FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

水素じゃない。

こんばんは。

福島原発第3号機は水素爆発ではなかった、と読んで、では何の爆発だったのかと疑問を抱きました。

3号機は、3月14日に、白煙を上げて爆発しました。午前11時1分だったそうです。

原子炉建屋が吹き飛びました。

放水が続けられました。

23日には黒い煙を上げたと、このたび知りました。

水素爆発でないなら、何の爆発だったか。知りたく思いました。

私が知り得たのは、以下のことです。

「考えられるのは、ウランの爆発だ。核爆発」

ということです。原爆と同じこと。

研究者は「核暴走」と呼ぶこともあるそうです。

爆発は、したけれど、京大の小出裕章先生によれば、それは一瞬起きたことで、すぐ終わったことだそうです。

終わっても、噴出した放射能は、止まらない。

アメリカの専門家の中では、四月の末か五月の始めに既に、そのことを指摘、懸念していました。私もその動画を見たが、本当のことを言うと、水素の爆発とウランの爆発(使用済み核燃料、というものが、水素爆発に導かれて爆発したとか)の、違いさえ、わかっていなかったのでした。

恥ずかしくはないです、本当のことだし。

だから、どれくらい、どう怖いのか、わかっていませんでした。

今、私が怖いのは、そういうことが、多くの人がもう、過去のこと、もういいこと、として通り過ぎてゆくような今になって、実はこうだったと、出して来られるやり方に対して、です。

自分に関係ないこと、と済ませておられる方にも、容赦なく来るのに、と、ぎりぎり、思います。









スポンサーサイト





  1. 2011.10.04 (火) 00:04
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

kuonさん

お久しぶりです。
毎日拝見していましたがまた風邪ひきで
情けなくしてました・・・
やはりそうだったのですね・・・
4月頃だったか
私の行きつけのお店で隣に座った韓国人の方
これは大変な事が起こっているんんだ
報道は言わない、国も発表しないから
日本人は解かっていない・・・と
頭を抱え苦渋に満ちた顔で
水蒸気爆発じゃない・・・大変な事が起きていて
海外では皆知っていると
それ以上は言われませんでした。
その方はその後は、母国に帰られたのか会う機会もなく
しかし、そのときの呷るように焼酎を飲んで
悲しい、苦しいと唸っていた彼の
言葉が頭から離れなかった。
1度しか会ったこともなく、たまたま隣に座った人でしたが
何も知らされずにいる私達の事を哀れむようにも見え
その人の気持ちが、伝わってきて
何て言っていいのかわからなかったです。

信じたくない気持ちも半分
でも、必ず真実を知らせてくれるはず、
国が国民を危険にさらすなんて事ないって思っていたから
・・・現実は大きく裏切られました。

もう驚きもしません。
ただただ、悔しい。
怒りも通り越し、恐怖のみ感じます。
どこまでいくのか。
  1. 2011.10.04 (火) 14:52
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

こちらを覗く気力さえ失せかけてました(ーー;)

アンニョン…御姉様。

私が色々言うと、職場では
怪訝そうな目で見られます…

子供たちでさえ
毎日飲んでね、と
頼んでいる
スピルリナとアスコルビン酸を
鼻で笑います…ま、とりあえず
今のところは
飲んでくれていますが…

それだって、どれだけの効力が
あるんだか( i _ i )


http://t.co/notdauvm
在日本フランス人あて、広報の翻訳だそうな…

えまさんの仰る通り
知らぬは日本人ばかりなり(; ̄O ̄)

それとも…

見て見ぬフリが上手いのか…
  1. 2011.10.04 (火) 23:16
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

本当に まったく 今頃なんなの、、って思いますね
あの頃姪から姉へ 姉から私に 必死に知らせてくれた
姪の情報の発信元は外国人だった
帰りたいけど帰れない、、、そんな環境の中 
今何が起きてるのかみんな知ってください
大変な事になってるんですよ
せめて子供達を守りましょうできる限りに、、、って

先日久しぶりにテルテル兄弟に会ってきました
庭の芝生はすべてはがしてありました
それだけで大分違うらしい
水道の水の数値は正常値に戻ったので幾分暮らし易くなったといってました
小学校は 相変わらずで 上からの指示がないと何もできない状態らしいです

今まで教育ママ的に あれやこれや子供に期待したりしてたけど
とにかく今は健康に 元気に育ってくれたら、、とそのことだけ
としみじみと話していました


kuonさん
いつも読むだけ読ませていただいて
本当にそうなのよ どうしてくれるの、、と
怒ったり嘆いたり 時にはしんみりしたりしているだけのyuutaです

急に寒くなってきました
お体いたわってくださいね

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・