KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. おそろしいこと。
  2. tb: 0
  3. cm: 9
  4. [ edit ]

乗っ取り


昨日は名古屋へ行っていました。

顔を見るなり業務上の連絡をまずは口早に交わしつつ、女性二人と選んだランチは「えびふりゃあ定食」。

味噌煮込みうどん、との選択もありましたが、店頭サンプルの海老フライの雄姿にふらふらと吸い寄せられ。長さ15センチにも届こうという直径3センチ強の丸えびと、分厚いデカい開きえび。プリプリ海老のカリッとフライのその定食で1500円くらい。奈良で食べたら倍はする、と、 せこい 実用的なことにアタマが巡り、名古屋は偉大であると、郷里愛、胃袋から再燃。

健康にいいつもりで続けていて逆効果だったことを、2ケ月ほど前に気づいて止めてから、猛烈な倦怠感から徐々に解放され、かなり元気になれています。

お二人、今日は時間に余裕がとれるとのことで、某所へ入り込んで会議、会議の後はフリートークに花が咲きました。

花が咲いたと言うより激烈トークで室内温度も上昇、途中でエアコンを「冷房」にしました。

私が喋るは東宮問題。今はそれしかありません。それ以外に出た話題の大なるは、カルト問題。家族、周囲の被害者、いちじるしく多し。

何もかも乗っ取られそう。皇室も国自体も。もう20年も以前に、ある神社の神官さんが既に、

「皇室も喪家(souka)が入り込んで」、と仰っていて、その時は???だったが、あんな頃から「乗っ取り」は着々と進んでいたんだね~と話されるのに暗然となった。でも実は、それどころではなかった。

戦争の無い世。平和とやらを、謳歌しているうちに。

・・・今日は月末にあたり、銀行回りに出かけます。やさいさんのブログで先日読んで戦慄していた以下↓の記事を、貼らせていただいて、今日のオシゴトに出かけて参ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


元TBS社員の独り言 (拡散希望)
http://rekisi.amjt.net/?p=7821
<<TBSはこうして乗っ取られた!?>>

「うちの局がこんなになってしまった経緯をお話しましょう」

朝鮮総連の巧妙な圧力から、無試験の在日朝鮮人枠を設けたTBSが除々に在日朝鮮人に乗っ取られる様子が克明に記されています。

(1)1960年代~
 テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題(例えば「朝鮮民主人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。彼等はヤクザまがいの風貌で自宅にまで押しかける始末だった。

抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設けられる。

総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。 在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に「お願い」をしてさらに弱みを握られるなど、素人のような甘い対応で身動きがとれなくなっていく。

(2)1970年代~
 政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。

 在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が 社内で在日を積極登用。「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」 などと理想論を述べたのは良かったが、結果を見れば昇進差別をしなかったのは甘い、課長、部長と昇進した在日社員は、帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。

異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。

(3)1980年代~90年代
 昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、 決定的なポストを占める。某サヨク週刊誌の在日の朝鮮人編集長(筑紫哲也)をキャスターに迎えたニュース23の番組が学生時代に学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により高い視聴率を得る。

 1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を「消費税反対キャンペーン」 で徹底的に援護。 宇野総理のスキャンダルを連日報道し、社会党在日朝鮮人党首を徹底して 「おたかさん」と呼ぶなど、あからさまな社会党支持。 社会党が地すべり的な勝利。「山が動いた」と感動の報道。

(4)1990年代~2000年代
 偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、 報道機関として存在を否定されかねない不祥事が続発。
ウチと同様に「左翼的」と呼ばれる朝日新聞、系列のテレビ朝日が、 どちらかといえば「北京の意」を汲んだ報道が多く、その手法が良くも悪くも緻密で計算高い のに対して、ウチの場合、この時期に発生した数多くのトラブルは、ほとんどすべてが 朝鮮半島絡み。  

不祥事の内容も、テロを実行した朝鮮カルトの手伝いをしたオウム事件を筆頭に、 粗雑で行き当たりばったり。 バブル崩壊以降の景気低迷で、ただでさえ厳しい広告収入が、 「サラ金」と「パチンコ」に大きく依存。まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮人が 運営しているのがウチの放送局。 2005年以降は、もっと露骨なカタチで在日のスターを「作り上げる」ような番組制作が 為されると思う。

 このように各TV局は無試験入社で在日韓国朝鮮人の採用を毎年 続けました。

 もちろん在日朝鮮人たちは日本戸籍をとり日本名で入ってきます。 いわゆる「なりすまし日本人です」。 その在日韓国朝鮮人社員が昇進して、主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など1980年以降、決定的な権力を持ったポストに、つき始めました。

すなわち、在日韓国朝鮮人に各TV局は、乗っ取られていると云う事です。 その証拠に、韓流ブーム捏造と韓流ゴリ推しTVが、繰り広げられてきました。

恐怖を感じていたTBSはそれ以降、無試験入社で在日韓国朝鮮人の採用を毎年続けました。 この脅迫で味をしめた朝鮮総連は各局のテレビ局や新聞社をTBSと同じように因縁をつけて脅し、在日枠を設けさせたのです。

NHKも同じです。 こうして在日韓国朝鮮人のなりすまし日本人によって日本のテレビ局が支配されてしまったのです。

日本のメディアを支配した在日は日本社会における「獅子身中の虫」です。獅子の身中に住み込んで、これの恩恵を蒙っている虫が、かえって獅子の肉を食って、ついには獅子を死に至らしめる。

つまり組織などの内部にいながら害をなす者や、恩を仇で返す者たちです。
獅子が死ねば虫も死ぬということが何故わからないのだろうか?

在日に支配されたメディアは、戦争の恐怖を煽って安倍政権の足を引っ張り退陣させる動きを活発化させています。


・・・・・・・・・・・・・ここまでです。ありがとうございました。

>素人のような甘い対応で身動きがとれなくなっていく。

上記、1960~年代の最後にあるこのフレーズ。

これについてだけのことではない、と、強く強く感じました。

ヤフオク事件も、つい先日の皇太子妃の国家への大罪の映像なども。無かったコトとして澄まして「ご皇室」か。

・・・いま、朝のテレビ画面にうつっているのは、今夜の大会出場を決めたと言う、羽生結弦選手の顔です。

ぼくの周囲を責めないで、と、あおざめたような若い頬、羽生選手は語っています・・・。



スポンサーサイト


  1. 2014.11.28 (金) 22:59
  2. URL
  3. モッコク
  4. [ edit ]

草創期から狙われていたんですね

子どもの頃(70年代はじめ)、国営放送のテレビニュースで、アナウンサーさんがいちいち、「北朝鮮、こと、朝鮮民主主義人民共和国」と長~いフレーズで北と南の朝鮮の国名の違いをニュースの中で読んでいたので、自然と国名を覚えていったのを思い出します。

当時のドイツやイギリスの国名を正式に読んでいたか?と言われれば記憶にないので、これは今思うと奇妙なことです。
恐ろしや。

三谷幸喜氏の古畑任三郎の中で、クーデターが起きると真っ先に狙われるのが放送局で、だから放送局の中の建築的な構造は複雑になってる、というセリフがあるのですが、だからやっぱり真っ先に狙われるのは放送局なんですね。
合点がいきました。

手打ちとして設けられた在日枠・・・

おそらく放送局だけでなく、あらゆる業種にこの手は伸びていったはずだと推測します。
すると見えてくることもあります。

近寄らず、関わらず。
諭吉先生が危惧していたことを、ようやく目がひらく思いで考えると、日本は大きな毀損を受けたんだと思い至ります。






  1. 2014.11.28 (金) 23:12
  2. URL
  3. アビ
  4. [ edit ]

本当におそろしい・・・

KUON様 今晩は~!
現実の日本がどれだけ乗っ取られているのか…想像するだけでも怖いです。
新聞・テレビも信じられない時代がくるとは…。
一日も早く通名制度を止めてほしいです。
S学会は、あらゆる所に人を送っていますから。
議員・司法・警察・国家権力の及ぶところ全てにいます。
8年程前に家庭裁判所にある調停を申し出た時の調停委員もそれらしき人でした。
ある意味、宗教がらみの事柄で調停を申し出たので、上の立場の人に
どういう方が調停委員をしているのか?抗議をしました。
S学会員は大作が日本人だと思っている!私もそうでしたから。

早く綺麗な日本を取り戻さなければ…。
子供や孫の世代のために!

KUON様 風邪が流行っています。気をつけてくださいね。^^
  1. 2014.11.29 (土) 08:10
  2. URL
  3. きく
  4. [ edit ]

TBSに

幼なじみが正社員で勤めています
若い頃は筑紫哲也のニュース23のスタッフでしたが、今は昼間の番組を担当しています

彼女は知的で穏やかで、人が嫌がるような仕事でも率先して、文句も言わず黙々と取り組む、真面目な人です
そんな性格を悪用されているのかも、と思いたいです

でも今になってよく思い起こして考えてみれば、彼女の両親が帰化した人かなぁ、と思います
姓も在日に多い名前だし、お父さんが勤務していた会社が完全にアウトな企業
その会社の社宅にいた他の同級生も、在日に多い名前ばかり
でも皆、勉強ができて良い学校に進み、一部上場企業社員や教員になっています

その目的が単に自分たちが良い生活をしたいから、なら納得しますが、何か悪意を持って集団行動しているとしたら、この組織って恐ろしいです

良い日本人を装って、大企業や教育現場に入り込み、自分たちの利益や思想信条をごり押しするなんて…

やっぱりそういうことが現実にあるのを知って、仲良しだった子がその片棒を担いでいると思うと、とても複雑な心境です

もしかしたら私もだまされているのかも知れないですが、これからは冷静に判断して行きたいてす


  1. 2014.12.01 (月) 21:03
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

モッコクさん。

>三谷幸喜氏の古畑任三郎の中で、クーデターが起きると真っ先に狙われるのが放送局で、だから放送局の中の建築的な構造は複雑になってる、というセリフがあるのですが、だからやっぱり真っ先に狙われるのは放送局なんですね。
合点がいきました。 <

あの辺は私も、テレビドラマ見ていた気が・・・今は殆どドラマ見ない、男も女も迫力が無いと感じるのは、私がトシいったせいか、トシ行って、ドラマなんかより もっと素敵な人間さんたちに、出会えているせいか。

古畑は面白かった。そのセリフも覚えているし、カナダの親父さんもそんな風に書いておられた気がしますし、うちのぢいさんも、そんな言うてましたな、確か。そりゃそうだろうなあ、と、納得します。

いま、実際におかしな報道が垂れ流されているのですし。

毎日新聞もひどい偏向ですし、朝鮮通信使について書かれていた今日、昨日だった?の記事など、あなたどこの国の方ですか?でした。

愕然となること多いです。

相手方を貶め蔑むための距離の置き方。そうではなく。断じてそうでなく。

大切なものを守るために、妥協してはいけないこと、沢山あるはず。

奥歯にものが巨大なものが挟まったようなこと書いておりますが。

ミジンコでも、しっかりしていたいと思います。取りあえず選挙です。
  1. 2014.12.02 (火) 16:22
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アビさん。

>8年程前に家庭裁判所にある調停を申し出た時の調停委員もそれらしき人でした。
ある意味、宗教がらみの事柄で調停を申し出たので、上の立場の人に
どういう方が調停委員をしているのか?抗議をしました。
S学会員は大作が日本人だと思っている!私もそうでしたから。<

私も、もう12年ほども前、家裁の調停というものに関わりました。娘のことで。調停委員さんたちは、先の人の持ち時間がオーバーしたので自分たちの食事の時間になった、食事時間は譲れないと、ごもっともな主張をされ、私たちは待つしか無かったのですが、やっと始まっても仲間内の話、互いのヨイショのし合い、そもそも女がなっていないから離婚が増えるのどうのと、事情を放り出して世間話っぽく言いたい放題。

新婚夫婦の住まいに仏壇を勝手に据えるのも合鍵作って毎日入り込むのも何も「親心」であって、従わないヨメが悪い、と。

途中で、今なら席蹴って帰って来るような凄い方々が、ボランティアで調停員をして下さっていたのでした。(笑)。

事情あって駆け込んだ家裁の「シェルター」でも。無料だからということで、娘には出前のカレーやチャーハンが供されましたが、幼い子供の口に入れるようなものは一切無し。親がついていたから外で買って運べましたが、怯えて怖くて買い物に行くにも全身の震えて歩行も困難なほど弱っている母親だけなら、どうしようもないと思いました。隣室の、見える範囲の顔中に黒い打撲痕のあったお母さんは独りでした。お節介して、その方のお子の分もあれこれ運んで、望外の感謝をいただいた・・・。まあ、勝手に離婚だの親権だのと騒ぐ愚かな親だから(そうも言われました~(笑))、厳しい目に遭わせてやろうとの「親心」だったかも。とはいえ。

シェルターに逃げ込んで食べることも困難なくらい、へたばっている若い母親(わが豚児ですが)に、シェルターの係員のお言葉が

「夜は鍵かけないでね、死なれると困るから」

あまりのことに


「どなたがお困りなんですか」

と言うと、チラッと見て、「ここの者が困るでしょう」と。

・・・思わず語ってしまいましたが。誰かが何かが助けてくれるとは、考えない方がいい、と、娘が思い知ったのは、よかったかも知れないことでした。

地方の家裁や付属のシェルターなどと呼ばれるようなところでもこのレベル。宮内庁なんかも・・・。ただ、シェルターの長の方は、いささか違っていました、温かい言葉もかけてやって下さいました。が。今後は心を入れ替えて。とか、やっぱり、そんなんでした。(笑)。

親にもわからない心の痛みがあると思います。子には解らない、親としての痛みも。少しずつほどけて行くといいなと思います。




  1. 2014.12.02 (火) 17:05
  2. URL
  3. ぽちゃこ
  4. [ edit ]

秋篠宮殿下の会見の一言一言が御自ら語られ『本物は違う』と感じました。『導火線が短い』の辺りで紀子様がクスッとされてたのも微笑ましい♪導火線はどうかせんとね(笑)『やんちゃ』なイメージばかりが先行してたけれど御一家が粛々と公務をなさりお子様方が健やかに成長され、ミジンコの端っこは有り難く思います。
  1. 2014.12.02 (火) 19:54
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

きく さん。

>彼女は知的で穏やかで、人が嫌がるような仕事でも率先して、文句も言わず黙々と取り組む、真面目な人です
そんな性格を悪用されているのかも、と思いたいです <

幼なじみの、そんなに素晴らしい女性に、あれこれ考えなければならないというのも、悲しいことですね・・・。悪用されやすいタイプではあるかも・・・。穏当なら、すばらしい女性ですね。

単に私のお人よし思考ですが。お気に障ったらごめんなさい、と前置きして。

同じ人間でも、立場や関係やによって、印象も対応も変わる気がします。

要は、自分にとってその人はどうか、ということは、大きい気がします。

自分にとって大切でまっすぐで、嘘の無い。自分が「トモダチ」と感じられる人なら、例えば出自や親の職業や・・・親と、密接に関わり合ったりしているかどうかもポイントですが・・・わたしは「ともだち」でいます。

あくまで自分と相手との関係。この子は友達。そう思える人なら、私には友達。

いささか引き気味に見たり、足し気味に言ったり・・・は、あるかも。きくさんが、その幼なじみさんを、実際にそう見ているなら。見えているなら、やはりその方は、素敵な方なのでは。そう、思おうと無理が加わっているなら、きくさんは、優しい方で、幼なじみをマイナス方向に「見たくない」のかも。

自分にとってどう、自分の目にどう、が、すべてだと考える私は、お人よし、かも、でも、少ないけど、本当にいい友達を持ってます。

そうして付き合っていて、いきなり鍋のセットを売りつけられそうになったり、寸借さぎに遭ったり。そういうことはあったけど、熟成モノの友もいてくれるし、ネットを始めて得られた貴重な友もいる。車間距離をゆったり取って付き合う、というのは、さまざまな後にわかったやり方です。

本当に「いい幼なじみ」なら、大切になさって、ご本人には、その組織の中にいても、何も現実が解っておられないかもしれません。ふと、自分自身が何かを感じたら。考え直すのは、そんな時があったら、でもいい気がします。解るモノではないかなあ・・・言いたい放題、失礼しましたね。

ホント友達を、大切にしましょ!。
  1. 2014.12.02 (火) 19:58
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ぽちゃこ さん。
本当に、睦まじく温かく、素晴らしいご夫妻です。いいカップルなんですね。奇跡という言葉を、軽々しく使いたくないけど。このご夫妻にはそうとしか思えません。
お子さん方の姿が、嘘の無い両殿下を語っておられます。
大丈夫だ、ゆるぎない、と、感じられるのが嬉しい。でも、大変な道を、まっすぐにしっかりと、歩んで下さったのね。
  1. 2014.12.03 (水) 20:15
  2. URL
  3. きく
  4. [ edit ]

本当の友達

KUON様

温かいお返事、ありがとうございます

幼なじみのことは、彼女の真摯な人となり、特に心の美しさを疑ったことはないので、今の彼女の立場はこちらからあえて問う必要はないのだと思いました

ちょうど30年来の仲間6人で一泊旅行して来たり、高校時代からの仲間から数年ぶりに電話があったり、私がいかに彼女達から支えられて生きているか、痛感していたところです

そのタイミングでこのコメントをいただき、大切なことは単に心から好きなことだと、改めて確認できました

心から感謝申し上げます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・