KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 5
  4. [ edit ]

ぢょし会 Ⅱ まとめとさせて頂きます。

「生き切った顔の安らかな死」を迎えられたと。高倉健さん。83歳。

健さんの最後の映画の最後の場面の海の夕陽の鮮やかだったこと。

唯一のひと、というのでは私にはなかったが。特別な存在、文字通りの「日本の男」でいらっしゃいました・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



東京駅でかどこでか。一泊公務の終わりに。何でか知らんが「泣いた」とか。

本当か知らんが「愛子、私も頑張るから」とか。「でも愛子のため」とか。雅子さまとやら。50歳。

何じゃそれ。オトーサマがご病気なので。倒れちったらしいので。腰が崩れておられるか。

何にせよ。

小和田恆さんに見舞を述べる気にはなれない。。80、幾つ?。思うように動けないのに未練執着が断ち切れないのは苦しいでしょう。倒れて使えなくなった「コマ」は、どんな待遇を受けるのでしょうね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントをさまざま頂いていて、他の記事などに先に下さっているお方には申し訳のないことですが、ぢょし会と呼ぶオフ会にご参加くださった方々、また、この会に関してお言葉を頂いたお方に、ここで、返事を書かせていただいて、レポートと次への展開への表出とさせてもらいたいと思います。

私のぐちゃぐちゃメモに従って・・・順も不同ですが、「またこたま」みたいに、お怒りになりませんよう、お願いします。(笑)。


ご多忙のなか、KUONの会にお集い下さった皆様へ。

Kさん。Jさん。ジュゴンさん。

本当に明るいご対応をありがとうございました。

思い定めた方を支え、その方を思われる熱いお気持ちを、ごんごん感じました。ふぶきさんへの思いを。

世間では「女の友情なんか」みたいなことをのたまうヤカラもおりますが、常々、私は、な~にを言うとるんじゃ、ホントの女ともだちほどいいもんはないのよ、と、感じております。

昼間っから呑んじゃうのが、第一回目からわがぢょし会の方法となっており、今回もそうしていただいたのですが、実はジュゴンさん、ほとんど飲食なさらずだったのを、横目で見てました。ずっと周囲に気を配っておられましたね。

今度、が、いつか、どんなタイミングなのか、いまは不明ですが。そちらがシャンソンならわたくしは、ど演歌で参ります。そういう時が、来るといいなあ、と、明るい日差しの中で。(笑)。

ふぶきさんによろしくお伝えください、ありがとうございました。


都大路さん。

初めてご参加いただき、嬉しかったです。品川駅でお会いしてすぐ、私の重い荷物(デカい紙袋)を、さりげなく取って、持っていて下さいました。助かりました。片手に杖、の身ですので、本当に。

食べる場でも唄う場でも、近くにいられなくて、言葉を交わす機会が少なかったこと。気になっておりましたが。別れの時の握手の折の、優しい柔らかい笑顔が、意を尽くせずいた私の気持ちを、ほぐして下さいました。そして。

コメント欄に、「一途な」方、と書いて下さって。本当のお気持ちでそう書いて下さったと信じます、わたしには何より、嬉しくありがたい言葉です。ありがとうございました。まこと、一途な自分でいられるよう、励みたいと思います。

今後もムキになって走って行くと思います、また、よろしければチロっと誉めて下さると、いい気分になって張り切るかも。(笑)。

物欲の減少して行く年頃、気持ちの触れ合いが、今の何よりの幸せと感じているKUONです。



カメオさん。

初めていらして下さったのですね。私が連絡させてもらう係だった方で。くおんさんはどれくらいの身長ですか、と尋ねられ、答えましたが、体重までは聞かれず。聞かれてもおそらく答えず。

カラオケ会場への移動時、一緒に迷子になりましたね。(笑)。亀を飼っているんですよ、と仰ったのが印象に残っています。亀さんもきっと、優しい主になついて安心して暮らしているのでしょう。

初めの場でも近くにいましたね。私は食べてばっかりで、あちこちからの声に耳をダンボにしていて。あまり話せなかったけど、私がワシワシ食べ進むお鍋の中に、食材あれこれ、入れて下さって。

甘えていい気分で過ごさせてもらいました。せっかく来ていただいて、満足してもらえたか気になりますが、きっと、楽しんで頂けたと思っています。

「考える節目になった」とコメント下さり、それが、力になってくれます。

そうなんだ~、また、頑張っちゃおう~と。



きく さん。

はい。無事、終えることができました。

皆様は、温かくて楽しそうにして下さっていました、何よりでした。

まっとうに日々を暮らしている女性たちの集まりで、これだけ疑問符の多い皇室の次代夫婦。これって一体、何の悪い冗談か。実際に、彼らが即位したりしたら、この国はどうなるの。

いろんな話が出ました。時間が足りなかったです。

ありがとうございました。(笑)。



ぽちゃこ さん。

残念ながら今回は、ご一緒が叶いませんでした、でも、前もって幹事さんにお菓子を送っていて下さったり。細かいお気遣いをありがとうございました。

第三回も、やります。集まります。もしもアレラの身に何か起こって、怒りの会でなく、殲滅かなった万歳の会になったら。

それはそれで、めっちゃ喜んで。旗振ったりお赤飯みんなで食べちゃう。

次回は、日時は不明。でもやります、第三回くおんぢょし会。やらいでか。

ぽちゃさんにも号令出す。ヘルプミーって。(笑)。



九州からの参加者さん。

お疲れ様でした。遠くから。わざわざ。前回も来て下さって。

Sさんの(仮名・笑)、納得したらどこまでも、どんだけでも行くばい! な性格がよ~く解る会話があちこちにあって。

徹底してるなあ、と、ヘタレのくおんは感心。逆に、こちらのヘタレ具合がよくお判りになってびっくりされたかなあ。

でも、次回も(あるはず!)おいで下さると聞いて、嬉しいです。また、化粧の剥げまくった状態の顔、付きあわせて、ああだこうだと深夜のぢょし会三次会、楽しみましょう。(笑)。



衣通媛さん。

翌朝の東京・九段の空は、晴れ渡っていましたね。

大村益次郎の銅像の前で。そう約して前夜は別れ、再びその像の足元で会った。靖国神社へは、何も知らず解っていなかった時代に一度だけ、それ以降初めてでした。

境内の穏やかな気が、心地よかった。迎えて頂いている、と感じ、ありがたく思いました。

手水舎で、どうしてあんなことをしてしまったか、左手を浄めたあと、ひしゃくに口をつけて思いっきり沢山の水を含んでしまい、瞬間ドキッとしてごくんと呑みこみ、後は口を漱いだ感じに取り繕い、ドキドキしながらひしゃくも浄めて戻して、とてもくよくよしました。いま、ここでざんげしたので、もういいことにします・・・(笑)。かな・・・。

遊就館で映像のラスト少しを見ただけでどうしようもなくなり、涙が止まらなくてヨロヨロ会場を出て来たら、媛さまもソファでうつむいてむせんでおられた。近いあたりで共に、涙の止めようの無い数分を過ごしたことは忘れがたく、自分の中に残ると思います。

現・東宮夫婦、あの人たちのあのような不遜傲岸を続けさせておくために、散って行かれたのではないと。

あの場所で、強く強く、ふたたび、思いました。この気持ちは言い尽くせるものでなく、もっといろんなことを知りたいと思いました。これからもよろしくお願い申し上げます。



ヒミツのMpさん。

二度目。お風邪なのに来て下さり、会の間は風邪など忘れていたと。

前回もそうでしたが私は、Mさんの、「細かいことはどうでもいい、この惨状はどうすればいいのか、解決の方法はあるのか」、との、一貫した態度お気持ちに、同じく、どうしたら何とかなるのか、と思い続けています、としか答えを持っておらず。

冷静に、根本的な疑問を持ち続けておられるのですね。でも、答えはまだ、出てこないようで・・・。

どうなるのかどうすればいいのか解りませんが。私が、ブーメランの自分に帰るのを承知で、ヒの背景の沈没を願っている、と言ったら、笑っておられた、切実な目。諦めないで、ミジンコの歯ぎしりのかすかな音を、振動を、と、考えています。


ヒミツのHさん。

来られるようになれば、一人でなく二人で参加下さると。ココロ強いです、ぜひ、そうなりますように。

ご質問ですが。皆様の「廃太子・廃妃」への望み、処遇、近道、へのお考えは。

・・・なにせ。ブログ主が、へらへら~っとしていて。この日だけは(だと思う)解禁のお昼アルコホルで。喋る人は喋り聞く人は聞く。きちんきちん、しゃきっというオフ会ではござらんのよ。挙手でトータル求めるでなし。ただただ、いつも集まるくおん部屋で、思うことを、場所を移して感じ合って。濃くして。そーゆー感じで。思うは濃いのよ、すっごく。でも、各個人、それぞれに、思うの。押しつけでなく思うって、そーゆーことだと思うの。

結論は出ようが無いの。現実がすべてだから。でも、願望は、ミジンコの内にも宿すこと可能なの。どんなにでも強く、宿せるの。多分、くおんのぢょし会って、そういうもの・・・固まった結論は出ようが無いの。

ただ。願って行くの。まっとうな人として生きていたい、その内に、宿して行くものではないか。なあ。

表面だけでまとめたって、意味ないでしょう。ね?だから、答えは、Hちゃんご自身が見つけてね、っと。

固定される考えは、ある意味、邪魔かもと思っている、不良のくおんだし~。意味不明だ、うまく言えません・・・。



こより さん。

言っていいかな~など忖度無しで。どちら向いても同志で。いきなりどこからでも「雅ドンってさ~」とやれる快感。

まことそうでございましたね。爆。言いたい放題もひと時、快感でした。

心にもお肌にもグッドな、心地よい旨し茶のような・・あら。真似しちゃいましたね。

出来ないことしないことをそのままに、メンテナンスもしないで使いっぱなしで過ごされたキサキの21年。恐ろしいことに、少しずつの積み重ねの努力なければあのザマでございますのね。私の腹肉の事はこの際、無しでね。

お子さんのこともしかり。引き返せないところまで放置されて。もっとも過保護にしてもっとも放置されているという、愛子さんの惨状。語るに時間が足りませんでした。そう思いながら別れられることは、自分で動き回れないことが申し訳なさにつながっていたあの夕暮れ、ある種の慰めとはなってくれましたが。



参加者Aさん。

これまた、ご遠方から来て下さいまして。飾りの無い中身の詰まった言葉でどしっと話して下さいました。感謝しております。

お会いしていた時間は、二度の会、通算して10時間にも満たないはず。なのに、ずっと知り合って親しく語り合って来た感覚があります。次の会にもお会いできますね、きっと。ね。脅迫。(笑)。

長距離バスの乗り場を探すAさんを助けて、一緒に探して下さったというaさん。

私からもお礼を申します。後で知りました、本当に嬉しいです、ありがとうございました。


ひーたん さん。

私は、ひーたんさんを知って、世話になったからアゲるわけじゃない、お世辞いうつもりは無い、お母さま製の布袋たくさんもらったせいでも無い。そうじゃなくて。

無心な愛情というものを、知った気がしますよ。私はずるいし、いいかげんなの。ひーたんさんは、いつも直球で、まっすぐなんです。幹事をお願いしての数か月の間に、何度もそういうことを感じ、あ、そうなんだ、と、何度も自分のヨゴレを感じました。

腰痛いのに。重い大きな荷物提げて来て下さって。深夜の宿泊組タイムで知れば、何個ものラ・フランス。

ひゅえ~美味しい、と、皮まで剥いてもらって食べるだけにしてもらって、遠慮も無く頂きました。重かったでしょうラ・フランス。美味しかったです、しみじみと。

ナルさんには食わせたくないね、と。ご所望だったのですね、厚顔殿下は。みんなで、あれに食わせるラ・フランスは、ねいよ~~~と。合唱したなあ。(笑)。

こんないい方に大切にして頂ける自分では無いよな、もったいないなと自覚しつつ。ありがとう、今後もよろしく、と。


モッコクさん。

いつもピュアな笑顔のモッコクさん。深夜組でいささか深刻な話にもなってても、モッコクさんの笑顔は変わらない笑顔でした。安心させてくれる笑顔。

幹事をして頂いて、大変な思いをして下さったであろうに、会の終わってのちのコメントに

「皆さま清々しい方たちでありがたいと思いました」

と。ありがたいのは私でしたよ。まれに少しは個性の強い方もいらっしゃるけど、来て下さる方がたがハナマルさんばかりなのが、私のヨロコビ、シアワセ。それを、一緒に感じて貰えて、嬉しかったのでした。

人は鏡とか申します(え、何を言いだすんだ、くおん)。

相手が素敵に見えて、清々しく見えてって、すごおいことと思います。

カオスに満ちて情緒不安定だった若さを無駄遣いして来たくおん。60歳過ぎて、気持ちのいい方々と知り合えて、褒め合えるって、すっごい、人生的に「いいじゃん」なことだと、うひひっています(喜んでいる、の意)。ありがとうございました。



たぬきち さん。

ウェスト・ゴム同盟の同志でもあり・・・初めての邂逅でしたのに、あまりたくさん話す時間もありませんでしたのに、ジャスト・フィットを感じさせるお方でした。

ゴム同盟の志士であり、メイクはばっちりの志士でもありましたね。そして、能あるタヌキは尻尾を隠す、とも思わしめ。

見せて頂いた亡き愛猫・たぬきちさんの写真の、落ち着いてゆったりした表情。ヒゲの長いネコさんで。このタヌさんに、支えられて乗り越えられたことも沢山おありだったのだろうと、やはり未だに、母性的だった猫・マミオにもらった優しさの余韻が抜けきっていないくおんは感じておりました。マミオの柔らかいお腹に顔を埋めて泣いたこと幾たびか。今はもう、あんな泣き方をしないでいい日々に埋没していますが。

靖国へはご一緒出来ませんでしたが、拝礼の際、あなたさまのお気持ちも伝えさせていただきました。

たぬきちさんの分も・・・と。解っていただけたと信じています。



ヒミツのTさん。あるいはY、またはTさん。

びっくりしたな~、もう。実は嫉妬めらめらで、でも澄ましてお褒め申し上げてたのに。嫉妬中でも、お世辞は言いませんから、私。

そうだったんだ。すてきな経験されてよかったですね。

そして、わが会を祝福して下さってありがとうございます。

嘘の無い方だから、本当に嬉しいですよ。でも、今後も、ほどよき辛口も可、ってことで。(笑)。



ヒミツのMさん。

わかります?。

謝って下さらなくても、黙らなくてもいいんですよ~。

私にも、イヤなことイヤなヤツ(!)は、もちろんあります、が、茶さんはそのツボではないですから。ほんと。ぜんぜん大丈夫な範囲の方ですよ。ピッと、少しだけでもイヤ、無理ってこともあるわがまま者ですが。大丈夫。おけー。

気になさらないで、自分を責めたりしないで、またあれこれと。ね。(笑)。



真嶋夏帆さん。

プロの、しかも息長く続けておられるライターさんに、私ごときがエラソーにあれこれと。

Willで初めて読ませてもらった記事の、完璧と思わせる仕上がり具合に、驚愕したのでした。どれだけ手と気持ちとをかけられて、調べ尽くされているかとも。句読点ひとつにも無駄が無い。すっごいなあと思いました。

・・・かつて私も、モノを書いて口を糊していた人間です。いい時代でもあったので、調子にものっていて、商業誌の編集室のあちこちに出入りして、さまざまのものを見ましたよ。

相次いで旅客機が落ちた時は、編集者が舌打ちをして、あああ、自分が突っ込んだ記事がうすまるなあ、と嘆いてもいた。そっちの側からあれこれ見ました。

こんなこと書いてもどうしようもないですが。

私は、今までよりもっと、真嶋さんのお仕事を応援させて頂きたくなりました。このことは、はっきり決意しました。

細かい暖かな控えめなお気遣いを、ありがとうございました。 



風子さん。

お久しぶりです。最近訪問させて頂けないでいたのですが、先日、親父さんのところへコメントしておられたのを読んで、お元気なんだ、と、安心気分でおりました。

犬さんたちもお元気ですか。可愛いお孫ちゃんも。(笑)。

カラオケで、ね。爆発的な大合唱をしたのですよ。イミテーション・ティアラ。すごかったですよ~。

私、皆さまの分、歌詞をコピーして無くて、申し訳なかったのですが。あのティアラは、本当は雅子さんの私物でなく国の財産であること、それを、第一ティアラもですが、どこへやったんだ、こりゃ雅子。と、問い詰めたくてうずうずするんですが。メディアは触れず。どこも取り上げず。なんとかして、皇后さまがつけておられた品では無いと、広げたく思い・・・

ヨロコビの日が来たら、風子さんもお赤飯炊くと仰ってましたね。

一緒に旗、振ろうとも。言い合ってましたよね。

その日を、信じていたいですね!。



ayaさん。

ようこそおこし~。

くおんの会の事、喜んで下さって嬉しいです。

今日やっと、当日撮った写真・・・使い捨てカメラで撮るんです。ジュゴンさんなどは、手に取って、しげしげ見て、

「へえ、こんなカメラがあるのね~」

って世界でした。(笑)。なかなか売ってもいない。私は、デジカメも持っているのですが、うまく使いこなせないままでいて、使い捨てカメラ、去年も買ったのでした。(笑)。出来て来たらまた、焼き増しってのを頼んでね。

一昔前の写真状況。でもきっと、楽しんでできると思います、それが、会の〆の愉しみ。

アナログくおんに、また、コメント下さいね。



アビさん。

お会い出来ましたね~。

よかったです~。体調が戻られたこともよかったです。

激減した体重の話を聞き、想像つかない範囲のことで、どんなにか不安だっただろうと思ったし、お孫さんたちを案じられただろう、とも思い。

以前書いて下さった、家族をも引き裂くカルトの恐怖や、その周囲のことなど。話したいことは山盛りありましたが、時間が足りませんでした。今後も、細くても長いお付き合いを、と願います。

お元気になられてよかった。でも、パソコンは、壊れちゃったんですね、また。再起を、遠き地より願っています、頑張れアビ家のパソコン、こら、寝てたらあかん・・・て、言うてあげたい気分です。



アラ50さん。

アラちゃん。最後まで一緒でした。お茶、買ってくれてありがとう。

ちぇくちーなお口って言ってくれてありがとう、うししってなったわ。昔はよく言われたけど。。イテテ。

何も言わなくてもいいですね。もう言いません。コメントはおくれね。

ありがとう。また会おう。ありがとう、また会いましょう、けっけ。

け。ブログやっててよかったわ。



ぢょし会Ⅱ、」おかげさまで無事終えました。

アナログ写真の届くのを、ゆっくりお待ちくださいますよう。

今回お預かりした個人情報は、決して悪用しませんので、ご安心いただきますようお願い申し上げます。(笑)。












スポンサーサイト


  1. 2014.11.19 (水) 23:47
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.11.20 (木) 01:15
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.11.20 (木) 19:26
  2. URL
  3. 衣通媛
  4. [ edit ]

ありがとうございました!!

KUONさま(はぁと)初参加で初めてお目もじ致しました。やはり自分の想像していた通りの素敵なお姉さまでいらっしゃいました。
こんなヤクザな自分を受け止めて頂きありがとうございます。
吉原屋(仮名)も珈琲店もカラオケも充実していて楽しゅうございました。
靖國神社ではお姉さまと悔しさ悲しみ憤りを共有出来ましたことを誇りに思います。
また次にお目もじするのを楽しみにしております。
  1. 2014.11.21 (金) 20:18
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツさんへのお返事が、お二人様(か?)もしかして、前の記事のコメント欄に行っているかも・・・

すみません。

読ませてもらったし、お返事も書いた。

申しわけないですが、ご本人には解って頂けると思いますので、捜索していただけると嬉しいです。

メモして表にしても、こんなんなっちゃいます・・・。
  1. 2014.11.21 (金) 20:26
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

衣通媛さん。

媛さま(はぁと)。

お会いできて嬉しかったです。

>こんなヤクザな自分を受け止めて頂きありがとうございます。

このオコトバはそのまま、お返しさせていただきます。継ぎ接ぎだらけのくおんです。生まれは多分あの方みたいにはひどくないが、育ちの悪いがさつ者です。

そんなこと、いいか。(笑)。

媛さんの唄われた歌、探してみました。あの歌に付いて、もう少し、お話して見たかったです。本当に初めて聞く歌でした。

靖国で、二人して、座り込んで涙にむせんで、あの時に確かに通い合った気持ち。忘れません。ぜひ、また、おあいしたいです。

おとーさんを大切に長もちしていただいて(互いに。(笑))たまにはお家抜け出して、また一緒に、かんぱーい、したいものですね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・