KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 7
  4. [ edit ]

そうしましょう。





晩ごはんの支度をして(いま途中)皆が食べてくれて、食器を食洗機に託したら。

パソの前に座ったら。

今日は一所懸命、お返事を書きましょう。

スポンサーサイト


  1. 2014.11.13 (木) 05:55
  2. URL
  3. 麦茶
  4. [ edit ]

おはようございますKUON様!
すみません、今日はちょっと確認をさせていただきに参りました。
私の若くない脳の記憶では(笑)女子会の案内記事のところに非公開希望のコメントをしたつもりでしたが
もしかするときちんと送信されなかった気がする?ので、KUON様が読まれた記憶があるないを教えていただけますでしょうか?
それじゃなくてもコメントがたくさんあって返事も大変なのに、本当に余計なお手数をかけてしまいますがよろしくお願いいたします。
ちなみに、前後の記事のコメント欄も確認しましたが見当たりませんでした。
あと、もしもですが、送信されていて読まれていらっしゃったらそのお返事は結構ですのでお気遣いのないように願います。
いつもありがとうございます!それでは...

  1. 2014.11.13 (木) 09:54
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

麦茶さん。

気を遣っていただき、あちこち探していただき、申し訳ないことでした。

もちろん読ませていただきました。
話は変わりますが、ああいうことを考えておられる方は多いのです、とっても。まっすぐに物事を見たい方が。

リンクさせて頂いている中にもあります。へい、ゆー、みたいな感じのところなど、お読みになれば参考になるかと考えます。

へい、ゆー、は、日本語に直してお考えくださいね。私がまわりくどい書き方しているのは。たまには、クイズ、かな? (笑)。
  1. 2014.11.14 (金) 06:48
  2. URL
  3. 麦茶
  4. [ edit ]

KUON様、お返事とクイズ、ありがとうございます!
ここのコメント欄が二人きり(今のところ)なことにちょっとKUON様独占!な感じで喜んでいる私(笑)
忠臣蔵!私もだーい好きです。なんど見ても涙、感動で日本人としての誇りみたいなものを改めて思い出させてくれる。
確かお正月にはよく放送されましたよね?今でもそうなのかな?
武士道は本当に日本人の基本ですものね。男女ともに。でもこれが引き継がれていないとうか、何かしら邪魔が入って混乱し、封印された状態になるとかなのでしょうかね?
さて、クイズの件、   ちょーwww KUON様!へい ゆー でコーヒー吹いたじゃないですか!!!
マジ吹きしましたよ(笑)
そのあとリンクのところを見てまた爆笑!!!ひとつしかないじゃないですかー(笑)KUON様もう許して(笑)
行ってきましたよ。すごい数でした。全部は読んでないのですが、おっしゃるとおりでした。
非公開ではないので感想は省きますね。
いつかKUON様と二人女子会ができたなら、そのときは遠慮なく思う存分語り合えそうだと思いました。
愛してますわ!KUON様(笑)では...
  1. 2014.11.14 (金) 16:03
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

麦茶さん。

まだ貸切状態ですよ~(笑)。

クイズ、解けましたか、よかった。他にもあるのですし、ご紹介したい方もおられますが、前述の事情また、くおんの受け止め能力のことなどで、今は、まあまあ。こういう事態は、本当によくない、為にならないと思います。イヤな風潮ですね。

またいらして下さいね!。
  1. 2014.11.14 (金) 17:34
  2. URL
  3. ぽちゃこ
  4. [ edit ]

そうかぁ自信無くしたのは11年前なんだ(棒)私もこの方々を次期の…と見る自信無くしてるんだけどね。ローブデフォルメ見たらもぉガックリ…KUONさんいよいよ明日ですね!暖かくして行ってらっしゃいませ♪良い子で待ってます♪
  1. 2014.11.14 (金) 17:57
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ぽちゃこ さん。
つまり10年ほどは自信たっぷりでいらしたのね。ププッ。お気の毒ぅ。棒。(って書くのよね)。
同感ですわ、あれをコーゴーヘーカと仰ぐ自信は一滴たりとも残っちゃおりません。はよはよ消えてと願うはそれのみ。
温かくして、冬の前のリスくらい(リスごめん)まるまるして、行って参ります。ぢょし会は不滅です(ほんとか?)当分は。また!。
  1. 2014.11.14 (金) 22:05
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・