今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

「雅子様大好き」



雅子様大好き

なるブログが存在すると。

ヒミツのコメントさんに教えて頂き、その方にお返事はまだ書けていませんのに、タイトルのインパクトにこころ魅かれて飛びましたワタクシ。その方は「ふぶきの部屋」さんのコメント欄でお知りになったと。

プチ結論。  この類の口コミって、とってもおよろしいわね。どんどん拡がるといいなあ・・・夢見る瞳・・・自己評価・・・。

むっちゃ、センスがおよろしいの。帯の中央、扇子ぶっさし女の雅子「様」を、それはもう。愛していじって笑い倒しておいでのさまが、文面から溢れだすよう。苦しいくらい真摯に。この方。

<リンク転載フリーです ただし元画像の著作権は知りません>

とのお方の書かれた一部分、そのまま引かせていただきます。ご了承は得ました。・・・と思う。コメントにご挨拶だけ入れて、もらって来てしもうた・・・。



あの子は弟一家の後継ぎ?(H16弟会見)
2014/11/10  23:59

弟夫婦が単に3人目不妊だったのじゃないかっていう頭の足りない人のために。

雅子様がどれだけお偉いのか、よくわかる会見を紹介
全文みたい人は宮内庁サイトでね♡
宮内庁 H16秋篠宮お誕生日会見

-------------------------------------------------
問3
殿下にお尋ねいたします。
昨年の殿下お誕生日会見の後,湯浅宮内庁長官は,
秋篠宮さまの3人目のお子さまについて
「天皇皇后両陛下のお孫さんはお三方ということですから,これからの皇室の繁栄を考えた場合には,私は3人目のご出産を強く希望したい」
と言及しました。
その後,発言は議論も呼びましたが,殿下ご自身は,発言をどのように受け止め,
その内容についてどのようなお考えをお持ちでしょうか。


殿下
昨年,湯浅長官が3人目の子供を強く希望したいということを発言いたしました。
その会見後しばらくして長官が私の所に来ました。
それについての説明をしに来たわけなんですけれども,
その話を聞き,またその時の記録を見ますと,
私が昨年の記者会見で3人目の子供について聞かれ,
一昨年の会見でそれについてはよく相談しながらと答え,
昨年はその前の年の状況と変わらないと答えたということがあって,
それを受けての記者から長官へその気持ち,
つまり秋篠宮の気持ちに変わりはないかという質問だったと私は解釈しております。

そのことに対して,長官が皇室の繁栄とそれから,
これは意外と報道されているところでは抜けているというか,
知られていないように思うのですけれども,
秋篠宮一家の繁栄を考えた上で3人目を強く希望したい,
ということを話しております。
宮内庁長官の自分の立場としてということですね。
そのような質問があれば宮内庁長官という立場として,
それについて話をするのであればそのように言わざるを得ないのではないかと,
私はそのように感じております。

--------------------------------------
ね?作ろうとしてるんだけどなかなか出来ないんだよねーっていう話じゃ全然ないでしょ?
相談してんだよ、相談(笑)

問題です。
弟は、いったい誰と相談していたのでしょうか。
夫婦で子供作るベーっていう問題を、
いったい誰に相談しなければならなかったのでしょうか。


それはもちろん、
「雅子が傷つくからこれ以上作るのはやめてくれ」
「徳仁ちゃんのプライドが傷つくからストップかけないと」
という誰かの強い意志があったんだよ

1993年1月の画像。(KUON註:わがブログ、ここには画像はありません)

ご一家(うわあ縮小)

弟は身長差も気にして、猫背にならなければいけません

ご一家(うわあ)

「結婚が決まってよかったわねえナルちゃん」

「外交官のキャリアウーマンですからあ」

「はやくナルちゃんの御子にお会いしたいわ」

「えへへへにらにらにらにら…」

弟は母から目線を外し、暗い表情。嫁は無難に笑っている

絶対服従を言い渡されてるからね。(ところでマコちゃんはどこにいるのかね)


しもじもの家庭では考えられません。
雅子様がどれだけお偉いか、
日本でいちばんお偉いのが雅子様だということが
こういった会見でもわかります。


わかった?

あの子、べつに天皇になるために生まれたんじゃなくて、
秋篠宮の後継ぎとして生まれたんだね
一宮家の跡取り息子だから。

雅子様がお許しになったんだから
きっとそういうことなんだ

なんていう慈悲深い雅子様
What a merciful princess !

ご自分はおひとりしか生まなかったのに
弟夫婦に三人目をお許しになるなんて!


2014/11/09   10:09

弟はお兄ちゃんのことが大好きだったんだよ

ナルちゃんとアーヤ


アーヤと兄

次男の自分だけ、名前で呼んでもらえず宮号の「アーヤ」って
呼ばれて厳しくされてさ。
ナルちゃんはナルちゃんだったでしょ。
サーヤはサーヤ。
実の親に宮号で呼ばれて育ったの。

子供のころから、「ナルちゃんが天皇になって、アーヤは一宮として支えるのよ」
と言われ続けて育った。
だから兄にはぜったい服従

お兄ちゃんが、「おまえら三人目作るなよ?腹立つから」
と不快そうにすれば、その通りにしちゃった

天皇皇后に「ナルちゃんに遠慮して三人目しばらく作るなよ」
と言われてしまえば、その通りにしちゃった

女性は35才を超えれば、妊娠の可能性がぐんと低くなる
それでも、頑なに三人目を作らなかった

え?じゃあなんで三人目を作ったかって?

2003年末に、天皇皇后から「もうそろそろいいよ」って言われたんだって。
このときキコちゃん37才
ひどいよねー
ひどくね?

(略)

雅子様のときに、産科医から女性の年齢と妊娠の関連については
天皇皇后もさんざん聞かされていたはず
やっぱり雅子様のほうが天皇皇后より偉いんだな
雅子様は日本一

キコちゃんは37才で「いいよ」と言われ39才で妊娠出産した。

・・・・・・たとえば神様に、

「遅くなってもかならずピッカピカの男児が誕生する。
いまの日本では誕生時期が重要である
ときは必ずやってくる
だから安心してそのときを待つように」

なんてお告げがあったのならわかる

あったのかな キャハ




・・・…画像も貼れないご紹介で申し訳ない思いです。

ユキナさん(ブログ主さん)、わが部屋への秘密コメントさん、ありがとうございました。

ヒミツさんは、このように書かれていたのです。

「こういうやり方もあるな~」と。

雅子様が大好き。うはあ。うははははああ。

スポンサーサイト

コメント

masakosamalove

見てきました。
10月から始められてて、ものすごい速さで80件あまりupされてます。

「おもしろいわぁ」と、思います。

皇室のこと、日本のこと、いろんなブログで勉強させてもらっています。


おもしろかったです。

今のところ、残念ですが、ゆきな様のおっしゃるとおり、雅子さまが一番偉い、状態です。
あのような方向からのブログもあるのだと感心いたしました。
ご紹介ありがとうございました。

宮沢賢治

雨にも負けず の詩の回が好きになってしまって何度か見てしまいます。
ほんとにそーなんだよ、驚いちゃうね。キャハ!
と少し真似をして見ましたがぜんぜん似てないよ。


私も見てきました~

秋篠宮家の初めて見る写真がとても素敵で
楽しかったです。^^
いろいろな角度からまた気づかされますね~!
ご紹介ありがとうございました。

新手法?

雅子様大好きブログ、私も見に行きました。
文章は東宮擁護ですが「実はね~」と囁く気配を感じました。

沢山の画像をアップされていますが、東宮一家の画像が何気に奇妙だったり、秋篠宮ご一家のものがどれも素晴らしいシーンばかりだったりで痛快でした!


12日に下さったヒミツのMさん。

内容、納得です、お気持ちよおく解ります。ほぼ同感です。私の大切な友人も同じ思いです。沢山います。でも、この現代の日本で、素直に口に出せないことの一つになってしまっています。経験済みです。自分が何かを書く時は、ミジンコなりに、どんな反論があってもそれは、仕方の無いことと自覚はします。

そう言う以前のヒステリックな暴論がどさっと来るのが特徴で、悲しい思いをしてる方も沢山です。すぐに来ます。書いた以上は、反論への対応も出来ると思いますが、私は、今、皇太子夫婦のこと以外にあれこれできる体力気力時間が無いんです。だから、いいかげんには言えず、初めから黙っていることにしています。

そうなってしまいました。本気で追いかければ、つるりんと撫でてはすまないですから。ただ、こういうことは、前を向いて行くには、そういう意味では「不幸」なことと思いますね。

誰でも自由にものが言えるようで、陰湿な見張り番が張り付いて来る。風潮としてよくない気がするけど。

平和平穏はすばらしいことだけど、流れない水は淀んで腐って来るのですね。

私の感想はこういうことです。よく解る、と、言ってよければ、よおく、わかります、と。

さぶた さん。

面白いですね、本当に。タイトルとは真逆で。徹底的に「雅子様」をコケにし倒している。と同時に、あの方は、それをおゆるしになっておられる(のかどうかは解りませんがと思われる方面への不信感、嫌悪感を、はっきり出しておられる。

目の覚めるような鋭いブログを読ませてもらいました。今朝読んだ、サーやさまのご結婚に関しての兄二人の対比も、なかなか・・・すてきな写真もいっぱい見られました。

琥珀さん。

>あのような方向からのブログもあるのだと感心いたしました。

本当に、これ、ですね。私も感心しました。若い方も読んでおられるようで、心強く感じます。すてきなセンスと思いました。

アビさんも?(笑)。

私も、初めて見る写真があって嬉しかったです。

皇后さまがナルさんに屈みこむように話しかけている(あの方の空想の?)会話は。

超絶、すごいと思いましたね。あんな風にあんな目で、長男さんを見て話しかけて来られたのでしょうか。でしょうに。ね。

今は、ほとんどその愛しい長男坊に、会えることも無い。

ぶんこ さん。

タイトルは「大好き」ですが、真逆ですね、きっと。当然。(笑)。

興奮しましたね、私は。わあ、すっげえ、って。写真も沢山で、すばらしいブログを知り得て、楽しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1899-6fedec64

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (241)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (12)
くおんの万葉集 (5)
くおんの万葉集・番外もあり。 (1)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん