FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

さらば親知らず、でした~。

こんばんは。

ずうっと気になっていた、右の奥の下の親知らず。

痛んだりまマシになったりで、ぐずぐずしていました。何、ワタクシごとを書いているのでしょうね。あ。ブログだからいいのかな・・・痛む歯の問題って、万人に共通と思うし・・・。

歯医者さんに行ったら「これ、抜いていいですか」と明るく尋ねられ、昨夜、どうしようもなくて眠れなくて、珍しくココロが弱っていたわたくしめは、明るく、ハイとお返事。

あっという間に麻酔注射、あっという間に、済みましたよ、と言われ、それで、ここ半年の悩みにはピリオドが打たれました。

いま、すご~く安心気分で、おります。

今までなら、抜歯くらいでどうということなかったのに、帰宅して三時間近くも眠ってしまったのは、やはりトシのせいかしらん、とも思う。

今夜は、先日書かせてもらった蓮池透さんが話しておられるYOUTUBEと、小出先生の話しておられるものを、貼らせてもらいます。


私は、どんなことが詳しく解っている、という者ではありません。

もう十年も、もっと昔だったか、間近で聞いた話。

当時のT大学の、Y教授の話を聞いた。

H原発の第一号機の設計をされた方。何度もこれは書きましたが、心に引っかかっています。

超巨大企業の要請を受けてされたその仕事で、大変な「おもてなし」を受けたこと。

エリートさんの世界に無関係に生きている私は、そんな話を、ただ、へええええ、と、聞いていた。

中で、一番残っているのは、

@原発が安全、安心、安価だというのは、問題なく作動している間の話です。

@一旦ことあらばその限りではない、原発は実は、未だ未熟な技術なのです。


と、何の知識も関心も無かった(と言っていいくらいでした、胸の底に個人的な不安は抱えつつ・・・抱えていたからよけいに・・)私に、静かに、語られた。

その記憶が、蘇ったのですね。ほどなく亡くなられたとうかがうY先生の、あれは、誰かに言い残したかったメッセージではなかったかと、感傷的な思いもあり。全然関係無い、ぼ~っとしている私が、言い易かったのか。

お菓子の「ひよこ」と、某ホテルの、いろんなスープの缶詰を下さったのです。とってもお洒落だな、と、それを感じて・・・結局食欲なのか、わたし・・・。

Y先生の話は、そのまま本当のことでした。

こんなことになる十年も前に聞いていたのに、わたし、まあ私のせいとかでなく、当然と言うか普通に、と言うか、忘れて、気にしないで暮らしていた、ことが、引っかかるのです。

スープ、すぐに頂いてしまったし・・・。

日付順で、蓮池透さんの方から。


正直に、率直に語る人が、好きなんです。細かい部分や、言ってしまえば逆方向の考えだって、それもありなのかなあ、と、思う。優柔不断ということですかね。

次に、最新の小出先生のお話です。聞いて頂ければ、と。

スポンサーサイト





  1. 2011.10.21 (金) 00:23
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

千里の道も一歩から

「東京電力福島第1原発事故を受け、福島県議会は20日の本会議で、県内にある第1、第2原発計10基全ての廃炉を求める請願を賛成多数で採択した。採択を受け、佐藤雄平知事は「本当に重い。第1、第2原発の再稼働はあり得ない」と述べた。原発を抱える13道県の議会の中で、廃炉を求める請願が採択されたのは初めて。放射性物質による汚染に苦しむ地元議会の意思表示だけに、政府の政策決定などに影響を与えそうだ」

きょうの共同ニュースです、とっても嬉しかったです!

さらば親知らず、おめでとうございます!
  1. 2011.10.21 (金) 08:51
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん おはようございます
親知らずってなんであんなに痛いんでしょう
抜いてすっきりしてよかったね~

「福島の全ての原子炉を廃炉に」 さきがけになってほしいです
50年くらい前の時代に戻ってもやっていけると思います
  1. 2011.10.22 (土) 01:16
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・