KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

ふたたび今朝の思い。

雅子さんはオランダ王室のメンバーを、自分の側の人たちだと考えているのだと思います。

オランダはおとーさまがいらっしゃる国。いるばかりでない、日本の準・天皇(あの一族がそう信じている妄想)として、VIPとして王宮へも出入りしてブイブイ(雅子さん的快感感覚)言わせちゃってるし、始めのあの時みたいに静養での滞在に国家予算(雅子さん的誤認・国民の血税ではある)が使えちゃうのだし、まあ皇族だから当たり前なんだけどね。私は皇太子妃殿下なのだから。

あっちでも気に入ったことは仕方が無いから付き合ってあげて。愛子に専属のシッターをつけてくれればよかったのに、気の利かないオランダ人だわ、あの人たち。朝からヨットなんてかったるいことは、誰にでもニヤニヤ笑って頷けるんだからナルだけ行かせて。親切ぶりっこの押しつけがましい女王の相手はナルにさせておいて、わたしは、前の夜、おおっぴらにおとーさまおかーさまや妹たちとどんちゃん騒ぎ、あああ、肩の凝りがほどけたようだわ。

日本にいると、実家の親や妹に会う、泊めるなんてあったりまえのことにさえ、どーだこーだとウルサイ人たちが、文句つけて来る。鬱陶しいったらありゃせん。

私に親切にしておいたら、あのヒトたちだって、うちのおとーさまの覚えがめでたくていいことあるでしょ。私は必要とされているの。オランダにとって欠かせない大切な人なの。こんなことが、日本人には解っていない、だからダメなのよ。馴染めないわ、一流の人たちじゃないからね。日本人って。

オトーサマはだから、去年だって、ウィレムたちの即位式にお前が行ってやらんでどうするんだ、って、 強引 熱心だったのよ。トシ喰って来てるから自分の親でもウザイと感じること、あるわ。せっかくあっちこちでうまいこと泳ぎ回って作ったお金もさ。私たち・・・いいえ、妹のオットは弁護士と医者だからいい身分、あの子たちはいいのよ、お金やらなくても。要るのは私よ。何しても税金税金言われてさ。私にはお金が要るの、自由なお金が。なのに、うちの父親、年とってからスッテンテンになっちゃってさ、娘はいずれ皇后になる、そしたらどれだけでも返すからってあちこちでし回った借金で、首まわらなくて。家も買えないの、あの年で準皇族なのに。バカにしてるわ。くれたっていいじゃないの、わたしの実家なのよ、時には帰ってあげるのよ、不動産屋だって近所だって、名誉なことなのにね。

バカみたいだわ。おかあさまだって、皇室に入ればお金なんかどうにでもなるって言ったくせに。そんなこと無い。

私、すっごく肩身の狭い思いしてる、でも、遠慮することは無いと思うの。カバン一つ買うにもウルサイ、鵜の目鷹の目で見られる、けどさ。無視よ。私を誰だと思ってるのよ。

腹立つからこの間は、7個まとめて買ってやった。金持ちの娘から金持ちのツマになっててさ、何にもしなくていい思いして来て、男の子産んで自分の天下って顔してる、愛子のクラスのあの女、ワタシに、皇太子妃殿下に、近寄りもしない、お茶にも誘って来ない、あのムカつくオンナ、〇〇のバッグしか持たないみたいよ、って聞いてさ。

な~に気取ってるのよ、〇〇家が何よ、家柄言うならナルの家、皇室が一番よ、私はそこの跡取りのツマ。だから我慢してやってるの、舐めたらあかんとか、シモジモでは言うのよね、こういう場合。私はそんなこと言わないわ。黙ってたってわかることをわざわざ口にするのは下品というもの。下品なわたしにだけはなりたくないわ、んっふっふ。あの女が取り寄せ頼んで待っているって聞いたバッグ。手を回してちょっと脅して、こちらへ回させてやった。このシーズンこの品は一点だけ、とか。エラそうに、たかがかばん屋が。

妃殿下のすることよ。誰に文句が言えるものですか。年に一点しか日本には回して来ないブランドってのも、随分勘違いしているわね。私は皇太子妃殿下。こういうセレブ中のセレブの身分の要求に対しては、問答無用でひれ伏すべき。

それを渋ったあのブランド。身のほど知らずだわ、長くないわね。おっほっほ。

誰も私にひれ伏すもの。悪口書きまくるド庶民など、ナルが即位したら即にでも、潰してやる。見ているがいいわ。

くおん、わかってるわね(この部分、ブログ主の空耳)。

ぶつぶつぶつぶつ・・・。

去年だって。ホントは、私、オランダ行きたくなかった。着るモノ何も無いんだから。一応出させてみた、そしたら、シミついてたり脇のした変色してたり、ファスナーはちけてたり、上からかぶったら着も脱ぎもできなくなって、20分いや30分くらい、腕をあげたままもがいてた、お腹スースーして冷えて来てね。腹が立ったわ。誰も部屋に入るなっていいつけておいたから。この頃いるのは、私のメイレイをはいはい聞くばかりで融通がきかない、ああいう時に察して飛び込んで来て助けようって忠誠心の無い機転のきかないヘチマばっかり。中、すかすかばっかり。

で私、もがいてるうちにタバコ喫いたくなって、苦しいしイヤになって来て・・・だって、皇太子妃殿下が、昔の服に捕まってたばこさえ喫えないでいるのよ、そんな理不尽なことある? 人権侵害よ、腹がたつじゃない。

もごもごしてたらドアの開く音、愛子が帰って来てた。

声がしないのは、突っ立って、もがいている私を眺めていたのよ。何をしようともしないでね。気が利かない。愛子にも苦労させられっぱなし、どんなに苦労かけられているか。ナルはへらへらアタマ撫でてただけよ、いつだって、あの子が育つ間。ずっと。何もしようとしないの。愛子が触りに行くと、手、拭かせるし、愛情なんか無いのよ。

それでも自分に似ているって言われると上機嫌、ワタシが苦しんでいるのに、いいじゃないですか、こんなに可愛いのですからって、そればっかり。

一度、踵落としって技、かけてやったわ、テレビで見ていいなって思ってた、そしたらナル、除けることもできない〇〇だもの、私のカカトが脳天直撃、かぶってるあれがショックで吹っ飛んで、愛子は手を叩いて笑うし、私は無理に足挙げたのがたたって、股関節が痛くて、もう・・・園遊会って何なの。あんなもん、でるモノか。国民は私に礼を尽くして来るモノ。こっちから会いに出て、歩き回って声かけてやるなんて、とんでもないことだわ。

ナルが行くからいいの、私は。

で。あの時は愛子に、ハサミ持って来させて。いいから裾からドレスを切りなさい、ママを切らないでよって言ったら、あ、って返事して。

なんとか脱出できた。おとーさまを恨んだわ、あの時は。自分はこうしろああしろって命令だけして、細かい苦労なんか解ってないの、あれは。

そう、オワダヒサシは私にとって「あれ」よ。だって私は妃殿下。あれは、その、実家の父親。それだけのモン。解ってないのがバカだわね、って思うようになったわ私。倒れたって放っておいてやる。オワダ家の伝統よ。

とか言いながら。オランダ、行ってあげた。ナルがおとーさまに「行けるね、ナルヒト君」と、すっごく丁寧に頼まれて。

そのつもりです、行きます、とか、ええかっこしてナル、答えたから。

私も気晴らしになったわ。専用機だったから昼寝も出来たし。あれ、買ってもらう約束もさせたしね。

税関フリーパスよ、トランクがっちょり通したわ。そのために行ったって過言じゃない、60個だったか80個だったか、もっとあったか・・・あのドレスは、もともと皺だらけだったから、帽子と靴と一緒に突っ込んだ、入ったからまあ、よかったわね。

あっちで、沿道の人たちが、ひゅーひゅーって歓迎の声、かけて来たし。あれ、よくモノゴトの解ってる日本人だった。

気分いいわね、よく解っている人たちに、正しい歓迎を受けると。

伊豆や那須へ行くのを止められないのは、それもある。愛子だって、内親王殿下なのに、あの場所以外で誉められることなんかない。可愛いって愛子に叫んでくれるのは、駅前の人たちだけだわ。愛子だって機嫌よくなるし。フビンな子よ、あの子も。そうなのよ。

吹上だって、連れて行ってもじっと見るだけで可愛いとは言わない。ナルの弟のとこのアレ、見るだけで腹が立つから、あれを好きだって言った時・・・き、のつく名前のあのお澄まし女よ、あれ、大好きとか愛子がむずかったから。思いっきり抓ってやった。あそこの娘たちには買えないGのバッグ、うちの子に買ってやったのも、あてつけよ。フン。

あそこの家のあの〇キは、可愛いの素敵だの、腹立つことばっかり言われて。気品があるって。気品って何よ。理不尽だわ。世も末よ。あんなの、どう頑張ってみたって、二番目。二番目になど何の意味も無いのよ。

って。またオトーサマ言うから。二番目では金を生めんって。たまには本当のことも言うの、あの〇ケじいは。即位式に私が出て、オランダに恩を売っておくんだ、あちらが望んでいるんだ、出てやるのが次代皇后のつとめだ、そうなんだよ、まさこ。

そこまで言われたらひと肌脱ぐしかないじゃない。

出てあげようと、おもったのだわ、私。

今度のこともそう。同じ、次期皇后だから晩餐会出てやっておけって。出ようと思ったのワタシ。

皇太子妃殿下として。

次代皇后として。

大丈夫、意地悪な陰険な人たちなんかこわくない。

〇〇〇〇から取り寄せている薬が在る。あれさえあれば、私は、何でもできる。

容量だの用法だの。知ったことでは無い。自分でわかる、自分で必要な時、必要なだけ、使えばいいの。それって、どれだけ自由で豊かな気持ちになれることか。

世界で一番頼りになるもの。

それは、クスリ。そして私は、クスリくらい、どれだけでも、部屋中にストックしておけるくらい、買うことが可能な身。

妃殿下ですもの。おっほっほっほっほ。



・・・・・・・・・・書き始めたらオートライディングになってしまいました。

雅子さんという方はおそらく、内部的なある種の崩壊がどんどん進んでいて、感情論でなく現実的に、公の場に出すのは「いけない」のでなく、本心から言いますが「そうしてはならない」方になっておられると考えます。


29日の歓迎行事、晩餐会。正視に耐える状態ではありませんでした。

あれを持ち上げていたメディアに対しては、また書きたい気がします、雅子さんは、表へ出してはいけない現実とだけ、何度も書こうと思います。

雅子さんがオランダ国の外相と「皇室外交」をしていると、あの情けない写真を報じたメディア。国王より先に日本へ入っていた外相、とっくに話は終わっているオランダの「従軍慰安婦」について、まだこの期に及んで、引っ張る意図を持った政府要人ですよ。あの男性の目に、わが国の東宮妃がどんな風に写ったか。

数ミリでも想像力があるとしたら、あの写真使える訳が無いと思う、日本の国の日本のメディアの人間なら。

雅子さんを、出してはいけない。自分が出たがる今回のような場には、もっと出してはいけないと考える。写真はどんな風にも使える。後付けの言い訳など、そんなもの。

先日30日も、ピンクのスーツでオランダ国王ご夫妻と昼食を共にされ、その流れで(か)、玄関先で、両陛下と一緒に、ご夫妻に向かって手を振っていました、雅子さん。

つまり皇太子妃としての儀礼でなく、自分や実家の父親に絡まる自分側の人間・・・実際は全くそうではなく、国王夫妻が相手にするのは、両陛下また日本の国の持っているもの・・・なのが現実なのですが、雅子さんは勝手に、自分が会ってやってもいい、かまわないと認識している相手のために、のこのこ出て来ているにすぎないので。

皇太子妃としてでなく、オワダの娘雅子、もっといえば、国王夫婦の「つれ=トモダチ」である雅子、としてだけ、出て来ている。

大ばか者なのです。そんな生易しい存在、状況では無い。国辱、国賊です、父親にならって。



皇室は国民の手本。などと、わざわざに言い出すと苦笑ものでしょうか。

少なくとも、日本の皇室が、日本人のあれこれの「手本」であったことに違いは無いと考えます。

それが、天皇皇后両陛下の真横に、しかも皇后陛下の横、という位置に、一歩さがることなく立って、手を振っていた。

横並びに、間違った立ち位置で、そして、皇太子は、父親の後ろに下がった場所で、妻を下がらせることもなく、土気色の貌で、ふぬけた顔を全開に手を振っていた。

終わりだ、と私は、奇妙に冷静にその写真を見ていました。

表へ、この姿が出て来ているのだ、大きな何かは終わったのか、と。

皇后陛下を、ご立派な超人的なお方、誰にも真似のかなわない運命的な皇后陛下と、感じて来ました。今も十分、その気持ちも崇敬の念も在しています。

けれど。なぜ。

なぜ、左手を振っておられるか。

右手を振るものでないのか。

だから左手を、国民に向けて振り続ける雅子さんが批判の対象になっていた。

きのう、素晴らしい和装姿の最高の日本の貴婦人、美智子皇后さまは、にこやかに、国賓に向かって左手を振っておられた。

いつもの雅子さんのように。


・・・・一気に書いて今はこのままに、させておいて頂きます。のちほど、また。

お読み下さりありがとうございます。

・・・先に書かせて頂いた、日曜日の夜の高島屋での催事場への東宮一家のご訪問。

夜の10時にはまだデパートにおられた愛子さんは、翌日月曜日、大方の予想通り、午後からの登校だったのでした。




スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです

くおん様、大丈夫ですか?
私、当地にあの卑妃が来た日には、
偽者日本人!
売国奴!
怠け者!
嘘つき!
穀潰し!
エロ女!
泥棒!
無能!
税金返せ!
…その他諸々
(不正ワードで弾かれる)

浴びせかけてやりたい衝動を日夜必死に抑えております。

皇室って…何?

寝込みそう。

KUONさま、お疲れ様です。 想定内と言えば想定内ですが、実際に目の当たりにすると凄まじいですね。物凄い破壊力。色んな意味で(私の心を含む´д` ;寝込みそう!)此れだけ破壊出来るほどの愚か者は早々存在しません。

オランダ国王夫妻はオバマさん来日を彷彿させます。この後韓国では日本から戦時中のデッチ上げで賠償させよう協定でも出来上がりそうですね。 『マックス・ハーフェラール』 を束でぶん投げたいです。

しかし、オバマさんの時は不幸中の幸いにして アレはいなかった。 これほどの利用価値あるオロカモノはない。本当に、思考停止して 溜息しか出ませんでした。愛子さんは保護すべきです、民間なら十分に対象になり得ます…!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

佳世さん。

お返事おそくなってしまいました。

大丈夫です、まだまだ行けます、アレラの果てを見届けるまでは。あ、もうすぐですかね。その後は静かな老後・・・いやあ、それもまだまだです。

やりかけてる仕事、もう少し続けたいですしね。

人がどうも出来なくても、どうにかならんで済むものか、と、最後はそのへんに行きつきます。苦笑。

一杯あるんですね、溜まってること言いたいこと。車で通り過ぎる間には全部は無理・・・歩いて通る間なら、誰かにストップ掛けられてしまいそう・・・うちら、お下品イヤイヤ同盟ですから、どっかの指、着きたててアピールなんかイヤですし。

私がしてるメールに、佳世さんの書かれた言葉コピーして、今日、送ってやろ。民の怨嗟の声を聞かんかい~~って。オーケー? 私の名前でしますからね。(笑)。

カタリナさん。

秋なのに。ボードレールだのグウルモンだのウットリの世界に浸っていられない、あの猛烈破壊魔人のすることから目を離せない、というか、目が離れません。

恥の自覚が無いと言うことは、凄まじいものと実感。しかし、完全に正常な状態(誰しも何が正常なのかは断じえない部分を内包するとしても)でない公人を、どう考えても大量の薬物の影響を受けている状態と確信できる状態で、公の場に出させているって、そちらの側の罪、なども考えてしまいましたよ私は。

雅子さんが「放置できない状態にある人」なのなら、晒し者のごとくああして、世界中に配信される場所に、出しているって。ネットで言われる「公開〇刑」に匹敵するのでは。

四の五の言わずに処置してさしあげるべきところへ来ていませんか。強制執行というやり方だってある。

事実、オランダでの報道画像では、一切皇太子妃の姿は抹殺の形。そのお立場を表現する時の画像は、紀子妃殿下です。私は、これも間違い誤解のもとだと心配ですが。

日本のメディアだけですよ、ヒステリーみたいに「おーるまさこさま」で騒ぎまくったのは。持ち上げた奴らの顔、しっかり解っています、そのうち、へらへらしていられなくなるだろう。羽鳥さんのところの放映の仕方が一番マシだった気がします。

フレンチのコースの再現、皿あれこれ見せて、あのハレンチ妃の画像は数カットだけ。あの朝のあのやり方は素敵でした。

オランダ国王とクネは、並んで歩いていた、儀仗礼を受けてましたね、ご夫妻。何か、エネルギーに関するなんちゃらで「合意をした」ことがあるらしい。勝手になさって、でしかないですね。日本の次に韓国って。不思議なことを。あ。それで、あちら的にはオーケーでしたね。(笑)。イヤですね。

ヒミツのYさん。

楽しいこと書いて下さいましたが、秘密でもって晒さないでね、でもって、だと、お返事もなかなか難しゅうございます。コメントの中身を思い出しながら返事しないといけないので。

そうですね、想像できないくらいのお金持ち・・・新車の灰皿が満タンになったら車ごと取り換えてしまうようなオイル関係とか。宗教法人の元、みたいなお家なんぞも含めて・・・一流ブランドは、市場には出回らないモノも、特殊な方法でお届けするんですってね。私は知りませんが。(笑)。

で。ダイアナさんは、お金をかけるだけでなく、安価なモノをお洒落に生かすのがお上手で、それも人気の一つだった。それってお洒落の基本だと、私も思います。

で。雅ドンは、お洒落の基本なんか無いし。ある種、一番下品なタイプの成りあがり家の娘で。私は、成りあがりで品を供えた方、立派と思いますが・・・おられますよ、けっこう。でもあのご実家はね、最下層、気持ちが。

雅ドン、日本のある部分に生息する、ロゴ見せびらかすしか脳の無いクラスの「ブランド好き」。服は吊るし・・・シャネルの吊るし・・・うちの近所に、今まで無かったしまむらという店が出来たので、見に行ってきました。感心しました。ぱんつ(ズボンでない)が、二枚セットで380円。感動しました。買ったかどうかはお答えしません。(笑)。

私は、ロゴバッチリのかばんは、恥ずかしいと思ってしまう小心者です。娘のお下がりで(笑)幾つかは持ってます、使わないせいかカッチカチになっています、・・・本当は、自然素材の一点もの、というのが、一番好きです。一番贅沢ですかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1878-4c59172c

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (254)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (56)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (17)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん