KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

23日の記事のこと。お返事とか。



11月23日、一旦書き上げて公開したブログが、自分の不注意ですべて消えてしまって。    状態。

記事自体はわたしのヘタレ記事、特別に大層な「たたた大変!」でのなかったのですが、日ごろに増して沢山のコメントをいただいていたので、それが、ひぇ~どうしょ~の元でした。

眦決して(まなじりけっして)そうしているのでもないですが、あまりなもので即時に忘れることにしている以外、また、失礼ながら私が見失ってしまって、お返事が叶わずいる場合以外、いただいたコメントには総て返事をさせてもらいつつ、来ました。

自分の勉強の機会でもあり、楽しみであり、時にはひとことに誘われてアタマのなかがぽわ~んとさまよい出て行く愉しみも貰っている。

23日の記事にいただいていた中の消えたコメントの全文をここへ移すことはできませんが、返事を書かせていただきます。

ご本人と私にしかわかりにくい世界かも知れません。

でも。

どなた様も、お考えの方向、皇室の今後に対する思いは、そんなには変わらないのではなかったか。

東宮家の現状を憂い、怒り、あの夫婦にこの国は破壊されようとしているのか、と、愕然としておられる・・・のは、思いを一にしていると考えます。そして悲しい感じも。

いつもの記事と内容が違っていたので、以下の思いも強かったような。


・何より重要、大事は「祭祀」。

・天皇はその祭祀を司る唯一無二の存在。

・種々、いわゆる「公務」「行幸啓」比べるべくもない大事が。祭祀。

・祭祀を簡略化して何の皇室。目に見えることが問題では無い。

・目に見えることの無い「神」を畏れずして、なんの皇族か。

・皇室は、よその国の王族、王室とは一線を画した存在。神話の時代から綿々と現代に至る、理屈抜きの存在。

・天照大神が「稲穂」を託した神代から。稲作、養蚕、現代まで脈々と繋がっている。東宮夫婦のありようは、皇室の根幹を揺るがす。

・天皇とは。東宮とは何なのか。


わたし自身、知らないことが多過ぎておっかなびっくりのこの世界。まとめも未熟とは承知、ただ、このようなことを、書いていて下さった、ということです。違っていたら申し訳ない、と、言葉を添えさせていただきましょう。

順も不同かもしれませんが、KUONの気持ちだけ、お伝えいたしたく。


スポンサーサイト

コメント

みなも さん。お返事遅くなりました。

皇室の年間で20余の大小の祭祀の中、もちろんいずれも大切なことでしょうが、新嘗祭は最重要の神事、と位置付けられている。

それについて、このたび、一部を省略されるとの発表。

中途半端な発表で、一般の疑念は一人、天皇に向かられた気配です。

宮内庁がヘッポコで(背中つねられてるのか)いたずらに「天皇陛下のせい」という印象操作がなされた、と、私は観察しています。

ご長男へのなさりようには、いささかの思いも抱きますが、その他のことは陛下は、徹頭徹尾、私心の無い、無欲のおつとめぶりと考えていますので。このたびのことは、天皇をさえ何かに利用するか。と。腹立ちをおさえがたくいる、というのが本心です。

許容範囲を超えた。そういう時期と思います。

勿忘草さん。

優しい小さな花、忘れな草。初めまして、いらして下さって嬉しいです。

そうですね・・・ショックを受けられた方は沢山おられたようです。しかい、実際には、昭和帝は70歳におなりになる以前から祭祀をお減らしになり。今上も、手術なさってからは実は、そういうこともおありになった。


今回のことは、私の考えでは、宮内庁が悪い。起承転結、受ける側でしか無い国民に、なぜそうなのか、それでどうされるのか、そのなさり方で神事としてオーケーなのか。そういうことを、明確にしなかった。なぜか。

ここはまだ、軽々には言えない気がします。

それと。26年のご入院時、代行であった東宮さんが、新嘗祭に遅刻して。「大」の祭祀が、掌典長の手になる「小」のそれになった件から。

陛下は本来は、省略などと言う事には、細かい神経をお遣いになると聞き及んでいる上で考えて。


スムースでないように思います。これは、由々しいことだと私などは考えるのですが。

山茶花さん。

これもまた、冬に咲く花。華麗というのではないが印象深い花ですね。

  逢はざりて過ぐる歳月(としつき)庭隅に
  ほろほろとまた山茶花(さざんか)の散る

東宮の事を始めとして。皇室の現状を見ていますに。八百万の神々が、
お怒りではないのかと・・・わたしには、それはよく、わかりません。

シンプルに考えれば、神々の怒りは、アレラの頭上に・・とか。何度も書いてしまいましたが、あのヒデンカもどきの人もどき雅ゴンの脳天めがけて、一瞬の落雷が、などと。願うように考えました、が、伊勢でも、さんざんな穢れを振りまいたとわかるだけで、本人ケロッとしてニマニマしています。蛙のつらに何とやら。

罰というモノは、受ける側に恐れが無ければどうしようもないんかと、愕然とします。本人平気。ますます厚かましい振る舞い。仲間のライターは、あろうことか、天皇陛下にまで魔の手を伸ばし。

今回の中途半端な発表も、その一環かと危ぶむ思いです。

すくなくと今上陛下は。祭祀長として、最高位の神官として、来られたと思います。

昭和帝は「東宮ちゃんがいてくれるから大丈夫」と仰せでした。

今上の不幸は

「東宮がいるから」

むむむ。後はご想像にお任せすれば、みな一緒、だと思えるところが、虚しいです。

看護師さん。

幾つもコメント下さりありがとうございます。まとめてのお返事、お許し下さい。

気持ちがざわざわして覗いて下さっている・・・今上陛下のご体調は、今、とてもすぐれない、ということではないようです。むしろ、お歳の割にはお元気なのではないか。長寿の家系でいらして、日々、白米では無く雑穀ごはんを、とか、野菜を多く等の生活を続けらておられるそうです。昭和帝も同様でしたが、陛下も、祭祀の際に正座が多いことから、わざわざ正座してテレビを見ておられるなど、お立場へのお気持ちは並々ならぬものがおありとか。

ただ。天皇位に空白は存在しないので、昭和帝の場合にも、ご崩御を報じる同じ誌面に、即位のことが報じられた。

徐々に用意を、ということかな、とは、考えられますね。

それと。

祭祀が第一、ということで。

深夜に及ぶ神事の前後には、仰るように昼寝されたりもあるかも知れませんね。

それを思うと「涙の決意:「~年ぶりのゴコーム」「車中で食った(くっただよ全く)〇〇弁当」なんぞと、書かれる方も書く方も。まとめてスエズ運河へけり落としてやりたいワタクシです、スエズ運河で、タバコも喫えず、泣きやがれマダコ。私には喫煙者差別のココロは一切ないです。自分もかつてはヘビーなそれだった。喘息に負けただけ、今でも喫いたい気はあります。

が。マダコが吸ってると考えると、バケツに水持って行って、頭からぶちまけて、タバコ、消してやりたくなる。
どうも失礼しました・・・(笑)?。

たか さん。

お返事遅れて申し訳ないことです。

>天災続きの今、祭祀省略

>天皇とは何

>東宮とは何。

。。。宮中祭祀をまずなされてこその「天皇」であり、天皇を補佐されるゆえの「東宮」である、ということですと。

東宮殿下は、ナルヒト氏では無い。そんな結論しか出て来ません。

どんなヒトでも、皇太子は皇太子。好きや嫌いで論じられるものではない。・・こういった類のリクツをかざされると、胃が痛む思いです。

どんなヒトでも皇太子、は、違うと思います。天皇の入院の際の「大」の神事に、遅刻して寝癖をつけて現れた、一度きりのそれでもう、本当は、あかんかったんと違うの?と、考えていました。

好きや嫌いで東宮夫婦を見てはいないと、自分では思うのです。そんなことではないのに、甘い甘いな、と、この期に及んでナルが天皇になるだの妄想の人々の、その根拠をお聞きしたく思います。

自分のアタマで考えたらあり得ないこと。知能云々の話でない、次代として、先帝の後を・・・無理やわ、と、考える前に放り出したいです。

終わります、アレラでは。毎日そんなことを、ず~~~~~~っと考えています。

違うことも、いささかは考えて楽しみもしますが。(笑)。せkっかう「心」を授かっておりますので。(笑)。

琥珀さん。

祭祀カットはあり得なくショックですが(続いて下さる方がおられてのことなら勿論、その限りではありません)。

皇太子カットは大賛成と。

私も賛成、文句はいっさいありません。明日でもオケーです。

毎年、欠かさずブレず熱心に通われた地が、今、大変な災難に見舞われておいでです。スコップ持ってどうなされよとは申しませんが(かえって場が乱れてSPなどがウロウロしてはかの地にご迷惑です)、精いっぱいにお気持ちを示されるがよろしかろうと思いますが。

東宮家だけが「お供」をケチって出さないのは知れています、自分たちのために公金を浪費しても。お手元金を、そっと、なんてことは絶無でしょう。

どの方向から見ても情けない、もう飽和状態のろくでなしです。

merryさん。

お久しぶりです、ようこそ。でもコメント消えることになり申し訳ないです。

お祖父さまが、地域の神主でいらして。周囲の皆さまのお進めもあって80歳で引退されたと。真面目で一心な神官さんでいらしたのでしょうね。人望も集めておられたのでしょうね。

・・・その地その地のお祭が、定まった日でなくて土曜や日曜に移動したと言う事には、意味があるのでは、と思うのです。神様には「わかって下さい」とお願いして、子どもや親やその親の世代が、地域の祭りを楽しみ、神社の方向を向いて「神様」に思いを致す・・・。

皇室の祭祀は、口幅ったい言い方ですが。絶対に何があっても動かしてはならないもの。

私は、そう信じています。人間の都合に合わせてはならない物。それが宮中祭祀となれば。本来の意味を失っては、皇室そのものの存在意義が問われて当然となるのでは。

勝手に人間の都合で動かされる祭祀って何だろうと。ここは頑固に考えています。そのための皇室、天皇だとすれば。

衣通媛さん。

天照大神を、てんてるだいじん、と読んだ雅子さん。

妃教育の「神道」の教科書を英語のものにしてくれと要求し、途中で放り出した雅子さん。

たしなみとしての茶道さえ「こんなものには意味が無い」と放り出したなんてことには触れなくても、上のことだけでも、皇室に入ってはならないヒト(もどき)でした。

去年は皇太子と愛子さんだけが稲刈りに出て来たが。愛子さんは半袖で。チクチクするじゃないかと腹が立ち、今まで一度も、皇居の稲刈りに出ていなかったのが露見しました。

今年は雅子さんも来ていたが、邪魔なお客さん状態。陛下はいっさい、顔を合わせられなかった・・・これついては個人的に、「そんなことしてたってどうにもならないのでは。」という気持ちがある。長男のヨメを庇いだてされる皇后陛下には、まあ、この国をどうなさるおつもり、と、明確な思いがありますが。脱線。

養蚕にも、一秒だって関心を示さないでしょう。

総合的評価では。アメリカ式の懲役期間の積み足し方で、19000万年分くらい、雅ドンは「ダメ」です。アレのせいで、めちゃくちゃになっています。

ただ。やはり、教義は違いますが。「最後の審判」は、など、蜘蛛の糸みたいな望みを。希は大切と思いますので・・・。


>宮中祭祀を潰したら天皇家は単なるできぼこ大名の王家と同じに成り下がります。
早く皇室クラッシャーを叩き出さないといけませんね。<

結論は、仰る通りの、これですね。

さぶた さん。

災害が多いです。子どもの頃から、いろんな禍ごとは天の神様が怒っての事、と。神様の怒りと言いながら「なまだ、なまだ」と仏壇に手を合わせる祖母ちゃん=なむあみだぶつ、だったみたい=を、薄く「軽めに」生意気に見ながら、そうなのだろうか、と、心にそういうものが積もって行った気がします。

八百万の神を拝し、木にも太陽にも神や仏を感じる日本人の感性を、まともに持っているんだなあ、と日ごと思う私は、そう思うから余計に、口に出せない・・・災害のことや地名を・・・


ただ。邪悪なのはアレラ、立場に即さない生き方を貪っているのはアレラ、いっこもプラスの面を見られないのはアレラ、ですから。

あれらの上に、濃厚な因果応報の何か、が、くだりますように、など、願ってしまう。誰かにこのようなことを願えば、ブーメランが自分に帰るだろうとは自覚しています、いささかの「返り」は覚悟、ちいっとくらいは返ること我慢しますから、悪いこと悲しいこと禍禍しいことは、できればアレラ限定で(一味の悪者は含めて可)来ますように。

・・・これくらいのことしか、言えないKUONです。

さぶたさんは不謹慎じゃない。全くそんなこと無いです。

佐保さん。

またいらして下さり嬉しいです。

前回もお返事に書いたかもしれませんが。生活範囲といっていいあたりに、佐保川があります。春には桜並木が圧巻の川。若葉の頃から葉桜まで。見事な川なんです。

秋篠川も近くにあるのです。秋篠川は目立たないゆったりした川ですが、秋には水面に赤とんぼの群が移りこんだり。白い大きなサギがほんわり浮かんだりしています。空が映ってる川です、秋篠川。

祭祀は、そんなに軽いものか。

・・・むむむ。そうではないと、思って来たし、今後も思っていたいです。

「自分の代で終わり」

そんなことがあるとは思えないし、思いたくないですが、逆上して、そんな激情も胸に抱いてしまいました。私も。

罪深いことではありませんか。私たち国民の側でなく。

あちらが。

アラ50さん。

遅くなりました。アタクシのチェクチーな口のこととか(自分で言ってはおりませんよ)優しげなふっくふくの手、の事とか(だから触ってはったんやね)お褒めのセリフもあったのにここに移せず。申し訳ないのと、めったに誉めてはもらえんのに悔しいのと。一応、アラ50さんのお言葉の一部、記憶するままに。けけけ。

>何のための存在。

>公務などより当然優先。

>何より大事の神事と思ってた。

>上記のワタシ(アラ50)は、馬鹿?

・・・いいえ、馬鹿ではありません。

それがバカなら、わがヘタレブログにお集いの皆様方、オール馬鹿です。

馬鹿の集合体です。私は、それがバカなら、あえてバカの汚名を受けよう。

ですが。バカなのは、あっちよ。書いておられたでしょう、先日お会いしたどの方も

「気立てがよくて賢い方だったので嬉しかった」

と。それが、事実、真実です。

おかしいのはあちらです。それを「皇族」として見せられている私たち。未だに騙されたり受け入れたりしている、善男善女の日本人さんたち。

やっぱり・・・バカなのかな?。悲しい。

りん さん。

>ただ今回はあまりの事に悲しくなり拙い文章ですかコメントさせていただきます。

天皇陛下はなぜ秋篠宮様に祭祀をお譲りされないのでしょうか。東宮が何もしない出来ないのなら、なんとか理由をこじつけてでも秋篠宮様に祭祀は執り行って欲しいと思います。

天皇陛下は怖くないのでしょうか?

脈々と続いて来た祭祀を御自身が中止されることを。

80歳のお年の天皇陛下にひどい事をいいたくはないのですが。

目に見えない、手に取れない物にたいしての神事は、見えない取れないからこそやめてしまうのは怖いのでは…と私はおもいました。

上手く書けなくてすみません。<

申し訳なかったですが、ほぼ、元の形で引用させて頂いてしまいました。

拙くなんかないと思います。

上手く書けないで、と仰らないで下さい。

この、りんさんの思いは、多くの心ある方々の思いと信じます。

皇室で、祭祀が脈々と続いて来たように。

何代も何代もの普通の人々が、営々と、国を思い家族を思い周囲のことを思い、まっとうな暮らしを続けて来たのだと思います。

それでこその、この国だったのではないかと。

日本人のDNAの中に組み込まれた皇室に対する思い。若い頃はともかく。やはり確固と育ってくる、思い。

陛下に対して、あえて酷い言葉を投げたい者はいないと思う。
ただ。

だからこそ、悲しいとしか言えない、そんな悲しみが、あることが、悲しいです。

細やかな、お気遣いをありがとうございました。

アレらの事、悪事!は、書いても、書いても、、、書ききれないでしょうね 。。。まさに、氷山の一角。

O w d 特別仕様車椅子で、
妹宅で暮らして下さい!

日本人である事の尊さ✨

よそ様へのご返信ですが、つい一生懸命読んでしまいます(笑)
真心込めて、言葉を丁寧に選びながらお返事なさる
KUON様を尊敬致します。

ところで、この間の訪日の折には頭を深々と下げる事なく
天皇.皇后両陛下にご挨拶をした あ.のオバマ大統領が、この度の暴動と
日本人について語っていますね。

http://hosyusokuhou.jp/archives/41502677.html

大震災の時でさえ、他者への思いやりを忘れず、国民が「一体化」した日本人の高い
民度。
謙虚さと、全ての物に「神のエネルギー」を見出し、「ありがたさ」と「怖れ」を
忘れない 信仰心...その頂点に天皇がいらっしゃる。
世界が絶賛した行為の原点が 失われてはならないと思います。

祭祀を奪おうとするヤカラを宮内庁から追い出し、
祭祀を軽んじるトーグー夫婦も 皇居から叩き出さねばなりません。
目を光らせておきましょう!
ギランギラン🌟に!

人が神への畏れを忘れた時…思わぬ形で知らされる。今回の新嘗祭のニュースを見聞きして、ふと思いました。陛下がご高齢の為、暁の儀をお取りやめなさる、そこはごもっとも。だけどKUONさんの記事にあった様にその後どう神事が執り行われたのか秋篠宮殿下は毎年参列されるが、名代の許されない直会はどんな形に変更されたとか。昭和の御世でもあったのか…調べても届かず。皇室・祭祀に関心が高まる今、宮内庁には知らせる義務があると私は思います。大体、普段から駅前ロケとかン年振りにナントカとかそんな事しかできないヒトが真摯に公務に神事にハゲんでたら…今更無理か…

こより さん。

お返事遅くなってしまいました~。

・・・尊敬に値するようなニンゲンでは私はありません・・・知識もいいかげんなことも多いのです、が、お一人お一人と、話すように書かせてもらうことは、できますので・・・。

オバマ氏ですね。はじめの時は深々とお辞儀をなさった。国で文句言われて、今回は浅いお辞儀にした。さすがチキンと評されるお方、困難な道であろうとは推測しますが。

大変でしょうね、アメリカの大統領業。縮んでいる感じが濃厚です。今朝の新聞でも

「日本のようにほとんどの国民が日本人なら」のごとき記述を読みました。

おそらく記事とは違う意味で。まこと、日本がほとんど日本人で。たとえ人種目の色髪の色が異なっていても、心の中に「日本人」を内包する方々ならば。

今のあれこれは、と、感じました。私は、差別主義者ではないと思うし、そうでありたくはないです。ただ。区別しないですべてのことを理解、解決して行くには、この国は、子どもの頃よりは難しい国になっていると思います。

国の害にしかならない次代。今やすでに問答無用、根こそぎ排除していただきたいと、連日、願い続けています。私も。目も、気持ちも、ギランギランに。

ぽちゃこ さん。
その通りですよね。公的な機関とは、最後の〆の報告をして一式ではないかと、しきりに思います。そうでないと通りません。
東宮夫婦は、肉体的なことの報告も無し。公人なのに。公務や接見の選り好みを堂々とする根拠も示さず。宮内庁も東宮職も、そういういいかげんなトップに右ならえで、つまり主権在民などはあちらでは、寝言。ミジンコのアカペラ。よおく解りますわ。
こちらも、皇族だからというだけでは仰げない。
きちんとなさって、淡々と、陰ひなたなくお勤め下さるからこそ。強いられることなく、自主的に敬意を以て、仰がせて頂くのです、基本的に権威に対して素直じゃない、ひねくれ者のくおんは・・。ね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1933-93a1108c

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (254)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (56)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (17)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん