KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 5
  4. [ edit ]

「見るために」。

週刊誌を3冊並べて読みまして。

おおむね先月末の土曜日の愛子さんの運動会の記事と、それにからめて愛子さんが2学期になっても登校時間が不規則、ある日には、もうすぐ授業の終わる午後2時頃の登校だったと。

運動会のことでは、愛子さんの両親が、かつての初等科時代に憚らなかったような、職員を使って場所取りさせ、一番いい場所を多く取って、周りにママ友とやらを呼び寄せて、観戦していた、ということは無く。

夫婦は、本部席にいて学習院の院長さんやら他の方と一緒に見ていて、皇太子はカメラも縦横自在に操っていて、異例の学校からの通達で「自分の子以外は写すことならず」と言い渡されている保護者の中から

「(殿下は)許可をお取りになったのかしら」

などの声が上がっていたと。

他にも、「その仰り方は無いのでないかしら」と言うより「その言い方は無いだろうよ」と言った方がピンとくるようなことも書かれておりました。

今夜、あっちの本はこう、こっちはこうだった、と、書いて行きたいのですが、ちょっと無理なので明日にします。

コメントのお返事も、こう書きたいこう答えたい、と、気は逸りますが、明日にさせていただこう。

明日はゆっくり書けます。

昼間はちょっと、人に会っていました。神戸で。南京町で。楽しかったです。そのことも、明日。

とにかく、愛子さんは楽しそうでなかった、ゴキゲンを損ねたようでもあった、気落ちしていた、ご自分だけ出来ないこともおありだった、と、少なくとも「頑張られた」「張り切っておられた」「大活躍だった」のトーンではありませんでした。

ある誌上のグラビアについたキャプションでは、

「愛子さまを見るためにか」見学の数が多かった、のごとき書かれようがなされていた。

ネットの中の一部でだけ、東宮家のあれこれが取りざたされている「今」ではありません。

この「見るため」という一語に含まれる、あるいは含ませようとしている「意志」の向きについて、やはり少し(かなり)感じることはありました。私。



スポンサーサイト


  1. 2014.10.03 (金) 10:29
  2. URL
  3. 衣通媛
  4. [ edit ]

なんとも…

日の元のあてなる一の姫の御姿を一目みてしがな…と(棒)
(^^;というか、もはや珍獣扱いの範疇。
児童相談所に通報レベルですよね?
20年サボり倒して13年養育放置…。
畏き辺りがなさる事とは思えないという事をやらかすのが(以下略)
  1. 2014.10.03 (金) 11:03
  2. URL
  3. [ edit ]

好奇の目 どれくらいアレなのか、両親の様子も。
隠せば隠すほど ヒートアップするの分かっているのに。
愛子さんの頭の中では「???」でしょう。
もしかして皇太子も「???」
  1. 2014.10.03 (金) 14:19
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.10.05 (日) 20:16
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

衣通媛さん。

東宮さんとこの、一のおひいさん。この日のもとにただひとりの一の宮はん。。

そのおひいさん。

おどおどしていると思えば上手く行かなくてご機嫌斜め、やる気を失くして顎あげて
とろとろ引き上げて来はった。

生な感情を周囲に気取らせないのが、高貴なお方のまずは一歩。一歩からつまずいておられる、いや、し続けていなかったから。

継続して行わせること。それを躾というらしいですが。おっかさんが何も、継続できないから。昼まで寝てる母親って、それでチーンです。

こんな育て方して、どんな未来図を描かれているのか・・・聞いてもきっと、わからないですね、あの夫婦。

乳母さんにお任せになられたらよろしかったのに。と思います。東宮家の内親王に、たった一人のサリバン先生すら、いないなんて。
  1. 2014.10.05 (日) 20:22
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

Aさん。

愛子さんによって、皇太子さんの実像も晒されてしまいました。あくどい欲を以て雅ドンを入内させた勢力って、今になれば、ほんとに賢くないのねえ、と、これもバレてしまいましたね。

ブレーキ踏んでも車は急に停まらない。惰性で前進を続けます。その間は瞑想したり何かにぶつかったり、まっすぐすんなりドライブとは行かない感じ。

10月1日の「鑑賞公務」での夫婦は、終った感満載の感じではありました。

雅ドン、もう、無理だよ・・・無理は無理、通らない時が来ると思った。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・