KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

ラストに願い。

Imagine there's no Heaven


南向いたケージに眠るムク犬の腹が温かい。鼻の先は濡れ濡れと黒い。

ポインセチアは出窓に真っ赤。シクラメンは純白。


O。

病床にあるって本当かしら。

私の機嫌はよくなった、それを聞いて。

とても嬉しい。



あなたは野望を抱いた。黒幕がいた。おそらくそう。

正道を来てはいないものね。

娘をコマとした。今よりは見られる外貌の娘だった、何よりターゲットの好むタイプだった。

派手な華やかな女を欲しがったのだ、無菌培養で育ったボンちゃんは。

まっとうな女をしか、周囲に知らないボンちゃんだった。

手作りのお菓子しか知らなくて。

含めばベロが強烈な赤や緑に染まるような、そういうものに魅かれた・・・わからなくはない。

貼りつけた学歴もそれらしく見えた、あまりに真実とかけ離れ過ぎていたから、皆、信じた。何よりO。

あの時期あなたには気力があった権力もあった。

畏れを知らないのが「強さ」だった。

みな、目くらまされて、まんまと「ヤラレ」ちまって。

目指した場所へ送り込んだ、己のコマを。

20余年の歳月が流れた。

O。

目論見は外れた。

チェスのコマ仕様で。それは忠実に動き回るはずだった。

秩序を知らないことを恐れず。恥じず。ためらわず威嚇的に。

その権威をまず乗っ取り、原型を破壊するには理想のコマとは言えた。はずだった。

平らに整然としつらえられた盤上を、コマは、人目に付かない態に荒し回って。

すぐに人目に立つようになったが平気だった。やりたいようにやる。それ。

キングやクイーンをぶちのめし、周囲のコマを倒し続け、踏み、跳び越えて。

他から伸びたたまりかねた手が起こそうなどすれば、平然と冷然とそれを潰し。

邪悪を隠したつもりがみごとに醜悪に染まって行った顔を、澄ました風に口ゆがませて。

「あがり」まで滑り込む予定ではあった。

そうなるには愚か過ぎる、基台のでこぼこ過ぎる不出来なコマだった。

暴れぶりはともかく。

肝心な、己の進むべき方向さえ判断不能の、使えないコマだった。

ぶんぶん回るコマに変化(へんげ)した。

手配の者の手に、勢いつけて回されて。

回りながら盤上を。移動を重ねてあれにぶつかり倒し。こちらへ来ては跳ね飛ばし。

すべてを跳ね除け追い落とし潰し尽くして、

役割の終わる日にようやく許され止まってもよしとされる暴れコマであった。

野望の達成の日が、来たならば。

O。

来なかったし。

来ないだろうし。

目論見は、初めから無理で。無謀で。

不遜であり過ぎた、今では難しい、一代で成し遂げられることではなかった、初めから。

O。

志半ばとは。誰も言うまい。

汚れた卑しい野望の半ばだ。倒れるは無念か。

死なないまでも倒れたら。惨めなOに成り下がるとは。その程度のことは、解っていたはず。

自身がして来たこと、自身の来た路の傍の、肉体の精神の累々たる死屍。

死して屍拾うもの無し。シシテシカバネヒロウモノナシ。そのうそぶきは、O、

あなたのものだったし。

あなた自身のもの。おそらく。


慌てている。取り繕おうとしている。

ゆとり無く。

不可能なまでに大きな風呂敷を広げたのだ。

隠したくて隠さねばならなくて。ただでさえ使い古して脆くなっている風呂敷を。

風呂敷は、あちらへ裂け、こちらで穴が開き、している。

ボロボロの風呂敷。襤褸。それをまだ懸命に引っ張って。こちらへ引っ張ればあちらが見えてしまう、ここを隠そうと引けば、そちらが見えてしまう、そんな。

おぞましいものばかりだ、隠そうとしたものは。今も隠さねばならないものは。

腐った精神の腐った臓物だ、見えて来てしまうのは。

焦っているか。焦っているな。

週刊誌のページの数枚程度は。まだ。買い取って「書かせ」ること可能。

原材料を誤魔化し。製造途中の手を抜き。漆塗りと称したプラスチックだ。O。

お尻から腐りかけている中身はすでに終わっている殺虫剤で群がる小蝿を追おうとしているメロンもどきだ。

いけしゃあしゃあとアレをかぶって現れた妃とやら。

内では皆がご存じだとか。知っておられるのだとか、あれは立派な、正真正銘、本物の、偽物ティアラであると。

本物の、偽ティアラ。ふざけるにも念がいっている。

どうやらこの国の民は。あれで誤魔化されると認定済みの能天気ばかり。いわば阿呆ばかりと、そういうことで、呵呵大笑。


いいえ、実はこれは本当は、これだけ優れていますそうなんです嘘では無いです、こんなに優秀、ここまで出来がいい、疑いの余地なんてそんなものの在る訳がない、何を仰る失礼な、本当に本当に、過大広告なんかじゃないですってば、偽りなくすぐれたもの、

など。書かせての目くらまし。

これが効くあたりもいる。そのようで。

集団で、みんなで読めば怖くない、みんなで知ればそれが真実、みんなで何とか信じよう、今更あれが嘘だったとは言えるわけない首が飛ぶ。何より明日から何を頼って行けばいい、ありがたいあの肉厚様が、そのうちお姿現され、お褒め下さる生き方をして、そう、何でもいいから受け入れて、すべて本当と呑みこんで、なんとか人にも広めねば。

このあたり向けに、書かれている記事・・・たぶん。

イヤミな言い方をしている。それは、情けないが事実。だけど、O。

騙されたくない日本人は一人ずつ、増えている。一人ずつでも、増えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・………………とある女性誌の記事から。箇条書きで。印はKUONです。

・公務を選り好みしているといわれるが。

・雅子さ「ま」が治療中の適応障害は、自分が負担に感じるものには適応できないが、そうでないものには適応できるのです」


皇室に適応できず「苦手な」式典に出られないなら、適応できるところで暮らせば快癒か。そうなされ。

・午後の登校や欠席が続いていた金曜日にも予鈴直前に<校門をくぐられた愛子さま・・・

・愛子さまが全校中に宣言した‘決意表明‘が行動に現れているのかも。

全校中に、な何を宣言なさった。学校も周囲も大変だな。何を宣言? 書いてなくてガッカリ。宣言。

それと。‘金曜日のジンクス‘を破りって。でか文字が踊っております。

この数文字も、税金使って書かせておられますのですね。

・11月の夏服、の制服写真が出されたあの文化祭で。愛子さんの‘作品‘が注目の的だったと。

トモノー記事には嘘が多いが、この記事はやたら大げさで。どちらも正気とは思い難いのは一致。

・学校の「お気に入りの場所」について写真と英文で説明する発表で」

はあ、はあ。

・愛子さまは友達二人と校内の

お友達二人、がんばられましたのね。

・中一とは思えない英語力と学校への思い入れに、とても驚きました。雅子さまも励まされた部分があったのではないでしょうか。

英語力・・・。この記事には、もっと大きな文字で「英作文にこめた学習院なんちゃら」って。ある。

高校生レベル? ともある。

この?に、胸が痛む(大嘘)ブログ主であることよ。

まことにご優秀なら。それは、めでたく嬉しいことのはずです、民としては。そうでしょ?。

嘘ばっかりだから、いちいち、こっちが。

娘に励まされてばっかりで進歩の無いお母さま。仕事せずは育児のためって理屈こねてるんだよ、しっかりなさいませ。みっともない。

愛子さまの英語は、和訳で、以下のごとしと。

「私たちは学校が大好きです。私たちは、学習院女子中・高等科の生徒であることに誇りを持っています。」・・・愛子内親王。

よおし、すばらしい愛子さん。民は嬉しゅうございます。大好きな学校に、毎日、しっかりお通い下さい。

誇りを持ってお暮らしください。自分で書いたことでは無くても、あまり意味がわからなくても、これは本当の事ですよ。

民は願いあげております。ほんと。

・渡辺みどりさんの、絶賛。

・中学一年生ながら‘英検準二級‘くらいの英語力をお持ちなのではないでしょうか。

・皇太子さまはオクス(略)大学へ留学されていた雅子さまは米国での生活が長く外務省出身とあって(略)愛子さまにも英語の素養はおありなのでしょう」


あの。英語。まずは、日本語ですわね。それも、正しく美しい皇族らしい日本語。日本のご皇族でいらっしゃるのですから。

まずは、歯磨きですわね、溶けかけておられるのでは、英検準二級のお嬢さま。

まずは、学校へ、お行きなさい。

帽子のおばさま、皇后陛下とも長い関わりでおられますが。

ともどもに。現状、現況把握能力に、いささかの疑念を抱きますものでございます。民は。

大丈夫か。この期に及んでそのコメントか。

帽子オバサマ、

「共同作業でものを作り上げて安心」とか。

「両親と参拝した伊勢の体験を、外国のお客様に英語で紹介できるほどになられるのでは」

とか。嘘も100回×数万倍回、つき続けると、こうなられますわよ、の、もしや、見本?。

清廉・正直を旨とした皇室は、もう、無くなってしまったのか。何十年、そういうことを言い続けて来られましたよね、確か・・・。。

・・・以上は「週刊女性」から。

この記事の〆、5行ほどが、正気の部分よね、と、ふと思い。おちょくり倒したままでは、くおんのおんながすたる、と。

ラスト、原文のままで。

「英文で発表されたとおり、桜並木での語らいや図書館での読書、売店での買い物を愉しみに、学校に通っていただければ・・・。」

そうですよね。

このあたりが、普通の大人が、中学一年生の少女に対して感じる、まともな思いではないかと。

わたしKUONも考えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

O。

お祖父さんなのに、O。

たった一人の女孫に対して、なんと随分な。

国を売ろうとしたヒトモドキ、言っても無駄。

苦しめばいいと思う。





  



スポンサーサイト

コメント

ご無沙汰しております。

関東でのじょし会、できれば伺いたかったのですが、
諸般の事情で参加できず、残念でした。
次回はぜひ、と思っております。

ところで今回の、「O」。
誰かさんの頭文字でありましょうが、
私には「ゼロ」に読めました。

永遠のゼロ・・・、
中身のないゼロ。
やることなすことがゼロ。

本当に、この実態が一日でも早く、多くの方々に知られるように
なればいいのに、
と祈らずにいられません。

ららら♪さん。

こんにちは。お返事が遅くなりました。

ぢょし会は・・・KUONがお呼びかけして、あんなに沢山集まって頂いて、幹事さんも親身で、もったいないような心地でした。あっという間に終わってしまいました。よく食べて喋りました。(笑)。

来年もまた、集まりたいと考えています。それだけで詳細はまだ、何も。

それまでに今のあのあたりの悩ましいことなどが、片付いていたら幸いですね。そんな簡単なことではない?。

今回の「0」は、私はイニシャルとして書きましたが、どちらかというと、「O」の悪魔性(彼は悪魔でなく邪悪な人類ですが)を、雰囲気的に書いてみたかった・・・自分の娘や孫、さえをコマにできるって、どういうものだろうと。

あの「O」も、コマなのですねきっと。引き返しようの無い道へ入り込んで、どうすることも出来ない。見えて来れば、人が恐れるほど「賢い」悪党でもなさそうな。

何より、人間に、さあ、これからもう一息、ここでまた馬力掛けて野望成就の〆を、という辺りで、体力気力その他、切れてしまう、人間というモノについて、考えます。

一代だけでは無理なんだ、と、思う。とてもその思いが強いです。

ゼロについては・・・永遠のゼロ、の作者、今のあの本、はじめから、ああいう殉愛なんて信じ難いワタシって、擦れてるのかしらと思ってましたが。やはり、当初に感じた違和感は「アタリ」だった気がします。

ぜひ、御縁あって、いつかご一緒出来ますれば、と思います。♪。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1920-34ff518f

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (73)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (243)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (14)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん