KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 10
  4. [ edit ]

ぢょし会Ⅱ お知らせ・Ⅱ。

KUONぢょし会Ⅱ お報せ第2回目です。

日時:2014年11月15日 土曜日 

場所:関東です。

目的:会うこと、話すこと、聞き合うこと。このブログの匂い、流れに添ったお集まりを頂きたいです。

KUONは当地にて一泊する予定で、翌日の自由行動として、靖国神社へ参拝します。

基本は日帰りです、ご用でお泊りの方も、15日の散会後は各自、ご自由にと考えます。ご一緒の方はご一緒しましょう。

お世話取りは「関東ズ」モッコクさんとひーたん さんにお願い(丸投げ・おほほ)させていただいております。

宿泊の方は、一泊6000~7000円ほどのホテルを押さえていただきます。シングルで、アメリカン・ブレックファストがつくそうです、禁煙喫煙いずれもオーケーだそうです、私はそこへ泊まります。当日は七五三の日で、ホテルも取って頂きにくかった模様です。

今月中に宿泊メンバー数をほぼ、決めることができれば、ホテルさんへのご迷惑も少ないかなとも考えます。
                     (いくらかの増減数は効くとは考えます、多めには押さえます)。)

以上、でへでへぢょし会へのゆーわくです。

ワタシは大人しいから・・・とお迷いの方も、巻き込まれパワーの 凄まじさを 心地よさを実感なさるチャンスかも。

ご無理のないように、お出かけ下されば、と、思っています。今回ご無理なお方、次回(あると思う・・)にぜひ!。

前回手をあげて下さった皆様にも、まだお返事はさせていただいておりませんが、おいおいご連絡させていただくでしょう。お待ちくださいね


お問い合わせ、ご希望は、コメント欄に「ひみつ」扱いで頂きたく存じます。初めての方のご参加もうかがっております。

今月いっぱい、ここでお待ち申し上げております。

いのち短し語れやぢょし会。

ひとときを、共に、過ごしませんか。



 
スポンサーサイト


  1. 2014.09.24 (水) 22:09
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.09.24 (水) 23:30
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.09.24 (水) 23:40
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.09.25 (木) 03:05
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.09.26 (金) 01:49
  2. URL
  3. 看護師
  4. [ edit ]

私は、参加できませんが、
いいですね。

どうぞ、素敵な女子会になりますように。
  1. 2014.09.26 (金) 09:57
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

看護師さん。

他の場面で慎みなくはしゃいで、いささか反省してます。

折角だから、時間を大切に過ごしたいし来て下さった方々に過ごして頂きたいです。そうなるようにしたいです。

またコメント下さいね!。
  1. 2014.09.28 (日) 00:16
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.09.28 (日) 21:46
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.09.30 (火) 02:22
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.09.30 (火) 13:55
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・