KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

宮内庁の最近の仕事。

苦無庁発表。

両陛下の園遊会ルートを短縮 年齢考慮、今秋から半分に

2014年8月25日19時31分


 宮内庁の山本信一郎次長は25日の定例会見で、毎年春と秋に赤坂御苑(東京・元赤坂)で開かれている園遊会で天皇、皇后両陛下が歩くルートを、今秋から変更すると発表した。天皇陛下は現在80歳。皇后さまも10月で80歳の誕生日を迎えることを考慮し、約330メートル、20分程度短縮する。


 園遊会では、両陛下は会場内を回って招待客と懇談する。今回の変更で、距離を685メートルから350メートルに、時間を約1時間から約40分にそれぞれ短縮する。今年4月の園遊会後に検討を本格化させ、両陛下の了承を得たという。






スポンサーサイト

コメント

No title

苦無い庁........
笑って良いものやら悲しむべきものやら......
安倍政権への評価は「外交」「財政再建」ももちろんだけれども
「皇室」の未来をどうしようとしているのかに極めて重大な関心を
持って観ている国民が少なからず存在することを分かって欲しいものです。


両陛下の御希望でしょうか。

No title

定年親父さん。

こんなにあれこれ、画像もついて「わかって」いるのに、どうもされない。

最近、再びのヤフオク事件と謂われて、菊の紋のついた(つけられた)さまざまな品が出品されているようですが。

菊の紋は、例のオワダ氏が自分用の椅子の背中に貼りつけている「準天皇仕様」の菊と同じく、中心線がずれているとか何だか、言われているようですが。

すべて写真があり、今のところ「~のようだ」という言い方であっても、調べれば指紋くらい、平気で出て来そうだと私は感じています。無茶やるくせに〇カだから。

天皇は離婚できない逮捕は不可能。

皇太子は、離婚も逮捕も出来るの。

誰も、猫の首に鈴をつけに行くことはしたくない・・・ですよね。

No title

主婦さん。

本当のところは不明ですが。いろいろなことを、どなたかの「おん為に」と、決めたり図ったり指示したりされるのは、皇后陛下と言われています・・・実際には陛下より皇后さまの方が、お体は辛そうに見えます。

だから・・・どうなんでしょうね。

皇位継承順位2番目(今のところ)の東宮さんが、手術したことも出さなくなっているのですが、あの夫婦が、普通に立場にふさわしい仕事をされれば、こんなことが取りざたされること、もっとひそやかになる気がします。

行けるだけ行くのでしょうか。無責任だわ。と、つい、思ってしまいます。

ちょっと元気になりました

御心配かけましてすいません。
皇太子って離婚も逮捕もできるんですね。
自分、オタマジャクシばっかり追いかけてたアッパラパア(笑)だったので、全然知りませんでした。

普通、子供が犯罪に手を染めたら親は断腸の思いで「自首して世間様に謝りなさい」ですよね?どうしてヤフオクで皇室のお宝売りさばくのが犯罪なのに、ちょっと賢い国民ならもう知っている悪行なのに…。
宮内庁って一体何をやってるんでしょうね?
今こそもっとぶったたいてもいいはずです。

私事ですが、明日午後退院になりました。
創価の仕事も、なくなりました。
秋は学園祭とかで学生が浮き足立つので、手綱をしっかり引かなければ、と気持ちを引き締めつつ、両親から「休めるときは休め」と怒られています(笑)。



No title

hortenciaさん。

かなり元気になられて、わが脳内に鳴り響くは「ナイルの守り」とかああいうの。(笑)。吹奏楽の強い学校でした。

仕事とはいえ、心めげそうなヤツが無くなったのはめでたし。

退院されたら秋の味覚ですね、楽しみは。昨日、婿どのの実家からいただいて、初松茸ご飯を頂きました。茶碗蒸しも作ってもらって贅沢三昧な感じ。

私は明日、もう一度点滴に行って、おしまいにします。点滴入れると楽になるので、ヤク中になる人の気持ちがよくわかりました。

ご無理の無いようにお励み下さいませ。

突然を失礼致します。東宮非難の歌なるもので、陰口悪口列挙の自己満足大会には呆れました。歌の世界の汚しですよ。悦に入り何か収穫ありましたか?どこの世界も弱肉強食。高貴なる世界も低き世界も同じこと。正義の士ごときまねするなかれ!

No title

風林さん。

ご挨拶をいただき、お名前も名乗っていただいておりますので、慎んでお答えを返させていただきましょう。

>陰口悪口列挙の自己満足大会には呆れました。

・・・東宮夫婦を題材にしたうたや句など、確かに大盛況で熱気ムンムンでした。コメント欄にいただいたものをアップしておりますので、陰口にはあたらないですし、総て本当のこと、まだ控えめなくらいな感が横溢しています、これは皆さまの常識範囲が健全である証、ブログ主としては嬉しいことでございますよ。本当のことなので悪口ではない。

呆れたかどうか、それは風林さんの解釈のご自由。

歌の世界の汚しとは、何を以てのご文言か。宮内庁からもクレームいただいておりませんよ。東宮家からも。もっとも東の(自称)尊いあたりが、これらの言葉を読みこなして理解されるや否や、そこは、私が憶測することではない。

ましてや、あなた様に何か言われるスジアイも無い。

悦にいり何か収穫あったかと?。

応える理由は無い。私は、これに関してはほぼ「読む」に徹していた者ですが、皆さま、悦に入る、などの自己満足状態というより、不誠実かつ不条理そのものの東宮問題にまつわる悩みは、確実に深まったはず。

言葉にして思いを出してみると、自分の中のモヤモヤの正体に気づくことも多いのです。

言う。書く。それで明確になるものもある。

長い間、為政者権力者が、庶民大衆に文字を与えなかったのも、意味があります。知るな。考えるな。それでした、意味の一つは。

皇室への言論統制もそうでした。

でも日本人は、まともに文字をかけなくても、DNAの中に秘められた七五調の「ことば」でもって、思いを外へ出す文化を築いて来たのです。

出せば明確になる思いがあるのです。私はそう、信じています。

で。何ですって?。

>どこの世界も弱肉強食。高貴なる世界も低き世界も同じこと。

ここ、どっちが何が弱肉強食? どっちが「弱い」の? 意味不明でありんす。まさか、おちょくられてる愚愚夫婦が「弱い」方? 冗談は顔見て言いましょう、あれらのやってること、ここまで晒されて平然とニタニタしてるあの恥知らず。弱い訳が無い。

では、ぐうぐうよく寝る愚愚夫婦。強い方? 確かに皇族
であることを「特権」と勘違いしているナマクラ刀振り回して、いちらエライんじゃ~と、阿呆面さらしてるが。

強いって何が。主権在民って言葉、きっと知らないな。くすくす。お気の毒、裸の王様ですよ。

王ですら無い。憐れな哀れなイバリンボ。お笑い種です。先の歴史の本にどう出るか。わが身は死んでいても、それだけ読みにこの世に戻って来たいものです。

<正義の士ごときまねするなかれ!

ほお。最後に肉声を発せられたか。

残念ながら、正義ぶるのは何より嫌い、くえー、ぺっってしたいくらい、ぞぞげの立つこと。 しかもそれを、マネするなかれ、とは、私を、そのごとき下賤の者として仰っているのですな。

仕事して税金払ってる。公のお金を頼ったことも無い。朝寝坊して子どもを遅刻させたことも無い。その私に向かって、その雑言。

今日のところは黙って聞き捨てましょう。

次は無視するつもりに、たった今、なりましたけんど。

自立している日本国民に向かってのこの難癖。

今日は私の最後の病欠日だから・・・どっかの誰かみたいに適応障害なんぞ言ってたら、ごはん頂けなくなって、夏の静養にも参れません。皆さまの心の声を、コメント欄から本欄へ移してお読みいただいたと同じく。

今朝のあなた様の「コメント」、表へ出して差し上げましょう。

これには、私のこの、お返事も添えて。

決めたら即、実行。

まず謝罪します。ブログ主さんの怒りの本気度に脱帽。自分勉強不足かも?申し訳ありませんでした!これにて失礼致します。

No title

風林さん。

あらら。コメント欄に書いて、表へ出そう、よっこらしょ、としかかってたら、謝られてしまいました。

こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます。

怒る時はいつより本気な気のする、バカです。私。

よろしければまた、お越しください、なんで皆、ここまで怒り悲しみ途方に暮れているか、少しでもわかっていただけると、血圧降下剤服みながら怒ってること、いささかは役にたってるかも・・・と、調子にのれますから。(笑)。

本当に、ありがとうございました。

吹いた…

苦無庁…初っぱなから吹きました。
苦無庁♪周りの者は苦な胃腸♪
先帝陛下の御代には東宮両殿下が一生懸命に務めておられた。
子は親の背を見て…育たなかったのでしょうか?
雅どんの背脂が育つのばかり見ていてもなぁです。

手前の無知度全開コメに丁寧至極の返し、ありがたく頂きたいと存じます。またさらに再訪のお誘いは、愚鈍な自分には裏読みの必要性の是非も分からず、このように、のこのこと恥態を晒してます。正月には一般参賀に老母を連れ参り、その感激の様子に、空や大地や海が其処に何の疑いも感じさせること無く存在するのと同列に、皇室というものを認識しています。かと言って日頃から皇室を考察する時間も特別な関心もあるわけでなく、今回のコメントは、ブログのタイトルに惹かれ開き読み安直な愚行に走った結果です。「今日も元気でいましょうね」ーーいい言葉です。また、東宮うんぬんは老母を毎年連れ参る自分の士気を揺るがす元となるやも知れぬ、と不安に感じたのです。1大イベント?ですからね。行き帰り容易なことではない田舎者ゆえ(笑)。ブログ主さんのお叱りを受け、少し東宮たるものを勉強したい気持ちが生じたものの、さてその時間があるやなしや?本日は恵みの休暇です。せめて老母の存命中は皇室に夢を持たせたい思いもあり、実態とやらが耳に入らぬように計らいたい。なにしろ天皇陛下の為に死した夫を持つ人ですから…では。

No title

衣通媛さん。

苦な胃腸。ワタシはこれに吹きましたがな。(笑)。

体が回復して来たら、毒舌方面も快調になって来る気配。

画像で見ても中・韓コピーのニオイがプンプンする「菊の紋章付おたから」が、再びヤフオクに。大量に。欲しいものなど何一つ、無い。

うさんくささこの上も無し。。。ですが、先日のアフリカへの秋篠宮同妃両殿下の親善の旅の折の「スーツケースの鍵が消えていた」事案等。私のシンプル脳では解読困難なあれこれもあり、わかっているのは、

宮内庁が機能していない。

宮内庁は乗っ取られていて機能していない。

宮内庁はまともな人間は消滅していて機能していない。

こんなあたり・・・でしょうか。

逃がさないぞ。ウウ、ガルルル。

雅ドンの背脂ほど、全宇宙規模で断じて、何の役にも立たないモノは無い。気がする、今日このごろ。

KUONさま たぬきちの中身のないコメントに 温かいお言葉ありがとうございます♪
ぴょんぴょんしてしまいます♪

救無庁 なんてのも、有象無象が入り込んでいる、今の状態に 合っているかもです♪

No title

風林さん。

裏読みも何も、怒る時はきーっとなってますが、いたってシンプルな自分と思っています。ここでは嘘はつきません。
一般参賀にご高齢のお母さまとお出かけになられる。お母さまがご存命中は、皇室に対して曇りの無い思いを抱いておられるままで、と、お考えのよし。
頭の下がる思いです。本当に、皇室には、そんな風にあっていただきたい。
私の親も、名古屋の大空襲で家作のすべてを焼かれても、たまたまその日にそこにいた場所で母が原子爆弾の被曝をしても。
無邪気に日本人らしく皇室を仰いで生き、死んだ日本人でした。私自身、皇室に対して・・というより、東宮とその妃、妃の背景・・に対して、かかる激烈な「否」の意識を持つようになるとは、考えてもみませんでした。知りはじめは、呆然自失、まさかの継続、ここまではひどくないだろう、が、想像を絶する現実を、知る羽目になり。

東宮夫婦は、神道の長たる家の後嗣には無理です。鳥居を、おくぐりになれない。その一点を以てしても(まだまだ沢山、そのお立場への不実はありますが)そのことを、けたたましく申し上げ続けている次第なのですが。

お母さまに、知らせることがどうなのやら。私の八十七歳の姑にも、あまりなことは言わないようになりました。辛がるだけなのです。悲しみます。近い身内に、先の大戦で斃れた幾人を持つ者であり、そうでありつつ皇室を当たり前に仰いで来た年寄り。
あまり言いませんが、テレビで実際見て本人が感じることを制することはできないし、しません。

ただ、私には、私の未来であり国の未来である孫どもがおります。この子たちが生きて行く国と思えば、平気で流れて行くわけには行かないと考えております。
以上です、どなたに何を強いるともりはございませんが、わが愛する国のために、自分のできることを、ミジンコの遠吠えを、続けて行く気持ちは何にも絶たれません。と、日日の思いに・・・。

お母さまを、どうぞ、お大切になさいますよう、心からお祈り申し上げます。よろしければ、また、いらして下さいませ。

このような「善き日本人」のお話をうかがう時、心の無い東宮夫婦に対する激しい思いが、また噴き上がります。

どうなんでしょうか

度重なる東宮家に対する罵詈雑言。おっしゃっている意味はよく分かりますし、そう思われても仕方が無いと最近は花畑に近い私でも感じます。でも、全て跳ね返されるのを承知で言いますが

日本語の美しさ、日本人の持つ精神の清さを熱く語られるその明晰なKUON様が同じお口で口汚く罵られるのが残念だなと思うのです。

歴史を省みれば、いずれ時期がくれば東宮家のような方々は自然に淘汰されていくのではないかと思いますがね。

また、皇太子の生い立ちを読んだことがありますが、両陛下の一番の失敗は、皇太子に特定の友達を作らせずに同級生を皆平等につきあわせたことかなと思います。貴女様もそうであるように、人は人に対して好き嫌いや、どうしても相容れないものを感じる生き物です。両陛下だって親しい方々がちゃんと存在されているし、時にはそういった方々に人生の指針とか道標とか与えられてきているはずなに、皇太子には多感な少年期にそれをさせなかった、いや許さなかった。だから社会的人間的視野が狭いのは事実だと思います。これは両陛下や環境の大きな罪だと思います。結果、貴女様がおっしゃる悪嫁をもらう羽目になったんですよね。雅子妃殿下、愛子内親王を貶めることは結果的にこの先悠仁様が成長されて皇位を継ぐことになっても、もはや民間からお妃を得ることは不可能になるはずですよ。貴女様の真意はそこではないでしょう?

でしたら東宮家についてあれやこれや批判するのは簡単なことですが、それでしたら両陛下、秋篠宮家を極端に美化する見方も違うなと感じます。特に秋篠宮家はリアルにリアルな話も学習院がらみで存じていますので、強く思います。

うまくまとめられませんが、東宮家を貶める言動を繰り返さなくても、歴史が歴史を作ります。






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ハイビスカスさん。

初めまして、コメントをありがとうございました。

真面目に読ませていただきました。ものごとに対する考え方が違うのだなと感じました。

自分だけが正しいとは、そんな恥ずかしい思いは、自分的にはありません。自分が他からどう見えるかに、注文を出すことはできませんので、あなた様の目には私は、あなた様の仰るごとき人間なのでしょう。否定はできません。が、放っておいて下さいと言いたい、と言ってもいいですかしら。。

>歴史を省みれば、いずれ時期がくれば東宮家のような方々は自然に淘汰されていくのではないかと思いますがね。 <

私には、↑ こうは、考えられません。それは、ここでこう、申し上げます。私は、そうは、思わない。また

>それでしたら両陛下、秋篠宮家を極端に美化する見方も違うなと感じます。特に秋篠宮家はリアルにリアルな話も学習院がらみで存じていますので、強く思います。<

私はあまり、秋篠宮さまについて、ご家族について、美化するがごとき文章は書いていないと思います。書きたくても自制している部分もある。なぜか。自分は本来は、人を比較するのは好きでない。学生でいらした頃の浩宮さまは、皇太子さんらしかったと思いますよ。気品もおありでした。ものごとを、すべて一緒くたに考える癖は少ないと、自己評価しています。笑ってもいいけど、突っ込んで来ないでね、めんどくさいから。

ただ。まともなご皇族に対する崇敬の念が溢れて漏れだすことはあるのでしょうね。当然ですね。

真摯に日々、お立場を自覚されておつとめ下さるお方と、日々を自分たちのためにだけ生きているひとたちと、一緒にはならないし。それくらいの感覚は、当然、ある。するべきことをきちんとされているだけで値打ちありますよ。そう、考えています。

学習院がらみで、どんな話がおありなのか、ですね。こちらにもありますよ。だからどうなの。

今、実際、現実に奮励努力なさっているのは、秋篠宮殿下ではありませんか。普通に見えればそうですよ。

・・・考え方が違うと言うことは、大きなことですから、もう来ないでいただけるとありがたいです。あなたの考え方に、首肯することは無いですから。お願い申し上げます。




No title

ハイビスカス様の書かれ方こそ
どうなんでしょうか。
特に秋篠宮家はリアルにリアルな話も存じていますので、強く思います。
素晴らしい方々と私は思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

改めて御詫びと御礼を

ブログ主さんの文を拝読し、手前の最初の短慮なコメントを恥じるしだいです。御実家、御母堂様の事…そうでしたか。お話に感謝致します。手前、今後貴方様の記事とコメント欄にて実態を勉強する所存です。宜しくお願い申し上げます。また御言葉に甘え、また伺うやもしれません。ブログ主様の気迫は本物と感服致しましたから。そして我が老母への温かい気遣いに感謝です。ブログ主さん、体調に留意なさり御活躍を御祈り申し上げます。では。

No title

風林さん。

よかったです。お母さまが元気で秋を楽しまれますように・・・。

No title

美絵理さん。

コメントすっきり、ありがとうございます。

わざわざ大声でわめかなくても、普通に拝見していれば、秋篠宮同妃両殿下が、いかに素晴らしいご皇族化、お子様方のご両親であるか、わかりますね。

わからない方は、おそらく、見えていても「見ない」「見たくない」「見るもんか」なココロかな、と、思います。それはご勝手ですが、奇妙に言いがかりめいた訪問をされると、イヤな思いが残ります。

それが、目的の一つかも知れません。虚しい。とか」言うとまた、なんか言うて来るかも。



美化しなくても秋篠宮家の方々は、拝見していると温かく、思わず笑みがこぼれます。かくあるべしと背筋が伸びる思いです。以上。

No title

ぽちゃこ さん。

その通りですね。

No title

議論白熱、第3者の自分から読んでもさようであろう、と心の底から頷けるご意見もあれば、どうにも感情の赴くままに綴っているお方もありて、kuon様のお気持ちの乱れが、心に痛いhortensiaです。

よそ様主宰のブログながら、非難を覚悟の上で、申し上げます。
「推敲」という行為のなされていない文章は、読みづらく、不愉快なものです。
それと、自分の意見を押し付けるような表現の文章も、眉をひそめてしまいます。

匿名の場所であるからこそ、マナーを守らなければ、いけないと思うのです。
おそらく、ここに集うお方は良識のある「大人」なはずです。
自分はいくら「御節介しちゃって」と言われようがかまわないのですが、あまり非常識な書き込みが多いと、心が憂えてしまいます。

少なくとも自分は。

自分への非難覚悟と、kuon様のお気持ちを案じ、公開で書かせていただきました。

申し訳ございません。

hortencia様のコメントの後ではあまりにも恥ずかしいのですが。
人それぞれ考え方、物の見方、捉え方は違います。
しかしながら、形容詞やヘンに飾られた言葉を使わなくてもその佇まいに惹かれる方ってすごいと思います。何も言わなくても身を律していらっしゃいますよね。

比較するつもりは無くてもそういう気持ちになります。

意味不明に受け止められてはしまうようなコメントで申し訳ありません。

KUON様のご判断で削除をされても構いません。

特に秋篠宮家はリアルにリアルな話も学習院がらみで存じていますので、強く思います。

変な言い回しの日本語ですね。
思わせ振りなその言葉。
中身はただのガセネタかも。

Kuonさま、気分転換してまたお元気な記事を書かれること、楽しみにしております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

hortenciaさん。

もう、お礼のみにさせてもらいますね。

後のコメントにお返事します。

グラッチェ、バンビーナ。

ひーたん さん。

私には勿体ないような、まっすぐな愛情をいただき、感謝です。

9月になりました。また楽しい話題で。(笑)。お願いしますね。ありがとう。

お気持ちは十分、伝わっていますが、もう、おしまい。

りえ さん。

ご心配をいただき、ありがとうございます。

実は私にも、いわゆる「学習院がらみ」のリアルを、教えて下さる方がおいでです。本当のことを、脚色無しで、私見を排して、と信じながら伺っており、聞いたことをそのまま流すようなことは、東宮ご一家にとってあまりな醜態であろうと、控えています。

何を言われても、秋篠宮さまご一家に関しては曇る心を抱き得ません。きっと同じお気持ちと思います。

皆さまのお蔭もあり元気が戻りました。がんがん行きまっせ。の、つもり。(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1765-2d3f17f3

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (254)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (56)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (17)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん