KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 22
  4. [ edit ]

参拝も「もどき」でした。



今朝のテレビでの報道は「もう、いいや」と思っていたのでしたが、夏休み中の孫娘が「スッキリ」を見ていたのか、事務所にしている部屋にいた私を呼んでくれました。

ばぁばちゃん、マサコサンが出ているよ、と。せっかくなので並んでソファに座って観ました。

愛子さんが両手を前にしっかり、視線はまっすぐ前方に、時おり会釈のごとき首の振り方をして、前進歩行している。

「あいこさんコワい顔をしているね」

「緊張してはるのよ、初めてすることしてはるんやから」

「まさこさんはドスドスしてるね」

「・・・」

画面では、どの場面でとったのか「一生に二度無いような経験、会えて感動」とか、興奮して喋っておられる方の顔のアップ。

神宮での参拝もどきは、一般人シャットアウトで行われたのに、まるで一家の参拝光景を神宮内で「見た」がごとき、うまい編集で。

「あの人たち、愛子さんのこと見たのかなあ」

「そうだねえ、どこでかねえ」

「見たら嬉しいのかなあ」

「・・・」

あまり会話も弾まない、朝、八時過ぎのリビング。9歳のこの子も、お伊勢さんには詣でている。一度ならず詣でている。

画面にはけっこう長く、縦列に歩く三人家族の映像、それにかぶせて、皇室の方々は折に触れ伊勢の神宮にお参りする、内宮には天照大神が祀られて・・・とか、声が流れている。

昨日流れた映像は、ひたすら砂利の上を歩く三人。階段をよろよろ降りる♀型冷蔵庫とあと二人、であって、参拝したと言う状況写真は無い。横並びに玉串を捧げた、と、言葉では説明されていた。

歩きに行ったのか。家の中でもめったに一緒にいないであろう三人が、わざわざ伊勢まで、散歩しに。

白けた思いでいたら、秋篠宮殿下が映った。思わず姿勢を正した。

まだ悠仁親王はおいでにならない次期、制服姿の内親王お二人と、殿下妃殿下のお姿。2002年。

そして、悠仁殿下が、お小さいながら毅然たる、凛としたスーツ姿でご参拝をなさった昨年の映像も。

せんぐう館での、賢そうなお姿も映していた。ひゃあ。これ、やるか、読売テレビ、今日は。

秋篠宮殿下と佳子内親王の、まさに昨日、あちらの一家がダルダルだぽ~んと玉砂利踏んでいた昨日、父子お二人での茨城県でのご公務の様子も、しっかり流していた。

神宮と関係ないのに流していた。

愛子さんはせんぐう館行ってない(行ったことにはなっている)が、悠仁さまがそこで過ごされた時間については、しっかり流されていた。

どうしたんだ、テレビ局。でもありがとう、10チャンネル。

嬉しかった。なんだかとっても、これだけのことが、私は、嬉しかった。

実は落ち込む気持ちがあったので。


・・・去年の遷宮の儀。黒田清子さまの厳然とした浄らかなお姿、秋篠宮殿下のあたりを払うような威厳、体の中心がまっすぐ天に届いて行くようなお姿を,お見せいただいた。

これぞ皇族、のお姿を。

神宮の方々は、どなたも、皇室の方々のお姿にお馴染みだろう。また、お参りできることを喜んで、神宮の地を踏む嬉しさに弾んで、幼い子の手を引き、お年寄りの脚を気遣いながら共に、参拝される市井の人々を、日々、ご覧になっている。

昨日のあの人たちは、どんな風に、神宮の方々の目に映ったことだろう。

聞きかじりのことを書きます。

天皇陛下と皇太子は違う。陛下は、大宮司さまがお迎えなされます。が。

秋篠宮殿下は、何度もお参りしておられるので、鷹司大宮司がお出迎えをなされた。昨年のせんぐう館でも、悠仁さまの後ろで、大宮司さまは、お顔をほころばせて笑っておられた。

今回、行った参ったと言うが。

東宮一家と鷹司大宮司の接点の写真は無い。

白い神馬と一家の触れ合いの写真も無い。

もしかして肝心? の、参拝の写真が無い。

一家は、帰途も、あっちを停めたり封じたり大迷惑をかけつつ、自分たちの参拝ごっこのせいで神宮詣での予約を取り消したりなさった方がおられるなど、知ってもおそらく鼻息で飛ばして、近鉄―新幹線で帰った。

伊勢でのグルメディナーは無かったようで、名古屋駅でウナギだの焼き肉だのの弁当を、複数個、入手した。など、書かれております。

落ち込んでいたけどワタシ、再びファイトが湧いてくる予感。

今日も明日も、皇太子は公務?。

雅ドンは、当分、出てこない?。出なくていいですからね。

廃太子廃妃。言い続けまする。


あの下品な声かけおばちゃん(と言うのだそうです)は、名前も判明している有名な方らしいですね。いろんな所に出没。カルトの方でね。へええ、と思いました。他にもいらしたのが、どーゆー意味か「クビになった」とかのお方も・・・って、私にはわからない世界なので。これ以上はタッチせずにいます。

名古屋人のイトコは、三色の旗の先っぽををバッグから見せている小グループのオバちゃんズを見かけたそうです。

名古屋駅の近鉄に近いあたりのタクシー乗り場で。今度一度、会いたいとか言うて来てました。会いますとも。

・・・お返事は今日中に書かせてもらいたいです!。



スポンサーサイト


  1. 2014.07.30 (水) 15:49
  2. URL
  3. ローズマリー
  4. [ edit ]

ファイト!

いつも更新ありがとうございます。今日は、KUON様の、「落ち込んでいたけどワタシ、再びファイトが湧いてくる予感」 がとても嬉しくて2回目のコメントです。

テレビは見ておりませんが、もう、さすがに、、、という気がしております。(話は別ですが、先日の『NHKスペシァル 不正の真相』もよくやりましたのよ)

「風に色をつかせるとき」様にも、素晴らしい素晴らしい写真が紹介されていますね!

お元気でいらしてください!
  1. 2014.07.30 (水) 17:29
  2. URL
  3. プンプン
  4. [ edit ]

お三方 この暑い中 伊勢まで
お散歩とは しかも新幹線まで
使って ご苦労様です。
雅子さんあのような古着を
召されて せめてまわしなど
しめられたら ようございましたのに
  1. 2014.07.30 (水) 21:28
  2. URL
  3. たぬきち
  4. [ edit ]

参拝?三拝! 惨敗!! 産廃!!!

タイトル 全て サンパイでございます。

たぬきちはこの頃、盗宮?の事を考えますと、ののしり の言葉が浮かび、言葉が汚くなってしまいます!! 使ってしまいましたら…お許しくださいませね♪

今回の参拝もどき・ マサ丼『来たかった』嘘つき!! 本当にそう思ったなら、もっと早く来られたでしょ!!
『来たかった』と言えば、国民が納得するかって 思っている? んな訳ないだろー

大勢の国民に 迷惑をかけて、参拝したふり!?
歩いた姿しか見てないよ! いつものニタニタ笑いの二人…魂の抜けた お嬢さん。
周囲には 関係者の姿のみそんな参拝は惨敗
あれらは産廃じゃ~

ふらふら歩いていた お嬢さん…特訓で歩けた!それなら 幼少期より きちんと養育していたなら、もっと違う人になっていたと…親の資格なし!!

あの 〇鹿の一つ覚えのニタニタお手ふり ナルは手がパー 頭もか!? 本当にはんかくさい!!(北海道弁)歩きながらのお手ふりも!!
仕込みの〇価のババ達しかふり返さないよ!!
本当にイライラするわ~
まさか これで フランスでご静養…あんた達の生活を支えている国民を 馬鹿にするんじゃないよ!!
働かざる者食うべからずもう一度、
働かざる者食うべからず!!
あ~腹がたって コメントグダグダ KUON様 ゴメンです。

実は たぬきち は 亡くした 愛猫の名前なのです♪モフモフのメインクーン系の猫でした・
  1. 2014.07.30 (水) 22:08
  2. URL
  3. 涼子
  4. [ edit ]

KUON様こんばんは。
いつも更新を楽しみにしております。
しかし東宮一家、本当に参拝されたのでしょうかね?
縦列になってただ歩いてる画像しかないって、どういう事ざましょ?
また大層ド派手に規制をかけて、SPやら警察大量導入 、国民の迷惑など考えてないのでしょうか?
国民の税金で生活しているくせに、偉そうに!国民の皆様のお陰で!ってな気持ちを態度で示して頂きたいものですな。
そう、ふんぞり返ってないで腰を低くして(笑)
そう!愛子さんにも是非、国民のお陰で!と教えて頂きたいものですな。
  1. 2014.07.30 (水) 22:09
  2. URL
  3. えむな
  4. [ edit ]

更新ありがとうございます!!

まわし(爆笑)!! …まわし…想像してしまいました、マサコデラックスのまわし姿!! 身体に悪いわ~、精神衛生上にも最悪ですっ!! プンプンさん、ナイスですっ!!
朝鮮半島出身、汚和堕部屋、雅子山の土俵入り!!

笑ってる場合ではございません。
あれで参拝したと言い張るつもりなのでしょうか。単なる3匹の馬と鹿のウォーキングに過ぎぬのに。

ナル「つつついに3人で伊勢神宮参拝ができたぞぉぉぉっ。見たか愚民ども。僕たち仲良し親子の姿、素晴らしかっただろぉぉお。」
マサコデラックス「あぢ~…ったく暑すぎだわ。何でこんな暑い時にこんな場所に来なきゃなんないのかしら。アテクシ、我慢できないわ。それにしても、何、この白い卵みたいな石!! 歩きにくいったらありゃしないんですけどぉぉぉっ(怒)。アテクシ、こんなとこに来たくないっつーのっ。伊勢なら伊勢海老くらい食わせろっちゅーの!! アテクシ、空調の効いたデパ地下とかホテルの最上階レストランとかならいくらでも行くんだわよね。…(チラ見)…よしよし、愛子はとりあえずまっすぐ歩いてるようね。手も練習通り前で組んでるし。薬を2倍に増やしたのが良かったみたいね。こないだみたいにお辞儀のタイミング外したりアテクシの前を歩いたりしたら、お仕置きなんだから。あ~それにしてもほんとあぢ~。早く終わんないかなー…ナルにはこの参拝と引き換えにフランス行きとグッチのバッグねって約束させたし…。まっ、笑って手でも振っときゃそのうち終わるわ」
愛子「…ここは…どこ……あつい…ふらふらする…でもまっすぐあるかないと…ママにぶたれる……」

Kuonさん、あたしも怒りがおさまりません。今までなら国民をたばかるのみでしたアヤツラ、ついに冒してはならない神さままで我欲のために利用しました。
天罰を…。
  1. 2014.07.31 (木) 00:13
  2. URL
  3. はなちゃん(はな・華)
  4. [ edit ]

伊勢に想ふ

やはり決行されたか「伊勢誤惨敗」。
ある意味、全くブレないので天晴れとも思えました。ご体調の波もご負担もなく、懸念されたドタキャンもなし。参拝の姿はないが、玉砂利の上を縦一列に静々と歩く姿の映像は撮影でき、全国報道がなされました。
国民を締め出した「誤惨敗」のアリバイ作り。今回は、何のために必要な映像だったのでしょうか?

くおん様、先日の「国民に問ふ、第2弾」はどうなされましたでしょうか?
第3弾は、ございますか?

廃太子廃妃、はよ。



  1. 2014.07.31 (木) 01:15
  2. URL
  3. 水月
  4. [ edit ]

もどきどころか、まったくの茶番でございましたね。
先の参拝でどーだこれで文句はあるまいとあれこれごまかしたつもりが、
あっさりと看破されたので、
今回は徹底的に画像・映像を排除。なんだか、じょんいるさんに見えてきました。
やっぱり予行演習だったわけですね。
恐れ多くも伊勢神宮では、一列縦隊で歩いてみました、だけだったりして。
親子揃ってずどんとした体型で、カクカクと頭を上下させながら歩く姿が
おぞましくて、見苦しくて。
目礼というものをご存じないのですね。
ばさこさんは、目を外さない。にらみつけたまま頭を下げようとするので、
カクカクと不気味な動きになるのでは、と。
そっと目を伏せて、礼をする。そんなこともご存じない。できない。
自分たちのありようを見られてはなるまいと、どこもかしこも通行止めにして迷惑かけて。
ツアーを組んでいらした方へは、どこが補償するのでしょう。

体調をおもんばかる必要は、もはやないと断言できます。
二度と出て来なくていい。国内はおろか、海外に恥をさらしに行かないで欲しい。
一日も早く、今すぐにでも退いていただきたい。
玉串にふれられない、きちんとしたご公務がつとめられないのなら
皇太子妃ではありませんね、と言い聞かせて決断できる人はいないのでしょうか。




  1. 2014.07.31 (木) 02:08
  2. URL
  3. ひーたん
  4. [ edit ]

KUON様こんばんは。

伊勢神宮で検索していたらテレンス・リー氏が説明されたものがありました。検索された方もいらっしゃるとは思いますが、興味深いものでした。

昨今のパワースポットブームではあるが、伊勢神宮、出雲大社は日本最聖域とされる場所であるがゆえに安易な気持ちで参拝してはならないとのこと。身を律しての参拝はもちろん(常日頃の)行いが清廉潔白であること参拝時の服装も格式高くあるべし。
そうでないと自分の身に危険が伴うことになり命まで落としかねないと書かれていました。

昨日の東宮一家の参拝の映像や画像はほとんど見ておりませんが、20年前のドレスをリフォームしての参拝や横一列の参拝、参拝前の肉食獣。ヘンなものを背後に引き連れての参拝など。考えらないことだらけです。

必ずや神様の思し召しにより来るべき日がくると。それほど遠い日ではないとそう願わずにはいられません。

東宮一家の爽やか感ゼロを見せられた国民はガッカリどころの話ではありません。
その地位を潔く退かれることが一番の身を律すること、正しい行いだと思います。

神様の怒りにふれる前にお願いします。
  1. 2014.07.31 (木) 08:26
  2. URL
  3. 東北アジアの良心
  4. [ edit ]

良心的アジア人として

どうして誰も告発しないのかといえば、組織の長がそれを望んでおられないから。あえて背けば、一家は国民により処断され、組織の長もケジメとして国民に「ごめんなさい」しなきゃいけなくなる。自分の告発でそんな…。地位のある方々は誰もそんな泥被りたくない。
  1. 2014.08.01 (金) 06:48
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.08.01 (金) 15:50
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ローズマリーさん。

私、先日、失礼なことになってましたよね?。

メールの方でコメントや励ましいただいていて、でも、秘密コメントでなくて、なんだかわからなくて、お返事しそびれて。今日は、こうして、読ませてもらって返事も書けます。先日のことはお許し下さいね。

はい。元気を取り戻しましたよ。もう大丈夫。笑。

「風に色をつかせるとき」さんにも、以前からよおく、訪問させていただいています。参考にも。皆さま頑張っておられるのですものね。

ファイト。お互いに。また、よろしくお願いします。
  1. 2014.08.01 (金) 15:58
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

プンプンさん。

散歩。ね。道路封鎖させて神宮まで人払いして、警察の方機動隊、このくそ暑いのに無駄に待機させて。ナルさん、群衆がコワいのですと、何をやらかして、国民が怖い? 脛に傷無きゃ、そこまでびびらんやろ。小心のくせに、女房の側の悪事の片棒かtがされて、それで、国民が怖いとは、なんともはや。

一般の市井人だって、こんな際には古着は着けない。他の出費を抑えても、そうしようとする。

プンプンさん。

雅ドンのまわし姿・・・想像もしたくないし、見たくも無い・・・ぐえ。失礼。笑。 
  1. 2014.08.01 (金) 16:07
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

たぬきち さん。

惨敗、までは見たけど、産廃は初めて。あのね。どうやって沢山埋めるか知ってますか。

まず、小さな穴をあけます。そこを掘って行って、横へも掘って、ちょうど、理科で使うフラスコの形・・・下、底の方が広くて、口は小さい、あの形の穴にして、底へ、なるべく沢山、廃棄物を埋める。あくまで口は小さく。見えるところは小さく。・・・なので、「産廃」には納得。どんだけ、キタナイモン、隠しとるんや。御所を一斉に〇〇したら、何がどんだけ、出て来るかな。

あの夫婦を思うと血圧が上がり言葉が罵声になるのは同様です、気になさらんでよろしいですわ。

もふもふの、猫さんの名前だったですか「たぬきち」さん。

心を通わせながら言葉を交わせなかったものの思い出は、年年歳歳、深くなっても薄れませんね。私にも、泣きたい時、傍にいて、お腹に顔を埋めて泣かせてくれた猫がおりました。

母性的な優しい、青い瞳の猫でした。マミオ・・・。
  1. 2014.08.01 (金) 19:53
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

涼子さん。

暑いですね。雅ドンの顔みたいに暑い。

>>・・・の迷惑など考えてないのでしょうか?

はい、考えてません。

>>そう!愛子さんにも是非、国民のお陰で!と教えて頂きたいものですな。

そおんな高度なことを教えられる親なら、ここまで来てませんね。きっぱり。

常識の範囲を超えて…常識ってのもアヤフヤなものではありますが・・・何にも解っていなくて。えらそうには何も言えない、でも、まっすぐにあれらを見たら、あの場所にふさわしくない人たちだって、わかると思われるのに。

ご接見もお参りも、帰ってからナルさんは出てる、雅ドンはサボってる。事実はつまり、そうなんですが・・・。
  1. 2014.08.01 (金) 20:21
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

えむな さん。

まわし・・・想像するのはいろいろ、私の心身によくないので、妄想画像、消去・実行。・・・あああはあ、消えない面影…消えてくれよおおお。泣く。

・・・こういう感じですね。さすが、庇いきれないレベルのどたばた茶番劇でしたが、アホは強い。自分が感じないことは、世界中で無いも同じ。あの人たちには、ちらりとも翳を残さない。

>>愛子「…ここは…どこ……あつい…ふらふらする…でもまっすぐあるかないと…ママにぶたれる……」

いやこれは。

アメか鞭かで、手を前に組んであるくことのできた愛子さん。

もっと早くから、わかっている方が傍で養育されていたなら、と、感じたのは私だけではないでしょう。

無惨な一家でした。すべてを過去形で語れる日が、早いとこ、来るといいのにと考えます。


  1. 2014.08.01 (金) 20:33
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

はなちゃん さん。

>伊勢に想ふ

さて。想ふことすずなりにありつれど。春宮さまの伊勢に参られんとて日差しの強きには傘傾けてお守りしつつ履の底の玉砂利の音たのもしく。

はなちゃんさん。あれらがスタンダードだと、ゆめ、思わないで頂きたいです、若い方々に。理屈でない世界がある。

いただいたお声

ワタシ、書いたつもりで書いてなかったですね、すみません。第二回目も、いずれ書きますが某所へ送付しました、まだ反応は、直には無し、無いならないで、無い所からじわじわゆきます。私、けっこう、しつこいところは「しつこいんです。

第三回目。ただいま募集中。要ら廃位らはい、、何もせんかったら何もならん、しても成るとは限りませんが・・でもね。

  1. 2014.08.01 (金) 20:44
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

水月さん。

>>恐れ多くも伊勢神宮では、一列縦隊で歩いてみました、だけだったりして。

あのう。私、実際にこうだったと感じています。もしもどんな風にでも玉串を奉奠していたとしても。心空洞のままでしたら、他の方ならともかく、東宮の家の者としては、参拝、には達しなかった、と、感じています。

そこの違いがわからないなら、それだけのことですよね。誰が言ってもわからない。伊勢へ来たかったと雅ドンがぬかしても、あらそう、へえ、私も行きたいわ、気持ちがいいんですもの、くらいに鼻で嗤っちゃう。

そんなに難しい要求はしない。せめて普通かもう少し、マシでゐて欲しい、とか。

これから50代の夫婦に望むことでもありませんが。虚しいっちゃ、こういうこったい、です。イヤですね。
  1. 2014.08.01 (金) 20:55
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ひーたん さん。

テレンス・リー。私にはわからないヒトなので・・・でも、言っておられることは、そうですね、

>>身を律しての参拝はもちろん(常日頃の)行いが清廉潔白であること参拝時の服装も格式高くあるべし。
そうでないと自分の身に危険が伴うことになり命まで落としかねないと書かれていました。<<

私は、ごめんなさい本当のことを書かせてもらいますね。

伊勢や出雲を「パワースポット」と呼ぶ動きが、自分の気持ちとしては、むずむずするのです。個人の自由ではあるのでしょうが。

でも、リー氏も中身は日本人、いいところはついておられますよね。そうは思います。

20年前のドレスは、雅ドンの、依怙地な意地でしょう。こういう場合に自らの意地を通すことの愚かささえ、解らない人間です何をかいわんや、です。

それが通っていることが、私にしては問題です。いいかげんにして欲しいですが、ミジンコの遠吠え。

>>昨日の東宮一家の参拝の映像や画像はほとんど見ておりませんが、20年前のドレスをリフォームしての参拝や横一列の参拝、参拝前の肉食獣。ヘンなものを背後に引き連れての参拝など。考えらないことだらけです。

・・・そう。でも、やってしまったし、それのフォローも無い。おかしな話ですね。
  1. 2014.08.01 (金) 21:01
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

東北アジアの良心さん。

初めまして。ようこそいらして下さいました。

・・・仰ること、一般論として、解る気もします。誰だってビンボー籤引きたくない。猫の首に鈴を着けに「行く者は無い。

でも・・・一番かぶりたくない泥を、自分にしかかぶれない泥を、あえてかぶろうとするのが、いわば上に立つ者のありようだと。

甘ったるいことを考えていますし、望みたいです。他の者には出来ないことを、する。それを。それでない長なら意味ないとも、思いますが、自分のことでないから、でしょうか。
  1. 2014.08.01 (金) 21:07
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのコメントさん。

行って、見ようとしたのですが、私のパソコン、動画を全く受け付けてくれなくなっているんです。たまにユーチューブが見えるくらい。何とか「見てみたいので、少し時間を下さいね。
  1. 2014.08.05 (火) 21:17
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.08.07 (木) 12:38
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

ヒミツのコメント ぺ さん。

お返事遅くなりました。どこを見ても。NNNの動画56秒くらいのその模様の動画、削除(?)されているのか、見られないみたいです。

私はちらっと見ました、が、ウツツのモノでなく、何か違う、異次元のものだったような印象が残っています・・・コワ!。

外宮での15分遅刻と言い・・・ここで遅刻はせんやろう、という場所ですね、消されたヒデンカ像と言い。まともではありません。終章へ近づいている・・・なら、いいですが。諦めず見ていましょう、またコメ下さいね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・