Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

葉月、尽。

久々に更新させていただきます。

ごしゅーしょーさまというか、当然と言うか。

皇太子さん。

残念ながら、マサコと一緒におフランス、♪ は叶わず。皇族の特権で開けられることなく出国入国できて、中身が何かの詮索いっさいされないで済む、スーツケースの数十個。持ち出して何やかや、換金できるチャンスも潰れて、東宮御所に住み込んで娘ムコにあれこれ指図三昧、とやらのツマのオトーサマのゴキゲンも、苦虫噛み潰し度数、どひゃ~んとアップでしょうか。

白人の国だけが好きな東宮妃は、よおろっぱへ行きたかった。遥かに遠い昔、独身時代の長かった浩宮殿下に、さる記者は問うたものでした。

「お妃にはどんな方が?」・・・望ましいか、の質問でした。当時は皇太子の雰囲気もそれらしくあられた殿下は、価値観の似た人とか、独身の男性が口にするようなことを幾つか答えられ、

「テハニーで買い物されるような方は」  望ましくない、とのニュアンスで発言された。テハニー(ティファニー)と、固有名詞を否定的にお使いになったことも在って有名になったセリフですが。

ご皇族とは今では、日本という国を良き方向へアピールされるおつとめもおありのようで、国産品を愛用されるが本筋とか伺っております。本来は武家の正装であったところの「和服」も、日本独特のものとして時に妃殿下方がお召しになって、皇后陛下そして、主に今では秋篠宮紀子妃殿下のお着物姿は、それは優雅で美しく、お相手国にも喜ばれて、国際親善のお役に立っておられる。

つい脱線していますが、ナルさんは、テハニーを好むがごとき女性を、オキサキにする方向を忌避されることなく突っ走ってしまわれ、今では妃殿下は、あの写真この写真、ロゴばっちりの、お値段もカタログ見れば判っちゃう態のものを幾つも幾つも。ものすごい数、お持ちのようで、でも似合わない。

貴賓は、値段など推測させない品を身に着ける、という路線から、遥かに隔たっておられる。

「雅子さまのためにのみ織り上げられた一点もの」を、お召しになるお立場だと、わかっとらんのでしようがない。お着けになられてもお似合いにならないし。着物は嫌いだそうです

・・雅ドンは、テハニーでなくてもパリで、愚痴や美豚で思う存分、ショッピングしたかったのですね、当然。愚痴や美豚を愚弄するつもりは無いのですが、これ、ブランド名をそのまま書きますと、飛んで来てあれこれ仰る方もおありで。申し訳なくも、この表記をさせてもろてる次第です。

フランス人は、日本の皇太子妃が、ぴたりと決まった超絶的な日本らしさ、の姿を見せたら、もしかして、トレビァン、とか、思うかもしれないけど。皇太子妃が、今年夏のゴセーヨーに新調した、とか書かれてた〇ラ・シ〇〇〇ン、程度のバッグぶら下げて来たら、〇〇しますね、絶体。〇カだから、夫婦とも、気が付かないですけどね。

語学オーケーどころか、日本語すら怪しいヒデンカ。テーブルマナーにも自信が無いので、会食に出られない。信じがたい話です。もっと個体的に、フロ嫌い、髪はこってこて。いつでもどこでも、曖昧なニラニラ笑いを浮かべて手を振って。もう書いてしまえ、日本の皇族として、あの、浮腫んだ足の甲がパンパンに盛り上がってる、あの姿を晒すのは、断固、止めていただきたい。

・・・とか、本質以前への気持ちでだけでも、行かせるな~止めてくれ~と考え続けていたのでした。


今年2月のナルさんのお誕生日会見において。

それまでは、事前に用意された(そうしてくれとの要望で)質問に応じて、用意された答えを、こなして行かれた皇太子。一応おわった感じになって、どこかの記者が(どなただったか今、思い出せません)フリーな感じで、質問をぶつけてしまった。

「用意された答えの無い質問」を、いきなり皇太子はお受けになったんですね。

以下。

問2 私的な外国訪問についてお尋ねいたします。平成22年2月に公表された東宮職医師団の見解では,負担が少なく,期間も長くない私的な海外訪問は,妃殿下の治療の面から効果的との指摘がありました。ご一家の海外ご訪問は平成18年以降ありませんが,雅子さまのご活動が増え,愛子さまも中学校へ進まれる中,ご一家での外国訪問についてどのようにお考えでしょうか。


皇太子殿下

「確かにおっしゃるように,雅子の状況も少しずつ良い方向には向いてきていると思います。それから愛子もこの4月からは中学に進むように,だんだん大きくなってきております。やはり雅子にとっても外国訪問が治療上も良いのであれば,そしてまた,愛子にとっても視野を広めるという意味で外国の地を見ておくことが良いのであれば,様々なことを考えて,今後ともどのような外国訪問ができるかということをいろいろ考えていく必要があると思います。実際,私たちもそのようなことをいろいろ考えているところではあります。」


このお答えは、どこかを慌てさせたように、当時、聞きました。言うたらあかんことを言わされた、みたいな。

腹水ボンに還らず。いや違う、覆水盆に還らず。王者の言になんたら無し。

雅子妃は長年「お病気」設定です、いつでもどこでも「体調の波」でさまざまなことが語られます。

が、医師からの公式な、現状についての発表、報告はなされず、ただ一方的に「温かく見守れ」と、その言葉のみが押し付けられ続けている。雅子さんは3軒隣の変わった奥さん、でなく、公人中の公人なのですが。

11年近く、診断書を出さないで仕事を休み続けているということです。お遊びは別です。

・・・とか言っても仕方が無いんです、去年は、皇族の海外公務の折の三つの「するべきこと」。

武蔵野御陵参拝、皇居三殿礼拝、公式記者会見。これを、三つともしないで、無視して、強引に行ってしまった。

雑巾ドレスでフラフラ歩いて失笑と軽蔑をかった。

行く行くと強行したのに、晩餐会には出ず。なぜ出ないか。

晩餐会に出るには、宝冠・・・ティアラが必要です。結婚パレードの時、さんぜんと雅子さんの頭上に輝いていた、皇后陛下から新・皇太子妃に譲り渡されたティアラ。ダイヤモンドが3000個あしらわれていると言われるそのティアラが、ここ11年、一度も表へ出て来ていません。お揃いの豪華な首飾りも。ずっと言われ続けているが、どこにあるやらわからない。

もちろん国内でも、ティアラの必要な場所には現れない。それが通って来た。

ティアラが「無くなって」いるから、公的に行った戴冠式の一連行事、出るべき晩餐会を「欠席」した。

そして、日本でもずっと一緒にいて、雅子さんが発った翌日、追いかけるようにオランダへ飛んだ実家の両親、オワダ夫婦を、皇族ゆえにキサキに供されていた場所へ呼んで、数時間、飲食を共にし、あと、何をしていたのか。。。持ち出したサムソナイトのスーツケースは、あの時、どれだけの数だったか。

卑しい憶測をしているのではありません。

皇太子夫婦は、皇室の宝物を膨大な量、無断でオークションにかけた、そういうヤカラです。ツマの親も、妹も関わっている。証拠写真は膨大にある。警察は、おそらく、動けない、動かない。

・・・去年のオランダ「事件」は、言い出せば内容豊富に突っ込みどころ満載の事実があるのですが。


9月初めにフランスへ行く、あるいは行きたい、となっていた。

その前哨戦として、武蔵野御陵参拝と伊勢の神宮参拝に行ってあげた、となっていたのですが。

フランスへは、マサコは、行けない。行かせない。東北の子らのためではない、自分が行きたいだけなんだ、そんな汚い話があるものか。思いが届いたのでしょうか。(笑)。

2年間も放っておいた被災地訪問、腰をあげれば実質5分、10分、身元を調べて並ばせた被災された方々を、愚弄する、自分たちの被災地訪問の証拠写真を撮らせるためだけだった被災地への「思い」とやら。

国内で5分、10分の人間(もどき)が、なんでフランスまで。

そんなこと在り得んやろ。在り得ないでしょう。

・・・13日間を予定していた、那須への「静養」は取りやめになった。

これは、両陛下と昼食を共にして、その場で、両陛下に勧められたか諭されたか、言い渡されたか。朝日の記者も深いあたりまでは伝えておりません。

けれど。静養には行けなくなった。

聞かざるを得なかった、今回は。

9月 パリOECD東北スクールイベント訪問&一家でフランス周遊旅行

「雅子さまは以前から東日本大震災で被災した東北の中高生の活動に関心を抱かれていましたが、 この9月にパリで復興をPRするイベントが開催されることになった、最近ご体調が芳しくなってきたこともあり、 雅子さまはパリご訪問を前向きに検討しておられます」
                      ≪週刊ポスト7/25・8/1号ネット記事≫


何かしたい時には、その前に必ず、ちょちょっと、ゴコ-ムをする。それがパターンでした。みごとにパターンだった。それで、今年、昭和天皇陵に、雅ドンは10年ぶり、愛子さんは生まれて初めて。お墓参りをした。

同じく伊勢に、雅ドンは20年ぶり。愛子さんはこれも初めて参拝。

愛子さんが「ご静養」以外で地方へ行くのはこれが初めて、と、テレビで言っていて。不思議な気持ちになりました私は。

・・・もう少し先へ行きます。

9月4~6日には、小和田恒が伊・サンレモで学会出席予定・・・だとか出ていましたが。それが何か? です。

オワダ氏は、雅子妃のご実家の親御さんですが、何もかもいつでも、一緒に、の話題が出るのもどういうものか。

すっごくセコイ話をすると、少額でも自費、ってのが、お嫌いなそうです。さすがです。← 褒めてませんけど。


とにかく。皇太子夫婦がしたかった家族での海外旅行は、ぽしゃった。

ナルさんは、6月に、実はスイスの側では気の無かった、あまりに公務が無いのでガイムが無理くり押し込んだ訪問と評価の定まっているスイス行きを決行して、笑われて帰っています。

まともな歓迎行事も無く。晩餐会にも出席と報じられたが、結局その写真は一枚も示されず(会自体が無かった・・・)昼間のガーデンパーティでは、相手側の方との乾杯まで待てなかったのか、グラスを受け取ったらすぐに、口をグラスに寄せて行って、ごっくん。恥ずかしい。

酒が来たからボク呑んじゃった。それから、周囲が見えたのか、乾杯していた。その他、スイス各地で、まことに珍妙な親善訪問ぶりの写真が出回って、見る者の頬を赤くせしめてたってのよ。全く。

そのスイス以前にすでに、一家での海外訪問についてはトーンダウンしてしまっていたのですが・・・。

<雅子さま愛子さま「伊勢参り」と「スイス・フランス周遊」>

「ご一家には夏ごろに“ヨーロッパ周遊”をされる予定。
 8月下旬からパリで行われるOECD東北スクールの活動に、皇太子ご夫妻が愛子さまと一緒に訪問される話があり」

とか、書かれていたのでしたが。

9月 2日 「OECD本部に桜の植樹」「子供・大人合同会議」(フランス・パリ)≪OECD東北スクール≫

これ。

本来のご出席者の皆様は、出発なさったようで。

ナルさんの頭上に、未確認飛行物体が飛ぶやらどうやら。

わかりません、という話です。


おかしい、止めて、と、ミジンコの遠吠えでも、続ける意味は、もしかして、あるのかも・・・。


さまざま、コメントをありがとうございます。

落ち着いてゆっくり、お返事させていただきたいです。

追記です。

お知らせ下さっている「藍色」さんのコメント内のヤフオクに関するとこをポチット押して、再びのヤフオク「事件」とも呼び得るかのとんでもない事実をご覧になってみて下さい。ブルーフォックスさんとは、長年、一心に東宮一派の問題を追いかけておられる立派な方です。

フランス行きは、あったとしても、公費で賄えるもの。アレラのヤフオク関連のお金の話は・・・小和田氏の投資の失敗による巨額の借金にまつわる、となど、取りざたされています。オワダ氏は借金まみれである、と。

皇室のお金(税金)が、キサキの実家に流出しているなど、普通ならば囁くさえはばかられる事態ですが。

あまりにも、事実はそちらの方へ向き過ぎています。

雅子さんが成婚の日に出て来た実家、機密費御殿とも揶揄されたコンクリ御殿も、東宮家の内親王である幼い愛子さんを皇室から連れ出して一か月も籠城したオワダ家の「別荘」も、すでに抑えられている、故にオワダ夫婦が、日本でのホテル代わりに、東宮御所に居座っている、と、されているのですが。

ヤフオク事件の闇は深い。とてつもなく深い、そして新たにも出て来たとは。先日少し触れて気になっていたので、ありがたかったです。



スポンサーサイト

9 Comments

ぽちゃこ  

hortenciaさんに同意

夏休みもようやく終り。試合に行く次男が『作曲の宿題頼む!』といい残し今頃言うなと怒りながら五線譜とリコーダー片手に必死のパッチ…その間応援に家事(これは適当)彼の宿題を済んだか確認するのも恐ろしい夕暮れ…KUONさん、夏祭孫ちゃんと楽しんでこられました?妙なコメより沢山のぢょし応援隊がついてます(笑)無理せず気にせずいきましょう!hortenciaさんも回復されて何よりです、南欧でリフレッシュ…あぁ羨ましい…素晴らしい旅になる様祈ってます(横レス失礼しました)

2014/08/31 (Sun) 17:42 | EDIT | REPLY |   

藍色  

ヤフオク

こんばんは。

ブルーフォックス様の所で見ました。
また ヤフオク に、皇室ゆかりの品が大量に出てたそうです。
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/ykryuya

既に取引は終了しているので、2ページ目からご覧ください。まあ本当に大量。
まさかフランス行の旅費を捻出するため?怪しいですね~、この時期だしぃ~

今にして思えば結婚当初、マサコが「海外に行きたい」という発言をしたら
優しい世間は「雅子様は外交官としての実力を発揮して、皇室外交のために尽くしたいと思っていらっしゃる」と、そう思いましたよね。またそう思わせるような報道でしたよね。
これって結局、マサコは「皇太子妃って税金で海外に行けるんでしょ。自分では一文も出さず。だからタダで海外旅行に行けると思ってケッコンしたの」だった、ということですね、はっきり言えば。
そういう下種な女でしかなかったから、皇室では決して許されない、あのだらしない性格は改まらず、それを誤魔化しつつ20年過ぎた、という事でしょう。

少額でも自費がイヤって人、公務員には良く見ます。徹底的に税金で賄おうとします。そんなときだけ頭が良くなるようです。
正田家などは、入内後の美智子妃殿下の洋服代まで出していたというのに。
どう考えても、マサコは天皇皇后両陛下のお側に置いていていい女じゃない。御所の外に蹴り出してやりたい。

2014/08/31 (Sun) 21:42 | EDIT | REPLY |   

hortencia  

ぽちゃこさん、ありがとうございます。

kuon様、こちらこそ横レスお許しください。
息子さんの宿題、私が片づけてもよかったのに(笑)なんて思いながらも(一応音楽教師もやってます・・・)、ああ、明日から大学が始まるー嫌だーなんて誰もが思うことを(秋休み、とかいうのがあるんですがね)感じています(笑)。

アレラ一家には、フランスどころかどこのヨーロッパの土地だって踏んでほしくないですよ。皇太子のスイス訪問のときは「やめてースイスの美しい空気が穢れる-」なんぞと仕事も手につきませんでした。
・・・10000歩譲ってナルはいいとしても(ホントはやだ)、マサコはホントに来てほしくないです。日本人がバカにされたら、自分たちのような一般人がバカにされるのですから。

2014/08/31 (Sun) 21:55 | EDIT | REPLY |   

もも  

拝見させて頂き、2年余りになりますが…

初めて コメントさせて頂きます。

フランスは、そーか をテロ組織と見なしていて そーかの方達は、入国出来ないと聞いております。雅子が、フランスに、行けない理由は ここにも あるのかもしれませんね…。
これからも 楽しみに拝見させて頂きます。

2014/09/01 (Mon) 13:27 | EDIT | REPLY |   

ぽちゃこ  

海外行く前にちゃんと遅刻しないで学校行きましょうね。hortenciaさん、何とか作曲済みました。お願いしたら音楽『5』になったかもしれないのに残念(笑)

2014/09/01 (Mon) 22:41 | EDIT | REPLY |   

KUON  

ぽちゃこ さん。
いきなり「作曲たのむ」。それは無いですなあ。フツーの家には「新垣氏」も存在しないわ。わが家も孫息子は未だ、リコーダーに対して激しいケンオとキョウフを抱いている。教えてやりたくても私の時代には、あのごとき楽器は存在しなかったのです。
他の教科も???いま、リトマス試験紙って無くて、他のなんとかいうので酸性アルカリ性調べると。大昔に苦手だった理科数学、歳月を経たとてどうなるものでもない。一人理数系のぢいさんがありますが、難しいこと言うから判らん、と、捨てられとりました。親もどっこいどっこい、でもとにかく、新学期始まって、ばんざい。

仕事が溜まってて(エラソーな言い方・笑)これ、ちゃんとせんな、遊べません。しゅん。

2014/09/02 (Tue) 10:59 | EDIT | REPLY |   

KUON  

藍色さん。

今回のヤフオク出品、小さいモノが多いですね。内親王さんの着物や椅子など、ああいうのはもう、出さないのかな。それと、イヤミで書きますが(笑)写真撮ってる「皇室のカメラ小僧」の写りこみ画像とか。どこにこんな天井がある?的な、東宮仮御所の「イオニア式の天井」や、これも特殊なカーテンや、映っていなくて、楽しみが少ないわ~とか、言ったら、叱られるのでせうか~。

どなたか他のサイトで書いておられました。

「自分も古いもの貴重なものを扱うことをして来たけれど、皇室からのものなどに触れると、胸の奥に・・・」あくまで、こういった趣旨だった、と、お断りさせてもらいますが。

言葉に魂があるように、物にも宿るものがある、とも聞きます。

徹底した唯物論、拝金主義の俗物が、皇室へ入り込んで浸食して。

>どう考えても、マサコは天皇皇后両陛下のお側に置いていていい女じゃない。御所の外に蹴り出してやりたい<

同感です。蹴りだすくらいじゃ物足りない、きっと、蹴りだされても、怒りまで思考が達するまでは、ニヘニヘわらっていると思う、あの人もどきは。大嫌い。

2014/09/02 (Tue) 11:13 | EDIT | REPLY |   

KUON  

hortenciaさん。

フランスへ行きたいなど、あり得ないことだったとは、解っていたのですけどね。

ナルさんのスイス、本当に行くの?は、半月前に決定。普通は最低一か月前に、あの立場のヒトは、予定決定されている。オランダ行きの時がひどかったし、もう、まさこヒが、ヒの立場で海外へ出ることはなさそうです。

自由な身になって自分たちのお金で行くならわかりませんが。あれは、ストップかかっていますよね。

2014/09/02 (Tue) 11:19 | EDIT | REPLY |   

KUON  

もも さん。

読んでいて下さっていることにも、初めてのコメントにも、お礼申し上げます。ありがとうございます。

フランスもそうですが、ヨーロッパの主な国では、例の会は「カルト」認定。キリスト教圏であることも理由でしょうが、まともな「宗教」認定はいっさい、されていません。冗談で言う「カルト」でない、もっと厳しい見方で見られています。

そこと関わりがある、と謂われるあのお方、数週前にはそのカルトに「待ってました」と駅頭で声をかけられていたあのお方。どんだけおかしいの、それ。

カルト方面のみでなく、よその国では、日本人には思いもつかないきっついことを言われている(日本自体への感情も含めても)ナルヒト夫人が、手を振りながら外国の地を汚しに行くことは、まあ、無いと思われます。想像すると「ゲボ」ですね。失礼。

それだけでも、ああ、よかった。今度は税金のだだ遣いを何とか、と、願い中です。またコメント下さいね。

2014/09/02 (Tue) 11:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment