今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

中途半端な宮内庁。


新嘗祭(にいなめさい)

天皇陛下が,神嘉殿において新穀を皇祖はじめ神々にお供えになって,神恩を感謝された後,陛下自らもお召し上がりになる祭典。宮中恒例祭典の中の最も重要なもの。天皇陛下自らご栽培になった新穀もお供えになる。


宮内庁のやり方がおかしい。

21日に発表されたのは、

天皇陛下がご高齢で、お体のリスクを医師の判断も合わせて考慮し、新嘗祭の神事の一部を省略されることになった。

各新聞が報じたし、結果として

鑑賞公務はして祭祀は省略か→天皇の意味ないじゃん→みたいな、一直線に極論にいたるような感想を、生み出すことにもなった。

・・・何かの折は、東宮である徳仁殿下は常に陪席されその秘儀を習得しておられるのですから、東宮が今上の代わりをなさることで問題は無い。

時によっては皇室祭祀令に従って、掌典長という役割の方が「代拝」されるともいう。

代行されるはずの皇太子が祭祀に遅刻して「大」の神事が「小」になったというあれ、その↑範囲だったのか。


今までは皇太子が陪席されていた。

次代だから。そうでしょう?。見習いされてたのでしょう?。

で。今年は実際はどうだったのか。

皇位の継承順位はナルが次、その次が秋篠宮殿下。

陛下が執り行われないのなら、東宮がする? そこへ秋篠宮が陪席? 。

普通、そう考えます。

どうだったのでしょう。


中途半端な発表によって、不信を感じた方は多いと思います。

天皇が祭祀を省略するのなら・・云々。実際にそんな声が沢山聞こえた。批判、非難といっていい声。私も。

それは。宮内庁の望むところだったのでしょうか。

運動会だって、今日は雨なので出来ない、決められていた通り、あさってに行います、と。それで一式。

陛下がご高齢により、神事を縮小して行われる。当然、あり得ること。それなら、

「こうします」

を、同時に発表しないと。

今年は秋篠宮殿下が、とは、皇室ダイアリーに出ていたこと。

皇室ダイアリーとは、宮内庁が発表した主な予定。表記は宮内庁発表に準じます。予定は変更されることがあります。←こういうものです。

皇太子は当日、その欄は空白

陛下が取りやめにされた「暁の儀」は、夜の11時からの2時間ほど。(23日から24日にかかる)。

「夕(よい)の儀」は23日午後6時から、これには後半30分のみご参加、とのことでした。

陛下はその30分を行っておられる・・・はずなのですが、陛下のその日の欄も空白なのです。

陛下が暁の儀でされていた拝礼などの一部の所作は掌典長が代行する。

皇太子さまは例年通り拝礼され、皇族方も参列される。

神前での御告文(おつげぶみ)奏上、新穀を神々と食べられる直会(なおらい)は、陛下しか行えない。


通例では、↑のごとしと。

私たちにはさっぱり解らない。

皇室の、神と天皇の秘儀に対して一介の庶民が首突っ込んであれこれ言うなと。そういうことですか。

そうか。

でも最後にもう少し、当たり前のことを、書きたい。

陛下が祭祀を省略される。それを報じたのなら。

陛下がなさっていたことはどなたがなされたのか、変化したのちの神事は無事に進んで終了に至ったのか。


それくらいは、ご報告をいただきたい。

知らせなさい。

秋篠宮殿下が、実質的なおつとめをなさることを、それがおできになることを、そこまでして、隠したいですか。

陛下の日程の空白には何も思いません、お詰めになることもおありだったでしょう。

ナルヒト氏は、一番大きなつとめをお引き受けの立場のはずが、何か決まり切らない複雑なことがあったのでしょうか。

公務への誘いも皆無に近く。ここ一番、次代であることをアピールなさるべき時に。


中途半端なことを、一味と言われる宮内庁さまがなさっているからかどうかは知りませんが、皇太子が代行を嫌がった、など驚くようなことをお書きの方もおられます。

まさか、と否定できない気分の者も、ここにおります。

まともなお仕事して下さい、宮内庁さま。




スポンサーサイト

コメント

宮内庁にも、随分多く、外務省から人が入ってきたのかしら。

だから、あんまり、、、
祈りに対して、軽くみている?

外交にしても、東宮夫婦、中途半端
だし。

国民からも、
海外からも、呆れられている。

それにしても、雅子一人が、
きっかけで、
こんなに、皇室が、揺るがされるなんて。

祭祀

幼稚園のママ友で、父親が宮中祭祀関係の(そのへんはボカシて、、)仕事に付いていた方がいて、その父上のご葬儀の際に
お手伝いしていた故人と親しい方々か仰ってたのですが、、
祭祀(婚礼の?)の時、練習も本番も紀子様は驚くほど立派で凛としていた。
雅子さんは緊張感からか集中力が続かないのか、所作が止まってしまったり、手が震えていたのが印象的だったという、、、
故人が珍しく晩年口にした言葉が印象深いと仰って思い出しました。
ママ友の父上がそういうお仕事だった事もこの時に初めて知りましたし
その娘本人すら家で父親から祭祀の話はほとんど聞いたことがなかったそうです。
菊のカーテンの向こう側は、今どんなに混乱しているのでしょう、、
それは国民には知る権利すらないのでしょうか?
久遠さんのブログを通して考えさせられる事はたくさんあります。
少なくとも祭祀代行を長男次男どっちでもいいじゃん?という問題ではないですよね??

ハンナさんのお話、
紀子様、素晴らしいですね。

紀子様の事、最初、笑顔が取り柄と思った。
次に、器用に、そつなく振る舞える人と思った。

雅子、この人こそ、素晴らしい人と思った。
意外に不器用っぽいところが、いいかな、とも。。。

私の目は、節穴でした。

看護師さん。

宮内庁って。

子どもの頃、宮内庁とか東宮職とか、そういう言葉自体、詳しく知りませんでしたが。

宮内庁の長官の〇氏、などと聞くと、ものすごく偉い方、立派な方と思い込んでいましたね私は。肩書のみでなく、当然お人となりに対しても、同じく。

今は。どういう基準で何がどうだか解りませんが。ともかく、外務省ってところも、聞くだけで自分とは違う世界と思っていたし。少なくとも大人になるまでは。(笑)。

雅子さんはもちろんですが、そのご実家の父上も、あんな方が外国でエラそうにして、どんなイメージを振りまいていたか、考えると、すっごくイヤです。どうしてこんなことになりましたかね。

腐っても鯛、とか。武士は食わねど、とか。そういう世界、普通にいいと思っているし。皇室も、そうだと、思っていたし。

オワダ方面は、全く感性の異なるヒトビト(もどき)で。一から違うので、いちいち、ある意味「へええ」で。まあ、やらかしてくれますね。

あかんわ、あれ。ね。

ハンナさん。

お返事が遅れてしまいました~。

珍しいお話をありがとうございます。

きっと、故人はぺらぺら喋ったりしない律儀にお勤めでいらした方でしょうから、もちろん本当のことでしょう。

紀子さまのご様子、さもありなんと、にんまりと嬉しく読ませて頂き。(笑)。

雅ドンは、そうであったであろうと、膝を打つ思いで。特に、所作がとまったり手が震えた、というあたり。

世界中探しても、2600年の旧家の後嗣のツマになる女性は多くはいません。雅子さんは何も知らなかったのだろうから、とまろうが震えようが、よく言えば仕方の無いことだった、笑う人もいただろうが、多くの「優しい」日本人たちは、仕方が無いとして、初めから糾弾しようとはしなかったはずでした。

あと、懸命に、真摯に、学び身に付ける態度を、雅子さんがとっていれば。

それは本当にそう思うし、見られるのは覚悟での入内だったでしょうと、言われて当然だったし。ひど過ぎる人が、入り込んでしまった。おひきずりのどうしようもないモノが。

・・・で結局。良くも悪くも純粋培養、良くも悪くも白無地だったナルさんは、見るも無惨にあっという間に染められてしまいました。初めから下地はあったのですね。甘やかされて育ったのと。立場への自覚が無く。うながされず。

この20余年が証明している。それは、昔の菊のカーテンの奥、なんっちゅうモノじゃないくらい、明白で。

ハンナさんが仰る通りと思います。

他の事はともかく。

皇室が皇室たるゆえんである(でしょう?)祭祀の、それも大のゆく祭祀のことで、こんなにぐだぐだに訳の分からない「公表」や「隠ぺい」が、当たり前に行われている。

これはないと、怒るところと私は思っています。

>少なくとも祭祀代行を長男次男どっちでもいいじゃん?という問題ではないですよね??<

そうですよね!。

ここのとこ、大事と思い、未だに自分の中では全く「済んでないこと」。

どっちでもいいじゃん、なら、もう、やらなくてもいいじゃん?。きちんとしないなら、できないなら、いいじゃん。じゃん? 。か?このことって。

ふざけるな~~~~~と、怒鳴りたいくらいのことです。

お茶の家では、お茶、好きじゃない、向いてないというご長男を、お切りあそばしました。

周囲のお茶好きの(うるさい)おばば様がた、ふつーに受け入れておられます。そんなんはしゃあないこっちゃ、ってこと。

汚い問題が多いのでしょう、おそらく。国民の知らないところの。ふざけるな。

始末はともかく、形をきちんと、整えて欲しいなと思うのです。

それが、形を司る家の役目では。無理なものを庇い建てされるのは迷惑です。そう思います。

看護師さん。

そういうイメージ、確かにありましたね。

学歴家柄職業すべて「パーヘクト」なのに、不器用そうなマサコサン、って、いいじゃん、と、皆、けっこう目くらまされた。

真正のバカだったので、雅子さんには恥を知る感覚が無く。

違和感、ところどころ抱きつつ、長い間、騙されてた。わたしも。

私の目も節穴でした。

・・・もう、ばれてるから。いいかげんにあそばされませ、ヒデンカ。嘲笑の的ですわよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1932-68d45dba

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (136)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (240)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (35)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (10)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん