KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

平和な日曜日。追記あります。

秋らしい素敵なお天気で、季節のものなど引きずり出して風に当てたり軽く洗って干したり。

縁にペンキ塗ったり昨日の晩ごはんに出した煮豚の濃厚たれで煮卵7個も作ったり、思い立って密封容器の本体と蓋のあわなくなってるヤツ大量(なぜだ?)の処理、思い切ってしたり。

しゅふっぽく過ごしたインディアンサマー。夜になって、やっぱり買って来るべいと車出してもらって・・・ワタシは運転できないんです。免許は早くに張り切って取ったのに、辻ごとに怖くて停まる、ここでウインカー本当にいいんだろうかと強迫観念にとらわれる・・・何故だ?・・・とにかく、人生のほとんどをペーパードライバーとして過ごしてしまいました、ので、週刊誌買いに行くにも誰かの手を煩わせる。誰かとはまあ、夫、通称「ぢいさん」です。このヒトあまり「イヤ」という言葉を発したことがない。

いいよ、と言う。すごいな~と思います。

とか、感心しておりますが。(笑)。

私が週刊新潮、やっぱし欲しいとなったのは。

恥ずかしいですが言います、とあるサイトで、例の夕食会の日の雅子妃の、グラビア写真に於ける「耳」。

お耳の内部に、これは本来、誰でも溜まるモノではありますが、ことさらに取沙汰されることも少なかろう、と考えられる,内密に自然に処理される(はずの)物質の、蓄積が見られたと。

雅子さんの耳の中の耳垢が(ごめんなさいこんな話題で)写ってる。

と読んで、見たくて見たくてそれが見たい、どうにもこうにも我慢できないくらい、それをそのグラビアを見たくて、今週号はまあいいや、買わなくても、と決断していたそれを、買いに行ってしまったのでした。ミーハー。はい否定しません。できません。

結論。

写っております。皇太子ヒデンカの、右側のお耳の中に、それと以外考えようの無い物体が、ヒヨコのクチバシみたいな「ぴー」って言って開けてるみたいなカタチのモノが。

顔と同じ、いや顔の大きさ以上の巨大な花(キャベツ?)も見えます、がっしりと、ヒデンカの右肩の全てを覆う激しさで存在を主張しておられます。

・・・キャベツ、いや、造り花に敬語を用いてしまいました、耳垢ショックにいささか動揺していますのか、わたし。

雅子さんの向こう側には、これはなんという悪意か意地悪かユーモアか。現首相令夫人の、上目遣いで口はフンガ、とばかりへの字に結び・・・のお顔。何を意図してのシャッターチャンスでしょうか。

多忙なご夫君ともども、皇室の〇〇夫婦に待ちぼうけくわされて挙句、この一枚を出されておられる首相夫人。

蛇足ながら、雅子ヒの手前には、皇太子の義理の叔父上、島津久永氏のうつむき加減のお顔も写りこんでいます。

数か月前、さる会場に於いて、ご両親と離れて氏の隣席におられた悠仁さまに、話しかけておられた折りの島津氏は、優しい柔らかい親戚の大叔父様、の貌をなさっていた。上品でいらっしゃいます。

雅ドンの近くにいてのこのお顔は・・・解りません。ただ、きっと、コノヒトニゼッタイコンリンザイカカワリタクナイ、などの思いを抱いておられるご相貌のような気が、しないでもないと、申し上げるにヤブサカでない、といったあたりでしょうか。

耳垢。耳垢を写されてしまっておられる皇太子のヒデンカ。またその写真が使われている。。。他の写真なら写らないで済んでいたのでしょうか、雅子さまの耳垢。

それと、さあ。

いきなり、なぜ、どなたに向いてのタメ口。どうしたKUON、何があった。

・・・それと、ねえ。

耳の中の物質の存在も、!!に充分値する(これは私見です)ものですが。

あのう。

髪の生え際が、なんか、よく解らない状態になってるの・・・(だからタメ口ブリッコはやめなさ・・・)。

アップってより、お団子ヘア、なんです、この日の妃殿下は。アタマ後方。上部に、長い髪をくるくる巻いて、ぎゅっと押しつけて留めて、の感じで、まとめてある。断固、これは、プロのお仕事では無いと確信。

そのお団子部分は、まあ置いておいて。

生え際。後ろへ梳きあげて、きれいに梳きあげて…後ろで・・・解らないので思った通りに書いてみます。

生え際。おでことの境目。ここにだけ、幅広のカチューシャ貼りつけるごとくに、落ちないように剥がれないように、肌いろの何かを足して、そこに植わっている(みたいな)髪(みたいな)ものを、後ろへ梳きあげているみたいに見えるの。

どう見ても、目が寄っちゃうほどぢっと見ても、色も濃くて違うし、多分地髪?との境界線も見えるし・・・

いえ。加齢と共に、体のあちこちに、あり過ぎたり足りなかったりの現象が現れて来るのは仕方の無いこと、私だって日々実感していること。

基本的に、それをして気持ちが明るくなるなら、整形も否定しません。後を引くと聞くと、怖いのできっと、しないですが。お腹の脂肪がぎゅううんと吸引されるなんて、いいなあって気持ちは持っています。できないけど。

・・・皇太子やその妻が、足りないものを足して生きておられることを、嘲笑うほど完全な自分では無い、全く無い、全然ない。

でも・・・・・・・・・・不思議な生え際なんです。よく解ってしまうんです。

肌、頬っぺたにはきっと最近、ヒアルロン酸だかデトックスだか、詳しくないから間違ってるかも、とにかく、何かされたのか、グラビア写真に限って言えば、艶々しておられます。白けるほど艶々。

ものすごいブルーのドレスの材質が、決してシルクなんかじゃなくて、運動会前に母ちゃんや祖母ちゃんが、必死で縫い上げてしまう、子どもの、一日限りの衣装みたいなサテンもどき、あれにしか見えないのと同じかなあ・・嘘臭い、何もかもが。

年間、どえらい金額をお使いのお方。何だってできる、こう言われるのが定番になっているお方。

アタマにだって、フォン〇〇ヌとか。まつさかけいこさんがデルモになってるああいうのとか。ああいう、綺麗で簡単で(らしいですよ)ふんわりすてきなヘアでお出掛けできます、ってウィッグ、あるでしょうに。

夫君の方はアデ○○スが提供してるとかどうとか・・・宣伝効果を疑ってしまわれそうで、どうなんだかと。

かぶってもいい、貼りつけても言い、植えたっていい、使うならマシなヤツをかぶって欲しいだけです。

人前に出るんだから、耳掃除くらい・・・耳の中くらい、毎日だって掃除できる、私はやり過ぎと耳鼻科で叱られてる、と、見開きたった2枚の黒白グラビア見ながら、ヒマねえ、と言われるの承知で、感じて書いてみました。

耳垢くらい・・・いや、とほほ。なんやねん、これって。

ちこっと文字もある、最後の方の部分を、書き写します。毒食わば皿まで、です。この用法、合っているんでしょうか・・。


「雅子さまも、心中穏やかではなかったでしょう。この10年間、女性宮家創設の議論が定まらなかったことも在り、愛子さまの子育てに苦慮されてきたのです。このことも、雅子さまのお心に影を落としてきたのだと言えるのではないでしょうか」


ですって。は。最近では、皮肉イヤミあてこすり、鬼気迫って来ていると感じるのは、私だけ? 


・・・ただいま月曜日、朝6時12分。冷蔵庫から卵を出そうとしてフト、気づいた。
誤りならば即、正さねば。ともかく気づいたことを書き足すくらいのことはせねば。キリっ。
あの生え際。もしかして写真に、書き足してあったのかしら、と。そう考えるに無理はない。
大声でどーだこーだとわめいて、ひでんかに申し訳なかったのか? わたし。

だってあんな、ばればれのことを・・・週刊誌。編集部。どうせならもっと、判らないようにやって欲しかったな。またオッチョコで記事書いて、恥ずかしいじゃないか。← 逆恨み。逆切れ。ひじょーに見苦しい行為と思われます。

だからどーなの。耳垢は写ってたわ。← 開き直り。良い子の皆さんは見習ってはなりません。多分。


なんで昨夜、生え際問題に(も)固執したのか、私。

そこには嘘が在るに違いない、との先入観でしょうか。あまりよくないですね先入観。← 珍しく内省しております。まつさかけいこさんのお名前まで出して騒いだ、恥ずかしい。ってか。

出ておいでなら「ミバ」よくと願う。

まだあった。苦笑。

鼻。鼻筋が一気に通っておられます。流行の、ちゅんとつまんだ可愛い反り鼻の風味でなく。絶体それはお似合いでないだからでしょうが、プロテーゼというのですか(調べてみた)それに、間違いない。


以前も急にそんな顔になっておられて、車の中での横顔でしたが、ギョッとした記憶が。

何度でもいれられるのか、どういうものなのか、どなたかお詳しいですか?。

江戸時代の、上手でない絵師が描いた、成功作でない「錦絵」みたいです。なんでもいいけど、美容外科最先端の国のトウグウヒ。出て来られない方が、と、ココロからお勧めしたいわ、のレベルです。

オランダ国王ご夫妻もうすぐいらっしゃいます。あのご夫妻は、日本のロイヤルリサイクラー、クレイジープリンセスの実態は、既知の方々ではございます。

スポンサーサイト

コメント

わたしも運転苦手です

こんばんは♪ 私も運転緊張するヒトです。でも、通勤で毎日使ってます。今乗ってるのは白のキューブです。コロンとしてて、かわいい車です♪ でも、できれば運転したくない。
私も平和な日曜日でした。お天気良くて、ワンコたちとお散歩したり、栗ご飯炊いたり、読書したり、ぼゃ~んと過ごしました♪ 明日からまた1週間、働くための充電ができたかな。
そう!! 働くのです。ちょっと風邪気味で実は身体がこないだからだるいんですけど、多少の無理は当然です。だって、いきなり休んだりしたら職場に迷惑かけますからね。お弁当だって、毎朝5時に起きて、夫、私、息子3人の分…つまり5個を朝御飯と並行して作りますよ~。でも、当たり前だと思ってます。私が選んだ生き方ですもの。
3男坊は中1の野球小僧。小学校のときはセカンドだったのに、こないだ監督に「ピッチャーになれ」と突然言われて舞い上がってるお調子者。とにかく食う食う食う!! 我が家の米は買っても買っても底をつく。休日は4時起きでこいつのために弁当です。
母は結構へろへろ。でも。お弁当作りに神経使いすぎて、ご公務…ではなくお仕事ができないなんて言い訳はしませんよ。おほほ…。
なんて、くだらないこと書いててごめんなさいKUONさん。
で、ビックリしました!! え!? ホントに…ですか!? ミミアカ…!? まじで!? 耳垢!? それはあり得ないわ~。以前、ナル氏のズボンにシミが…ってこともありましたが、もーなんであの妖怪夫婦は揃いも揃って、そんな残念なことばかりするのでしょうか。
人前に出る、しかも好き好んで目立つ登場のしかたをするなら、せめて全身くまなくチェックしましょーよマザゴザン。悲しすぎ。テレビ入るってわかってるなら、なおさらでしょ。
駄目だ。終わってる。まだ新潮見てませんが、わざとその写真を使ったのでしょうか新潮は。
ああ、恥ずかしい。

耳栓かも…

はじめまして。
いつも拝見しています。
納得する事が多く、勉強させていただいています。
ところで、雅子さんの耳垢、私も耳垢だと思いましたが、虫眼鏡でアップしてみますと、どうもクリップ型をした耳栓ではないかと思いようになりました。騒音を減らして会話できるとかネットショップには書いてありましたが、そんな耳栓があるとは初めて知りました。そのショップをここに上げることがうまくできなくて申し訳ありません。時節柄ご自愛下さいませ。

KUON様こんばんは。

私も、えむなさんと同じく恥ずかしいに同意しますわ~。
恥ずかしいやらみっともないに情けない。

税金で暮らしていて想像を絶するような不潔感満載とは。
写真に写るくらい(新潮読んでいませんが)耳垢ため込んで晩餐会に出席していられるくらいだから、身の回りに気をつかうどころじゃないんですね。
だから愛子さんのセーラー服のスカートのほつれなんて気にしませんね。

せめて写真なり画像に写られる時くらいは嘲笑されないようにしてくださいませ。
わかっていればですが。

ここのところ冷え込んで来ました。
KUON様、お身体に気をつけてくださいね。
私は首を長くしてお待ち申し上げます。

読者の皆様もお身体大事になさってください。(私は早くも手荒れでまいっております。)

はじめまして。

いつも楽しく拝見しています。
まさどんの耳垢?み、見たい。で、ネット検索したのですが発見できず。
明日の朝出勤前に手にいれます。でも、ひょっとしたら耳栓かもですね。
精神疾患のある人が、耳栓を利用することは良くあります。幻聴の緩和。
又は特定の音(人によって違いますが、食器とスプーンなどが擦れる音、咳、様々です。)を遮断するため。耳垢でも耳栓でもどちらにしろですね。
とにかく新潮見てみます。

耳垢?
耳栓?
どちらにしても、晩餐会での皇太子妃として、
ダメでしょう?!

耳栓は、基本的に雑音を緩和、
でも、人の話は聞こえる様に作られています。(安全性考慮)

「話しかけられるの、めんどくせーっ」
と、音楽を聴いていなくても、イヤホン外さない、若者とか、いますが。。。

耳栓、イヤホンされていると、用件は、話しますが、会話する気は、失せますね。

「耳垢?、やだぁ、いつも、不潔だしぃ。。。」
これ思われた時点で、皇太子妃
として終了。

耳栓、、、確かに、疲れている時は、使ってみると良いかもしれませんが、
あの日、あの時の雅子妃殿下、元気そうでしたょ。

もし、耳垢とすれば、日常生活が、露わになった。
もし、耳栓としたら、「会話?うぜェ」心の現れに感じました。

今朝のNHKのニュースで

美智子さまのお誕生日によせて
公開された映像が流れました

紀宮さまと礼宮さまの2ショットは
5秒以上仲良く映っていましたが
浩宮は一瞬背中が引きで映っただけ

皇室に関心のない夫でさえ
「完全にハブられてるじゃん」
「SMAP森、光GENJI赤坂の取り扱い」
と、明らかに変だと気付くほど
そんな人いたかしら?状態でした

決別の意思表示をされたのかも…

KUONさまこんにちは。

毎日こちらをたずねています。うきうき。

雅子さん、耳垢だか耳栓だかどちらでも場に相応しくないですね。
あのドレスも???
百歩譲って、あのキャベツを取っ払って、同色の薔薇の刺繍などが施されていたら、まだみられる衣装でしたのに。

そして髷。
うちの近くを歩いている力士のみなさんの方がよっぽど整った髷を結ってありますわ。

ところで、愛子さんの家庭教師は数学が ご専門とか。我が家の愚息もへんさちは高くはないけれど、しっかりお勉強をさせてくれる私立中に通っています。私立中のほとんどでは、検定外教科書を使って授業をしています。愛子さんの学校でも同じ、と思われます。
まあ数学の教科書見ると難しいこと難しいこと。しかも進みが早い!

わたしはすうがくが苦手なので、もうお手上げですが、時々理系あたまの夫が息子と一緒に勉強しています。

小学校のさんすうが「むずかしすぎます」のお嬢様にあの教科書でのお勉強はむずかしいです。むずかしすぎます。

宿題お手伝い要員を雇われたのですね。
とても厳しい方、のようですが、どうせならご両親のしつけからお願いしたいと。
愛子さんも、得意なことは、より伸びるよう、そうでないこともそれなりに…なるよう、家庭教師の先生に導いていただけるとよいですね。

「耳垢」に1票!

「新潮」の写真、ネット上にて拝見しました。
KUON様も ミミアカに見えたのですね?
信じますわ🌹
クチバシ .ピー型の、たまりに溜まったお耳のウ○コですわ。

雅子さんならあり得ます。
お風呂もキライ。
ヨーロッパの「おえらい方々」が思わず顔をしかめる程の臭い。
勤労奉仕団の方からも、その臭いについて漏れ聞こえるお話 あり。
毎日 丁寧に 綿棒などでお掃除している姿の方が 想像し難く....。

もし、「耳栓」「補聴器」の類いだとしたら、
「ご病気のために..。」
「細かい音さえ お気になさる程の精神状態なのです。」→「お気の毒に😭」
...で、振り出しに戻されそうですわ。
おかわいそうな雅子様伝説に。

絶対に「耳垢」であってはならない勢力とやらも存在しますでしょう。

「耳栓」であったとすれば、
掲示板にもあります様に、外部からの指示を仰ぐアレなら納得でございます。
『ミッション.インポッシブル』や『24(トゥエンティ.フォー)』などで
よく見るアレ...。
雅「どう、振る舞えばいいの?」
父「お前が1番 身分の高い女だ!堂々と新婦に話し掛けてやりなさい。
こちらが上なのを見せつけてやれ!」
オーノ医師「妃殿下、笑いすぎです!」
女官「ダメですよ、妃殿下!いつもの様に手づかみで食べては!」

お耳から、各方面の指示をあおいでいる!
青キャベツの中に 「小型マイクロフォン」が?



KUON様、
ご無沙汰のあとのコメントが こんなの..で、すみません。

見たいような見たくないような

上のこよりさんのコメント、イヤホンから指示を受ける様子がリアルで読んでて吹き出しそうになりました。

その新潮に載っている写真、見たいような見たくないような。
でもやっぱり見たいかも。見た後、ゲッと思って後悔するんだろうな。
なんかね、雅子さんの功績?があるとすれば、それは現皇后様によってかなり高めに設定された皇太子妃のハードルをこれ以上ないってくらい思いっきり下げてくれたことかなと。
なんだかその辺のおばちゃんでも皇太子妃できるんとちゃう?っていう気にさせてくれました。
嫌な公務は「体調が~」でスルー。ドレスコード無視。
それで、耳垢と思しきものが見える写真を週刊誌に載せられるなんて
いやはや、トンデモナイ皇太子妃であらせられます。
それから、これは別のブログのコメント欄で目にしたのですが
あのロイヤルブルーのキャベツドレスはベルギーでの流産前に着ていたものだそうで、そんなことがあったせいか、それ以降はお召しになっていなかったそうです。
そういうドレスを親戚の慶事で着るところがさすがマサコサマですね。



新潮見ました~。

とんでもないもん見た気分です。
KUON様の仰る通り、ありゃあきません。
白髪、フケ、おまけに髷の中から何か見えてます。
眉毛も変。鼻もですか?やれやれ。
耳垢ぐらいどうってことないって気持ちになりますよね。
私が耳栓?と思った理由ですが、この人ここのところ病状悪化してるのでは?と思うのです。幻聴とかないかな?
精神科に勤めているのですが(事務方です)患者さんで家族に連れられ通院するも病識なく、投薬されても自分でチョイスし肝心なもの飲まず、私病気じゃないっていうのがいるんですが。幻聴が出てて困るので耳栓してるんです。    これこれ、耳栓意味ないやろ。             先生は、まあ気の済むようにしたりって感じで。     つい先日の話でして。                 まさどん、そんなことになってないかな?        通院の精神科の患者さんが、医者の指示通り薬を飲んでもらうのは至難の業です。

わ…

末摘花の容姿に、ただただ度肝を抜かれた光源氏は、「なぜ見てしまったのだろう。見なければ良かった」と悔やみましたが、今日の私はその気持ちに100%共感できます。
インフルエンザの予防接種で訪れた病院の待合室で、見てしまったのです週刊新潮!!
うわ…何これ。確かに耳の中に何か、ある。いえ、もしかして、「ある」じゃなくて「いる」!? 髷妖怪マザゴザンの耳の中に棲むもののけ、ミミアカモドキでは?そのその生態は、不潔な妖怪の耳の中に寄生し、事実と反対のことをささやき続けるという。「雅子さま、なんてお美しい」「雅子さま、モデルのようなプロポーションですね」「あなたこそ次期皇后にふさわしい方」など、言わば言葉の毒を注ぎ込むことで、麻薬のように宿主をとりこにし、操り、破滅に至らしめる。
明らかに異常です。耳垢なのか補聴器なのか。それとも、これまで手に現れていた異常が耳にも!?
髪はぼさぼさ、身体はぶよぶよ、うー…穢い。
ドレスも、他の方々と比べて浮いてます。ハロウィンの仮装パーティーと間違えて出てきたのか。
見なければ良かった…。晩餐会の招待客のみなさんも、心底そう思われたことでしょう。
PS 髷妖怪マザゴンと一緒くたにしたら、末摘花ちゃんが可哀想ですね。末摘花ちゃんは控えめで心優しい女性です。髪も光源氏の妻たちの中で最も美しいし。

百聞は一見にしかず?!

写真をネットで見ました。
なんだか、スゴイ、メンバーの顔、、、になってますね。
総理夫人まで、目が、ひんむいていらっしゃった 。
マサ丼の臭気と邪気に、やられちゃったかな。

マサ丼、髪型、予想以上に変だった。
あれは、美容師さんが結ったのではない。
お手伝いさん?が、慌てて、女主人の外出準備を手伝ったみたいな感じだ。

マサ丼って、紀子様と、同じぐらいの身長なのかな?
皇太子が、背がとても低いから、マサ丼、高く見えるけど、、、

紀子様を見た人が、とっても、スタイル良くて、ビックリだったらしい。。。

あの写真見て、皇太子妃や雅子様と書く気が、なくなりました。
マサ丼と書かせて頂きました。

耳栓でしょうね。

新潮の写真見てみましたがあの大きさや形からして耳垢はあり得ないでしょう。
あの大きさになる前に普通抜け落ちてしまうはずです。
雅子さんの病状から言っても耳栓と考えてよいと思われます。
もし雅子さんが幻聴を伴う精神疾患だとしたら
耳栓は効果がないと言われていますが
他の音は少なくとも聞こえにくくなりますし
「耳栓をすれば雑音が聞こえにくくなる。」という考えが精神的な安定をもたらしますので気持ちの上で楽になることが考えられます。
なので全く意味がないわけではありません。

ところでmizukoさん、
>患者さんで家族に連れられ通院するも病識なく、
投薬されても自分でチョイスし肝心なもの飲まず、
私病気じゃないっていうのがいるんですが。
→精神疾患の当事者に病識がない事は珍しくありません。
それを何とか持たせるようにするのが医師の仕事です。

>先生は、まあ気の済むようにしたりって感じで。
>通院の精神科の患者さんが、医者の指示通り薬を飲んでもらうのは至難の業です。
→だからそれを何とかして服薬させるようにするのが医師の仕事でしょう。
普通は怠薬してしまうなら1か月有効の注射薬にするとか
それも拒否するなら入院になるでしょう。
精神疾患の基本的治療は薬物治療です。
カウンセリングや食事で治る病気ではありません。
そうしないと年々悪化します。
耳栓は「気の済むように」やらせておけば、でいいでしょうが。
怠薬状態を放置することは普通は考えられません。

雅子さんはおそらく小和田家の考えで
治療を拒否している可能性が強いと思われます。
だから今のような状態になってしまったのです。
早くから積極的な治療をしていればここまで悪化はしなかったでしょう。
そして精神疾患に苦しむ多くの患者にとって希望になったことと思います。
しかし今はもう雅子さんの言動行動が
逆に精神疾患患者の偏見を助長しかねない事態になっています。
雅子さんの行動が報道されるたびに
「雅子さんやっぱり精神病なんだろうね。」
「精神病ってこういう風になっちゃうんだね。」等々・・・
違います。
治療を受けないとあの状態になるわけであり
治療を受けている患者はあのようにはなりません。
雅子さんは精神障害者に対する偏見を広めてしまったんです。
当事者家族として本当に困っています。

驚きました。
耳垢…耳垢…仮にも一国の妃殿下が衆目の場へお出ましになるのに耳垢…。
百歩譲って耳栓だったとしても酷過ぎます。
え?何?トーグーゴショって食料と酒 だ け はたんまりあるのに綿棒や耳かきの1本すら無いの?
だからあんなみっともないテロテロビニールドレスなの?ヘアメイクさんすら雇うお金が無いの?あ、なるほど…。
だからヤフ○クで当座の資金を稼がなくてはいけないわけですね分かります。
テーブルマナーのみならず、冠婚葬祭の基礎知識すらご存知ないような下賤の者を、ヒデンカと呼ばなければならない苦痛はもう沢山です。
あの人本当は箸すら持てないのよ、手づかみかスプーンで食べるのって聞いても驚きません。
耳垢溜めながら出っ腹突き出してがつがつ食った(であろう)フランス料理のフルコース。
たまたま周囲にいて、そんな汚いモノを嫌でも目にせざるを得なかった方々に心から同情申し上げますわ。

生え際は描いてるのかも

新潮立ち読みしてきました。
首相夫人の表情との対比、耳垢だか耳栓だかがわざと見えるあのアングルでの映像は悪意を持って掲載されてるとしか思えません。
すごいね新潮!

この記事を読んでからグラビアをガン見したのですけど、マサ丼の生え際やはりなんだか変ですね。
後ろのお団子の部分は明らかに地毛なのはわかるけど、生え際だけべったりしていて、一昔前の時代劇のかつらとの境目みたい。
以前聞いた話なんですが、テレビなどに映るメイクで、髪の薄くなった部分を描き足すメイクがあるそうなんです。
薄毛の俳優さんなど地肌そのものを黒く染めてしまうそうです。
ひょっとして生え際描き足し?と思ったり。
生え際を逆毛立ててスプレーか何かで固定したけど、プロの手じゃないからああなっちゃたとか・・・
大騒ぎして被災地訪問した時の生え際もあんなふうにべったりしてました。

マサ丼の横顔映像、おでこがぺたんこで狭いのが特徴的で・・・他人様の容姿を言えた分際ではないのですけど、マサ丼に限っては言えてしまう。。

件の耳垢だか耳栓だかのもの。
耳栓だとしたら、よく売ってるふわふわとした耳に押し込めば良いものではなく、ピンセットかなにかで装置するかなり特殊なものですよね。
耳垢にしても、あんな形状になるまで放ったらかしとくのは、何より本人が気持ち悪いと思うんですが、耳の中むずむずしないのか雑子さん。
普通の感覚として、むずむずするとか、痒いとか、そいういう細かな感覚も気にならないくらいなのでしょうか。

ひまわり123さま

mizukoです。
不愉快な思いをさせてしまって申し訳ありません。
文章力無い上に、配慮のない文面でした。
もちろん怠薬を放置している訳ではありませんし、医師を含むスタッフ一同全力で治療にあたっています。
最後の一文はさらに余計でした。
kuonさまにも申し訳なかったです。

皇太子夫妻の晩餐会遅刻は本当か?

・おはようございます

ホテルニューオータニで開かれた晩餐会で、一部の方々から
「皇太子夫妻が“遅刻”をしたのではないかと疑われている。」という件に関して。

さまざまな情報を総合した結果、遅刻はどうも間違いであろうという結論に到りました。

その推論の経緯を説明したいのですが、あまりに長く、そして大変な内容なのです。

簡単に言えば、視聴者に誤解を与えるような報道や撮影また編集が、○○によりなされたということです。
我々は、それにまんまと騙されたということです。

mizukoさんへ

返信ありがとうございます。
私は統合失調症の息子の母ですが
こちらこそ感情的な文面になってしまい申し訳ありませんでした。
本当に雅子さんも愛子さんも
適切な医療や療育を受けて欲しかったですね。
雅子さんはもう手遅れではないか?
と思ってしまいますが
まだ思春期の愛子さんだけでも何とかしてあげたいですね。

お耳

耳垢には見えませんでした。
しいて言えば横になった目。
なんにしろ変ですね。

えむな さん。

そうそう。急に仕事休んだら迷惑かけます。
忙しくたって、自分のことだから体調がどうこう言えません、かっこ悪。
雅子さんは、どの職場でも使えないヒト。確定。遅刻、ドタキャン、それだけで社会人としては無理と思う。専業主婦さんも私は、立派な職業だと思ってます、きちんとしてる方は。雅ドンはそれも無理、ダメ。あのニタニタ笑いがそうもならん。

・・・耳垢。

今日頂いたコメントで私は、衝撃の発見をしました。そのことは、そのお返事で。乞う、ご期待。とか。ちょっと違いますよね。(笑)。

ありがとうございました。

・・・しかし。お弁当5個ですか。それはすごい。脱帽。負けました・・・て、何が。(笑)。
私も毎朝、お弁当3個作ります。夫、娘ムコ、孫息子。年齢がそれぞれなので、いささかは内容も変えて。以前は自分も工場へ行く日が多かったですが、現場で首タオルで仕事しましたが。おかげさまでこの頃は、自宅の一部である事務所でのデスクワークが多いです。けっこう忙しいですが、仕事の合間に犬の鼻舐める、じゃなくて、鼻を撫でてうっとりすることくらいはできます。(笑)。

夏子さん。

初めまして、よくおいで下さいました。

耳垢・・・すごい話題ですね、皇太子妃の耳の中の。すごいです、これ。

夏子さんは「耳栓」かも、と仰るのですね。私は、あんな極小の耳栓あると知らず、ひぇ?とびっくりしました。用途は何でしょう・・・聞きやすいため? 逆に、雑音逃れ? しかし、写真では小さい、あのようなもので、もしも聞こえやすくなるなら、あげたい人が身近にいます。

まだ調べていませんが、調べてみよう・・・またいらして下さいね。(笑)。

ひーたん さん。

あの日のヒデンカにはまず、ドレスに驚愕、それ以上におばちゃん髷に驚愕。

50歳のヒデンカは、どんな思いであのどえらい青色を選んだか。あの色は本当に、気合が入っていないと負ける色、しかも全身を覆う袖ありのロングドレス。

・・・きがくるっているんだ。実感して、どきどきしました。あの髷も、並の神経ではあれでは・・・アップ、ではない、力いっぱい、あっぷではない。周囲の誰もがあれを容認している。おわりだ、と、思いましたね。茶番はもうやめようよ。それです。

それで「耳」です。ぢいさんに車出してもらってコンビニ行って。コンビニ行くと、不要なものまで買います、そうなんです。でも欲しかった。一冊だけ残っていたんです新潮。

耳垢。そう思った。思いこんだ。書いた。で。今日、違う見方をしてみました、そして、

ぎゃあああああああああああ。っと、ちと、オーバー?。

耳垢でも耳栓でも補聴器でも無い「何か」が、そこに見えました。

・・・手荒れがひどいですか。私もいっとき、ひどい手湿疹、というやつに。

痛むでしょうね。悲しそうなひーたんさんの顔が浮かんでしまいました。

笑う時の、ちゅぶらなお目目も、すぐに浮かんだ。(笑)。手袋して休んで下さいね。木綿の手袋。脱げちゃいますけどね・・・お大事に。

mizukoさん。

初めまして。いらして下さって嬉しいです。

耳垢。耳栓。なるほど、幻聴の緩和。いろんなモンが擦れる音への過剰な反応って、わかる気もする・・・あとでもコメント頂いていますのでそこでまた、書かせてもらいたいですが。

若い頃はハードロックも聴いた。アニマルズ。ピンクフロイド。グランドファンク。「ハートブレイカー」という曲と、ジャニス・ジョプリンは、普通の音ではものたりず、ヘッドフォンつけてエンドレスで大爆音で聴いた・・・のに。だんだんトシと共に、大きな音が苦痛になり。テレビの音量はうんと下げないと苦しくなります。ぢいさんは自分のパソmテレビも持ってますが、私とテレビを見る時は、あっちは音は大きくないとダメのヒト。私は耳栓を使います。すごく安い、ふにゃふにゃのもの。

自分は年齢での変化ですが、病を持たれる方は、周囲には判りがたいしんどさや息苦しさを抱えておられるのでしょうね。

雅子さんが、もし、今まで認知されて来た(皆がそうであろうと考えている」病以外にも、耳やその他の疾患を抱えるようになっているのなら。

それも、ある程度はお出しになる必要があります。

妃殿下は公人であられます。耳垢は論外として、もしも何らかの機械を付けて人前に出られるなら、要らざる疑惑、誤解を受けることは、避けないとアカンと思う。

ヘリクツでなく。それが、公人の責任と言うか義務でしょ。並の公人では無い。

耳栓でも耳垢でも。こうして人の口にのぼっていて、明らかにされないのは怠慢と思うんです。公人の雅子さんだから。

また、後のコメントのお返事で書かせてもらいますね。(笑)。

看護師さん。

>もし、耳垢とすれば、日常生活が、露わになった。
>もし、耳栓としたら、「会話?うぜェ」心の現れに感じました。

なるほど・・・。

耳垢って、溜まり続けるとコルクみたいになって。佐藤愛子さんの小説で読んだことあるんですが、海辺の村で幼馴染が妙に出世していて、自分にも侮蔑っぽい態度で向かう。ジキジたる思いを抱いていた初老の男が、聞こえにくくなっていた耳が気になり受診したら、スポッと栓が抜けたように、風がさああっと耳に入り込んで来た。

いろんな音が聞こえる。それで、とっても幸せな気分になった・・・とかの小編があったんです。それを思い出したりしていて、いずれにしてもあのキサキには、どんな快さも幸せ感も無縁、とにかく

「底詰まり」な感じで、爽快さには一番遠いよね、とか。ある一人をここまで「いやだ」と思ったこと無いくらい、イヤだ。いいとこ少しも無い。無い!。ね。

・・・いろんな人がいます。ホントにいる。ちょっとホグレる場所で、自分に「いい子いい子」してやりながら、行くしかないっす。

きく さん。

日ごろ関心の無いご夫君の???感、関心ない方だからこそ、しゅっと当たり、みたいなこともあるかも知れませんね。

今日(23日)買って来た文春、記事にした部分の他にも、けっこう大胆に東宮下げ。

本記事以外の、例のシモ専門記者の「プリンセスばざござま物語」が、いずれ書きますが。

小和田さんの焦りっぷりが、雨に濡れて張り付いたシャツの中のみっともないおぞましい何か、を、髣髴させてすごいです。

友納などに言い訳書かせてる訳ですが、しない方がマシ。しない方がマシなことをしてしまうのが、つまり小和田テイスト、底の浅さだと、改めて実感しました。

砂上のバラック。はりぼて荘。もうすぐグラッと来るかも…来たら早いですよね・・・。

カメラの直視に耐えられない姿になっておられますよね。

ひろおんぷ さん。

こんにちは!。うふうふ。(笑)。

>うちの近くを歩いている力士のみなさんの方がよっぽど整った髷を結ってありますわ。

でしょうね。見られる方々ですしね。実力の世界、自力本願の世界、他力を尊ぶ世界、礼儀としきたりの世界、あら、雅ドンいっこもアカンやんね。

何より。力士の方、肌がきれい。威風堂々。いろんなお相撲さんがおられるけど、雅ドンと比・・・いや。この先は自粛だい。

愛子さん、宿題要員・・・何より。本人に「わかっていない」のに、力と金(言いたくないが自分たちでわが子のために頑張って作ったお金では無い、おろそかにすると怖いお金)で、ぎゅうぎゅう押したって、ならぬものはならぬ。どうしようもなくなって横向くしかない、まっすぐ頑張れないのではないですか。腹が立つ。

他の子みたいに受験も無い。内親王さんです、あらゆる意味で。

お習字が得意なら、静かにゆったり、そちらへ導いてあげることもあったでしょうに。

もう学校は無理ですね。はっきりそうと知れ渡ることをさせてしまう親は、鬼ですね。

お子さん、まっすぐ頑張っておられるのですね。この国の、みんな、宝物。

私も「さんすう」ダメです。しょうがっこうのときから、だめでした。でも、むずかしいことは今、税理士さんに任せられるし。自分にできること、頑張って行こうと、今も思っています。また!。

こより さん。

少しお久しぶりの後が面白くて、ありがとうございますことよ。(笑)。

耳垢。これが、今、自信持てなくなっているのでございますよ。理由は後ほど、その時に(もったいぶっている訳ではござりません)、述べます。

ただ。耳垢、と言われて「まさか」でなく「ひぇえええ、見たいそれ見たい」と逸り馬になった事実から。私がいかに、あのどキサキさんを、信用しているかが改めて。

日々刻々、何じゃあれは、感の増して行くコウタイシヒ。まるで罰ゲーム。一般人たちの何を試さんとしてのあの、雅子さんと言う存在。誰かが嫌がると嬉しいらしいから、平気でいたいのですが。10月8日は、雅ドンが〇〇っていると、あらたに断じさせた記念日、基地外記念日。

「お可哀想な雅子さん」を持ち上げる人々が、私に言って来る常套句。

「病気のヒデンカに何と酷いことを」

ものを考える力も無いのだから仕方ないんだけど。病気なら、治療をお受けあそばせ。どんな名医にでもおかかりあそばせ。重度のお病ならそのごとき説明をなさいませ。医師に証明させたまいませ。納得のゆく病状説明、予後への方針を聞くことができるなら、治療法は一つ、海外での自由な生活と言うなら。それはそれで仕方ない、そうしていただくよりないではございませんか。

海を越えてどうぞご自由に。皇太子妃の称号を国に置いて、抜けて自由な身になって。必要経費=生きている限り限定の捨扶持=の約を取りつけてお行きなさいませ、そして、邪魔をしに帰って来るな。

一定の費用で消えてくれるなら、おそらく人々は受け入れる・・・しかない、本来の畏くも大切な次代様方に邪悪な手を向けぬと約させて。放擲できればそれもよし。

病気なら病気のように。お可哀想ならウロウロニマニマするな。単なる迷惑、ものすっごい迷惑、親御さんのお墓も、新しい継ぎはぎの無いものを、風光明媚などこやらで建ててさしあげたらよろし。自分たちの捨扶持から出しなさいよ。雅子さんの両親に使ってもらうお金は、一円だってありません。

・・・はじめると止まりません。小和田はかなり老耄の域にいるらしいと朗報ですが。ワカがわからなくなったあの、妖怪が、最後にどんな暴れようをするか。目の前で転んだら、ためらわず笑ってしまうだろうお年寄りの、ただ一人の対象になりそうです。

くたばれ。あら、おひさしぶりのこよりさん、ごめんなさいね・・・。ストレスの元ですあれら。耳の中へ指令が来るなど、そんなしんどいこと、私なら神経が持たんです。雅ドン、神経無いから? あ、そ。(笑)。

メゾピアノさん。

こよりさんへのお返事、書いてるうちにアタマに血が登って、えらいこと失礼になってしまいました。この場を借りてこよりさん、ごめんんなさいでした。メゾピアノさんにも「ごめんなさい」。

ロイヤルブルーなんて呼んではいけない雅ドンドレス。本当に、あの髷とドレス見て、「きがおかしいんだこのひと」とぞわわわんと来て、それが放置してある今が、恐ろしくおぞましく。あそこまでひどいナリの人、今時、いませんて。

そして、実際、いわくつきのドレスで。ベルギー訪問の後、流産するべくして流産した。妊娠初期に飛行機に乗って行き、ハイヒールで歩き回り、昼間からワインを飲んでた雅子さん。天皇の孫をみごもったなど、意識無かったでしょう。私あの時は、心底、お気の毒にお辛いだろうと思った・・・バカだった。いや、本当に。

雅ドンに先日、そんな企みがあったかどうか、でも、あれを着て出て来て、結婚の祝いの席にあれ着て出て、と、心ある人にどう思われても、仕方が無い行為でした。

二人の結婚や、今後生まれてくるお子(まあ、授かられるでしょう)を、祝う気は無いのかな。そう、勘ぐられても仕方ない。そういうことを、考えなくてはならない立場のヒトなのに。

・・・メゾピアノさんにも、おかしなダラダラ書いてしまいました・・・ごめんなさいね。

>あのロイヤルブルーのキャベツドレスはベルギーでの流産前に着ていたものだそうで、そんなことがあったせいか、それ以降はお召しになっていなかったそうです。<

いつも付いてるジョカンさん。なんでもかんでも受け入れるのも、なのですかしら。やっぱり雅子さん、くるってはる・・・。放置されてる・・・

mizukoさん。

娘が二人いるのですが、二人とも[うつ病」の診断を受けたことがあり、もらって来た薬を呑むと起き上がれなくなり、仕事も食事もできないで、ただ眠り続ける。眠りつづけたことは、それだけで役に立ったとは思います。神経の過敏なところがあって。長女は当時結婚していたのですが、ムコさんが怒って、こんなもののむな~と、薬を取り上げてしまった。と、後で知りました。

後、あれこれ経て、今は(離婚はしたけど)元・夫とも仕事上の付き合いはあり、結婚当時より仲がいい。長女の「鬱状態」は、本物の「病」ではなかった気がします。

次女は、仕事が忙し過ぎ、中韓へ出張が続いて甘ったれには信じられないむき出しの感情にさらされたり暴動に出くわしたり、セクハラパワハラ何でもアリの後、ポキッと折れたように一気に「鬱状態」に入り込んだ。体もガタガタになりました。お洒落な子が化粧も出来なくなった。起き続け、寝続けた。心配でしたが、今は通院もしないで新たな仕事(モドキ)に張り切っています。うちの娘どもは、鬱状態であったが、本当に苦しく、本当にどうすることも出来ずにのたうっておられる方々から見れば、甘っちょろい「疑似・鬱」だったのかなと感じています。そういう病名があるかないかはともかく。

着火点になる出来事はありました。生きているのは生易しくないですから、誰にとっても。

・・・雅子さんが、さぼりや怠けでない、本当の病気なら、今までして来ていることは間違っているとしか思えません。小無責任だし非人間的です。皇太子も薄情です。両陛下、秋篠宮両殿下は断腸の思いを重ねられたでしょう。

小和田さんは、娘さえコマとしか扱えない人でなし、にんぴにんです。孫も娘もこコマにしてこの国自体をもぶち壊そうとしている大悪人です。

実は私の想像力を越える存在です。囁かれているように、生物学的な父親が、あのカルトの主だとするなら。荒唐無稽もそこまで行くなら、ぎゃくに「なるほど」になるのかも。

数十年プロジェクト。皇室破壊、毀損。乗っ取りは叶わないだろう、それなら日本人の精神に負荷をかけて潰してやろう。

恐ろしい話です。

後でまた、書くと思います。

えむな さん。

えむなさんの直感、鋭かったかも。

>うわ…何これ。確かに耳の中に何か、ある。いえ、もしかして、「ある」じゃなくて「いる」!? 髷妖怪マザゴザンの耳の中に棲むもののけ、ミミアカモドキでは?そのその生態は、不潔な妖怪の耳の中に寄生し、事実と反対のことをささやき続けるという。「雅子さま、なんてお美しい」「雅子さま、モデルのようなプロポーションですね」「あなたこそ次期皇后にふさわしい方」など、言わば言葉の毒を注ぎ込むことで、麻薬のように宿主をとりこにし、操り、破滅に至らしめる。
明らかに異常です。耳垢なのか補聴器なのか。それとも、これまで手に現れていた異常が耳にも!? <

始めにこのコメント読ませてもらった時、ん、な~るほど~、と、ぴぴっと来てたものは、あった。でも私は、耳垢とまず思い込んだし、耳栓と云われれば「そうかも~」と思い。レシーバーなんて説には、そんな細密なのあるんだ、すっげ、とか思い。

なにせ。普通では無いことだけは確か。何が普通かって言われれば。

普通に、日本人が、皇室の方、皇族、と聞いて、なんとなく描くイメージ。それが、個族としての「普通」ステロタイプ、とするなら。

雅ドンって、なにでしょう。いいのか、放っておいて。私はイヤな大嫌いなヒトではあるが、なんで、今のまま、放置状態なのだろうと、日本の不思議のひとつと考えます。

ひまわり123さん。

耳栓の効用など、学ばせてもらいました、ありがとうございます。

>雅子さんはおそらく小和田家の考えで
治療を拒否している可能性が強いと思われます。
だから今のような状態になってしまったのです。
早くから積極的な治療をしていればここまで悪化はしなかったでしょう。
そして精神疾患に苦しむ多くの患者にとって希望になったことと思います。
しかし今はもう雅子さんの言動行動が
逆に精神疾患患者の偏見を助長しかねない事態になっています。
雅子さんの行動が報道されるたびに
「雅子さんやっぱり精神病なんだろうね。」
「精神病ってこういう風になっちゃうんだね。」等々・・・
違います。
治療を受けないとあの状態になるわけであり
治療を受けている患者はあのようにはなりません。
雅子さんは精神障害者に対する偏見を広めてしまったんです。
当事者家族として本当に困っています。 <

これは、本当に、何とお返事差し上げればいいのかと。私自身の中にも、雅子さんを茶化したり揶揄したりの部分が、はっきりあったことは事実ですので。

小和田さんのコマである雅子さんの惨状を、嗤う気はないと、私は、自分を思うけれど。このまま皇后にのぼっていただいては成らない人だ、の思いは強くて、あれこれ書いている中に、あれらの酷いやりようにより違うタイプの差別偏見が出現して、苦しんだり傷ついたりされる方が多いであろう、とは、感じていたことではありました。

事実、何度か、雅子さん愛子さんに関して直截なご意見を下さる方もあり…裏からであったり。自分は、自分としてお応えして来たつもりはあったと思います。

[太字]ここで一気に書いてしまいますごめんなさい。

mizukoさんとひまわり123さん。お互い立場も異なるし感情生活も異なる、で、まっすぐに書いて来て下さった、結果的に、お二人が大きな冷静なお気持ちで、率直にここでお気持ちを交わして下さったことが、私は、本当に嬉しくありがたいです。

お二人にお礼を申し上げたいです。自分のブログ内でのお二人の「オトナ」っさと「ご寛容」が、なんともありがたいです。

ひとまとめにお礼を述べてごめんなさい、これからもコメント下さい、私が行き過ぎていたら、そんな時はチェックも下されば、と思います。

人様のご忠告には素直でありたいですが、わがままを自称しておりますので、あ、それは違うもんね~とか、うまいこと逃げるかも知れません。爆。

知らない者同士、立場も何も違う同士、かすかに触れ合って、少し感じ合って、と行ければ幸いです。

望むは廃太子、廃妃。そこを目指すは同じ思い。

これからもよろしくい願いします。

私はちっとも迷惑ではありませんよ!。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感謝です。

書き込み初心者の私。
これからもよろしくのお言葉に感激です。
ウチの息子も精神疾患で長く通院の経験をしています。
出来ることはなにもない、信じて待つことが母の課題と言われ。
すったもんだ長きにわたる日々でした。
まさこさん、どのようなご病気かは計りしれませんが
もうとにかくちゃんと治療しましょう、皇后様はむりでしょう。
その気持ちでいっぱいでいます。
ひまわり123さま、御返事とてもありがたかったです。
KUONさまも本当にありがとうございました。

こちらこそありがとうございます。

ひまわり123です。
KUONさん、お返事ありがとうございます。
そんなに謝らなくてもいいですよ。
どうしても偏見の大きい病気ですので
ここまでお返事を頂けただけで嬉しいです。
雅子さんは「治療を怠り回復が困難になった精神疾患」に加えて
持って生まれた「気質、性格」と言う点もありますから
そう簡単に行かないのでしょうね。
もうこれ以上精神疾患に対する偏見を広めないようにするためには
ご自分の病状を「正確に公表」して皇族の立場から退き、
療養してもらいたいです。
(もちろん愛子さんもです。)
mizukoさん、私と同じく息子さんが当事者なんですね。
いろいろと大変な日々が続くこととと思いますが
お互い頑張りましょうね。
KUONさん、mizukoさん、
こちらこそこれからも宜しくお願い致します。

奈々氏さん。

あぐら寿司。指さし。末広の帯中央ブッ刺し・・・しかもあの時、母親も祖母も傍にいた・・・大口開けての馬鹿笑い、白人ばっかり好き、女郎のような白首。挙げて行けばきりがない。私はやはり、婚約会見の時の皇太子の「水俣の問題がうんぬん」と、まだあの頃は白くてまっすぐ(だからどうなの?ですが、今とは違って少なくとも品があった)だったナルさんの、口ごもっての発言の際の雅子さんの表情が、どっきりでした。

こんな顔する人と?????だった。それからも、いっぱい。あまりに想像を超えていて。両陛下がその筆頭で。毒ガスにやられて朦朧としている間に、入り込んだのですね、今思えば。

テーブルマナー。オオカミに育てられたわけでもあるまいし、20年経って退化している、まともでないですね。初めはともかく、ますます酷くなっていることが問題・・。

話題になるのが、ラーメン、ピザ、伊勢へ参る折さえカレーだった。割り箸でずるずるすするラーメンをのぞけば、ピザは手で、カレーはスプンで。

人に向かって「げせん」という言葉を投げる日が来るとは思いませんでしたが。

下賤。確かに。それでもまだ、ヌルイ気がします。こうして「民」の心をじりじりいたぶるのも、小和田の親お勧めの妃のヨロコビかも知れません。平常心でいるのが対抗策でしょうが、下賤なものは下賤、見るたび思うたび下賤。脳天に雷が下ればいいと思います。

>テーブルマナーのみならず、冠婚葬祭の基礎知識すらご存知ないような下賤の者を、ヒデンカと呼ばなければならない苦痛はもう沢山です。
あの人本当は箸すら持てないのよ、手づかみかスプーンで食べるのって聞いても驚きません。 <

ナルさんも手づかみ見慣れさせられたのか。墜ちるに「ほど」はないのでしょうかね。ひどい顔になりました。

モッコクさん。

>普通の感覚として、むずむずするとか、痒いとか、そいういう細かな感覚も気にならないくらいなのでしょうか<

お風呂へ、一週間入らなかったコトおありですか。入院中でも、術後すぐなどはともかく、熱いタオルくらい配ってくれますね。上と下と分けて。雅子さんは、下着も替えられないとか。服やズボンは夏でなければ毎日は替えないものもあるけど・・・女性で、毎日パンツ(下着のね・笑)替えないって、あるでしょか。替えないんですとさ、あの方。

それなら、耳垢くらい平気か。髪も洗わないんだから、耳垢も平気?。

子どもの頃、向かいの同級生の子の家でお風呂をよばれたことがあります。薪で焚いてたお風呂でした。沢山くべてあげるから、水を沢山足してきれいな湯に入れ、きしきし音がするまで手拭いで磨けと、オバサンが言って下さった。後でひりひりしたくらい、互いに背中の流しっこしました。

雅子さんって、お母さんがきっと、大雑把と言うか荒っぽい、雑な人で。そういうこと一切、教わらずに、学歴を貼りつけたりすることだけに汲汲として来たのですね、絶体。どの写真見ても、こざっぱり感は皆無です。一家で写真アルバム眺めてる写真の奥の飾り棚?の上も、あるもの全部並べてみましたって感じでした。私、自分は雑でだらしないのですが、見るとこだけは見えるヤらしい目で。苦笑。

痒いも不快も、昔よりもっと不感症になってると思う。まず、髪型も、これだけ言われててあのまま。一緒にいるナルさんまで、不感症になってる気配です。でも、お風呂くらいは入っているでしょう。なんだかわからないけど、言い出すと止まらない特異な人で。

で。モッコクさん。目。ですよ。

あわて隠居さん。


初めまして。お返事が遅くなり申し訳ないことです、お許しを・・・。

で。あの夜の東宮夫婦のこと。遅刻では無い、と?。

私にも、確固たるものは無いです。遅刻でないのでは?と、書いて来て下さった方も他におられました。ただ。

首相が5時50分より少し前に着いておられる。その40分近く後に、夫婦がでろりんと現れた。これは6時24分で、テレビの画面に青キャベツ或いは青ラフレシアの姿が映し出されている。

で、遅刻ではないかと、まず思った。いつも遅刻の多い人なので、そう思いました。そうでなければ、皇族が遅刻などと、誰が思うでしょう。アレラ限定の想像です。

これに就いては詳しい情報は出ませんでした。別に大騒ぎする話でも無いのでしょうが。失礼にもほどがある、と、まず両家、とりあえずこの日は祝される立場だった方々。待ちぼうけさせた方々、イライラとしておられたに<違いないホテルの方々のことなど、ぼんやり思い。一般的には2時間の食事の会が、約1時間半で終了している(首相がお帰りになった時間から)ので、やはり、遅刻しやがったんだろうなあ、と、雅子エピソードの一つになったな、と。

・・・どんな事情だったのかは存じませんので、遅刻でなかったと言われれば、ああそうなんですかと思う。もう、過ぎて行った話ですし。

理由が長すぎて、とおっしゃるなら、そうなんですかと思うほかは無く。

ただ。

>簡単に言えば、視聴者に誤解を与えるような報道や撮影また編集が、○○によりなされたということです。<

これでは私にはさっぱりわからないんでした。今もわかりません。

>我々は、それにまんまと騙されたということです。

これも、申し訳ないのですが、何に騙されたのか、我々って誰や誰の事なのか、これも、私にはよくわかんなくて・・・

あの人たちがもう、どこへも出て来ないことを望みますし、また、出て来たらこうして判らないことが増えるのね、とか、感じます。

よろしければまた、おいで下さいね。

mizukoさん。

ブログをしていてよかったと思わせて下さってありがとうございました。

これからもよろしく。

ひまわり123さん。

大げさなようですが、自分のブログにいささかの誇りを抱ける対応をして下さり、ありがとうございました。

これからもよろしく。

見ました さん。

コロンブスの卵、でした。この例えは違います?、

ごめんなさい。

いや。思い込みで耳垢と見た。耳垢と、まず読んで。耳の中に「あった」から。

耳栓、の説が出た、なるほど、と思った。そんなスグレモンがあるのか、小さくて目立たない。でも何で?とは思った。

補聴器、ははあ、なるほど、そんな小さいのが在って、皇太子ヒデンカがお使いになるくらい機能がすごい(のか?)なら、うちのぢいさんに・・・とか、夢見た。高いかな~とか。ナルさんより一回り年上です。耳、夜道より遠いです。

で。

目。
 目?

目だ~~~~~~~~~~~~~~~~。目。

上にして下から見て、雑誌を横にしても見てみた。

目、と以外、言いようが無い。しかも、もんのすごくはっきり、目。

耳の窪みや曲線が、目の周辺を「顔」に見せたり、オドロのなにやらに見せたりしています。

お憑きの方の多いヒデンカにあらせられますが、耳の中に「目」。

こんなにくっきり。

さすが雅子さま。脱帽しました。今後はもっと、あちこちにお憑きのなにやらも生き生きと(?)出て来られますかなあ。

ありがとうございました。


皆さん。

耳垢。耳栓。補聴器。そして、

「目」。さすがの雅子さまでございました。

よかった

目に見えたの、私だけかと思ってなんだかちょっと心配でしたが、良かった、同意してくださって。

目に見えたとき、とても怖かったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1862-6c0f9df6

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (73)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (243)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (14)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん