FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

今夜は、これ、グチかも、です。

こんばんは。

午後の早いうちに「除染しても除染しても、雨が降って土砂が流れて来ると元の木阿弥、それ以前より線量の高くなる部分もある」とのネットの記事を読みました。

土を削ったり除けたり、高圧の水を吹き付けたり。

でも、線量下がるのはその時だけ。

住民の皆様は「いつまでこれをする、複数回しなければ意味が無いが」と不安がっておられる、と・・・。

そうだよな~、ほんとだよな~、と、がっくり首落として、読んでおりました。


で、夕刊読めば「除染 年1ミリシーベルト以上」と一面に大きな文字で。記事読む気力が失せるほど、脱力。

これ、なんなのよ~。

??????????????????????

 ◇除染に関する基本方針案骨子

・国が指定する除染地域は、事故による被ばく線量が年1ミリシーベルト以上とする

・高濃度の汚染廃棄物や除染後の土壌は排出した都道府県で処理または中間貯蔵する

・事故による被ばく線量が年20ミリシーベルト以上の地域を段階的かつ迅速に減らす

・事故による被ばく線量が年20ミリシーベルト未満の地域での住民の被ばく量を2013年8月末までに半減させる

・公園や学校など子供が生活する場所の除染を優先し、被ばく量を2013年8月末までに60%減少させる

毎日新聞 2011年10月11日 11時44分

??????????????

・・・・・・事故による被ばく線量が年20ミリシーベルト以上の地域を段階的かつ迅速に減らす。たって。

そんなに簡単に減らすたって。

これ、決めた方々は、放射能や原発のこと、ほとんどご存じない方ばかりだと、聞いています。

なんと場当たり的かつ無責任なことを。



同じ夕刊の11面に「山から汚染土砂」「雨のたび住宅地悲鳴」とあり(ネットと同じ記事)「除染は繰り返すしかないとみているが、長期的な財政支援が得られるのか、国からの回答は無いという。

毎日、今でも、放射性物質は放出され続けています、これまでに出て来てあちこちへ散らばった(主に)セシウムは、29年たってやっと半分になり、それがまた半分になるのに同じくらい年数がかかる。

無くなっていない上に、少しずつとは言え(少しかどうか本当のところはわかりません)降りつづいている。


いっしょけんめい、なんとか、と、祈る思いで、必死に、懸命に「除染」をしておられる方に、どう、説明されるのでしょうか。


・・・不謹慎な、ひどいことを言います。

賽の河原の石積み。

幼くていのち落として、そのために親を嘆き、悲しみに陥れた、として(ちょっとひどい理由だ、と、むかし私は感じていました)小さな子どもが、賽の河原に石を積む。いっしょうけんめい、いっしょうけんめい一つずつ石を積むのに、夕方になると、地獄の鬼が来て、ぐわぁらーんと、崩してしまう。

朝になればまた、夕方には崩される石を、積むのです。

祖母が、この話をするたびに歌ってくれた歌があるのですが、つらくて書けません。

本当のことを言ってさしあげるわけにはゆかないのだろうか、と考えますが、出来ないのでしょうね。

言えば、責任が生じて来るから。

除染は無理だと、ずっと、考えて来ています。私は。

実際に除染の作業を行って来た知人は「でも、それ、公共事業だから、東北の方でシゴト無くした人が働いているし」と、言っておられました。

そういう面も、現実に、あるのだろうし・・・。

わたしのトウガン頭では、混乱のぐるぐる、です。

こういうの、愚痴、と言うのですかね。

かつて、グッチゆうぞう(字がわからない)さんという芸人さんの物まねに、聞きほれていたっけ。

「オンリー・ユー」「煙が目に滲みる」など、よかった・・・。脱線。





スポンサーサイト





  1. 2011.10.13 (木) 13:30
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

秋になりました

KUONさん こんにちわv-22

昨日修学旅行で茨城から弟夫婦の長男がはるばるやってきまして、
長崎、熊本、福岡とまわり、
最終日私が帰路に着く甥っ子を空港まで見送りに行き
数年ぶりに顔を見る事ができました。
高2の大人になった姿を見て、涙がでました。
青春を思いっきり謳歌するのびのびとした姿を見た嬉しさと、
また汚染の強い地域であろう場所へ帰っていく甥っ子ふくめ
同級生の子供たちの姿・・・
後ろ姿を見えなくなるまで、手を振りました。
元気でいてね・・・胸が一杯になりました。
甥っ子と仲良くしてねと言った時、ハイ、めっちゃ仲いいですよと答えてくれた
見た目はやんちゃだけれど、優しい目のお友達。
みんな、どうか放射能に負けないでと、祈る気持ちだけで・・・辛いです。

kuonさんもどうぞ御身体を労わってあげてください。
放射能に負けるもんか・・・そう思い
だけど、今回の人災被爆国日本として国がやれる事やるべき事があるはず
それをどう訴えていけばいいのでしょうか?
人災なのですから、責任の追及と責任、補償、それをきちんとしなければ、
国が救ってくれると思えば東電はまた同じこと繰り返す。
何かあっても国が補償してくれると。
そんな事は許せないです。
核のゴミ、東電の社長宅近くに埋める・・・
有り得ない事ですし、ちょっと乱暴ですが
想像です。社長も想像すれば少しはわかるでしょう。
それとも、想像力欠如・・・してますか。

追伸
今日メールでサランとファイティン注文しました。
また、弟家族に送っていただきたくお願いします。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・