KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 虚しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 12
  4. [ edit ]

へいわにっぽん猿芝居


      笑ふより術なきごとし猿芝居わが孫どもの生きゆく国の


今週も文春誌買いました。

先日の同誌の

「先生大嫌い 私の言うこときかないから」

記事について、7月4日の定例会見で、宮内庁、小町東宮大夫が

「そのような発言はあるはずもなく、事実無根であり」

と発言され、「極めて遺憾」であると、抗議文を出された、その結びの文章が

「@・1 関係者の一致した認識です」

だったとのこと。

加えて。

「@・2 これまでも報道関係者に対して、愛子内親王殿下のご成長を静かに見守っていただくようお願いしているところですが、貴社にこの点十分な配慮を強く要望します」

ここの「貴社」とは、週刊文春のことです。最近数週間、新潮の方はおとなしい。(当時の)美智子さまと、三島由紀夫の見合いのことはきっと、そんなに知りたがらないと思う、現実の東宮家の危うさにドキドキしている人々は。いま、そのことでは文春誌が頑張っている感があります、いつどうなるかは不明ですが。

この@・2をつけた箇所の偉そうな態度は何でしょう。

東宮職、何様。そう言いますよ私は。東宮太夫がナンボのもんやねん。あえて貶める気は無い。しかし、偉そうに言ってると、あんた何やねん、と、猛然と反発したくなる。

東宮職って、おえらいの。そう、言いたくなるので、言います、おえらいの?。

ろくに機能していないとしか見えない役所。多くの人間がいるらしいが、御所だけで50人いるらしいが、まともな仕事をしている気配は感じられず。せめて見かけだけはそれらしく、の、その部分が欠落していて、ヒデンカのドレス問題だけでも、数十ページのレポート書くなど楽勝でしょ。

いつも変。

要約すれば一行ではありますが。

衣服代年間、すごい予算だが・・・細かくは忘れましたが、数千万円です。そのオカネどこへ行く。川は流れる、花も流れる、東宮家の金も流れる。ここで「お」はつけられません、オ、のつくとこへ流されるカネ。やはり言い難いですね、オ、の方面へ流されてしまうお金、税金。そして流れて、ヒデンカのドレスは20年物。

ワインじゃないんだから。梅干しなら希少だが。いっぱんしょみんでも、参拝に、きちんとして行く機会に、20年前のモノ着ないって。

それ、そのまま通してるんだから。仕事疑われても仕方ないです。オカラだのお肉の付き加減。大膳、という職務の方は、臍を噛むお思いか・・・ウチの責任じゃないって・・・わかんないけど。

娘さんの係の方が3人、今もいるかどうか、なんで朝、起こしてあげないか。バカ母が寝ているなら。それもおそらく、職務の方のせいではない。

要らんやん、50人も。私の中の関西弁のおばちゃんが申します。

そんなよおけ、置いとくことありませんやん、無駄や。って。ま、それはそれ。



東宮の主が(あの夫婦です)するべきこともしないで・・・定められた記者会見、医師からの病状説明、皇室の祭祀や行事を好きな放題に出たりサボったりの放縦な態度、出て来れば来たで、あの15日の茶番は何ですか。

小町氏も一家と共にあの場におられた。

たるんだテント・・・どたキャン・出に備えて当日設営かと言われている・・・鳥居を隠したかった大きなテントとも言われている。

昭和天皇の御陵を、なんと心得ての所業か。

邪教の教えに添うため(その目的で入り込んだ分子がマサコヒ)、先帝の陵墓で、不届きを。

すでに十分、汚された。

まともに日々を生きている日本人の目を、どの程度に猿よりマシ程度に考えているかはしらないが。

オクスなんとかやらハバドなんとかと、夫婦揃って力まかせの(皇室はこの際、力です、立派な)ハッタリかましたクレープみたいに甘ったるくて薄っぺらな学歴操作で永遠に騙されるほど、いいかげんな現実では無いのですわ、現代のにっぽん。

あの夫婦や、あの夫婦の傀儡・・・意味、お分かりですよね、大夫さん。呼ばれて恥ずかしい言葉ですよ。傀儡。カイライ。ば~っか、ってなもんですよ。

雅子さんとやらが、おしりに敷いているのは、ナルヒトさんだけではないですね。

東宮関係総て。力とごり押しの力と暴力と・・・みんな力や・・・で、制圧している。東宮オブ南ちょうせん。普通人はバタバタと倒れ、追いやられて去り、感情は封鎖してうつむいて生きるか…生活もありますし・・・開き直って利用して、こんなもんよとやり過ごしているかは、知らねども。

ヒドイ環境になっているでしょうね。

一面の毒花。

一面の毒花、一面の毒花。

迷い込んだ蝶は羽根を歪めて落ちる、堕ちる、

そこで生き残るは巨大なる「蛾」。

なぜだか笑いもするこの蛾の、微笑もどきの通り過ぎた後には、くどくどしい鱗粉が列なして残る。

雅ドンは「蛾」。夫の脳内の襞には、この蛾の鱗粉がまつわりついてこびりついて、既に元には戻れない。

あどけない幼げな蝶となってひと世を過ごせたかもしれない一人娘の網膜にも、焼きついている、すでに。

父親を罵倒する巨大な蛾の姿が。

重厚な室内を円盤のごとく飛んで、生身のデコにガツ。当てって落ちた欠けた、カットガラスの灰皿のヒビが。

せめて放っておいてくれれば、存分の「ぼおっとしている時間」を楽しめるものを、いきなり現れて、いきなり強圧的に話しかけてああしろだのどうしてこうしなかっただの、お辞儀を覚えろだの榊をぶん回せだの。いつだって急だから、アタマの巡りが追い付けない黙っていると蛾は頭から強烈な毒気を噴き出して。怒鳴る。叫ぶ。わめく。脅す。

どうすればわからない、わからないまま、鼻から、なんだか、いけない気配の「気」が、体の中へしみこんで行く・・・

この前、お会いした、あのお家のお姉さまは優しかった、大好き、ゆっくりでも、じっと、話し出すのを聞いて下さる、待って下さる、柔らかい目で、話し方で、せかさないで待って下さる・・・

愛子さんが佳子さんを見上げていた、数少ない、少女らしい楽しそうば微笑混じりの写真。音楽会の席でしたか。

お涙ちょうだいは、基本、好きでないです。

が。見ていて、限界を感じるくらいの愛子さんの被虐待ぶりでした。


週文の記事について書こうとしたのでしたが、胸ん中に渦巻いている腹立たしさと、ここまで来ているのに放置されている現実への嫌悪感。ぜんぜん触れられませんでした。

昨日はアスリートを招いての茶会だったとやら。

雅ドンは出ていないが、前日の墓参で疲れたか。聞くところでは、こーたいしさんが、愛子がどうのと、羽生選手に話をしたとかで、羽生選手(何の罪も咎もありません彼には)は、愛子さまがどうとか、と、普通に応じたとか・・・

「愛子から羽生結弦君に会ったら質問してきてと言われました。得意なジャンプはなんですか」

特権階級(自己評価)のアホ親父から、命いっぱいがんばっているアスリートへの質問でした。

なんか。

すべて(アスリートに罪は無い一切ない)茶番の美しげな猿芝居。

どうもすみません、記事についてはまた後で。

歯医者さんへ行かねばならないんです。


・・・以下は、一応、ご紹介させていただきます。

これがこのまま続いて通るなら。日本は、ダメかも。そう思いました。

個人的な感想であり、記事の効き目には個人差があることをご承知ください。


雅子妃伊勢神宮参拝 背中を押したのは愛子内親王との指摘も

NEWS ポストセブン 7月16日(水)16時6分配信



 7月下旬、皇太子と雅子妃、愛子内親王が揃って伊勢神宮を参拝することになった。雅子妃は20年ぶり、愛子内親王にとっては初の参拝となる。なぜ雅子妃は訪問を決意したのだろうか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は「将来の皇后としての覚悟」という見方をするが、東宮職関係者はこんな言い方をする。

「3月以降の東宮大夫の記者会見では、たびたび『雅子妃はいつ参拝するのか』と記者から質問が出ていた。今年3月に天皇・皇后は式年遷宮を終えた伊勢神宮を参拝したが、このとき皇太子一家が向かった先は伊勢ではなく、毎年恒例となっている長野・奥志賀高原での5泊6日のスキー旅行だった。この旅行に対する批判もあり、周囲の重圧がより一層大きいものとなった。もう逃げるわけにはいかないところまで追い込まれてしまったのではないでしょうか」

 変化を促したのは宮内庁や皇室記者ではなく、愛子内親王だったという指摘もある。ベテラン宮内記者がいう。

「(学習院女子)中等科に進まれた愛子さまが、皇室の歴史に興味を示されるようになったと聞きます。そうであれば、伊勢神宮に参拝したいと希望された可能性もある。それが雅子さまの背中を押したという見方もできるのではないでしょうか」

 宮内庁担当記者は雅子妃自身にも事情があったと見る。

「雅子さまは以前から東日本大震災で被災した東北の中高生の活動に関心を抱かれていましたが、この9月にパリで復興をPRするイベントが開催されることになったのです。最近ご体調が芳しくなってきたこともあり、雅子さまはパリご訪問を前向きに検討しておられます。

 しかし、国内でのご公務より海外へのお出かけを優先すると、かつてのような批判も予想される。それを避けるために伊勢神宮参拝を決意されたのではないでしょうか」

「動機」が何であれ東宮一家揃っての参拝が実現すれば、皇室の将来に大きな意味を持つ。その時に雅子妃は、重大な決意の理由を語るだろうか。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号




スポンサーサイト


  1. 2014.07.17 (木) 12:52
  2. URL
  3. アラ50
  4. [ edit ]

毒花毒花

一面の徒花

  1. 2014.07.17 (木) 15:28
  2. URL
  3. たぬきち
  4. [ edit ]

雅ドンは 毒蛾かと…毛虫の時から、害毒を撒き散らし…現在に至る・

東宮の事ではありませんが、先程テレビ(TBS)で、常陸宮両殿下のパリでの 御公務の様子が報道されました。 常陸宮様…車椅子でしたが、お言葉はしっかりされていらっしゃいました。華子様は相変わらずきりっとされ 美しく、宮様をしっかりサポートされていらっしゃり 心うたれるお姿でした。
雅ドンには 絶対できないとおもいます・・

しかし マスゴミ…秋篠宮両殿下の海外御公務の 報道は、国賓待遇にも関わらず、ほとんどしない・
9月下旬からの 御公務の報道はどうなるのでしょうか・

ちょっと 違う方向のコメントで、申し訳ございません。
KUON様お許しくださいませ猫を脱いだ たぬきち で、ございました。
  1. 2014.07.17 (木) 20:48
  2. URL
  3. 皇室の弥栄をホントに願う田舎者
  4. [ edit ]

皆様ご存じのことととは存じますが

 久遠様お晩でございます。
 お忙しい中、更新ありがとうございます。
 さて、以下のような報道がありました。

ネパール元皇太子、薬物所持で逮捕=タイ
時事通信 7月16日(水)19時7分配信
 【バンコク時事】2008年に王制が廃止されたネパールのパラス元皇太子(42)が、薬物の違法所持容疑でタイ警察に逮捕されていたことが16日、分かった。
 警察によると、元皇太子は宿泊先のバンコクのホテルでマリフアナ約13グラムを違法に所持していた疑い。容疑を認めているという。観光ビザでタイに滞在していた。
 元皇太子は高級クラブ通いや飲酒運転など素行の悪さで知られ、ネパール国民の不興を買っていた。AFP通信によると、12年にもタイのプーケット島でマリフアナの所持容疑で逮捕されたことがあるという。 

何か「この時期に」
「人ごととは思えない」
報道でしたね。

この国も「皇室いらネ」という国民の声が満ちあふれ、皇室廃止に立ち至る危険性が高まっていると思います。
原因は国民の間に知れ渡っている「東宮に関する諸問題」であることは今上陛下も十分にご承知のハズ。

まあ、この記事とは違って「交代し電化」がそれまでご存迷あらせられるかは「はなはだ疑問」であり、この記事の「交代し」が「交代し非」である可能性の方が高いと卑しきこの身などは強く思いますが・・・・。

今上陛下におかれましては陛下「ご自身」のご聖断あらせられますよう切に懇願申し上げるものであります。

久遠様、お忙しい中のご更新。くれぐれもご自愛下さいますよう。
  1. 2014.07.17 (木) 23:07
  2. URL
  3. ららら♪
  4. [ edit ]

毎度毎度のことですね、
このご一家、人前に出て、
>どや、今回はやってやったぞ!←テレビで画像流れる←ネットで火だるま←なかったことにする

愛子さんの入学式の「ごあいさつ」、
今回の3人そろっての「参拝」。

夕方のニュースで華々しく流れるも、次の日の朝のワイドショーでは、
なかったことにされていますもの。

次回の伊勢参拝でも、同じことが繰り返されるのでしょうか。

OWD一派はネットチェックしているそうですから、
次回伊勢参拝は、一人づつ玉ぐし奉納、かもしれません。
その映像が本物かどうかは、定かではありませんが・・・。



アレラにお気に入りにされてしまった羽生選手、
法則発動されなければいいのですが。
マジで心配しています。

すでに過酷な住めジュールで集金活動アイスショーの日程が決まっているそうですし、
危うくサラ金の賞金の広告塔にされるところでしたからね。
  1. 2014.07.18 (金) 00:44
  2. URL
  3. すみれ
  4. [ edit ]

我が家の愚息が

逆さ手バイバイする愛子さんの写真を見て叫びました。
「うっわ~~、あかんで、あかん!マジこんなんないわ。
逆さ手ってあの世を意味するんやで。何でこの子、手がこんなん?
それより、横のオバハン気持ち悪~~。
憑いてるで色々、誰なん?気分悪くなった」
親の教育が行き届かず、皇室にも興味なく
言葉使いも悪くお恥ずかしい限り…。

武蔵野御陵参拝もどきに憤慨しておりましたら
長男が何一人で怒ってるのん?と。

どこの馬の骨かわからんのが皇室にお嫁に来て、税金使ってやりたい放題。でも肝心の公務は投げ出し、口開けば適応障害、周りが悪い。でも外国は行きたいの、非難されちゃ困るから、行きたくないけど参拝もどきすんごい久しぶりにやってあげたの。
一人娘お辞儀もさせたわよ、どうよ。次の伊勢神宮クリアすりゃまた国民は、お辛いのに頑張ってる私すごい~~と拍手喝采、で次代までのらりくらり誤魔化せるわ!

てな態度が許せんのよ~~と鼻息荒く息巻いてましたらば、「なんじゃそれ、あのお年寄りの人が天皇なんやろ?一生懸命やんか、親があので働いてるのに?親なんも叱らんの?うちでも婆さんママにうるさいやんか。あの娘に税金何千万?嘘やん!働かんのに?学生やのに?
もう皇室いらんやん、そしたら。税金無駄遣いやん」との返事が。

一体どれだけの国民が、わかっているのでしょうか?
日本がバラバラと崩れてしまう危機を。

でも、息子の「逆さ手はあの世に通じる」という言葉に、ああやはり…と思うのです。
平気な顔で、畏敬の念も感謝の念もなく勝ち誇った顔で不様をさらけ出す者に、先帝陛下は、八百万の神々は必ず相応しい末路を与えると。
信じたいのです、無理やりにでも。

本当にうちのアホ息子との汚いやり取りお目汚し、申し訳ありません。
  1. 2014.07.18 (金) 02:21
  2. URL
  3. ひーたん
  4. [ edit ]

KUON様こんばんは。

東宮一家の伊勢神宮参拝に伴うの自衛隊出動ですが、まさかとは思うのですが、ヘリコプターに搭乗して参拝?などと考えてしまいました。

雅子さんの体調を考慮してか、他にも適当な理由をつけてヘリコプター利用しますなどとなったりして。
でも、それこそ警備や安全面の問題有りですね。ヘリコプター1機の使用料やフライトにかかる経費がどのくらいのものか知りませんが、自衛隊と聞いて考えをめぐらし過ぎました。

どのような交通手段を使うにしても高額になるのですから、ましてや三人です。

行く気があればとっくの昔に行けたのですから、いまさら何のつもりで行くのですか。
三重県だけでなく、東京から始まって伊勢神宮参拝、参拝後に帰京するまでの東宮一家の通過県は警備に当たらねばなりません。
夏休みに入ったから参拝ですか。国民だって同時期に夏休みで遠出する人もいます。
税金を使っての参拝だけでなく物々しい警備や大渋滞など必要以上の負担をかけないでほしいです。

皇太子さんは、ご先祖様の夢を見て参拝に行こうなんてことはないのでしょうね。
  1. 2014.07.20 (日) 19:15
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アラ50さん。

清流に育てられた由緒正しい山葵(わさび)を、ぞりぞりとすりおろしたヤツを、あふと舌の上に乗せましてぇって、そんなコメント。さんきゅです。
  1. 2014.07.20 (日) 19:20
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

たぬきち さん。

常陸宮同妃両殿下  イン  パリ。

車椅子での殿下ですが、きちんと整えられたおぐし、身だしなみよろしくお洒落なジャケット。

覚悟の上で嫁がれた津軽華子さまの、途切れない変わらないお心が、うかがわれます。妃殿下がしゃっきりと不動の威厳をお示しで、お迎えの側の丁寧でフレンドリーな態度も見えます。

妃殿下のお心持ひとつで・・・以下いつもと同文・・・笑。
  1. 2014.07.20 (日) 19:35
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

皇室の弥栄をホントに願う田舎者さん。

先日の別口の応募(?)に、ご参加下さりありがとうございました。

なかなか成果と言うか反応は鈍いですが、諦めず、あの深い強い熱い思いを、どこかにぶつけ続けて行こうと考えております。

ええと。皇族は逮捕できないので、とか書かれていたりします。が。実際にはどうであれ、法的には、天皇位におられる・・まあ天皇ですが、天皇陛下にはそういうことは無理、だそうです。もとより在り得ませんが、一応。

しかし天皇でなければ、可能性はあるそうです。逮捕はともかく、離婚は可能。

現実的に言って、皇太子にお縄を、は、難しいでしょう。ネパールの元の王族と、失礼な言い方ですが日本の2600余年の皇室とは世界的な見られ方も異なります。

離婚です。離婚は可能。英王室だって、かつては離婚もタブーでした、白い目で見られた、現・女王の妹君のマーガレット王女も。しかし、現・女王も心痛の多いこと、長男、長女、二男、離婚しちゃいました。シングルマザーもおいでです。だから、と、いう訳ではありませんが。

総てがふさわしくない皇太子妃は、離婚。お手当くらいは惜しまないで少しは、仕方ない。でも、離婚すると何を言って回るかわからないタチの悪さなので、あの女性をせがんだ皇太子も同道、二人で退位して、やはり手当は与えるので、中途半端な位置で、ナルさんは混ぜて欲しければ混ざればいい死、元・キサきは、もともと混ざる気は無いので、勝手に、邪魔さえしなきゃいいってことで。

そのうち、雅ドンのご両親も冥界へ…地獄かどうかは知らない、どこでもいい関係ない…後ろ盾を失くして、それでも今までのようにしていられるかどうか、ちらっと見られれば結構。

という辺りが、なんとか実現可能な線ではないでしょうか。即位などとんでもないです。

天皇位は、あれらが手の届くようなものではございません。

無欲無私。ご立派なご夫妻がいらして下さいます。

ね。
  1. 2014.07.20 (日) 19:46
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ららら♪さん。

悪事を為す者、せめてもう少し悪い方向に賢かろうと思うこっちを、膝カックンでやってくれるごとき超ド級にアタマもカッコも悪いあの人たち。

呆れます。口ぽっか~んや。

>どや、今回はやってやったぞ!←テレビで画像流れる←ネットで火だるま←なかったことにする <

このサイクルが、最近どんどん短縮されて、忘れられない内に次の波がどっぱーんなので、わかり易くて。はは。

伊勢参拝・・・どこまで何が出されるかは不明ですが、少し風向きも変った気配か(まだ疑問形)、このたびのことも、あらら出ちゃったぁ、って、出してる、ナイスな向きも、あるような気も、しないでもなく。

根性見せなさいよ、マスコミの諸君。合戦だよ。とか、思います。

羽生君は・・・ちょっと大変ですね。スポイルされないといいと願います、これ行ったら叱られるかな、言っちゃう。


洋風の剣道の、あの、ほれ。メダルもとった・・・なんか、五輪関係のイヤな感じの輪の中に半分入っちゃってるみたいな・・・〇おた・ゆ〇き氏みたいに、なって欲しくない・・・。
  1. 2014.07.20 (日) 19:57
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

すみれ さん。

いやいや。愚息などとはご謙遜、とんでもない、直観力と正邪を見分ける能力に満ち溢れた頼もしいご子息ではありませんか。

まだ綺麗だから、きちゃないものがわかる。うんうん、そうでしょうな。

>でも、息子の「逆さ手はあの世に通じる」という言葉に、ああやはり…と思うのです。
平気な顔で、畏敬の念も感謝の念もなく勝ち誇った顔で不様をさらけ出す者に、先帝陛下は、八百万の神々は必ず相応しい末路を与えると。
信じたいのです、無理やりにでも。<

これ同感です。

逆さ手はあの世に通じるという話は知りませんでしたが、何となく、聞けば、そうなんだ~、と、納得できる自分がコワい。

江頭の犯した犯罪・・・というより、それにまつわる悪しき心遣い。その妻も、娘も、そのことで胸を痛めなかった、逆に自分たちが被害者のごとき思いを持った、そのこと自体が、罪。

贖罪のこころが無い。さまよう多くの怨念はどこへ向かうか・・・とか、これ以上は書けませんが。

人は欺けても神様や仏様はお見通し。と、子どもの頃から聞かされて。

それの無い人間の恐ろしさを、日本の最高位にあるあのヤカラのあのうそ寒いニタニタ笑いに見ると言う不条理。

いつまでもそれでは通らないと思います。思いたい。

すてきな息子さん、お健やかに。ますます。


  1. 2014.07.20 (日) 20:03
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ひーたん さん。

>行く気があればとっくの昔に行けたのですから、いまさら何のつもりで行くのですか。
三重県だけでなく、東京から始まって伊勢神宮参拝、参拝後に帰京するまでの東宮一家の通過県は警備に当たらねばなりません。
夏休みに入ったから参拝ですか。国民だって同時期に夏休みで遠出する人もいます。
税金を使っての参拝だけでなく物々しい警備や大渋滞など必要以上の負担をかけないでほしいです。<


その通りです。あの人たち、公務の誘いも無くてずっとヒマなんです。でも、ぐうたらぐうたらしていると、お昼ごろに起きたりしてると、一日何てあっという間。それで長々少なくとも10年。

今朝もテレビで皇太子さん見ました。

悪い人ではなさそう。でも、あの立場では、それだけでは済まないし。

あまりにも普通っぽかった、普通より、生きる厳しさが無いだけ、

馬鹿っぽかった。

情けなかった。です。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・