KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 呆然となること
  2. tb: 0
  3. cm: 16
  4. [ edit ]

ショックです。・・半分再現できました。愚痴も・・。



大変ショック、かつ、多くのコメントをお寄せ下さった皆様に、お詫び。

天皇陛下の新嘗祭省略…宮内庁の発表・・・に関する記事が、消えてしまいました。

メールの受け止め口に、コメントは残っております。

コメントには、今日でなくても返事を書かせていただきたいですが・・・

ご心配は無用、わたしの過ちですが・・・ショック。

1時間で立ち直ってみせます。(笑)・・・笑、か? (笑)、でいいっす・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・半分は再現、半分はぐちぐちと書き足しできました。


天皇陛下、深夜の拝礼取りやめ=新嘗祭「リスク大きい」―宮内庁

宮内庁は21日、毎年11月23日に皇居で行われる宮中祭祀(さいし)の新嘗祭で、天皇陛下が今年から深夜の「暁(あかつき)の儀」の拝礼をやめられると発表した。80歳の傘寿を迎えた陛下の負担軽減のためで、同庁は「医師の意見も踏まえ、健康上のリスクが大きいと判断した」と説明している。 (時事通信)

・・・今までの自分なら。

寒中の厳しい祭祀。皇后陛下も部屋の暖房を切って、陛下のつとめられる時間は起きたままで心を添わせてお過ごしになる。そんな折の御歌もあった。

何とありがたいことであろうと、疑わなかった。ご高齢は事実なので、

仕方が無いのかなあ、と、今度の報も受け止めた気がする。

今は違う。

・・・天皇家は祭祀の長の家で。国家の安寧、世界の平和、国民の幸せを、祈って下さるのだと信じていた。

だから違和感。

次代に託されればいいのではないか。

「秋篠宮はわかっている」

と陛下が仰せだったなら、実際に日々おつとめ下さっている御方に託されればいいではないか。

陛下はわかっていて下さる、と、昨年の水俣への行幸啓の際にも、お言葉の中に、救いを求めた。

そんなことはけっこうあった気がする。私お人よしだ。

何か少しそれらしいことを仰って、こちらは勝手に期待して。何もなって来ない。変化など無い。君子の言葉は重い、ぺらぺら仰れないのよね。そう自分に言い聞かせるようにしていた。

はああん、そうですか、やはりね。今はそう思っている。その自答の方がすんなりと胸に納まる。 腑に落ちる。 

ご高齢の両陛下は、ご高齢を考慮されて、祭祀の一部。御身にリスクのある深夜の祭祀の一部をカットされる。

それなら。そうされるなら。

これから、あれもこれも、カットだ。ご高齢の陛下に無理なことは増えることはあっても減ることは無い。

それでも陛下がつとめられなければならない、まことの次代さまではならない、なら、祭祀などカットされ放題。

何よりどんなことより優先されるべき大事は「祭祀」ではなかったか。

そう、思いこんでいることは、自分にとっては結構、大きなことだった。そういう皇室を、仰いでいた。

おかしな話だ。後を継ぐにふさわしい存在が無いのなら、話は別。

可能性を求めないで、今すぐできる方法・・祭祀の方をカット、するという。

できないことはしない方向で行くなら、あのナルだって天皇になれる。

即位の礼から始まる何もかも。できない、無理、配慮してカットする。そっちの方へ進んで行く皇室なら。

どうだろうな。




・・・・・・・・・・・・・・ここまでは、記事の管理室に残っていました。これ以後は残せていません。でも、書いてみた。(笑)。

皇室は、神道の長の家。

祭祀の長の家。

地方への行幸啓、さまざまな分野に励んでいる方々に力をお与えになる鑑賞行事、粉骨努力という言葉は不遜にあたるのでしょうが、現・両陛下のご活動は私心をお捨てになってのこと、ではございましょう。

長男夫婦の足らざるところを、天皇皇后である自分たちの踏ん張りによって穴埋めしたい。あんなにつとめていて下さるのだから、と、民の疑惑の思いも口も封じたい。

まだまだ頑張る、だからお黙りになってね。


そうとしか取れない自分をもう隠しません。殊に皇后陛下の悲愴なご様子は拝見するに堪えがたい。見ていて心地よくないし、逆に、あの愚かで不遜で親不孝で傲慢で国民を舐めきっている夫婦に対して、どこまでこれで行くつもりだ、など、気持ちは冷え勝るのみ。

上つ方は、あのごとき悲壮なご様子を、あからさまにお晒しになるものではない

私の中の(どうでもいい話ですみません)日本人の血が、そのごとく囁きます。

平然と、泰然としていていただきたい。のに、悲しげで苦しげで。

美智子さまのご夫君ではあられますが、天皇。

一歩、外へお出になれば天皇であらせられる陛下に、すがって歩くごときお姿。テニスなどをなさる時以外は、往々に、堂々と、お見せになっておられる。

天皇と言う立場があり、東宮と言う立場がある。

現・東宮は、天皇夫婦の長男であっても、マサコと言う女性の夫であっても、愛子さんの父親ではあっても。どこやらの

下賤の者らの娘婿であっても。

天皇を補佐する東宮とは思えません。

・・・記事が消えて混乱している頭で、いいかげんなことを言い散らすのは控えた方がいい、多分。・・・止められない。停まらない列車になっていますKUON。

・・・きょう、調べていたら、昭和天皇は、ご崩御の10年ほども以前から、新嘗祭の神事の広い部分を、お取りやめになっておられたと。

今上が、皇太子として、空いた部分を支えられていた、としても、やはり、天皇でなければ「ならない」ことがあったと。

ならないことがあっても、皇太子が。東宮殿下が、埋めることが可能な部分があった

そうしつつ、見て動いて学ばれたのでしょう。一子相伝とはそういうことでもあるのでしょう。

明治帝、大正帝は、祭祀に対してあまり熱心ではいらっしゃらなかった。時代も背景も異なることに、中途半端に踏み入ることは避けます。

昭和帝、香淳皇后は熱心であられ、今上も皇后も熱心でいらっしゃるという。

熱心ゆえに繋がって来たなら。繋がって行くなら。ご高齢によるいささかの省略も肯い得る。次代に受け継がれれば、省かれた部分も当然、戻ると。

次代は無理ですね。形としてはある程度、今も、したがう風でいらしても。

魂が抜けている。

・・・現在の東宮は、神事を行うにふさわしい御身でしょうか。

新嘗祭には、皇室から伊勢へ、勅使を出すとも聞きます。

伊勢との連携(おかしな申しようですが)は、うまくいっているお方でしょうか。

今年の神宮参拝の惨状、すべて、残っています。

神様は目に見えない。

目に見えない神様だから、今年の伊勢神宮参拝でも、手を抜かれたり内緒で禁忌を破ったりが平気だったのでしょう。

目に見えないものが、こわいのに。

手に触れられるものなどタカがしれている。

現在の東宮さん、そのツマ。時が至れば即位され、さまざまな皇室の「つとめ」を果たして行かれるが可能とは思えなかったが。

祭祀を「現状に合わせて」あれ切り、これ止め、体調を考慮してしたいことだけなさっていただくことにして。

歌会始の儀なども止め、園遊会も引き続き出たくないのだから消滅させ。あれもこれも。次代があれらなら、実質「権力者」は、ヒデンカである。

ヒデンカがイヤと仰せならば、すべては止め。あり得ない話では無い。

今回の形のような「省略」が、前例となって、やすやすと「前例に従う」風になれば、おおよその形は、壊されてしまう。

そう考えて、気持ちが抜けてしまっているのは、事実です。

・・・・記事が消えるまでに確認していた拍手の数。再現できませんが、本当にありがたく感謝しています。

前記しましたように、コメントは残っております。

大切な扱いで以て、遅れてもお返事させて頂きたいです、お待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

皆さま。いつもどうも、ありがとうございます。








スポンサーサイト


  1. 2014.11.23 (日) 20:59
  2. URL
  3. ぽちゃこ
  4. [ edit ]

がんばれKUONさん

巣立った長男が、使っていいよと残したパソコン。どう扱っていいやら(笑)先日初めてKUONさんと親父さんのブログをパソコンで見れた。壁紙ってこれなんだと今更感心(笑)年賀状はパソコンで作れる♪とワクワクしてるけど…DVDってどう操作するの?まだまだ会得するには時間かかるなぁ…なのでこの記事とってもタイムリー。そぉかそぉいう事もあるんだと思ふぽちゃであります。遠くより復活祈ってます。
  1. 2014.11.23 (日) 22:45
  2. URL
  3. アビ
  4. [ edit ]

KUON様
今晩は~!
私のパソコン金曜日の夜に復活しました~(^^)
でも今回はハードディスクが壊れ3年半分のデータが全て消去しました。
ワード・エクセル(家計管理等)・住所録これからまた作り直しです。

新嘗祭の記事は幸いにも読ませていただきました。
この前の美智子様の写真を見てからショックを受けていただけに、今回の
新嘗祭の事も私には信じられない・・・
孫にも日本の天皇陛下は日本国と国民の為に神様にお祈りをして下さってるとても偉いお方だと説明したばかりなのに・・・!
奈良県・埼玉県にご公務しているお姿をテレビで見たばかりなのに・・・
国内公務をお控えになさっても天皇陛下にしか出来ない神事は伝統を
保つためにきちんとしていただきたい。
こういう思いは国民の我儘なのでしょうか?

パソコンが壊れていたときに読んでいた本 佐藤愛子さんの
愛子とピーコの「あの世とこの世」2008年3月第1刷

◎「一人一人が自分の波動を上げれば、社会の波動が上がって、国の波動も上がるんですよ。」

◎人間は肉体の波動、精神の波動、魂の波動の三つを持っている
◎いろんな災害が起きているのは全部、神様の警告だって
 (古神道の系統の霊能の先生の言葉)

何故か、知らずにこの本を読み直し現在の日本の姿に当てはまってるな~っと思っておりました。
一日も早く、清らかな日本を取り戻したい気持ちです。
廃太子!
廃妃!


  1. 2014.11.24 (月) 02:00
  2. URL
  3. こより
  4. [ edit ]

一人一人の波動を上げていく。肉体.精神.魂 全ての波動を🌟

俗人の私が申し上げるのも 何ですが..。
「祈り」や「祭祀」とは非合理的なものです。
目には見えない、顕微鏡でも...。
『たいせつなことはね、目に見えないんだよ...。』 これは、『星の王子様』の言葉でしたね💫

その非合理的世界に、戦後「合理性」が持ち込まれました。

ドイツ式育児法によって育てられた、当時の時代の最先端を生きるお嬢様
...美智子皇后陛下です。
古式ゆかしい髪型を シャンプーで洗い、寒い場所には暖房を、冷たい水は暖かいお湯に。

時間の節約!風邪を引かないように、肉体に優しく!
夫を気遣い、夫の体調をおもんぱかって...良い奥さんなのでしょう....が...。

「祭祀」って、「神に通じる道」ってそんなものなのですかね?

『肉体を超えて神に近づいていく』ものではないですかね?

修験道やヨガ行者や...常識では考えられない「断食」「修業」の果てに
俗人では届かない「光」を視るのでは...と、思っていました。
食を絶つことによって、空気や 太陽の光からでも肉体を活かすエネルギーを
得る事が出来る...また、
水の霊性や波動を感じ、一体化する...そこに「冷たい」も「寒い」もなくなる。

その様な世界が「宗教の頂点」だと思っていました。
そこに立たれるのが 天皇陛下だと思っていました。

「トーグーが、その嫁が楽なように今から省略しときましょ♪」
だったとしたら...また一歩考えを変えなければ と思います。

神様、もしお怒りならば地震は罪のない民を巻き込まずに、ピンポイントで
あちらにお願いします。
  1. 2014.11.24 (月) 07:28
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.11.24 (月) 13:16
  2. URL
  3. 佳世
  4. [ edit ]

?な事ばかり

くおん様、体調いかがですか?
新嘗祭取り止め発表… 21日

長野北部地震
神城断層(意味深)…22日

空白の新嘗祭…23日

何かを感じてしまいます。

こうして創価宮内庁と背後勢力により、あれらの為の国連皇室がお膳立てされて行くのでしょう。
実際、祭祀など全くせずとも「やった」と嘘発表すれば通ってしまう恐れがあります。
あれらの嘘捏造は一家3人のこれまでの発表事で証明更新中ですからね。

私はもう驚きませんよ。
あれらの即位式は伝統儀式を悉く省き、
「ご病気でご負担なまさこさま(嘲笑笑)」仕様になったとしても…
その折には秘かに最大級の軽蔑の眼を向けたいと思います。

占いでは皇統は続くらしいですが、
あれらが次代では世も末です。
明治から江戸にやって来た皇室…
色々調べると闇が闇を呼び~
失礼致します。
  1. 2014.11.24 (月) 14:43
  2. URL
  3. 琥珀
  4. [ edit ]

お気になさらず

お優しいKUONさま、
私が間違えたときは、そんなもん気にせんでよろし、と寛容にお許しくださったのに、ご自分のことは、こんなにショックをうけられて。本当にお優しいガラスのハートなんですね。
私はスマホでコメントを入れているので、うまく見直しができないのです。なので、間違いも多く、申し訳ありません。

暁の儀ですが、昭和天皇は69才のときに、お取り止めになっているそうです。
なのにこんな風に皆に言われちゃうのは、イミテーションティアラはじめアレラの罪深い行いの積み重ねのせいですわね。
長野も何千万も毎年使っていくのですから、法則も発動されちゃいますよね。しかも親族一同で。
そういえば、江頭のおじいさんが亡くなって取り外された車椅子用のリフト、汚和堕のためにまた、東宮に取り付けられたそうです。ふざけるな、と叫びたい。
私には重度の身障の息子がおりますが、サイズが合わなくなって車椅子バギーを買い換えるのには、審査や長い期間がかかります。しかも、自費負担も。最近小児慢性疾患の自費負担金も大幅に上げられてしまい、入院多い我が家の家計を圧迫しております。
アレラの浪費にプラスして売国汚和堕のために血税が遣われるなんて、残念でくやしくてたまりません。
会計検査院は宮内庁には入れないんでしょうか?ヤフオクはどうなっているのでしょうか。ネタはいくらでもあります。
廃太子、とにかく汚和堕一族の一掃をのぞんでおります。
  1. 2014.11.24 (月) 22:20
  2. URL
  3. machizo
  4. [ edit ]

ご安心ください!

新嘗祭の神事は秋篠宮さまが代行されたそうです!
詳しくは宮内庁のHPをご覧ください!
  1. 2014.11.24 (月) 22:35
  2. URL
  3. せん
  4. [ edit ]

はじめまして!

いつも拝読させて頂いております。
秋篠宮様が御勤めをされたと聞き及び、
余りの喜びに初書き込みさせて頂きました。

いよいよ!いよいよ!
待ちに待った喜びの日がそこまで!!

その日には、ご一緒に万歳を致しましょうね!

お邪魔いたしました。
  1. 2014.11.25 (火) 16:20
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ぽちゃこ さん。

パソ、貰ったんだ~、よかったです。私より使いこなせる日は近そうですね。年賀状は私は、会社関係は儀礼上出すけど、個人のはほぼ、失礼するようになり。。。ゴム印とかで作る。(笑)。

消えたのは、私がポーだったから。もう忘れた。忘れたことにする。寿司屋のことも書いたのだった・・・遠い遥かな目、と。
  1. 2014.11.25 (火) 16:38
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アビさん。

データすべて消失。呆然としますね。

住所録も、とか。・・・どうしましょう。

でも、夏の頃と違い、最近はお元気そうなので、それは安心です。

佐藤愛子さんの本はほとんど読んでいます。あのお顔も好き。(笑)。ピーコさんとのは読んでいませんが、江原さんとの本は読みました。

気、という言葉でならいささかわかる。気を意識しているとは思います。

後の記事にも書きましたが、陛下はずっと、真摯に祭祀をおつとめくださっていらした・・・宮内庁とオワダが、どんだけ悪いか、改めて思い知っている感じです。

アビさんのパソさん、頑張って働いて下さい!。
  1. 2014.11.25 (火) 17:00
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

こより さん。

私も、その言葉を「星の王子さま」で知りました。「星の王子さま」は、後に(7年もたってから)初めてプロポーズしてくれたひとにもらった本です。私は、プロポーズとは理解しなくて(大ばか者です)相手の奥ゆかしさがわからなくて、そのタイミングだったせいもあり、自分の世界へ飛んで行ってしまった。その方は今も遠目ながらお幸せそうなので、あの方のためには私がパーちゃんだったのも「いいこと」だったんだな」と、思っています。本当に優しい方でした。脱線。

仰る通りと思います。

神様って、理屈の世界でないと、これは肌身に感じて思うこと。魂ってものも、あると実感したできごとがあって、年齢と共に、そういう、「大切なものは目に見えない」ことも、多く感じるようになって・・・。

世界遺産の薬師寺の、けっこう近くに住まっています。このお寺で最近、三十代ながら難しい珍しい修行を成し遂げられたお坊様がおられます。

飲食や眠りにかかわる、わかり易いことで考えても、例えば医学的見地から言えば「無理」なことを突き詰められ。無茶だと言われることも突っ切られ。静かに淡々と。ただ、信じて行うことで、自らを「そこ」まで運ばれたお坊様です。だと思います。

このての話を耳にすることはけっこう多く、いい土地に住ませてもらってるな、と、思う・・・すぐに俗にまみれる・・・。(笑)。

皇室を、合理性とか理屈とかで語るなら、それは外れて行く道と思います。雅子さんのいう[人権」も、初めから、そんなことを口に出すキサキは無用でした。そう思います。

この度の祭祀の省略に付いては、やはり、目先の浅ましい利害の絡んだ話であるようで。

赤子の手をひねるがごとく、で、こんなことが通ってしまうなら、と、心が凍りつきその後に沸騰しましたが。後の記事で触れるかどうか・・・私は、こういう言い方で言うなら、

皇太子チームの敗北。離散。それへの、一里塚になる思いがします。

脱線。「星の王子さま」を、ジェラール・フィリップのフランス語の朗読で聞いたことがあります。

とろけそうになりました。(笑)。
  1. 2014.11.25 (火) 19:49
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのKさん。

愚痴を聞いて下さりありがとうございました。

言ったらさっぱり、もう、よくなります。忘れちゃう。極めてシンプルな人類と思います。(笑)。

みんな違って、みんないい。そうとは解っていつつも、あまりに逞しい方に遭遇すると、己の弱さ阿呆さが見える。たまには見えていいのかも知れませんね。

またガシガシと、行きます。ありがとうございます!。
  1. 2014.11.25 (火) 20:02
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

佳世さん。

>こうして創価宮内庁と背後勢力により、あれらの為の国連皇室がお膳立てされて行くのでしょう。
実際、祭祀など全くせずとも「やった」と嘘発表すれば通ってしまう恐れがあります。
あれらの嘘捏造は一家3人のこれまでの発表事で証明更新中ですからね。<

国連皇室。まあ素敵なネーミング。とか、喜んでいる場合では無いですね。

基本が違うから。

嘘と言うものへの考え方が違うから。それも、可愛い小さな違い方でなく、がっつりと大きく激しく違うから。

嘘をついたらえんまさんに舌抜かれる。信じたままではないが、実際、嘘をつくと、次々に延々と続けなければならないのは、大人になるまでに体験済み。消しゴム100億万個持ってるとか、うちのお母さん女優で、とか、どうするんだという嘘をついて学校を休むハメになっていたようなタイプの嘘つきは、やはり、大人になっても嘘つきでしょうか。懲りてカタギになる人だってたくさんいるけど。

入内以前から20余年。普通でない嘘を積み重ねて来たあの一家は、ウソつきの例に漏れず、忘れていること多いでしょう。ナルさんは、そのことだけででも、壊れたかと思います。

考えることも悩むことも放棄した姿ですよね、今の、どうでもいい感にあふれたナル氏は。

しゃき~んと心身を立てて清浄の中におつとめされるなどは、すでに無理。かつては、形だけでもそれらしかったけど。

不適応な方は、退けてあげるのがいいと思うのですが。

災害の多い今。祭祀の周囲であれこれ言ってる場合では無いと思う。

現代は、闇が闇のままでいられない世界。

どうなるのでしょうね。

少し前には、皇居内にピンポイントで来た地震もありました。

  1. 2014.11.25 (火) 20:23
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

琥珀さん。

わたしは、ガラスのハートでなくてぇ。それ、綺麗で繊細そうでいいなあと憧れますが、イメージぢゃない。(笑)。
沢山コメントをいただいていて、それが消えちゃったことがショックでした。自分の記事が消えたなんてことは、過去に何度もあります。
でも、そうだ、コメントは頂いた元がある、残ってると確認して、やっと、ホッとできました。
オワダの為のエレベーターとかリフトとか。私は、やはり重度身障者の長男を持つ、40年近い付き合いの友人から聞いていたのです。頑張ってあれこれして来ている人なので、あれこれ知っていたりする。
が。自信が無くて黙っていました。

オワダみたいなタイプは、倒れるとガクッと来そうにも思っていました。随分、性格に合った強引な医学的な方法で体をもたせてきているようですし。正しくない欲にまみれた、卑しい餓鬼道を生きたにんげんは、餓鬼そのものになるんだよ~。

穏やかな晩年や老後に無縁の、生きたまま焦熱地獄に墜ちるような人間と思っていた。やることがえげつなさ過ぎた。と言っても彼も、官僚としてやむを得ず、と、自分では考えていたでしょうが。雅子さんを、生来のさまざまなマイナス点を知りながら、皇室に押し込んだだけでも、影響を考えれば、針の山地獄行きだわ。・・・この辺、幼い頃かわいがってくれた田舎の無学な信仰心篤かった(笑)ばあちゃんの影響、引きずってます。

逮捕することgできないのも、離婚ができないのも、天皇だけ。皇太子にはそれは無い。逮捕は難しいとしても、今のままの放置は、なんぼなんでも無理と思う。母親にできないこと父親にしかできないこと。逆のこと。

一家三人。ナイテバショクヲキル、みんなのためと考えますが。

  1. 2014.11.25 (火) 20:34
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

machizoさん。

初めまして。教えて下さって、本当にありがとうございました。

お風呂にゆっくり入って(30分くらい、お風呂用のほにゃほにゃになった文庫本を持ち込んで・昨日は椎名誠の本でした)出て、今日はもう休みましょうと、最後に自分のブログを見て。えっ!と。

探し方が違うのかどうか、今日は、宮内庁のホームページに、新嘗祭のことは読めません。去年、初めて動画を公開したこととか。

皇室カレンダーに辛うじて、秋篠宮殿下が23日には「神嘉殿」とあるくらい。

陛下も皇太子も、その日は空白。

現実は「おかしいなあ」なのですが、自分の感覚としては、なぜか、嘘のための嘘、は、もう、通用期限を過ぎてしまった、そういう感じです。

ありがとうございました。今後もよろしくお願いします!。
  1. 2014.11.25 (火) 20:39
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

せん さん。

いつも読んで下さっていてありがとうございます。

あまりのヨロコビに、飛び出て来て下さったとか。はい、朗報と思います。

不明のこと多いながら、宮内庁やらそのボスやらが、ごにょごにゅしている気は濃厚ながら。

するにことかいて(先日はとものース〇ベ記者の天皇陛下への不敬。嘘記事でしたが)またまた、陛下と神事に対して、汚い何かがうにょうにょ、かと。怒るよりも呆れ。

もう、勝手に自滅して行くのを待つ・・・とか言っても、ゾンビですからね、相手は。(笑)。

清廉な光の宮さまの、神様に愛されておられるお力を、信じていたいと思います。本気で、今は、その気持ちです。

その日には、ご一緒に万歳を致しましょうね!

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・