7月に三重県,そして11月に愛知県を訪れました折りに,多くの方に温かく迎えて頂いたことも,私にとりまして大きな励みになりました。今後とも,まわりの方々からのお力添えを頂きながら,快復に向けての努力を続けていきたいと思います。

天皇皇后両陛下に変わらず温かくお見守り頂いてきておりますこと,そして,皇太子殿下に傍らでお支え頂いておりますことに心より感謝申し上げます。あわせまして,日頃より,国民の皆様から私たちに温かいお気持ちを寄せて頂いておりますことにも,改めてこの機会に心からお礼を申し上げます。


皇太子妃殿下のお誕生日に際しての東宮職医師団見解

平成26年12月9日

皇太子妃殿下におかれましては,これまで東宮職医師団として説明して参りました基本的な考え方を踏まえながら,本年も引き続きご病気ご治療を継続していただいております。

皇太子妃殿下には,昨年4月のオランダご訪問,昨年後半の東日本大震災の被災3県ご訪問に続き,本年も東宮職医師団とご相談されながら,妃殿下ご自身のご努力により体調を調えられ,7月の神宮御参拝,11月の愛知県行啓などをお務めになられました。また,昨年お出ましになられた公的な行事は本年も引き続きお出ましになられるよう努力しておられ,更に本年は,オランダ国王王妃両陛下の国賓行事にご出席になるなど,工夫を重ねられ,公的なご活動を重ねてこられています。妃殿下には,また,東宮御所内でのお仕事を日々こなされている他,母親として愛子内親王殿下の御成長を見守り支えていらっしゃいます。愛子内親王殿下には,本年4月より新しい環境の中で中等科生活を始められたことから,妃殿下には,お気を配られることも多いのではないかと考え,東宮職医師団としましても,特に本年前半はご無理をなさらないでいただきたい旨ご助言を致しておりました。

妃殿下には,このように懸命に努力を重ねられ,ゆっくりとではありますが,着実に快復してこられています。同時に,妃殿下には,まだご療養中であり,行事が続いた場合にはお疲れもおありになりますが,その中で,ご体調を調えられながら公的なご活動に当たっておられます。東宮職医師団と致しましては,妃殿下がお出ましを積み重ねられていることは,望ましいことであると考えています。他方で,これまでも説明して参りました通り,妃殿下のご快復は着実に進んでいるものの,ご体調にはなお波がおありであり,まだ快復の途上にいらっしゃいます。こうした中で,過剰な期待を持たれることは,かえって逆効果となり得ることを引き続きご理解頂ければと思います。今後とも,周囲の方々の理解と支えを受けながら,ご治療を続けられることが大切です。

これまで皇太子妃殿下のご治療に関しまして,東宮職医師団としましては,公私を問わずご活動そのものを時間をかけて少しずつ広げていただきたいとのご治療方針をとってまいりました。そうした観点から,公的なご活動につきましては,今後もこれまで同様,妃殿下のお気持ちやお考えも伺いつつ,ご活動の内容,ご負担,ご体調などを専門的に勘案しながら,対応をその都度考えていきたいと考えている点について変わりはありません。また同時に,今後とも私的なご活動の幅も広げていっていただくことが大切だと考えておりますので,皆さまにも引き続き温かい目で見守っていただきたくお願い申し上げます。


見つけてそのままコピーしました。

読むのは後になると思われますが。

例年のごとく変化在らざること岩のごとく。堅牢にてブレの無い、くそなご文書にてあらせられましょう。



スポンサーサイト

コメント

一読させていただきました。

人間って。ここまで人をバカにした、舐めたオコナイが出来るモノなのですね。しみじみ・・・。

いい勉強になりました・・・って。ならないよ。朝から血圧急上昇。

この人モドキを、明日にでも今でも、駆逐して下さい。

なんだか見たことのある風味の(きっと「お高い」のよね、ホントは。でも、「しまむら」に見せかけることで国民を煽情しないでおこうとする。ホンマに賢いお人(もどき)やわあ。

両脇にオットと子を従わせて、なんだかぴっかぴかの頬っぺたで、ギランギランの危なさ全開の目つきで、家族ごっこに奮闘してる動画。

もう、いいよ。

お下がりなさいませ。

また書かせていただきます。


・・・自分で一番コメ、書いてしまいました。(笑)。(怒)。

雪ん子

おはようございます。早速のアップありがとうございます。

読んでの感想ですが 取り繕っただけの無為な文書で。
雅子さんにとって 羅列されてる国内の諸事情 先の戦争のことは全く他人事ととらえてる風に見えました。
「関係ないもん」位しか思っていないのでしょうね。
愛子さんのことも 事実は言えないでしょうが だったら全く触れない方が まだ良かったのに。
あのギラギラ笑顔も見苦しかったし はっきり言って 今回も失敗でしたね。

くおん様
おはようございます。
今年も金太郎飴みたいな 汚痰冗鼻の
家族映像写真でございましたね。
しかし
いつも ペチャペチャ三人三様に何呟いてるんでしょうね?

三人は会話はできていない、
とふんでいる私です。
ただ自分勝手に各々が言葉の断片を垂れ流している三匹のロイヤルニートですわ。
口元を見ても
会話のやり取りが出来ているようには
とても 見えません。
顔を見合わせながらペチャペチャと・・・。
本当に朝から血圧上昇ですねぇ。

わたくしなどは
チックも必ずついてくるようになりましたわ。数ヶ月前から!
普段は チックなんて 経験なかったのに 最近ロイヤル豚、あっ失礼、東宮の誰かの顔見ただけでチック必発ですのよ。
ならば見なければ良いのは判っているのですが、
悪党顔がどのように変化しているのか
チェックしなくてはと つい思ってしまうのです。
この上なく 健康に良くありませんねぇ。
まだまだ私
税金沢山払ってます。
東宮一味を拝見するといつも憤死しない様に 深呼吸してるんです。
納めた税金が 勿体なくて、惜しくって(涙)
聡明で清らかなる弟様御一家にお使い頂けるものなら 私
頑張って さらに働いちゃいますけれどね。
今年は
様々な悪が表に出て来た年でした。
東宮の悪に負けない清浄なる秋篠宮家にますますのいやさかとお力が天から降り注ぎますように!

くおん様の怒涛のブログ更新 いつも
ありがたいです。
あれらについて考えたくない時も多いでしょうが、力を振り絞って書いてくださっている事、日本人の一人として感謝いたします。おからだ大切になさって下さいね!

朝から吐き気が

KUONさま

久しぶりにコメントさせていただきますが、毎日拝読させていただいております。(以前りんというHNで投稿しておりましたが、最近他にりんさまがおられるようで、変更いたしました)

朝早くから全文掲載ありがとうございます。
ここまでくると、憤り、憎しみ、脱力…言葉では言い表せない感情があります。
書いていて恥ずかしくないのでしょうか?
恥ずかしければとうの昔に廃妃してますか…。
自分の口で会見しろ。(見たくも聞きたくもないが)
そして、東宮職医師(団)、会見を開け。

こんな人もどき(KUONさま曰く)に膨大な税金が湯水のように使われたとか、こんなことが許される世の中、狂っています!
これを助長した政府、宮内庁、東宮職はもちろん、マスコミの責任は重大です。

ただ、今朝はちょっと嬉しいことが。
私が見ていたTBS、朝日、いずれもM卑の誕生日に、紀子さまと佳子さまの手話に関するご公務、さらにTBSでは秋篠宮殿下のお誕生日の会見を長い時間をとって放送していました。
MSKのMも言わずに…。
さすがに、流れが変わってきた?????と思うのはぬか喜びでしょうか。

KUONさま他、力強く訴え続けてくださっているブロガーの方の努力が実を結びつつあるのではないか、と喜ぶと同時に私もできることから努力していこうと決意を新たにしました。

週末からさらに寒くなるとか。くれぐれもご自愛くださいね。
血圧、気を付けてください。
一緒にお赤飯を炊いて祝杯をあげるその日を目指して!

こんにちは~~

いつも拝読させていただいております。
気持ちの悪い映像でした!!チャンネルは変えましたが、
品のなさ、無教養丸出し、欲求のまま食したであろうみっともない
体型~~~ほんと反吐ものです。

映像だけで取り繕う談話風??
愛子って子、まだ幼いころ見て思ったんですが、表情がない!
やはり、そうだったんですね~~生まれついての??なんですね!
それに交代氏、そこいらのおっちゃんより見劣りがする~~言い過ぎかな?だって~~~~映像が~~~~嘘つかないし・・・・
雅子卑にいたっては、論外です。

見たくもないし聞きたくもない、ましてや話題にもしてほしくない!
税金の無駄!!!使い。

やっぱり驚いた

この文書にはもう驚かないと思っていたけどやっぱり驚いてしまった。。。

天皇皇后両陛下に変わらず温かくお見守り頂いている
皇太子殿下に傍らでお支え頂いている
あわせて(何であわせてなの?)
国民の皆様から温かいお気持ちを寄せて頂いている

と思ってるんだ、そう思ってるんだ。。。


日本の何千年かの歴史の中で、両陛下に見守ってもらい、皇太子に支えてもらい、民に気持ちを寄せてもらっていた人って、そんな人っていないんじゃないですか? 普通に考えたなら申し訳が立たなくていたたまれない。人間じゃなければあり得ることだよなぁ とか深く考えると怖くなってきます。
去年もその前も同じようなこと書いてあったのかもしれませんが、なんか今ほんとにびっくりしてしまったんですよ。。。

国民の心は雅子妃の傍らにはあらず

冬になり木の葉が落ちるように、お誕生日に際してのご感想をゆさゆさと揺らし飾りを取り払ってみると、そのに残るのは、「快癒の道は遠く、体調に波がある」という事実です。公務は選ぶものではなく勤められるもの。それが無理であるならば、せめて、療養に専念し、表に出ず、静かにお過ごしになられたら良いのです。それがせめてもの国のためかと。

雅子妃のために国があるのではありません。雅子妃のための公務があるのでもありません。国母になることが出来ない方が選ぶべき道は一つだと思います。

皇室のタブーが、今、徐々に明らかになり、国民の疑問や憤りが表に出るのは良いことだと思います。国民の心の柱である皇室・天皇制をゆっくりと崩そうとするのは誰なのか。日本古来の神々に助けを希いたい。

流石に朝から怒り心頭!!
何方かに書いてもらった毎年同じような原稿発表・・・。
医師団も同じような事ばかり・・・。アホか~!
医師団って姿も見せず、病も治せず、これもアホ!!
団って、何人で診てるのかな~?
まだ、あたたかく見守れだって・・・!
もうウンザリですが~!

雅子さんの写真のテーブルに飾られたお花が何気なく3色になっており
黄色が小さく入っていましたが・・・
選挙に向けてのアピールかしら?と思ってしまいました。

相変わらずのマスゴミの上げ報道!
晩餐会のウンコヘアー・輝きのない偽物ティアラを見てまたまた怒りが!


今日は、朝から病院予約日のため慌しくしておりました。
帰って来たらこのニュースで血圧があがりました。

ロイヤルニート 一度味を占めたら止められないってか!

もう国民は騙されませんよ!!

秋篠宮両殿下の存在が唯一の希望の光です。

KUON様 毎日ブログの更新ありがとうございます。
とりとめのない怒りの言葉ばかりで失礼いたしました。

いいなぁ~、羨ましいわ。

こんな作文を発表して、また、一年間、ダラダラ過ごすのでしょう。

東京の一等地の邸宅で、、、

KUONさま  おはようございます。

こうして上下貼っていただくともう丸判りですね、著作者は誰か(大笑い)
~石段署名ハマナス~

なんて頭の悪い、と思ってしまう・・面の皮の厚さは象並みで~す(呆)
根拠も無くてあれだけど、私はこの人は皇后にはならないと思うな。
ほんとに昔のコトトメさんの予言が当たるといいなと思います!

雪ん子さん。

先日、HNをお願いしたお方でいらっしゃいますか?。

可愛らしいお名前がつきましたね。

・・今回も失敗。あの写真は、11月30日に撮影されたものらしいですね。

あの写真を撮らせた翌日が愛子さんの誕生日。学校は欠席だった・・。

親として、いかにひどい状態かと、繰り返しても詮無いことではあるのですが。

文書は、はじめのうちは雅子さんが目を通してクレームもつけたと思われますが、今年はどうだったでしょう。

もう、あんなもの、出さない方がいいですね。嘘つきはどろぼーの始まりと、教えられて育つ(今の子は違う言い方でしょうか)日本の子どもに、見せてはいけない不良サンプルに成り下がりました。

そのように、メールでも要請しました。ミジンコの遠吠えです。

医師団なる存在のいかがわしさも、放置できない段階・・と言いつつ、今年は終わったし、もう知らない? すべて肝心なことは

>「関係ないもん」位しか思っていないのでしょうね。

とんでもないものがはびこっているものです。

アイリスさん。

少しだけお久しぶりです、お寒い中、ようこそ。(笑)。

>三人は会話はできていない、
>とふんでいる私です。
>ただ自分勝手に各々が言葉の断片を垂れ流している三匹のロイヤルニートですわ。<

そうですね!。

ナルさんはまあ「お優しい」方なので、怒ることなく常に受け身、ツマの逆鱗に触れず生きることを至上のこととしておられる。だから、人前では話しかけて来るツマへの対応も身に付き。人前では、無視も暴力も無い、とは学習済みなので・・・これが自分の息子なら慈愛の母はタマランだろう、とは推察可能です、鬼のKUONにも。

ふむふむ、にへにへ、おお、マサコサン、キミのいうとおりだよ、すべてそうさ、ふふん、このひとときをなんとか、通過しようね、あとはきみのしたいように、だから。ぼくもちょっといっぱい、やりたいしね、ひまだからたくさんのんだって平気だし、ぼくのたんじょーびまではまだひにちがある、なに、いうこともとくにない、まかせておけるからダイジョオブさ。

で雅子さんは、あっち見てこっち見て、舞台用のドーラン化粧、これで頬っぺたもぴっかぴかに映るわ、今までもこうすればよかった、ってな訳かしら。11月30日の撮影。愛子さんのあの、ボタンのかけ違いかと言われたカーディガンは、数年前のお母さまの、お下がり。

質実なとーぐーけらしく。

40代の母が来たカーディガンを、中学生の娘さんに。

娘さん、両親と一緒に座ってましたが。

撮影用にいつも駆り出されるあの犬と同じ存在感。

借りて来た犬、と、借りて来た犬、みたいな娘さん。

見たくないような、やっぱり見てしまうような、写真。

年々ひどくなるのは、現実ですね・・・。

励ましていただき、ありがとうございます。

続けます。

りんごの花さん。

冬の薫りの清らかなお名前にチェンジ、ですね。

>ただ、今朝はちょっと嬉しいことが。
私が見ていたTBS、朝日、いずれもM卑の誕生日に、紀子さまと佳子さまの手話に関するご公務、さらにTBSでは秋篠宮殿下のお誕生日の会見を長い時間をとって放送していました。
MSKのMも言わずに…。
さすがに、流れが変わってきた?????と思うのはぬか喜びでしょうか。<

いや・・ぬか喜びでもない気が、少しはしますよ。

ネットの住人はいろいろ、訴える方も多くいらしたけど、言ってもマイノリティ。しかし、茶の間(リビングも可)でテレビ見てる普通の方々にだって、去年のオランダ以降に限定しても、恥さらしなあのひとたちの映像は、目に届いてます。

自分をインテリだとか思い込んで実際のモノをまっすぐ見る能力の減退してるエセな人より、普通に、そんなに本なども読まないで、しっかりと生活しておられる方々の方が、見えてること沢山おありではないか、と。そういう声は派手でないけど。

初めは騙されていた、刷り込まれて来た。が。

すべてではないが、現在の「マサコサン」のありようが、不思議から疑問に変化してということは、今までよりは「ある」のではないか、と。

それと。

人々は「マサコサン」だけを「好き」なのではない。

皇室が好き、というのが、大きい。

その皇室で、あえて無視されて日陰に置いて来られた実質の次代の両秋篠宮ご一家・・・紀子妃殿下のお姿は悪質にも追いやって来たけれど・・・眞子さま、佳子さまの、目を見張るような内親王そのもののお姿は、皆さんが「すごく見たいもの」ではないかと思います。

秋篠宮ご一家を、あえて持ち上げることは避けたいのですが(竹の中からも光るものは光ってる)どう隠しても、覆いたくても、あのご一家は、「見たい」「熱中する」「さすが皇室」「見習いたい、見習わせたい」方々のお姿。

テレビだって、観て欲しい、観られてナンボの世界。よくも悪くも。観られる方を写したいし、今までの悪の力だって変化してるし、とーぐー家に寄るのは「損」という計算だって、当然、すると思う。そういうチェンジは恥知らずにすると思う。ブレブレでもいい人たち、多いんです。それでも、本物を届けてくれるのは、歓迎ですね。

佳子さまのお誕生日も楽しみです。・・・うちの長女も同日生まれ・・・歳はうんと上ですが。(笑)。

とんこ さん。

こちらでは、初めまして。(笑)。ようこそおいで下さいました。

>それに交代氏、そこいらのおっちゃんより見劣りがする~~言い過ぎかな?だって~~~~映像が~~~~嘘つかないし・・・・
雅子卑にいたっては、論外です。<

その通りですね、独身の頃は、きりりと品がおありで、好きなタイプではないが(そういう問題ではない)、お雛様みたいな、皇太子らしい感じを与える方でしたのに。

ハヤシマリコさんはかつて、リップサービスばかりでもなく、皇太子さまと結婚(してもいいくらい)素晴らしい方、とか、書いてた記憶が・・・。

今は実際、どうお思いでしょうね。あの方のご主人は、とても素敵な方ですが。

朱に交われば赤くなるといいますが、赤というより、あのド厚かましい一家の闇の色、いろんな色を使った後のパレットを洗ったら真っ黒になった、しかも透明感の無い黒、に、染まってしまった感じがします。

自分で抵抗できなかった。その弱さって、お気の毒では済まないですね、お立場がお立場なので。

あれこれ、考えますね。

saraさん。

こんにちは!。

びっくりのされようがリアルで、うんうんと頷いてしまいました。

こんな〇ソ(失礼)な能書きを「発表」して。一年の計(算)は誕生日にあり、また一年、領収書なし、税務署の査察なんか関係ない、仕事は気分しだいの生活が保障された、という訳です。

愛子さん一人に費やされるお金が、年間6000万円弱。生活費などすべては別の、小遣い感覚のお金。そのお子さんが、誕生日の写真には、母親が40代の時のカーディガン着せられて。サイズ合ってないし。

いいの悪いのの前に、ほんとうに、くるっておられるんだ、と実感して、コワイ。

皇太子さんは自分の脳みそを使うことの出来ないお方。ココロ方面もちょっと・・・。

名門大学幾つも出てきた・・・門から入って裏門からすぐ出た、またはその逆、私にだって可能、一日で出入りできます・・・ヒは、これ、本格的に、無理でしょう、普通の生活は。

医者だってこれ、もちろん自分で書いていない。目を通したかどうか、の感じ。

文章作り方が酷似しています。しつこくて全く、本質には迫らない。

こんな書類出して長期療養を許されるのは、日本の甘やかされたヒデンカだけです。

>日本の何千年かの歴史の中で、両陛下に見守ってもらい、皇太子に支えてもらい、民に気持ちを寄せてもらっていた人って、そんな人っていないんじゃないですか? 普通に考えたなら申し訳が立たなくていたたまれない。人間じゃなければあり得ることだよなぁ とか深く考えると怖くなってきます。<

こわいですね、今は。本当に。大変なことが起こりますね、このままでは。

勝手に堕ちるとこまで落ちればいいと思いますが、皇室の今後の土台のご一家には、一切、関係ないように、好きなように墜ちて滅びて地獄行きの専用機、最後なら仕立ててくれても文句言わないつもり・・・。

でも。誰も、表立って何も言わないのですね。

私はメールします。

ほんとに!、するだけならいいけど、巻き込まれて沈没はイヤですって。

安倍首相に、少し休まれたらでけっこうですから、皇室会議をお願いしたいって。

勿忘草さん。


>雅子妃のために国があるのではありません。

>雅子妃のための公務があるのでもありません。

>国母になることが出来ない方が選ぶべき道は一つだと思います。

そうです。全面的に同意、同感、です。

が、一か所、私ならこう書くってことが。

失礼して書きます。


>雅ドンのために国があるのではありません。

>雅ドンのための公務があるのでもありません。

>国母になることが出来ない方が選ぶべき道は一つだと思います。

それと。国母、って言葉がこれほどそぐわない♀も、いないのではないか。

たった一人の、しかも、一般的には大人しくて育てやすい、と言われる女のお子を。

あそこまで酷い状態にネグレストして。国母どころか、母親失格。申し訳ないですが、はっきり言わせていただきましたわ。失礼をお許し下さい。

アビさん。

うち、血圧計がありまして、面倒だからあまり使わないのですが、あれ読んで一気に頭へ来て、おお危ないとグラスにいっぱい水を飲んで、少し気持ちを静めてから測ったら、それでも上がっておりました。よくないです。

アレラは、こうやって、血圧上げさせ作戦でも・・・とか、トンデモなことを考えたりもしました。(笑)。あそこのジジン、人に国にしてきたこと考えたら、安らかなさいごなんかあり得んやろう、だけど、悔しいけど長く病まれて口だけ達者で、ピントはぼけてるのに、ああせえ、こうせえ、やられたらたまらんので。

閻魔様、早いお迎えでも結構でござりますよ~、すぐにでもどうぞ、国には何のカカワリも無い、単なるジジンでござりますから~とか、もうあれこれ、考えることあって、まあ、普通の人間ではあらしゃりまへんわ。

普通、親の借金は、相続放棄することで、マジメな子が迷惑かけられることは無い。しかしそれは個人の話で。あのジジンが、娘の未来を担保にして作ったと言う借金は、そうは簡単に消えないとしたら。

それもややこしい話やなあ、と。

どこまでもマイナスイメージばかりの、東宮方面です。こんなこと、小説に書いても笑われるだけでしょ、あり得なさ過ぎるわ~って。

看護師さん。

皮肉でもギャグでも、うらやまし~とは、思えないです。

夜勤とかしんどい勤務をされているのなら、イヤミでも、そう、言いたくなるのでしょうね。

頑張って下さいね。

蛙さん。

ほんと、文体もアホさ加減も一緒。恥知らずも変化なし。

多分、この「医師団」は、接触していないと。私は考える。

文中、宮内庁の話でも、少量の投薬云々ありましたが。

少量ではあり得ない、量は増えている、しかも勝手に増やしていると思う。どんどん効かなくなるんですよね、クスリって。

うがって言えば、娘さんにも。勝手な判断と都合で、与えていると思う。愛子さんは「内親王」です。

最低限の、公人としての、お健やかですアピールが、親の口を通す形でも、あるのでないかと。

それが無い、あるいは反対方向の報告しかないのは、

まともな医師がついていない、ということです。

雅子処方の薬を使っていることは、赤ちゃんの愛子さんに、濃い方が早く大きくなる、と、濃度の濃いミルクを与えていたエピソードから、容易に想像できます。

当時から、育児に関わってはならない人だった。ですよね?。


>なんて頭の悪い、と思ってしまう・・面の皮の厚さは象並みで~す(呆)
>根拠も無くてあれだけど、私はこの人は皇后にはならないと思うな。

いや・・・現実に見えてることが「根拠」かも。

それより、自滅、の方向から、私も、皇后にはならん、無理、と考えます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1955-385b345c

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (72)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (243)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (14)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん