KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ノンタイトル
  2. tb: 0
  3. cm: 50
  4. [ edit ]

お願いの儀。



からだは回復しましたが、気持ちのトゲが自分でなんともなりません。

今書くとイライラして、悪い方への連鎖を招きそうな予感がします。

まことに勝手ながら、あと三日ほど、何も考えないでいさせて頂きます。

わがままKUONの願いごと、です。



スポンサーサイト


  1. 2014.08.27 (水) 23:07
  2. URL
  3. きゅうつく
  4. [ edit ]

大丈夫ですか?

季節の変わり目です。
夏の暑さの疲れが身体に出ているのではありませんか?
お大事になさってください・・・・
身体も心も充実したらブログを書いて下さいね。

隠れファンのきゅうつくでした。
  1. 2014.08.27 (水) 23:21
  2. URL
  3. 涼子
  4. [ edit ]

KUON様
こんばんは、お疲れさまでございます♪
いつもKUON様のお言葉には、イエスマンな私(笑)
待ちます♪
毎日何度も覗きながら(笑)
ごゆるりとお休み下さいませ♪

  1. 2014.08.27 (水) 23:22
  2. URL
  3. VRAI
  4. [ edit ]

No title

誰でもそうですが、1週間、本当に集中しようと思ったら、
1ヶ月の自堕落が必要です。(私の持論)
ちょっと休んで、パワーアップして戻ってくるのを待ってます。
  1. 2014.08.28 (木) 10:46
  2. URL
  3. 桐沢
  4. [ edit ]

しばらくお休みすると言っては

なぜかすぐに出ていらっしゃる。
読者の皆様がとても心配して、ゆっくりお休みくださいと言ってるのだから、本当にそうなさいませ。
思わせぶりな事を書いて、振り回すのは良くありません。
皆様、真剣に案じていらっしゃいますよ。
  1. 2014.08.28 (木) 17:37
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

心配し、安心する理由

昨日、少しお休みします、とあれば心配し、
今日、思いを書きます、とあれば安心する。

それはね、KUONという人が大好きだから、です^^。
  1. 2014.08.28 (木) 18:41
  2. URL
  3. たぬきち
  4. [ edit ]

KUONさま ゆっくりお休みくださいませ!!

心と体は、連動しております。

気をお使いになる KUONさま ですから…なるべく早く 再開をと、お考えかと思いますが… 本当にお元気になられるまで 、たぬきち、ぴょんぴょんしないで お待ち申し上げております!!

心の底から、ガハハと笑えるようになりましたら…お出ましくださいませ!!
  1. 2014.08.28 (木) 22:44
  2. URL
  3. 高倉
  4. [ edit ]

桐原様に同意

ブログ主様を気遣いとてもあたたかな言葉をかけておられる読者の皆様に対し、ブログ主様の勝手な都合で振りまわしてはなりません!3日と言わずどうぞゆっくりと休まれたし‥
  1. 2014.08.28 (木) 22:50
  2. URL
  3. 高倉
  4. [ edit ]

桐沢様大変失礼致しました。

訂正してお詫び申し上げます。

正しくは‥桐沢様に同意です。
  1. 2014.08.29 (金) 01:25
  2. URL
  3. わがまま、親父
  4. [ edit ]

そういう事もある。

KUONさん、人生も歳月が過ぎればそういう事もありますね、私も自分では単純な男と思っていましたが、妻に言わせると変な男、妻流の表現ではムーデイマンだとか、天気予報男とか呼ばれていますが、、、時々、感情コントロールが難しい時があります。

と言ってKUONさんと私を同じくて言っている訳ではありません、貴女は私よりははるかに違って大人の女性、でもね、答のでない心の葛藤とか理屈では割り切れない感情とか、これは放っておくしかないこともありますよね、、、、、、

VRAI先生が言っていた自堕落に過ごす、、、それが一番だと思いますが、KUONさんにそれができるかどうかは私にはちょっと疑問??

それはKUONさんに逢いたくて奈良まで逢いに行った男だから、解るかも、なんてね(笑い)

  1. 2014.08.29 (金) 03:01
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.08.29 (金) 10:44
  2. URL
  3. 風子
  4. [ edit ]

KUON様

おはようございます。
疲れたら何も考えず、ボーッとすることも大事。頭を休ませてあげましょう。
気が向いたらまた更新してくださいね。
  1. 2014.08.29 (金) 11:22
  2. URL
  3. hortencia
  4. [ edit ]

「思わせぶり」…私はkuon様がそんなことをする方だとは思わないのですが。
「勝手な都合」…病気でも、快癒したと思ったらほかのところに異常が出たとか意外によくなかったとか。ひとの心や体ははかりしれないものです。高倉様、貴方は自分に「勝手な都合」を使ったことがないとでも?


言葉は時に、刃のようにその人の心を抉り、傷つけるものです。
私の大好きな中島みゆきさんというアーティストは、幼いころご両親から「言葉の使い方には気を付けないと、相手をナイフのように傷つけてしまう」と言われたと、何かのインタビューで言っていました。

どうもここのところ、ヘンな書き込みが多いです。
書いたことはずっと残ります。他のひとの目にも触れます。
ここに集う皆さんが、不愉快な思いをしないように、kuon様が元気でブログを続けられますように、願っています。
  1. 2014.08.29 (金) 12:57
  2. URL
  3. 桐沢
  4. [ edit ]

「思わせぶり」などと書きまして

ごめんなさいね。
話を蒸し返すつもりはないのですが、数日前にご自分を責めていらっしゃる読書様をお見かけしたので、つい書き込んでしまいました。
良かれと思って書いた内容が、もしかしたらブログ主様を傷つけているかもしれないと、今も気を揉んでいらっしゃる読書様がいるのではと思い書いたつもりが、私自身が一番傷つけてしまいましたね。
申し訳ありませんでした。
何を書くか、書こうと匂わせたけれどやはり書くべきではないと判断されるのはブログ主様ご自身。
お休みするかの判断も然り。
部外者が余計な事を言いまして、どうぞお許しください。
  1. 2014.08.29 (金) 17:29
  2. URL
  3. ぽちゃこ
  4. [ edit ]

誰にだってしんどい時はあります。ここに集い言葉を残すと、ありったけの思いを丁寧に返信してくださるKUONさんが居ます。時に厳しく時に三枚目な言葉の数々…具合が悪くとも気になって更新してらっしゃるのがどれほどのエネルギーを使う事か。読者の末席に加えていただいてる身としては『思わせぶり』より『しんどいのに気にしてはるんやなぁ』と感じてます。今回、しばらくのお休みでじっくり心のイガイガがまぁるくなって消えてゆくのを祈るのみです。上手く言えないけど、綺麗な絵を観て静かな音楽を聴き、穏やかに過ごしていただきたいと思います。前回のコメ通り、良い子にして待ってますから
  1. 2014.08.29 (金) 20:11
  2. URL
  3. 美絵理
  4. [ edit ]

KUONさんのブログタイトルが好きです。
ありったけの思いを、今日も元気でいましょうね^^
と言う言葉に込めていらっしゃるんだと思います。
  1. 2014.08.30 (土) 00:10
  2. URL
  3. すみれ
  4. [ edit ]

kuon様…。

私のような者にも、いつも真摯に向き合ってくださる
Kuon様が、私は大好きです。
きっとここに集う皆様も。
人を傷つけまいとなさる、そのお心が
これ以上悲鳴をあげませんように…。
大好きです。kuonさま。
  1. 2014.08.30 (土) 00:46
  2. URL
  3. ハンナ
  4. [ edit ]

大丈夫。

同じ思いをした経験があります。
その時に
【イエスと同じ数のNOがあります。】
というコメントをいただきました。
ブログで上位になるというのはそういうことなのだなぁ、と。
それでも自分の信念を綴る方を尊敬します。
私は結果的にブログはやめてしまいましたが。

NOもいろんなカタチで訪れてくるものなのですね。

私は単純にここの場所が好きです。

あり続けて下さるかぎり、訪れさせていただきます。

人間、傷ついてこそ深みを増すものだとも思います。

ご自分のブログですから、誰のためでもない自分のお心のままに、、、、

  1. 2014.08.30 (土) 07:50
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.08.30 (土) 09:48
  2. URL
  3. 招かざる客
  4. [ edit ]

時に自分と相反する人々の意見にも心を向けないまでも、受け止める器量が備われば体調も気持ちも良くなりますから。悪口もたいがいになさいませ
  1. 2014.08.30 (土) 10:46
  2. URL
  3. いちファン
  4. [ edit ]

kUON様の文は悪口ではない。事実からの正当な危惧感の表明です。東宮擁護派の、事実無視のそれこそ感情的悪口と一緒にしなさんな!
  1. 2014.08.30 (土) 11:48
  2. URL
  3. 東宮掃除
  4. [ edit ]

ゆっくりと

kuon様、いつも勉強させて戴いいます。
要らない書き込みもこの時ばかりと、書き込まれますが
気にしないでゆっくりと,ご静養してください。

そして、お元気になられたら又お願いします。
  1. 2014.08.30 (土) 11:54
  2. URL
  3. N
  4. [ edit ]

ますます我儘になる。老い先短いから我慢するのはやめる。
ブログ主様はそうおしゃっていました。
心のままに正直に吐き出すと、それが時に善き方を辛くさせてしまう事になる。
抑えが効かない胸の内が、その葛藤がまたご自身の心を波立たせるのでは。
人間は再びあちらの世界に帰るまで、いくつになっても修行ですね。
ブログ主様のお元気な姿をゆっくりとお待ちしています。
  1. 2014.08.30 (土) 12:22
  2. URL
  3. いちファン
  4. [ edit ]

kUON様は正直で温かく、正なるものが視え、邪と戦える数少ない方。信頼できる方。希望を導く方。しばし羽を休め…また… お待ちしています。
  1. 2014.08.30 (土) 15:26
  2. URL
  3. 佳世
  4. [ edit ]

久遠さま~ お待ちしています~ 言葉のお師匠さまです!
  1. 2014.09.01 (月) 10:44
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

きゅうつく さん。

お久しぶりです。来て下さって嬉しいです、そして、あたたかいお言葉をいただいて。

大人げなくて、自分の尻尾を追いかける犬みたいになること、未だあってしまうKUONです。どはは~。

お蔭さまで元気に戻りました。感謝。

また、いらして下さいね。
  1. 2014.09.01 (月) 10:47
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

涼子さん。

お返事遅くなりました、失礼しました。

私に関しては「イエスマン」あらま、それは危険です、危ないです、KUONにペロンと騙されたらどうしますか。これでなかなか、腹黒ですよ、威張って言うことではないが。(笑)。

ともかく、おかげさまで元気が湧いて来ました。また、こてこて、書いて行きたいと思います。ありがとうございました。
  1. 2014.09.01 (月) 11:48
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

VRAIさん。

すみません、初めからどなた様にも「さん」の呼びかけで・・・。

自堕落しちゃおう。それもいいんだ、この「よし!」、気が楽になりました、ありがとうございます。

しかし悲しいかな、まっしぐらに小市民なセカセカ暮らしが身にしみついておりまして・・・何もしないでゆったりする、なんて優雅なワタシに、一気にはなり得ないことが判明。

ややがっくり。でも、精いっぱいの自堕落(笑)を取り入れてみた結果、何かすこーんと吹っ切れた感があり。

また、じたばたせかせか、自分らしく私らしくやって行く私でしょう。

ありがとうございました。

  1. 2014.09.01 (月) 11:58
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

桐沢さん。

初めまして。お叱りをありがとうございます。

そして、いささか見苦しくあがきました私を、お判りいただいての、後のゆったりしたお言葉も、ありがとうございました。

初めはびっくりしましたが。

京都の北白川に、母方の伯母がおりまして、行儀悪く野放図な姪である私を、可愛がってくれつつ黙っていられなかったのか(伯母さまごめんなさいでした)、こういう感じで、叱っておりました、その伯母を思い出しました。

感情をむき出しにすると、何やらどこかに障る。わかっていながら、おとなに成りきれずいる私です。また、やらかすかも知れません・・・。

など言うと、睨みながら多分呆れながら笑ってくれた、優しい伯母でしたが・・・。全く、あなた様に対して気を悪くしたと言うことは、ありません。
  1. 2014.09.01 (月) 12:29
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

sarahさん。

照れます。照れてます。
  1. 2014.09.01 (月) 12:32
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

たぬきち さん。

私は、気を遣うこともあるけど、大きく気が抜けることもありますの。(笑)。

おかげさまで、がははと笑う自分に戻れました。ありがとうございます。

もう、ぴょんぴょん、解禁ですよ、(笑)。
  1. 2014.09.01 (月) 12:42
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

高倉さん。

初めまして、ですね。私が気まぐれに皆さまを振り回したと、腹を立てられた? 。

義憤、ってヤツですか。私は自分では、そんなにあからさまに気まぐれしちゃうようなおおらかな人間にはなれていないと、時に自分の小心ぶりにくよくよするタイプだと思っていますが。

どう感じられるかは、あなた様の自由です、それはそう。

でも。

>3日と言わずどうぞゆっくりと休まれたし‥

これは、よくないではないですか? こういう恫喝じみた言葉は、よくない気がしますよ。ご自分がそのつもりでなくても、私がこの一言に恐怖を感じたりしたら(こんなことで感じないけど)、よろしくないタイプの言葉ですよ。ご存じでしたかしら?。

  1. 2014.09.01 (月) 12:48
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

わがまま、親父さん。

大人な男の人のコメントをありがとうございます。どすんと胸に来て、嬉しかったです。

そうですね、カナダから奈良まで、文字通り、逢いに来て下さった。そんなことしてもらったの初めてですよ。時々、ヤッホーとかまた、、会いたくなるけど、遠い。遠いから、こんなこと書いていられるってこともありますね。きっと。

またおあいしたいです。その時は私も、一緒に酒を呑む。美味しく呑む。至上のいっぱいを。(笑)。
  1. 2014.09.01 (月) 12:53
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのコメントさん。

ヒミツだからあれこれ書けないが、久しぶりのコメント、ものすっごく嬉しかったです。

枕に顔おしつけて号泣したと読むと、胸が痛みますが、いい人にやさしくしてもらい云々と知れば、はあ、よかった、よろしくよろしくと、私までほぐれました。ありがとう。

そうだぜ。秋が来るんだぜ。始動の時だよ、こちょこちょ日々を頑張って、極上の時を愉しみましょう。
  1. 2014.09.01 (月) 12:59
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

風子さん。

お返事おそくなりました。

お気にかけて下さっていることは、痛いほど伝わっていました、本当にありがとうございます。

風子さんもプロのお仕事人さん。私のわがままな気持ちもご理解下さった? など、勝手に考えておりました。でも、まだまだ未熟な自分であるとも改めて痛感しました。

また、励みます。よろしくお願い申し上げます!。
  1. 2014.09.01 (月) 13:08
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

hortenciaさん。

私も中島みゆき好き~。

東京音楽祭での初めてのステージを見て以来、好きです。

カラオケの3曲目は「地上の星」ですよ。んで、あまりメジャーでないが、一番、と言って過言でないのが「砂の船」という歌。最高に好きです。

いろいろ、私の気持ちを撫でて下さってありがとうございます。あまり沢山言うと嘘臭くなるし照れるので、あまり言いませんが、本当にありがとうございます。

南欧の旅、楽しんで、触発されて来て下さいね、お体にも気をつけて下さいね。
  1. 2014.09.01 (月) 13:32
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのコメントさん。

お気持ちの行き届いたお言葉をありがとうございます。

初めまして。

ヒミツですのでお返事がしにくいですが。わが過去にも、若気の過ち、それでは済みそうにない若気の至り、数多くありました。思い出すのも苦しいことも。おそらく一生、口には出し得ないであろうことも。

でも、のうのうと、おめおめと、日々を暮らしております。

・・・何というか。人の気持ちは難しい・・・でも。

今は、んものすごく嫌いな人もいない。あれもそれも、仕方のないことも多い。そう思います。昔読んだ上村一夫の漫画に出てきた老女の、

「みんなみんな、切ないんですからに」というセリフが、ずっと、気持ちの底の方に留まり続けています。

また、お越しくださいね。ありがとうございました。
  1. 2014.09.01 (月) 14:39
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ぽちゃこ さん。

いつもありがとうございます。

綺麗な絵を見て・・・いやいや、お岩様のすっげえ顔が拝見できる映画見て、屋台の焼きそば食べて、ソフトクリームを(ホーマンな胸ゆえ)買ったばかりのアロハシャツにぽったり落として。よく寝て。復活。シンプルなわたし。(笑)。
  1. 2014.09.01 (月) 15:21
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

美絵理さん。

過分なお言葉を下さって…恐縮しつつ嬉しいです。

結婚したてだった長女のオットが、ブログの立ち上げをしてくれました。タイトルが要りますよ、おかーさん。

それまでは「あのう」だったカレに、初めて「おかーさん」と呼ばれて逆上。しどろもどろに、え、あ、そそっそうなの、人間はやっぱり元気よね、とかの状況で決まったタイトルです。

今はそのカレも、元・息子になってしまい。娘とは結婚中より仲良く仕事の付き合いをしていて、よう、わからんながら、安心してたり。いいコだったから、未練。でも、今の娘のカレ、もいいコだし・・・親心は揺れまする。

結論。けっこう気に入っているタイトルなので、嬉しいです。元気は大切です、はい。(笑)。
  1. 2014.09.01 (月) 15:25
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

すみれ さん。

ワタシはこうなのに(どうなの?)、来て下さる皆様、ごく一部の例外を除いて、優しさの塊のような・・・申し訳なく思っております。

例外の方とて、正面からのご批判には、謙虚な気持ちでお受けしたい気はあるのです。

・・・すみれ さん。お優しいあなた様が、わたしも、大好きです、と、書かせて下さいね。ここには嘘は書きません。
  1. 2014.09.01 (月) 15:35
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ハンナさん。

初めまして、ありがとうございます。

ハンナさんは、止めてしまわれたのですね・・・いろいろ、葛藤がおありになったと感じます。最凶に見えても受け止めやすく忘れることもた易い刃もあれば、いっけん何の問題も無いようながら、、自分の神経にだけ刺さって来るようなものもあり、人間のココロの可思議さに、時に唸ったりします。

>私は単純にここの場所が好きです。

KUONは褒められると喜んでいる、と指摘なさったお方もいらした。当ったり前じゃん。自分では拙いながら精いっぱい書いている、欠点は自分がおそらく一番わかっている。そんな綱渡りみたいなブログ書き作業、媚びるつもりはいっさい無いが、好きと言われれば嬉しいでしょう。ファイト湧きますよ~。ほー。ほー。(笑)。

まだ弱ってる気味の時の初読で、「単純に」嬉しかったです。

まだまだ行きます!。ありがとうございました。
  1. 2014.09.01 (月) 15:45
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

招かざる客さん。

仰ることには一理あると思います、しかし私のここは、いろんな意見の議論をする場所では無いのです。

東宮家に対する「否」の思いを表する、わたしの場所です。初めから偏向を「諾」として、この場はある。わかっててあれこれやってることに、お口出しは御無用に願います。

>悪口もたいがいになさいませ。

って。あなた様には悪口でも、私にはそうではない。

人に文句書いて来るのに、秘密コメントって、せこいと思われませんか。

私一人で受けるのアホらしくてイヤだわと思い、表へ移しました。
  1. 2014.09.01 (月) 15:52
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

いちファンさん。

私のために、こんなに一生懸命になって下さり、胸の詰まる思いです、ありがとう、もったいない思いがします。

KUONさんは、どうもあまり賢くないオトナ→を越えて、賢くなれないでいるばあちゃん、の域に、ぜえぜえ、息吐いて生息している気が、ものすごく強くしますが。

本当の方を向いていたい、と、思います。時に逃げたりへたったり、弱さむき出しになったりしながら、こっちへ行きたい、と望む方へ行き続けたい。

どうぞ、ご一緒に、今はまだ暗いが明るいはずの方へ、進んで下さいね、あれらを、国辱物の好き放題させないために。どうもありがとうございました。本当に。
  1. 2014.09.01 (月) 16:23
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

東宮掃除さん。

いつも読んでいて下さり、ありがとうございます。

きっぱりと「あほ」に徹しておられる方は、私は、大丈夫なのです。どう言い返そうか、わくわくすることもあるくらい。

全く違う所で、勝手にへしゃげてしまうこともあるので、皆さまにご心配かけるような「ぐずりよう」になり、まあ、恥ずかしいと申しますか・・・。

不思議なくらいスッキリしました、ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
  1. 2014.09.01 (月) 17:02
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

Nさま。

始めて来ていただき、ありがとうございます。

仰るように、わがままを通すなど、できる技ではないようですね。

心というモノはそして、受ける形にできている気がします。受けると逸らすを、なんとか繰り返していて、これくらいは許容量があると思い違いをしていて、そういう甘い自分に、自分自身のビンタが飛んで来ると言うか。

わけのわからないこと、たわごと、つい並べました、このままにさせて頂きます。

どうぞ今後も、よろしくと申し上げたいです。ありがとうございました。
  1. 2014.09.01 (月) 17:21
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのコメントSさん。

あれもこれもありがとうございます。

お気持ちは十分に頂きました、胸があたたかいです。

よくわかっています。

美味しくコーヒーをいただき、秋の空の青さと高さを、末期の(!)目のごとく、楽しんでいました。

これから、いろいろ、頑張りたいです。
  1. 2014.09.01 (月) 17:26
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

佳世さん。

順序が違ってしまいました、雅ドンなら怒るところですか~(笑)。

お師匠、とはとんでもなくもったいないおコトバ、ありがたいが勿体ない、です。

でも、戻って来られました、おかげさまです、また、ぼちぼち行きます、ほんとのホントに感謝しています。
  1. 2014.09.01 (月) 17:58
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

はなちゃん さん。

私のごとき人を見かけられた?ドッペルゲンガーか。

むかしふりょうだったし、今でもふりょうファッションで。(笑)。先日、とっても可愛い靴を買ったので、喜んで出かけています。色は黒。神戸の革の靴。バレリーナのシューズみたいに、甲の部分が交互にバッテンになっていって、それが、ゴムなの。はきごこち良く見た目可愛く。今はショートカットに金色のメッシュ少し入れていますが、今度、ブルーを入れてみようかなあ、と・・・。くるい咲き。歌舞け、傾け。で。ルージュはずっとシャネルの赤で、今、使ってるのは、頂き物。

こんなことで、幸せになれます。歳をとるのは、怖いことではなかった・・・今は、です。できればずっと、そうして行きたいです。
  1. 2014.09.01 (月) 18:05
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのコメントMさん。

初めまして。書かれたいたこと、とても嬉しく読ませていただきました。

言葉。先日、話は飛びますが「やくみつる」とかいうヒトが、戦争やるくらいなら、中国にアタマ押さえられたっていい、のごとき発言をしていて、眩暈がしました。

詳しくは語りませんが。抑えられると言うことは、その民族の言語を封じられることでもあるのです。

かつてドーデの「最後の授業」を教科書で習い。ずっとサボっていた少年は、明日から使えなくなる母国の言葉を、ようやく真面目に声に上げて唱えた。

フランス、アルザス。フランス、アルザス。

そんなことにはなりたくない。でも、やく氏みたいなヒトもいる。

うっとりと、言葉に酔いたいですね。

またいらして下さい、奥の深い分野、お楽しみくださいね。

私も酔います、しっかり、冷静に眺めながら。
  1. 2014.09.01 (月) 20:28
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.09.03 (水) 09:29
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのコメントKさん。

お返事遅れました、すみません。

お気遣い、申し訳なくありがたく、すっごく嬉しく、ぜんぶ、もらっちゃいました。

恥ずかしく照れくさく、でも、自分のままでいていいんだよね、と、励まされました。ヒミツですのであまり言えませんが、ありがとうございます。

不思議な御縁。

大切に、温めさせていただいていようと思います。

ありがとうございました。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・