FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

世界体操をチラ見しながら。

こんばんわんわん。

シャバへ戻ってめえりましたぜい。

えまさんディランさん、コメントありがとうございました。

ここ数日、気になること。

世田谷の「高線量」は、なんなのか???ラジウムだったという話・・・夜行塗料を使っていた時計屋さん関連のものだったとか・・・。ラジウムって、キュリー夫人が研究しておられた、あれでしょうかね。ものすごく微量ですと、これは、温泉などに使ったりしているということで、始めのうち、それと同レベルの話に持ち込んで、ガタガタ騒ぐな、と、言っていた人もいたな・・・。

原爆と温泉と一緒にはならん・・なれん・・なれればいいのに、その程度に。

三号機で起こったことは、核爆発でした。よくもそんなこと、何ヶ月もたってから言うたなあ。


始めのうち、若い女性で、医療関係の方だったような気がするが、自分達もそれくらいなら日常的に浴びているよ、ヨウ素は水を沸騰させれば大丈夫(これはきっぱり間違いです)、とか、心配している人を嗤う感じで書いていた人もいたな・・・あ~、思い出すとまた、ハラたって来ました。

なんでも、自分のレベルまで引き摺り下ろして語るでない!。大変な間違いを冒す可能性があるのに。ふざけた口調で書いていた彼女達に、今でもハラが立つ。まあ、オトナゲないわ、わたし。


・・・その、世田谷に続いて、ディランさんの言われる千葉・船橋の公園の高線量。

横浜のストロンチウムの記事が先でしたか。

いずれも、民間の、つまり、いても立ってもいられない方々が、自力で調べておられる話ですね。

新聞のテレビ欄などを見ると、世田谷のものは「原発事故に関係ない」もよう、とあって、なにか、他の事も関係無い方向へ行きたいのかな、と感じてしまった。

ああそうでした。私の病気の名前。その一。政治・東電・マス・メディア不信症、ですよ。かなり蝕まれております。
当分治りませ~ん。

そして今日、船橋の線量は下がった、と、どーどーと出ております。
今日は、下がった、の「今日は」の部分は書かれていない。

国は、東電も、自分からは、発表しませんよ、きっと。よほどのことにならないと、言わない。言わなくてはどうしようもなくなって来て、初めて、言う。

計れば出るから、あえてしないのでしょう。

京都の五山の送り火用の、反対されて使えなかった「まき」も、後始末がどうしょうもなくて、倉庫に保管されたままだそうです。文科省の原子力安全課に問合せたら「管轄外」と言われたと。
新聞記事そのままですが、ある象徴、の気がして。

管轄外。管轄外。そういう言葉がある、便利な言葉だ、管轄外。

平和ぼけ、なのは、私のようなヒラ・庶民だけではない、政府の方たちだってそうのはず。

何をするのも考えるのも、あの現場を、コンクリートと鉛で封じ込めてから、でないと、と、じりじりします。


掃除は有効、除染すれば線量は下がる、それは事実。

その、下がっている期間を、追いかけて行く。それしかない。そこから生じる、あらゆる「ごみ」、ごみに含まれる放射性物質。

それは、頭の隅に置きつつ、置きつつ、忘れつつ。

・・・一人暮らしをしていた若い頃、ものすっごく散らかった部屋になっていました(誰のせいで・・・じぶんのせい)。食べ物を作るのは苦にならず、人に食べてもらうのは好きだったので、時どき、食べにおいでよ、と誰かを誘い、誰かは、もりもり食べて「おいしい」と言ってくれるのでした。お礼に、散乱している雑誌やシャツや、を、片付けてくれました。食べる前に掃除なので、私は空腹でイライラしました(恩知らずは昔から、か・・・)そして誰もが必ずお説教をしました。

片付けていないからハサミが三つも出てくるのよ、同じ本を二冊も買ってムダじゃないの、と、こまかい奥さんみたいに(ワタシはオンナのひとです、もちろん、三人くらいいた誰か、も女性)諭すのでした。ソファ・ベッドの上に追いやられているワタクシは、ふん、うるせいやぁ、と、反抗期真っ盛りでありました。

・・・なんて、調子にのって脱線しておりますが、これはつまり、女の人に(のみ)モテた己の過去の自慢などではなく、むかしはそうして、ホコリでどうにかなるヤツはいない、というリクツが、強引にでも通るのだったけれど、今はそうではない、四角い部屋は四角く掃除して、毎日毎日、線量を下げる努力をし続けないといけない・・・事態になっているようです。

困った・・・。が。やるしかないです。

ロシアのキカイ、私は見たこと無いですが、確かに、精密で出来のいいものが出て来るであろうMADE IN JAPAN
を待っていたら、いつになることやら。こういうものもある、の、参考になさって下されば・・・。

早く、少しでも早くが、大切と聞くのに。

ぐちぐち言いながら、頑張りましょう。

えまさん、明日は発送させてもらいますね。


yuutaさん、お目に届きますかね?。

先日は、できることあればと言って下さってありがとうござました。

十一月に、昔の仲間が集まります。話がまとまって、何かお願いするようなおとがあったら、ご相談させてもらいますね。
お気持ちありがとう!。






















スポンサーサイト





  1. 2011.10.15 (土) 00:30
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

お帰りなさいませ~

お師匠、こんばんは。

九州電力の社長とかいう肩書を持っている人のお話をニュースで聞いて、
「信じられな~い!」
「このオジサン、何なの~!」

Q電て、一応、九州地域では名門企業、なんですか????
私は関東在住なのでよくわからないんですけど。
関東にあるT電は、つい最近までは経団連をも牛耳る超名門企業、ではありましたが、
今では名前を聞くだけでも気分が悪くなってしまいます・・・。

横浜でのストロンチウム検出。
ヒタヒタと忍び寄ってくる気配がします、一歩一歩追い詰められている気配。

除染て、虚しいですね。
土を削り取って、雨が降ったらまた削り取って、時間がたったらまた削らなければならない。
そのたくさんの土は隔離しなくちゃいけないのに、その場所がない。
狭い日本・・・、どうすればいいのか・・・。

ヨンジュン王子が、東日本ではなくて関西に出掛けてくれてホッとしました、涙。

お師匠、おいしいものを召し上がって、ゆっくりお過ごしくださいませ。
  1. 2011.10.15 (土) 08:06
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん おはようございます
目にとまるどころか 読んでます 読んでます
毎朝しっかりと

検査入院をされていたのですね
しっかり読んでるわりには どんな風に自分の気持ちを表したらいいのか
思いはいっぱいあるのに書けませんでした
もともと表現力足りない人間なの><に 努力を怠ってきたからますます苦手に

とにかくお体お大事にしてくださいね

なんかね 今は精神を安寧に保つ ことに非常に努力がいる時代なのだな~としみじみ感じます
姪のところに行くと芝生をすべてはがして 土を入れ替えて
そうすると とても低くなるのだそうです 線量が
一軒おいてウラ隣の姉の庭も土を入れ替えてと言われたと、、、
雨がふったり風が吹いたりしたら又高くなるのかな、、、
廃棄物の処理の行く末も この先どうなるのか、、、
土の入れ替えも順番待ちだそうで
あちらでもこちらでも同じ思いの人たちなのですね

彼女たちの居住地の市では ごみ処理施設が最新のものだそうで
市の担当者が言うには安心して処理できる、、、といっているそうですが
もっと詳しくなんとか、、、言ってましたが 忘れましたわ><;

大丈夫 という言葉にすがりたい ほんとかな? とどこかで懸念しながらも
これから育つ子供たちを抱えた彼女達にとって 本当に安心して暮らせる時代は来るのかしら

仕事をできるかぎり早く終わらせて 幼稚園小学校から帰宅した子供と水入らずの時間を過ごす
仕事人間で 育児はほぼ姉夫婦まかせだった姪
(そのお陰で私も 孫育の楽しみの一端をを味あわせてもらったのですが)
今はその短いながら大切な時間帯には 姉夫婦も立ち入らないように心がけているとの事

って結局私がしゃべる事って こんな事になってしまうのよ、、、

でもKUONさんのお話に ディランさん sarahさん えまさんたちのコメント
しっかり読ませてもらってます
読むのは好きなんです 
やさいさんのとこでも同じ
だから 恥ずかしいから注文メールに書いたのですが
思い切ってこちらのコメント欄に貼り付けました

私にでもできること 待ってますね
  1. 2011.10.18 (火) 14:15
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・